美味しいコーヒーの楽しみ方

コーヒーが好きな人はコーヒー豆や淹れかたなどこだわっていると思います。
あとは美味しくコーヒーを飲みたい、美味しいコーヒーを淹れるぞっていう気持ちも味に変化を出してくれます。これって意外かもしれませんが、本当の事です。
美味しいコーヒーを淹れるポイントをまとめてみましたので、毎日コーヒーを淹れているという人はぜひいつもの淹れかたと比較して実践してみてください。
まずコーヒーを淹れる際に、コーヒー豆が新鮮であるかどうかは味に大きく関係してくる部分です。
開封済みのものも保存状態で味が全然違ってきます。
密閉容器に入れて保管しましょう。いつもと香りが違うと感じた場合、豆の品質が落ちている可能性があります。
コーヒーを淹れる際の器具も美味しいコーヒーを作るためには重要です。
きれいな器具、新鮮なコーヒー豆を用意したら早速コーヒーを淹れていく事になるのですが、皆さんはコーヒーを美味しく淹れるお湯の温度、何度だと思いますか。
お湯を沸騰させてからコーヒーを淹れる人もいると思いますが、適温は95度程度とされています。沸騰し過ぎるとコーヒーの風味が変わってしまいますので、普段淹れている温度も見直してみてください。
2分半くらいかけてじっくりゆっくりお湯をかけてコーヒーを抽出していきます。
淹れたコーヒーを飲む直前に再度沸かすことで、さらに美味しく飲めると言われています。
これも試してみてください。
それからお水を変えるだけでもコーヒーの味に変化が出てきます。
水は硬水と軟水がありますが、硬水を使ってしまうと苦みが出やすくなります。硬水はミネラル分が豊富なので健康に良いと言われていますが、コーヒーに使うなら軟水がおすすめです。

軟水はコーヒーの味をまろやかにしてくれます。水道水はカルキのニオイがコーヒーに出てしまう可能性がありますので、カルキ抜きをしてコーヒーに使いましょう。浄水器がついているご家庭ならカルキが抜けているので使いやすいですね。
できるだけ新鮮な水で淹れるのが美味しくできるコツです。ウォーターサーバーを導入しているご家庭の場合、美味しいコーヒーを簡単に淹れられると思います。
ウォーターサーバーはお湯も出せるので、常にコーヒーに最適な温度のお湯が出てきます。
その都度淹れたてが簡単に飲めるのは良いですね。
ホットコーヒーを淹れる場合、お湯はそのたびに沸かして作るのが美味しく飲める方法になります。
少し面倒でもお湯を沸かして入れ直ししましょう。

<フレーバーコーヒーでもっと美味しく>
コーヒーは必ずブラック、コーヒーにはミルクと砂糖を入れる、皆さんこだわりがあると思います。
コーヒー豆の中にはフレーバーがついたタイプがあるのをご存知でしょうか。
これは香りがついているだけなので、コーヒー豆そのものは甘くなっていたり味がついているわけではありません。
でも不思議と香りのおかげで味も違うように感じられてくるのです。
フレーバーコーヒーは、いつもと違ったコーヒーを飲みたい、気分転換したいという時におすすめです。
甘いフレーバーのものを選べば、ダイエットにも役立ちます。
フレーバーコーヒーは色々な種類がありますが、代表的なフレーバーとしてバニラ、ヘーゼルナッツ、チョコ、シナモンなどがあります。ちょっと変わったフレーバーだと、ストロベリーとかキャラメルなどもあります。
簡単に作れるドリップタイプから挽いて淹れる豆タイプまで、種類も豊富です。
フレーバーコーヒーはそのままでも香りで楽しめますし、ミルクや砂糖をプラスして楽しむこともできます。
いつものコーヒーに飽きた時、ちょっと気分を変えてみたい時はフレーバーコーヒーがおすすめです。

コメント