常盤珈琲焙煎所

“コーヒー好きたるもの、コーヒー豆にはこだわりたいものです。最高級の生豆、完璧な焙煎、そして丁寧な抽出。そうしたこだわりのためにおすすめなお店が、埼玉県は大宮駅の西口を出てすこし歩いたところにあります。名前は『常盤珈琲焙煎所』。埼玉でも随一の繁華街のビル群の隙間に、ひっそりと佇んでいます。

 

小さなお店ですが、外にはしっかり「珈琲」と書かれた旗などが出ていますから、見落とす心配はありません。小さな木製のベンチが置かれ、正面の全面窓から中を見ると、所狭しとコーヒーの生豆が並べられているのがわかります。

 

この時点で、ほとんどのコーヒーマニアが、このお店が良いお店であることに気が付くと思います。一歩店内へ足を踏み入れると、大波のように押し寄せるコーヒー豆を焙煎する香りに圧倒されるでしょう。コーヒーマニアにはたまらない香りです。まるで脳内から特別な分泌物でも出ているかのような心地よさで、ずっと居たくなりますよね。

 

ですが、ここ『常盤珈琲焙煎所』にはまともな座席はなく、ベンチとスツールがわずかに用意されているだけです。もちろん、最近流行の洒落たカフェのような凝ったスイーツメニューなどありません。「いや、それでいいんだ!」とコーヒーマニアの声が聞こえてきそうですね。

 
『常盤珈琲焙煎所』はコーヒーの生豆を焙煎して販売するスタイルのお店ですが、こうしたお店はほかにもいくつかあります。しかしそのなかでも『常盤珈琲焙煎所』を選ぶのは、そのコーヒー哲学にあります。すなわち、コーヒー豆をネームバリューにこだわらず品質のよいおいしい豆を適正な価格で提供し、豆ごとにベストな焙煎を行い、最適な抽出器具を使って最高の一杯を提供すること、これこそが『常盤珈琲焙煎所』のコンセプトなのです。コーヒー好きにとっては当たり前だけれど一番大切な想いです。

 

きっと、私たちがコーヒーを好きな気持ちよりもずっと、コーヒーを愛しているんだろうなと思わされます。
店内で、バケツのような形の缶に入れられたコーヒーの生豆の種類は常時20種類以上あり、はじめてだといったいどれを選んでよいかわからないかもしれません。ですがそういうときは、生豆に添えられた札の説明文を読めば、生豆の産地などのデータだけではなく、特徴や、飲んだ時の印象などがわかるので、豆選びの参考になります。

 

また、マスターも相談に乗ってくれるので、恥ずかしがらずにおすすめを聞いてみるのもアリです。個人的には、はじめてのコーヒー豆はオリジナルブレンドがおすすめです。バランスのよい風味が抜群に飲みやすいですし、次回以降は、ブレンドと比べてどういう味を飲んでみたいかを言えば、好みのコーヒー豆を見つけるのがずっと簡単になります。コーヒー豆の焙煎には、混雑していないときでも10~15分くらいかかります。この時間をどうするか、心配は無用です。なぜなら、豆を注文するとサービスでコーヒーを一杯いただくことができるからです。焙煎が完了するまでのわずかな時間を、焙煎する香りに包まれながらゆっくり待つのはなんとも贅沢な時間です。

 
店内にはコーヒー豆以外にも、ドリッパーなどの抽出器具も売られています。様々な抽出方法があるコーヒーですが、その器具の使い方や適した豆の種類、コーヒーの風味の違いなどはけっこう難しいもの。ここはマスターに相談してみましょう。新しい抽出方法にチャレンジするきっかけになるかもしれません。

 
店舗は大宮以外にも羽生や浦和にもあります。こちらも雰囲気最高のお店なので、お住まいが近い方はぜひこちらへどうぞ。

【店舗情報】
常盤珈琲焙煎所 大宮本店
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-2-10
TEL:048-614-8787
営業時間:10:00〜20:00(年中無休)

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA