小田原でモダンな珈琲店といえば呉地珈琲

【店舗情報】
店名:呉地珈琲
住所:神奈川県小田原市栄町2-1-18
電話:0465-46-9779
営業時間:9時~19時
サイト:なし

小田原といえば近くに箱根や伊豆などの観光地が多く、新幹線の駅もあるため外国人観光客を中心ににぎわうことが特徴です。
駅前は海に近いこともあり魚関係の店を中心に多くの飲食店がありますが、コーヒー専門店は場所柄もあるため数が限られます。
呉地珈琲は小田原駅の近くにあるおしゃれ横丁という路地を入った場所にあり、青い塗装でイギリスや北欧の家を彷彿とさせるたたずまいが特徴です。
私は小田原に良く観光など様々な目的で途中下車しますが、箱根に行くついでにコーヒーを味わうために店を探すと見つけました。
店内の雰囲気はまさしくヨーロッパの今風の家庭としう感じで、こじんまりとしたスペースの中にカウンター席とテーブル席があり、多くのものが整理されていて工夫されていると思ったものです。
やはり自家焙煎という名のとおり入口の扉を入ると大型の焙煎機が置かれ、カウンター越しに見える棚にはコーヒー豆を保管する瓶が並べられていました。

呉地珈琲は全国でも有名な観光名所も近い小田原にあり、多くの飲食店が立ち並ぶ激戦区にあるもののおしゃれ横丁は意外と寂れていますがこの店は雑誌などで取り上げられ人気があるようです。
この店はcafe空のマスターが歴史や観光の名所の小田原でオープンし、カップとソーサーはロイヤルコペンハーゲンのものを使うなどこだわりを持っています。
私は一人で入ったためカウンター席に案内され、フレンチブレンドとベリーのタルトを注文しました。この店のランチセットはキッシュとホットドッグとコーヒーのみで、日によって内容が変わるとのことです。
小田原は観光客が多い場所柄にあるためコーヒーやデザートを味わうことが多く、店は小さいものの昼間や夕方などは混雑しますが客の回転が早く順番が回ってきます。
この店はコーヒー豆の販売も行われアフリカや南米など産地にこだわり、自家焙煎のため店内に香ばしいにおいが広がっています。
この店のブレンドコーヒーは濃さが選べるためミディアムを選択し、ゆったりとした雰囲気のため30分ほどいても退屈はしなかったものです。

呉地珈琲はヨーロッパ風の一軒家の一部屋のような雰囲気を感じさせ、本棚には世界遺産など多くの本があり外の景色が見やすいことや観葉植物を置くなど配慮されています。
床は青い塗装で家具はまさしく北欧の専門店などで売られているような感じで、若者に愛着を持ってもらえるように仕上げられていることが特徴です。
店内の壁はおしゃれな雰囲気があり、魚のにおいが広がる小田原周辺でも異彩を放ち入ると独特な雰囲気を感じさせてくれます。
最近は小田原周辺にインバウンドの影響もあり多くの外国人観光客が訪れるようになり、この店もそのグループが利用します。
コーヒー店は比較的利用客が滞在する時間は短いため、店外に並んでいてもすぐに入りやすく狭くても利用者は多いようです。
小田原周辺の店は朝早くに営業する店は少なく、この店に立ち寄ってコーヒーやデザートなどを味わうビジネスマンや観光客が増えています。
周辺の店は入れ替わりが激しく競争に勝ち抜くことが求められ、この店は狭いながらも独特な雰囲気を味わいながら利用できるように配慮しています。
店名の由来はオーナーの名前と単純なものですが、cafe空の経験を活かして自分なりにこだわりを持って観光名所に近い交通の要衝である小田原を選んでいることが特徴です。
自家焙煎の珈琲専門店は数が多いですが、この店は狭いながらも競争に勝ち抜くことを意識していることを実感しました。

小田原で自家焙煎のコーヒーを味わうには呉地珈琲が人気で、北欧の雰囲気を感じながら楽しめるため行って損はないと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA