手動のコーヒーミルの魅力とは

珈琲通となりますとさすがにコーヒーミルの一つや二つくらいは持っていることでしょう。電動と手動のものがあるわけですが、基本的には手動のコーヒーミルのほうが玄人向けであるといえるでしょう。何しろ、どうしても手間がかかることになりますが、ゆっくりと挽いていくことができますし、慣れれば自分好みの挽き具合にすることができるようになります。

 

これがとても大事なことであり、コーヒー通が手動のコーヒーミルを選ぶ理由でもあります。電動が悪いということは一切ないのですが、手動のほうが細かいところにまで気をつけることができるという点において非常に優秀であるということです。それに挽いているときにもコーヒーの香りをゆっくりと楽しむことができる、という点も素晴らしいところであるといえるでしょう。手回し式はハンドルで回します。

 

これが最も一般的な形であり、歯車のような臼によって、磨り潰していく、ということになります。コニカルグラインダーと呼ばれることもあります。基本的にそんなに大きいわけではありませんし、形もそこそこ似たようなものではありますが、それでもデザイン性が特に優れているものが多くあったりします。アンティーク調であったりして、それこそ、本当にアンティークのものを集めている人すらいます。

 

そして、アンティーク系であろうともそこまで複雑なものではありませんから、今でも現役で使うことができるという魅力もあります。しかし、そうしたものは非常に高額である、ということは理解しておきましょう。完全に趣味の領域であるといえるでしょう。さて、金額ですが、安いものであれば約2千円くらいからありますから、気軽に楽しむ、試してみることができるともいえます。デメリットはあるのか、といえばとにかく手間がかかるということでしょう。その点においては絶対に電動よりメリットがあるということはないです。

 

ゆっくりと挽くことに関して特に抵抗がなく、時間的なコストなんて考えていないと言う人には非常に向いているといえるでしょう。手動式は雰囲気がありますから、そのままでも十分にインテリアとしての形であり、そこも魅力になっています。例えばドイツ・ザッセンハウス社のものなどは極めて工芸品に近いレベルでの雰囲気があります。

 

ですが、電動のものはどうしても機械的な部分がモロに見えてしまうので本当に家電、という雰囲気になってしまうのです。それが極端に悪いわけではないのですが、やはり雰囲気を大事にするのであれば手動のものにしましょう。それが基本になります。しかし、大事になってくるのは挽き具合になるといえるでしょう。

 

どのくらい細かい調整ができるのか、ということになりますが手動の場合、これは本当にほぼ自分のやり方によって違うことになります。細かい調整ができるといってもそれはまさに自分の腕次第ということになりますから、コーヒー通には欠かせないアイテムであり、面倒だからこそ持っていて使いたいといえるようなものになっています。安くて2000円くらいからあるのですから、コーヒーが本格的に楽しめるようになりたい、という人であればこれは十分に持っているべきものとなります。

 

コーヒーミルを集めている、というコレクターなどもいるくらいですからとにかく、かっこいいという要素もあるのです。コーヒーブレイクにちょっとした雰囲気を出したいのであれば格好いいものを購入するとよいでしょう。単純に性能のみを追求するのもよいでしょう。

 

まさにコーヒー通には欠かすことができないようなアイテムになりますから、それこそ星の数ほど選択肢があるものであり、好みのものは必ず見つかることでしょう。

コメント