楽しみを見つけて

楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、、自分がコーヒーの楽しみ方に気付いたのは近所のコーヒー専門のCafeにひょんなことから入り、通うようになってからです。

そもそも自分は家でインスタントコーヒーしか飲まず、まずコーヒーの違いや楽しみ方など分からなかったのですが…たまたま家が散らかり落ち着かず、集中したい調べものの作業があったために近所のCafeにふらりと入りました。

おしゃれな店内にコーヒーを入れてくれるマスター、カウンターの向こうには沢山の豆の入った瓶が並び、いろんな種類のカップが置いてあり…
メニューにはたくさんの見たことがない種類が並び、どれがどんな味がするのかわからなかったのですが…
自分が悩んでいるのをみると、マスターはどんな気分ですか?と自分に聞きました。
気分を聞かれてコーヒーを注文というのも初めてで面白かったのを覚えています。
自分が「すっきりするものを、集中したいので…」というと青色のカップの中から一つ選び、メニューの中から、「タンザニアの風」、というお店のオリジナルのコーヒーを入れてくれました。
美味しく、追加で同じものを注文すると今度は茶色の土器のような底の深いカップに入れてだしてくれたのですが…カップでこんなにも味が変わるのかとびっくりしたのを覚えています。
スターバックスなどのCafeが流行る中で、カップをマスターがその場で選んで淹れてくれるコーヒーの世界の面白さに近所のCafeに通うようになりました。

通っているうちに、家での粉のインスタントが美味しくない、物足りないなと思うようになりました。
紙パックに入っているようなドリップ式のを買ってみたところ、結構美味しいものが作られていて色んな種類を試してみましたが、、
なにか、コーヒーを淹れる手間や方法などに魅力も感じいた自分は、Cafeで出してくれるようなコーヒーはもちろん難しいとは分かっていましたが、ドリップのセット一式を買って家で挑戦してみることにしました。

口の細いヤカン、フィルター、ドリッパー、練習用にはじめは一番安い豆で大量に入っているものを買いました。
調べてみるとドリップは非常に奥深く、インターネットで調べても淹れ方は千差万別、、豆の種類はもちろん、ひき方、ドリッパーの種類、蒸らし方、フィルターにセットする豆が水平なのか、あらかじめ手で真ん中を掘っておくのか、、淹れ方にしても豆を蒸らすときにドリッパーにセットしたフィルターを濡らしてはいけない、という所もあれば先に濡らすという方法もありさっぱり分からず、、とにかく色々と試してみました。

安い豆ということもありますが、とにかく自分が最初に淹れたコーヒーが非常に美味しくなかったのを覚えています。
何気なくマスターが淹れる挙動の中にはいくつもこだわりや、経験が含まれているのだと思いました。

色々試してみました。
蒸らし方をフィルターに豆にただお湯をかけてしばらく放置よりも、温度が下がらないように少しずつ足しながら蒸らしたり…
お湯の温度は沸かしてからそのままではなく一度別のやかんで沸かしたものを注ぐようのポットに移すうちに温度が丁度よくしてみたり…
一度注いでお湯で浮いた豆を、落ち着かせ落としきってから注ぎ直すのか、そのまま落ちないようにするのか…
紙のフィルターも知り合いに紙の味がすると言われてネルに変えたりしてみました。

だんだんと安い豆でしたが飲めるようになってきたので、今度は豆を粉ではなく豆のまま買って淹れてみることにしました。
こちらも、細かいことをいうと機械でひくのか、手でひくのかがありましたが自分は手でひくのを買いました。
マスターに言ってみると、てびきの良さはひくときにゆっくり摩擦熱がでないようにひくことができる所だと言われました。

コーヒー一杯を家で満足して飲むために何故こんなにも…と自分でも思ったりしたのですが、最近ではそれでも市販品より自分の好きな豆を気分で選び、淹れ方も変えることが出来る様になってきたように思います。

近所のCafeとの行き来で、マスターと淹れ方の相談をしたり、自分の淹れたコーヒーとの違いを噛みしめてやっぱりさすがだなぁと思ったりしています。

楽しみ方はそれぞれですが、自分なりに覚えた淹れ方で他人の淹れたコーヒーとの違いが分かるようになったことや、家に客人が来たときにひと手間をかけてもてなすことが出来ることが自分はとても楽しいです。
茶菓子なども選び、コーヒーのドリップが好きな人と自分の体験、失敗談、あの豆はどうのこうのと会話できるのも、自分がやってみたからだと思っています。

最近ではアウトドアで、山でキャンプしたりするときにドリップのセットを持って友人に淹れることにしています。
決してすごく美味しいというわけではないですが、キャンプで夜空を見上げながら自分の淹れたコーヒーを飲むとやはり特別に感じます。

下手の横好き止まりではまだありますが、好みのカップを見かけるとつい買ってしまうようになりました。
これからもコーヒーの楽しみ方、探していくつもりです。

コメント