月の味・珈琲物語

私のオススメのコーヒー店は岐阜県本巣市にある「珈琲物語」(コーヒーものがたり)です。
名前の通りコーヒー専門店です。
本巣市を縦貫する幹線道路から少し中道に入った場所にある小さな珈琲店。
外観はレンガ調でシックでありながらオシャレで自然と入りたくなるような落ち着いた雰囲気です。
中に入ってみるとカウンターがすぐに目に飛び込んできます。その向こう側にはマスターと壁の棚一面に並べられたコーヒーカップたち。何十、いや何百とあるその光景に感嘆の声が思わず出るほどです。食器がとりわけ好きというわけではない自分も見とれてしまいました。
そして肝心の珈琲はというとマスターのこだわりが前面に出ていました。
まずコーヒー豆の鮮度や焙煎の度合いによって味に大きな変化があるということで自家焙煎をしているというこだわりよう。それによって豆の特徴を引き出せるだけでなくマスター独自の味わいを提供できるという考えから徹底したオリジナリティを求めて編み出した手法のようです。
またお客さんの好みに合わせてコーヒーを提供するというのだから驚きです。

 

またタイトルを見て「月の味」???と思われると思いますがこれもマスターの驚きのこだわりがあるのです。
毎月、新月、満月の晩に「月のテンポ116」というヒーリングミュージックを流しながら焙煎するというユニークかつ斬新な「新月ブレンド」「満月ブレンド」も開発されたようです。
正直ここまでくると新月ブレンドと満月ブレンドの違いが分かるのかと疑問に思うのはさておき、マスターのすさまじいコーヒーに対するこだわりと愛を感じることができます。

 

メニューはというと各国の珈琲豆を選択でき焙煎や豆の種類によって好みの味を選べるというなんともうれしい、そしてコーヒー通にはたまらないメニューとなっています。

 

コロンビア、ブラジル、キリマンジャロ、グアテマラなどもの有名なコーヒー産地はもちろん、インドネシアや中国といったちょっと変わった産地の珈琲もいただくことができます。
また東海地区では欠かせないモーニングセットもあります。ホットサンドや期間限定でピザトーストなどバラエティに富んだ内容となっています。
東海地区ではない人にとってモーニングセットの説明を少し。
この地区は珈琲一杯の代金でモーニングセットという朝食ならびに軽食が付いてきます。
大体多いのがトースト、ゆで卵、サラダといったところでしょうか。
そのトーストが選べたり豪華なところだとそれに茶わん蒸しとかパスタやデザート・・・etc。東海地区の人にとっては当たり前のような内容なんですが初めて体験したときはびっくりしました。こんなに付いてきていいのか?!赤字にならないのか?と余計な心配までするほどです。

 

こちらもそのご多分に漏れずしっかりとモーニングセットがついてきます。サラダも卵もトーストもおいしくコーヒーに負けないものです。
そしてコーヒーはというと私がよく飲むのは「満月のしずく」というなんともロマンティックなコーヒーです。自分の好みにあった苦みとエレガントな酸味に心が落ち着きます。
他にも炭焼き珈琲なども多くの方が注文されている印象なのでいつか頼んでみたいと思います。
値段は500円~くらいの普通の珈琲店よりは微妙にお高めですがそれに見合った味と香りと雰囲気を堪能できると思います。

 

最後に店舗情報をお知らせします。
ぜひ興味がある方、珈琲にはこだわりを持ってるという方には一度行ってみていただきたい店です。
駐車場もあるのでお車での来店も問題ありません。

 

店舗名:珈琲物語(コーヒーモノガタリ)
住所:岐阜県本巣市三橋4-17
電話番号:058-323-7887
ホームページアドレス:http://www.coffee-monogatari.com

コメント