手動のコーヒーミルの種類とチョイスのポイント

コーヒーミルには手動のものと電動のものとが存在します。スイッチを入れればすぐにコーヒー豆が挽ける便利な電動コーヒーミルも人気がありますが、やはり手動のものが好みであるという人もいます。では手動のコーヒーミルの種類と、購入の際に考慮すべきポイントについて見ていきましょう。

「種類」
コーヒーミルの形は様々ですが、まずハンドルの位置に注目できます。多くのものはハンドルが上部についており、横回転させてコーヒー豆を挽きます。しかしハンドルが縦向きになっており、コーヒーミルの横に設置されているものがあります。このタイプのものはハンドルを縦に回してコーヒー豆を挽きます。見た目はもちろんのこと、自分が使用しやすい位置にハンドルが設置されているものを選ぶことができます。
またコーヒー豆を入れるホッパーにカバーがあるものとないものとがあります。カバーのないものにたくさんのコーヒー豆を入れて挽くと途中で豆が飛び出てしまうことがあります。そのため一度にたくさんのコーヒー豆を挽くことの多い人は、ホッパーにカバーのついたものがお勧めです。しかしカバーのないものはコーヒー豆がむき出しになっているために、香りを楽しむことができるというメリットがあります。またそれほどたくさんのコーヒー豆をホッパーに入れなければ豆が飛び出ることはないために、毎回一人分の豆しか挽かないという場合はカバーなしでも問題ありません。

「選ぶポイント」
上記ではハンドルの位置、そしてホッパーのカバーの有無について考えました。この他にもコーヒーミルを購入する際に考慮すべき点がいくつかあります。まずホッパーや挽いたコーヒー豆を受けるケースの大きさをチョイスしなければなりません。一度にたくさんのコーヒー豆を挽く人は、ホッパーや挽いたコーヒー豆を受けるケースが大きいものを選ぶほうが良いでしょう。もちろんこれらが小さなものでもコーヒー豆を挽く回数を増やせば問題ありません。しかしコーヒー豆をつぎ足したり、挽いたコーヒー豆を何度も取り出す手間を省きたければ、サイズの大きなものを購入すべきです。
またコーヒーミルの重さも重要です。コーヒー豆をしっかりと挽くためにはコーヒーミルを固定する必要があります。そのため手動のコーヒーミルの多は意図的に重たくなっています。しかし持ち運ぶ際にこの点がネックとなることもあります。
恐らく多くの人はコーヒーミルと聞くと、トップにホッパーがついてその上にハンドルのあるタイプのものを思い浮かべることでしょう。このようなものはアンティークな印象を与えるもので、非常におしゃれです。しかし先にも触れたように、最近では様々な種類のコーヒーミルが存在します。たとえば細長い筒型のコーヒーミルがあります。これは上部がホッパーとなっており、その下に挽いたコーヒー豆が溜まる仕組みになっています。またハンドルが本体から大きくはみ出てしまうデザインであるために、取り外し式になっているものも多々あります。このようなものは使用しないときにハンドルを外し、しまっておくことができます。ハンドルが取り外し式であるために収納を楽に行うことができます。

「何とい言っても香りが最高」
手動のコーヒーミルを使用することには様々なメリットが伴います。たとえば電動式のコーヒーミルのように電気代を必要としません。また電動式のものはあっという間にコーヒー豆を挽いてしまいますが、手動のものはゆっくりと挽くことになります。そのため粉になったコーヒー豆の香りをじっくりと楽しむことができるのです。もちろん何をメインとしてコーヒーミルを購入するかは人それぞれ異なりますが、手動のコーヒーミルには様々な良さがあるためにお勧めできる商品です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA