甘い、苦い、コーヒー

みなさんはコーヒーと聞いて甘いコーヒーを想像しますか?それとも苦いコーヒーを想像しますか?
私はどちらのコーヒーも好きです。もちろん人によって好みは異なりますがぜひどちらのコーヒーも飲んでほしいです。

二つのコーヒーの魅力について語っていきたいと思います。

まず甘いコーヒーについてお話したいと思います。「甘いコーヒーなんてコーヒーじゃない!」と感じる方もいると思いますがぜひ一度お試しください。甘いコーヒーはコーヒーなりにとてもおいしいのです。

特に有名なのはスターバックスのコーヒーですね。もちろんスターバックスには甘いコーヒーだけではなく苦いコーヒーも販売されています。私のお勧めはスターバックスでコーヒーを飲みながら優雅に読書をすることです。読書をすると集中するので頭を使いますよね。そこで甘いコーヒーを飲むと今までの疲れがすべてなくなってしまいます。大きさはグランデで。自分専用のタンブラーを買うのもいいでしょう。私も自分のお気に入りのタンブラーをもってよくスターバックスへ向かいます。甘いのが苦手な方はトールサイズを頼まれてはいかがでしょうか?多くなく少なくちょうどよいサイズです。みなさんもぜひ一度スターバックスでゆっくりと過ごしてみてください。きっと疲れが吹き飛ぶでしょう。

最近ではスターバックスでコーヒーを飲みながらパソコンで作業をする人を多く見かけます。つまり仕事をしながらでもおいしくコーヒーを味わうことができるのです。私も初めは「なぜわざわざスターバックスで仕事をしながらコーヒーを飲むのか?」と疑問に思っていた時期がありましたが今では納得の一言です。作業がよく捗ります。百聞は一見に如かず、ぜひスターバックスへ行ってみてください。

次に苦いコーヒーについてお話します。苦いコーヒーは何百年も続くいろんな人に愛されてきた飲み物です。今ではたくさんの種類のコーヒーが存在しています。しかし私がここでお勧めしたいのは”自動販売機のコーヒー”です。侮ることなかれ、最近の技術は進歩していて缶コーヒーでもその場で入れたかのような味を楽しむことができます。

特に私がお勧めしたい缶コーヒーはBOSSシリーズです。よくCMでも見かけると思いますがこれが本当においしいのです。よく仕事の休憩中に自動販売機へ行き買っていますが何度飲んでも飽きません。むしろもっと飲みたい!と思えるような味わいなのです。量は少ないと感じますが味が一流なのでついつい飲んでしまうことが多いです。

BOSSシリーズだけではなく他にもおいしい缶コーヒーはあります。自分のお気に入りの缶コーヒーと出会えるように色々な会社のものを飲んでみてください。きっとどこかにあなた好みの甘い、苦いコーヒーがあるはずです。あなたが最高のコーヒーと出会えるように心から願っています。

また喫茶店で販売されているコーヒーもお勧めです。学生の頃、私は友達と行きつけのコーヒーがおいしい店がありました。今はもうなくなってしまってとても悲しいのですがあの頃飲んだ味が今でも忘れられません。近くに喫茶店などはありませんか?一度行ってみてコーヒーを頼んでみませんか?きっと新しいコーヒーとの出会いがあなたを待っているかもしれません。店によってはオリジナルのブレンドをしたコーヒーを販売しているところもあると思います。もしそんな店に出会えたあなたはとてもラッキーです。他の人の地域、県、国に住んでいる人はこのコーヒーを飲むことができないのですから!ぜひ時間が余った時に行ってみてください。

しかしコーヒー好きな方々は市販のコーヒーではなく豆から購入し、自分で作る方も少なくないと思います。かくゆう私も豆から購入しコーヒーを作っています。毎日は大変なので週に一回のペースですが・・・。なにより自分で苦労して作ったコーヒーよりおいしいものはありません!さらに自分の好みの苦さに帰ることができるのも大きなポイントです。つまり自分でコーヒーを作ると言うのは甘いコーヒーも苦いコーヒーも作ることができるということなのです!

コーヒーを作る機械を買うのは初めは負担が大きいかもしれませんが生涯コーヒーを飲むと考えるととてもお買い得だと思います。買うときに少し奮発して高いコーヒーメーカーを買ってみてください。

安値のものはどうしてもコーヒー豆の質を落としてしまいがちなので少しでもおいしいコーヒーをいただきたいと思う方は高級なものを買ってほしいです。私は市販のコーヒーも良いと思いますが何より自分でコーヒーを作ることをお勧めします。

以上、コーヒーについて長々と語ってきましたが甘いコーヒーも苦いコーヒーもどちらもおいしいと思います。私は苦いコーヒーよりも甘いコーヒーがすきなのでどうしてもそちらを多く飲んでしまいます。

また自分が好きなコーヒーを自分が好きな時に飲めることが何よりの幸せだと思います。これからも長くコーヒーを愛していきたいです。

コメント