山で飲むコーヒー

コーヒーを飲むのに快適な場所は!? 本が読みたいなぁと思ったら、図書館に行くのが定番です。しかし、本にピッタリな場所は、そこだけではありません。

 

自宅や、公園のベンチなど、自分がそこで読みたいと決めてしまえば、どこでも快適に読めてしまうものです。
同じように、ゆっくりとコーヒーを飲みたくなったら、お店に行くのが定番。そして、友達の家でも恋人の家でも、どこでも楽しめてしまうのもコーヒーでしょう。それでも、コーヒーを飲む人にとって1番最適な場所があるとしたら……?と考えたことはありませんか?コーヒー好きな私たち人間は、どこでコーヒーを飲むのが1番良いでしょうか?
本を読むのが脳への栄養になるとしたら、コーヒーは精神をリラックスさせてくれる心の栄養になってくれるものでしょう。もちろん、乾いたノドを潤してくれるのも飲み物の役目です。
その場所にピッタリという言葉は、快適という言葉にも置き換えることができます。コーヒーを飲みたくなるとき、快適だと思われる空間は、まずは当たり前ですがコーヒーを出してくれるようなお店です。レストランや喫茶店など、静かでゆったりした場所でくつろぐように飲むのは、とても気分が良いでしょう。
リラックスを通り越してだらだらしたいときには、自宅でコーヒーを飲むのが快適です。どこで飲むかによって、気分は変わっていきます。自宅は自分たちが慣れている空間なので、1番、リラックスできる場所です。コーヒーは気分をリラックスさせるために飲むことが多いでしょう。なおさらその飲む環境が快適だったら、気分もさらに落ちつくことになります。
しかし、意外にも、今は山コーヒーというものも流行っているのです。山コーヒー?なんだそりゃ?と思うかもしれませんが、別に、この山でコーヒー豆を採ったんだよ!というようなものを指しているわけではありません。
頂上にたどりついたお祝いに飲んでみるのかな、というイメージもあるかもしれませんね。山コーヒーは、登山の休憩所や、それだけでなく、山の色んな場所でも、コーヒーを飲んだりしよう、ということなのです。さらに、コーヒー自体をその場で作ってしまう人もいます。そうすることで、山でも喫茶店のようにコーヒーを自分で作って飲んでしまおう!としたのです。
普段は喫茶店や自宅でコーヒーを飲むことがほとんどな私たちです。山でコーヒーを飲む、という展開に親しみ慣れてない人も多いかもしれません。しかし、外の涼しい空気と山から見る美しい景色を見ながらのコーヒー。それを飲むところを想像してみてください。格別な味がしそうですよね。
ただし、注意しなければならないこともあります。コーヒーのために、山で事故にあい命を落としては話になりませんよね。登山には危険もつきものです。登山初心者でコーヒーを飲みたい人は、簡単に山に登ろうとはせず、山の知識を調べたり、ガイドを雇ってみたりするほうが良いでしょう。
山でコーヒーを飲む方法についてですが、登山をしたときのため、そして普段と変わらないようなコーヒーの味が楽しめるように、と山コーヒーの商品がいくつも発売されています。
しかもそれらは、コーヒーを冷めないポッドなどの入れ物に入れて飲むだけ、という簡単なものばかりではないのです。たとえば、ドリップコーヒーをその場で作る商品があります。ドリップコーヒーなんかも山で作ることができる世の中になってきたのですから、文明ってすごいですよね。
いいや、それだけでは飽き足らない!自分は山であってもどこにいても、コーヒー豆をみずから挽いてから飲みたいんだ!というかなりのコーヒー通な人も中にはいるかもしれません。だけど、そんな人たちのために、そういった夢のような願いだって叶えてくれる商品も売られています。豆を挽くことからはじめて山で飲むコーヒーも、またいつもと違う味がするでしょう。
もちろん、面倒なことが苦手だという人のためにも、すぐ簡単にコーヒーを作れてそこで飲めるお手軽なものもあります。自然の中で飲むコーヒーは、どんな味がするか、試してみるのもいいですね。
さらに、山コーヒーをするときのような、外でも飲めるコーヒー商品を買ってしまえば、どこでもいつでもコーヒーを楽しめるようになるでしょう。
山コーヒーだけではあく、川でバーベキューをするときにコーヒーセットを持っていけば、川コーヒーも楽しめてしまうのですね。他のアウトドアな活動をするときにも、それらは活躍することでしょう。
今や、コーヒーはどこにいても楽しめる時代です。ただし、1つだけ切ないのは、コーヒーはどこでも楽しめても、いつでも飲めるわけではないということです。時は金なり、です。しかし、だからこそ、時間を忘れたいときに飲むコーヒーは格別においしいのかもしれません。山コーヒー、川コーヒー、自宅コーヒー、と世の中には、色んなコーヒーの快適空間があるのですね。人間にとって最もコーヒーが似合う空間は、自分がここでも飲みたいな……と思った場所なのだと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA