珈琲専科にーちぇ

沖縄もひと昔前までは昭和の風情漂う、ザ・喫茶店のような店舗が沢山ありました。

 

最近は、おしゃれな飲食店や隠れ家的なカフェは増えていますが、入り口を開けると「カラン、カラン」と音が鳴るような喫茶店と呼ばれる場所は、なかなか見つける事ができません。

 

ちょっと、前を通ると誰もが、「なつかしい!」と言葉が出そうなそんな数少ない、隠れ家的な店舗を紹介したいと思います。
店舗名:珈琲専科にーちぇ
住所:沖縄県那覇市字古波蔵390-4
電話番号:098-854-4568

紹介HP
https://s.tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47004031/
沖縄の那覇の中心部から、車で10分程と大通りを一歩入った、都心からは少し離れた小道にひっそりとたたずむ店舗、それが「珈琲専科にーちぇ」です。

 

お店の「にーちぇ」からも、あのドイツの哲学者にーちぇを連想してしまいます。お店の雰囲気も、お店の名前にぴったりな思わず物思いにふけてしまうような落ちついた店構えを見せています。茶色いを基調とした建物に、蔦が伸び周りが草木の緑に囲まれた「NIETZSCHE」とだけただ書かれた看板が目印の店舗です。

 

一瞬、住宅街だというのを忘れてしまいそうになります。そして、店舗の前に立つだけで、懐かしい雰囲気が漂って引き込まれてしまいます。

 

中に入ると、薄暗さもありやはり茶色を基調とした落ち着いた内装になっており、店内は静かでクラッシックだけが優雅に流れています。

 

これだけでも、日常の喧騒から離れた心和やかな気分になり、静かにあれこれと色々な事を深く考え事が出来そうです。建物は2階建てになっており、1階はカウンター席とテーブル席がいくつかならんでおり、カウンターごしから店員さんがコーヒーを入れてくれるのがよく見えます。

 

また、コーヒー専門店ならではのサイフォン式の抽出方式で、その間のコポコポという耳障りの良い音が響き、入れたての香りがまた美味しいコーヒーを演出してくれます。

 

それを楽しむのも、コーヒー専門店ならではだと思います。そうではなく、もし静かに1人の時間をゆっくりと過ごしたいと思う方もいるかもしれません。

 

そんな方には、私は特に2階席がオススメしたいです。2階席は、上がっていくと濃茶と白の落ち着いた色合いの壁紙で1階とはまた違った感じです。

 

壁面にはコーヒーに関するアンティーク品々がおしゃれに飾られており、ついつい鑑賞したくなるような空間で、本当にインテリアのセンスの良さを感じさせられます。

 

また、大きな窓から見える緑の草木と外の風景がマッチしていて見た目にも癒される事間違いなしです。きっと、1人静かな時間を過ごせます。肝心のコーヒーについてですが、コーヒーはコーヒー専門店とだけあり沢山の種類があります。

 

初めて行く方にはまず「にーちぇブレンド」をオススメします。お店がこだわり抜いたコーヒー豆から抽出しているので、苦味や酸味のバランスが良くとてもまろやかで、珈琲の旨味と香り高さをすごく感じられます。

 

他にも、産地ごとのコーヒーを味わえるのも嬉しいです。食事については、コーヒーを楽しむ為の時間なので、トーストやケーキ等の軽食はありますが、その他の食事はありません。

 

ただ、こちらのオリジナルケーキはかなりオススメです。昔から何度も食べてますが、今も昔も変わらない手作り感と濃厚な味わいで、かなり絶品です。

 

以前は、チーズケーキもあったようなのですが、現在はガトーショコラになっているようです。もちろんコーヒーとの相性も抜群です。一度、ご賞味あれ。

 

値段は、コーヒーだけで一杯600円程からと少しお高いような気もしますが、これだけ良い空間で時間を過ごせる場所は中々ないと思います。

 

私はいつも、ここを訪れると気分が浄化したような気持ちになります。沖縄を訪れた際には、是非お立ち寄り下さい。

コメント