奈良ならここkoharu cafe

関西国際空港やUSJ笑いの殿堂NGKエビス橋界隈にあふれる訪日外国人観光客世界の人気都市ランキングで2年連続1位になった
日本のみならず世界にまでその名声が知れ渡ってる京都。
その京都と隣接していて
世界遺産登録数3つと日本で一番多い都市のわりに何かと地味な奈良。
関西在住の人間でも奈良住まいではない人からしたら
アクセスが悪い お店の閉店時間が早い。
シカが多いとあまりポジティブな話題はない奈良ですがそんな奈良にもし訪れる機会があるのならなくても無理やり用事を作ってでも
来る価値のあるお店を紹介いたします。
奈良県奈良市東包永町にあるkoharu cafeです

奈良県奈良市東包永町と言われても奈良県人以外には
そこどこ?遠いの?となりますよね。

場所はならきたまちになります。ならきたまちを知らない?ならまちとかならきたまちとか呼ばれてるエリアはいま多くの雑誌にとりあがれている場所です

奈良特集の雑誌は今回ならまち次回ならきたまちもしくは一緒の特集なぐらい熱いエリアです。

その熱いエリアにある
koharu cafe
奈良県奈良市東包永町61
0742-26-1710
営業時間
11:00〜17:00
定休日
木曜日・金曜日
http://koharucafe.exblog.jp/
ホームページはないのでブログで情報更新しています

奈良公園の正倉院事務所のあるほうに場所はあるのですが正直わかりづらいです。

スーパー・ビック奈良若草店の北東角を北に入る小さな看板があります。
その看板の小道を右手に入ってすぐ。
白い塀と庭の一軒家がkoharu cafeです

はっきりいってわかりにくい場所にあるのですが看板を細い路地を中に入りそれでもほんとにここにあるの?となりながらすすむとある koaharu cafeは
わかりずらい場所を探し出した喜び以上のことが待っています。
cafeなのに親戚のおうちにお邪魔したような玄関をくぐりオーナーさんのお持ちの実際の古民家をcafeに改築したのでその雰囲気はなんとも言えないものがあります。

大きなテーブルが2つ
席数は8~10
オーナーさんがおひとりで切り盛りされているので
このような席数になっているようです。

皆さん基本ランチで訪れて
そのあとにコーヒーをいただくスタイルのようです。

ランチが週替わりで奈良の食材にこだっわったワンプレーとランチとごはんのセットで飲み物付きで¥1100
カレーが飲み物付きで¥1000
近頃多いインスタ映えするのだけど
お味はどうなんだろうな。お店ではなく陶芸作家の鈴木明美さんのお皿に盛られた色とりどりな料理は眼もおなかも満たしてくれます。
ランチ・カレーは数に限りがあるので確実に食したい人は事前に予約しておくこと強くおすすめします。

自分も何度かランチを食べれなくて悔しい思いをしたことがあるのでせっかくわかりづらい場所をさがしだしたのに美味しいランチ逃すなんてことがないようにしてください。

もしもしランチを逃してしまった場合も安心してください。
ランチもおいしいのですがkoharu cafeでのむコーヒーが最高なんです。

知る人ぞ知る北海道の森彦コーヒーが飲めるのです。
スペシャリティコーヒー¥480
この価格設定はっきり言っておかしいです。
価格破壊もいいとこ
コーヒーが苦手でどのコーヒーを飲んでも酸味や苦みを感じてしまい砂糖やミルクを入れてしまうのですがkoharu cafeで飲む 森彦コーヒーは飲みやすく角がなくおいしいコーヒーとはこのようなんだと実感できます。

読んでいるだけだと表現が乏しすぎて森彦コーヒーの良さを全然伝えられていないとおもうので一度お店に足を運んでいただきその舌で体験してみてください。

森彦コーヒーに合うNYチーズケーキがまた格別で
どこの名の知れたお店のチーズケーキよりおいしく
ペロッとたべてします。
クリームがすごく濃いです

koharu cafeさんの奥には
cafeで使用しているお皿を扱っている器屋さんの
器人器人(キトキト)さん
http://kitokito26.exblog.jp/

その奥には
奈良にまっわるいろいろは雑貨を扱うフルコトさん
http://www.furukoto.org/aboutus.html
古墳クッションも取り扱いしています。

どちらも素敵なお店なので
お帰りの際はぜひ。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA