簡単!手間なし!ペーパードリップコーヒーの楽しみ方!

皆さん。コーヒーはお好きでしょうか?わたしはかなりのコーヒー党だと思っています。緑茶も紅茶も好きなのですが、やっぱり、1日1杯以上は飲まないと落ち着きません。けれども、コーヒーは好きですが、特に詳しい訳ではありません。

自宅でコーヒーを楽しむ時は粉にお湯を入れるだけのインスタントコーヒーを楽しんでいました。実際、味わいでは喫茶店が提供するコーヒーとでは比べ物にならない位に負けてしまうのは事実だと思います。自宅で飲む程度なら仕方がないと割り切って美味しくないインスタントコーヒーで満足していました。

ある日、姉の家に遊びに行った時、自宅で飲むにはかなり美味しいコーヒーを淹れてくれました。さぞかし、費用と手間を掛けて淹れたのだと思っていたんですが、殆ど手間も費用も要らずに淹れていると言っていました。ペーパーフィルターにコーヒーを入れて、お湯を注ぐだけでいいそうです。そんなコーヒーの淹れ方を教えてもらい、わたしも自宅で試してみました。そのコーヒーのやり方は「ペーパードリップコーヒー」という方法で、数あるコーヒーの淹れ方の一つの様です。

この「ペーパードリップコーヒー」の楽しみ方などを紹介したいと思います。器具の用意は簡単です。ペーパーフィルター、ドリッパー、メジャースプーン、挽いたコーヒーの粉さえ準備できれば誰にでも出来ます。ペーパーフィルターは100円前後で用意できますし、コーヒーの粉もそれほど高価ではなく、インスタントコーヒーの値段と大差ないと思います。以上の用意するものはスーパーなどの量販店で全て購入することが可能です。

さて、ペーパードリップコーヒーの淹れ方ですが、これも簡単で誰にでも出来ると思われます。ものすごく美味しく淹れるなら話は別ですが…やり方として、ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。そこにメジャースプーンで大体、満杯になるくらいのコーヒーの粉をペーパーフィルターに入れます。その後、約95℃のお湯をペーパーフィルターに注ぎます。

ここでポイントなのは一気にお湯をペーパーフィルターに注がない事です。最初は少量のお湯を注ぐ込み、コーヒーの粉が全体的に湿る程度にします。

この時、コーヒーの粉が蒸らされて、含まれているガスを放出します。この時に鼻を近づけると素晴らしい良い香りがします。この香りを起床時に嗅ぐとパッチリと目が覚めます。そして、20秒程度待ってから再度、お湯を中心部をから「のの字」を描く様に注ぎ込みます。

一回でドバっと入れるのではなく、3回に分けて注ぎ込みます。基本的なペーパードリップコーヒーの淹れ方はこれで終了です。本当はもっと細かい方法があるみたいなのですが、インスタントコーヒーで満足していた、わたしにはこの方法だけで十分に美味しく感じます。このペーパードリップコーヒーの淹れ方を知ってしまうと、もうインスタントコーヒーは満足に飲めなくなってしまうのは間違いなしです。インスタントコーヒーは味わいが澄み切った感じではなく、なんとなく粉っぽさも感じてしまうのが難点ですね。

コストパフォーマンスを考えても、インスタントコーヒーに劣っているとは思いません。買い求めたコーヒーの粉は大体、2週間前後は持ちます。これはインスタントコーヒーよりもちょっと短い位ですね。きちんと淹れたコーヒーが美味しいのは知ってるけれども、自宅ではインスタントコーヒーで十分と思っている方は、ちょっとだけ手間が掛かりますが、ペーパードリップコーヒーに慣れ親しんで頂ければその素晴らしさがよく分かると思います。

是非、一度ペーパードリップコーヒーを試してみてください。簡単に入れる事が出来ますよ!

コメント