小川珈琲(京都)

今回はご当地コーヒーのなかでも、喫茶店やカフェ、コーヒー専門店が多い京都のお店に注目。


なかでも京都と言えば…ここだ!と胸を張っておすすめできる、歴史を持つコーヒーやさんをご紹介します。

京都は「水」の街と言われているように、なんといってもお水が美味しいことで有名です。
美味しいコーヒーには欠かせないお水。自然と美味しいコーヒーやさんがたくさんあるのも納得です。

京都は昔から純喫茶も多く、その名残もあって、レトロで味のある喫茶店の宝庫なのです。

京都を代表するコーヒーと言えば、まずは小川珈琲。
最近では豆も気軽に購入できるようになった小川珈琲ですが、カフェでいただくコーヒーは、とても京都らしい和柄のカップが素敵で、上品で深みのある安定した味わいの珈琲を楽しむことができます。

そして、一緒に食べたいケーキなどのスイーツも充実していて、どれもボリュームがあり、しっかりと珈琲を味わいたい方にはおすすめです。

珈琲豆も京都ならではのネーミングのものが多いので、ちょっとした京都みやげにできるのも嬉しいですね!

1950年に創業した六曜社は、そのまま時が止まっているかのようなレトロな風合いと重厚な佇まいのお店。
コーヒーの美味しさは言うまでもなく、長年通っている常連さんの多いお店です。
地下にあるお店は、木でできた看板や入り口のカウンター、ソファシートの低さ、公衆電話などすべてに味わいがあって、ついつい長居したくなる雰囲気が漂っています。

名物の大きなドーナツは、絶対コーヒーと一緒に食べたいスイーツ。

外国人もわざわざ訪れるような、珈琲の美味しい日本らしい場所。ただ高齢化してしまった喫茶店とは何かが違う、そう感じさせてくれるようなお店です。

地下にあるっていうのが、どこか秘密の隠れ家的な雰囲気もあって、1人でゆっくり訪れたくなりそうな場所でもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました