奥の深いコーヒーの世界

コーヒー好きな方がコーヒーを楽しむひとときは至福の時だと思います。今回は、この至福のひとときをより豊かに楽しむためのマメ知識を、副業でコーヒー豆を焙煎、販売している知人から教えてもらった情報などを交えて、紹介していきます。

まず、仕事中のコーヒーの楽しみ方です。さすがに凝った淹れ方をすることはできないので、インスタントコーヒーになると思います。インスタントコーヒーにも種類が充実しており、人により好みが違うので、「マイインスタントコーヒー」を机の中に忍ばしておき、自分のお気に入りの一杯を楽しめるようにします。

但し、注意点がひとつ。インスタントコーヒーにも鮮度があるということです。大瓶のコーヒーは割安でお得感がありますが、封を開けた瞬間から徐々に酸化していき、風味が落ちていってしまいます。勿論、机に忍ばせる大きさでもありません。ここは、個包装のもの(スティックタイプ)のものを選ぶのが最適です。毎回封を明け使いきるので、風味が落ちることはありません。スティックタイプにお気に入りがない場合は小瓶のものを選んで、酸化が進む前に飲みきってしまうのが良いです。

さて、自宅では徹底的にコーヒーにこだわってみましょう。

まず、コーヒーは焙煎豆を買って、機械でいいので自分で挽いて、フレッシュなものをブラックで楽しむことを強くお勧めします。

まずはコーヒー豆の買い方から。スーパー等で購入してもいいのですが、専門店や個人の通信販売で購入するのが面白いです。こういったところは、「コンセプトやテーマ」をはっきりして豆のブレンドや焙煎をしているところが多く、焙煎者の思いが込められた説明があり、それを読んで豆選びをすること自体が楽しいのです。テーマは観光地や好きなアーティストなど様々で、「今回はこれにして、次はこれにしよう」と豆選びの楽しみが拡がります。

次に豆の分量ですが、同じ濃さのコーヒーを入れようとした際に使用する豆の量は、2杯分を1とすると、4杯分を淹れようとした際に使う豆の量は1.5程度でいいそうです。一度に淹れるコーヒーの分量が多ければ多いほど使うコーヒー豆の節約できることになるわけです。だからといって、作りおきはNGです。当然、酸化してしまい、味も香りも落ちてしまいます。そのときに飲む分量に合わせた豆の量を使ってください。

豆の保存も重要。インスタントコーヒー同様、時間が経つと酸化により風味が落ちてしまいます。できるだけ早く飲みきるか、ジッパーのついた袋に移しかえるなど、できるだけ風味を落とさないように保管しましょう。何種類かのコーヒー豆を、そのときの気分で選んで飲みたい、という方は、豆を買う段階で少なめの量を買うことをお勧めします。

さて、コーヒーが大好きでも、夜に飲むのは眠れなくなるから控えている、という方は多いのではないでしょうか。そんな方には、「カフェインレスコーヒー」をご紹介します。

カフェインレスコーヒーは、一般のコーヒー豆から特殊な薬品で、カフェイン成分だけを取り除いたもので、カフェイン成分は限りなくゼロに近いものです。コーヒーの味と香りは普通のコーヒーとほぼ変わらず、十分に満足できるものです。しかも、コーヒーには利尿作用があり、寝る前にトイレに行くことになりますから、就寝中にトイレに行く機会も減ります。また、コーヒーには精神安定作用もあるので、カフェインレスコーヒーを飲むと精神的に落ち着き、かえって安眠効果も得られるのです。まだ一般的ではありませんので、専門店か通信販売で手に入れることになりますが、興味のある方は是非一度お試しください。

以上、奥の深いコーヒーの世界。好みは人それぞれですが、今回紹介した情報を参考に、自分なりの素敵なコーヒーライフを送ってみてはいかがでしょうか。”

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA