少しの工夫で味が変わるコーヒーの楽しみ方

今やコーヒーは、私たちの生活の中でとても必要な物になっているはずです。
一人でゆっくり過ごしているときに、また仕事で一呼吸おきたいときなどに活躍してくれます。仕事の打ち合わせなどにも活躍してくれ、コーヒーを飲みながらのお客様との打ち合わせなどは、自然と会話も弾んでくるはずです。
しかし、本当に美味しいと感じさせてくれるコーヒーを私たちは飲んでいるでしょか。実は、コーヒーは入れ方一つで味が全く変わってきます。常に美味しいコーヒーを入れることはとても難しく、専門的なコーヒー店では毎日の湿度によってもコーヒーの入れ方を変えるひどなのです。
一般的な家庭やオフィスで入れるコーヒーで美味しい入れ方を知っておけば、毎日の癒しとされているコーヒーがもっと美味しく感じるはずです。
まず、コーヒーに使用する水はとても大きな存在だと言えるでしょう。この水は、コーヒーが持っている味や香りを引き出す重要な役割に担っています。
水には多かれ少なかれミネラルが含まれています。このミネラルが重要なポイントとなっており、一般的に軟水と硬水に分かれます。
コーヒーに最適な水と言えば軟水です。軟水はミネラルがあまり含まれておらず、コーヒーが持っている成分に影響を与えにくいとされています。硬水を使用すれば、味が苦くなり、コーヒーが持っているマイルドな味わいが消えてしまうのです。
硬水はミネラルウォーターなどがそうです。そして、コーヒーに向いている軟水ですが、実は水道水が基本とされます。国産の水道水はミネラルが少なく、まさにコーヒーに向いている水だとされているのです。
水道水は煮沸することで不純物やカルキがなくなります。
美味しいコーヒーの入れ方の基本は、水道水を煮沸した物を使用することなのです。
また、お湯の温度にも注意してみましょう。沸騰している水をそのままコーヒーとして使用することはあまりよくありません。最適な温度は約90度ほどで、一度沸騰させてから、少し冷ましたくらいがちょうど良いのです。
このくらいの温度のお湯でコーヒーを作り、カップなどを事前に温めておいて注ぐと本当に美味しいと感じるコーヒーが出来上がります。
少しの工夫でコーヒーの味は変わってきます。しかし、この少しの工夫で変わる味こそが、コーヒーを楽しむ醍醐味だとも言えるはずです。
自分が好みとしている味を見つけ、その味を飲み続けることもコーヒーを楽しむ一つだと言えるでしょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA