手軽に美味しく楽しめるドリップパックコーヒー

正直なところ、それまでコーヒーをあまり飲みませんでした。しかし、あることがきっかけで、すっかりコーヒーにハマってしまったのです。そのきっかけとは、ドリップパックコーヒーの美味しさを知ったことです。

もしかしてドリップパックコーヒーと聞くと、本格的なコーヒーを作って飲んでいるように思う人がいるかもしれません。ですが、実はそうではありません。私の場合、それまでコーヒーをあまり飲まない生活をしていましたので、ドリッパーやサーバーといったコーヒー関連の器具は全く家にありません。コーヒーをよく飲むお宅でも、中にはドリッパーやサーバーといった本格的な器具を持っていないという人が結構いるのではないでしょうか。

ですが、そういった器具なしでも手軽にドリップパックコーヒーを楽しめることを知ったのです。そのきっかけとなったのは、一杯抽出分のコーヒーが紙製の容器に入ったタイプのものをお歳暮で頂いたからでした。紙製の容器をカップにセットしてお湯を注ぐだけで、ドリッパーやサーバーといった器具がなくてもドリップパックコーヒーが簡単に作れるというものです。ドリッパーやサーバーといった本格的な器具を使うことなく作れます。

最初は、そんな簡易式のドリップパックコーヒーがそんなに美味しいものなのかと、それほど期待していませんでした。しかし、1杯そのコーヒーを堪能したところ、すっかりその美味しさの虜となったのです。

紙製の容器のドリップパックコーヒーとは言え、味は本格的です。お湯を注ぐと、コーヒー豆の良い香りが部屋中に充満します。まるでオシャレな喫茶店ような香りに包まれるのです。インスタントではここまでいい香りは出ません。その味も、これまた本格的です。インスタントコーヒーとは全然違います。その美味しさは、普段コーヒーを飲まなかった私が、すっかりコーヒー好きになったことが証明しています。

すっかりこの美味しさにハマり、頂くドリップパックコーヒーがなくなったら、自ら購入して飲む程になったぐらいです。
私がコーヒーをあまり飲まなかった理由は、インスタントコーヒー独特の雑味みないなものが飲んだ後に口に残るのが嫌だったからです。ですが、ドリップパックコーヒーは、一切この雑味のような嫌な感じが残りません。コーヒー豆の香りと味を雑味に邪魔されずに楽しむことができます。自宅に居ながらにして、カフェ気分を味わうことができます。

また、ドリップパックコーヒーを淹れるポイントを知っておくと、より美味しいコーヒーを作ることができます。1杯抽出タイプの紙製のドリップパックコーヒーは、カップにしっかり固定できるようになっていますので、しっかり安定させるようセットします。

 

できればポットのお湯を使わず、沸かし立てのお湯を使うのがベストです。適温は95度前後です。そして、お湯を注ぐ際が一番のポイントになります。一気にお湯を注ぐのではなく、まずは少量のお湯をコーヒー豆に含ませて、10秒ぐらい蒸らすことが大切です。この蒸らしがコーヒー豆の美味しさを引き出すポイントになります。蒸らした後、2、3回に分けて分量のお湯を注ぎます。少し手間はありますが、予めカップを温めておくとより美味しいコーヒーに仕上がります。

 

この紙製容器のコーヒーは、1杯分に適したコーヒー豆の分量となっています。ちなみに私の失敗談としては、つい勿体無い精神から、1杯分の容量であるにも関わらず、2杯目を作ったところ、濁って雑味だらけのコーヒーが出来上がってしまいました。美味しいコーヒーエキスは1杯目までしか出なかったのです。

 

この失敗をしてからは、ケチらず、1杯分のみで楽しむようになりました。

 

ドリップパックコーヒー1杯分は、インスタントと比べれば、少し割高のように感じるかもしれません。ですが、喫茶店で飲む1杯のコーヒーと比べれば、断然安く済みます。喫茶店レベル並みの美味しいコーヒーが自宅で楽しめるのですから、十分お得感はあります。

 

1杯のコーヒーには、精神的なリラックス効果をはじめ、何かと生活にプラスをもたらす効果が高いです。そんなコーヒー効果をより充実させるためにも、ドリップパックコーヒーを是非取り入れてみてはいかがでしょう。

コメント