毎日飲まないからこそ

毎日飲む、という訳ではないけれど、コーヒーはわりと好きな方です。

毎日飲む訳ではないので、出来れば飲む時は美味しいのを飲みたい、と思います。
と言っても、それほどこだわりや味の違いがわかる程のコーヒー通ではない私。とりあえず「インスタント」「缶コーヒー」はパスですが、それ以外なら、市販の一杯分ずつパックされているドリップコーヒーや、チェーン店のカフェ、コンビニエンスストアの一杯ずつ豆を挽いて抽出してくれるコーヒー、こういうもので充分満足出来てしまうのです。
コーヒー通でなくても、一杯ずつ丁寧に淹れてくれる喫茶店のコーヒーが美味しいのは知っています。

確かに、コーヒー飲みたいな、と思った時にそういうお店で飲めたら嬉しいけれど、会社で仕事をしていると、息抜きに抜け出してなかなか喫茶店に行くのは至難の技ですし、近所にそのような素敵なお店もなかなかないのでは敷居が高いのです。
「豆を専門店で買ってきて、自宅で器具を使って豆を挽き、丁寧に入れる」というのにも憧れているのですが、我が家の狭い台所、これ以上ものを増やすのはちょっと躊躇してしまいます。それに、突き詰めると、大変な趣味になってしまいそうで…。

豆の種類も、こだわりが出てくるとけっこう高価だったりして、どんどん「コーヒー道」というか、高尚なものになってしまうような気がしてしまうのです。
それはそれで良いとは思うのですが、自分の求めるコーヒーとは少し違うのです。
あまり固苦しくなると、コーヒーが楽しめなくなるのではないか、という不安もあり、まだ器具を買うのは控えています。せっかく飲むなら美味しく楽しく飲みたいものです。
コーヒーの良いところは、飲むと気分転換出来るところではないかと思います。自分が「コーヒー飲みたいな」と思う時は、後から考えると、何かに煮詰まったり、ストレスを感じていたり、そんな時が多いような気がします。
味もさることながら、コーヒーのあの香ばしい良い香りが、頭の中のモヤモヤを吹き飛ばしてくれるような気がするのです。

インスタントコーヒーや缶コーヒーもそれなりに美味しいし、手軽で良いとは思うのですが、自分がコーヒーに求めているのは「香り」なので、その点、インスタントや缶では、どうしても香りが薄い、インパクトに欠ける、というのも、あまり触手が伸びない理由かもしれません。
毎日飲まないからこそ、かえってコーヒーの香りがが自分に良い気分転換のきっかけをくれているようにも思います。

コメント