美味しいコーヒーをダイエットに活かす

皆さんコーヒーは1日どれくらい飲みますか。
飲み過ぎはカフェインの過剰摂取になるので良くないという説もありますが、コーヒーを上手に飲むと
健康効果が得られるのです。
その健康効果の1つにダイエット効果が挙げられています。
大好きなコーヒーを飲んでダイエットができるなんて夢みたいですよね。
コーヒーの成分であるカフェインに脂肪を燃焼させる効果があるという事が分かっています。
体に脂肪がつきにくいように働きかけてくれるのです。
そしてカフェインで基礎代謝まで上がります。血流を良くする働きもあるカフェインが、体温を挙げてくれるので 痩せやすい体質へと変化していきます。カフェインの摂取は便秘解消にも役立つとされています。
コーヒーはデトックスにも使える飲み物なのですね。
冷え性で痩せにくい人はコーヒーを飲むと体質を改善できるのではないでしょうか。
カフェインだけなら緑茶でも摂取できますし、紅茶にも含まれているじゃないという声が聞こえてきそうですが、コーヒーにはクロロゲン酸という脂肪を分解してくれる成分も含まれています。
脂肪を蓄積しない、脂肪を分解させるという2つの成分のおかげでコーヒーは高いダイエット効果が期待されているのです。クロロゲン酸はポリフェノールの1種なので、美容面でも効果が期待できそうですね。
<どうやれば効果が出るのか>
さてダイエット効果のあるコーヒーですが、やはり効果を出すための飲み方というものがあります。
ミルクやお砂糖をいっぱい入れて飲んでいるという人は、ダイエット効果を半減させてしまっています。
ホットコーヒーよりもアイスコーヒー派という人もダイエット効果が半減しています。
もったいないですね。
一番のおすすめがホットコーヒーをブラックで飲むという方法です。
ホットにすることで体を温めて代謝UPに繋がります。そして成分の吸収率が高くなるのもホットコーヒーなのです。
ダイエットに成功したい人は今日からホットコーヒーにしましょう。
缶コーヒーなどは添加物も入っていますし、お砂糖やミルクもいっぱい使ってますので、インスタントコーヒーやドリップコーヒーを淹れるようにしましょう。
ブラックがどうしても苦手という場合は、人工甘味料で甘さをプラスしましょう。
脂肪燃焼に効果的な時間というものもあります。
運動前に飲むのはそのあとの運動での消費カロリーを高めたり、脂肪燃焼の促進につながるのでおすすめです。
運動することが無いという場合、食後に飲むと良いでしょう。余分な脂肪が体に蓄積されないように働いてくれます。
インスタントよりドリップコーヒーのほうがより効果が高いとされていますので、時間がある時はドリップコーヒーを淹れて下さい。
このようにダイエットに効果的なコーヒーですが、やはり飲み過ぎは良くありません。
そして妊婦さんなどカフェインの摂取を控えなければいけない人もいますので、そういった人はこの方法は実施しないようにしましょう。
<豆の味が分かるようになる>
この方法でダイエットすると、コーヒーの豆の味の違いに敏感になってきます。
ブラックで普段飲む習慣が無いと、豆の味って分からないですよね。
でもブラックで飲むと香りとか酸味とかコクなどが感じられます。
自分の好きなコーヒー豆を探すようになってくると思います。
ドリップコーヒーだと飲み比べできるセットなどもありますので、ダイエットにコーヒーを使う場合
飲み比べできるタイプがおすすめです。
その日の気分で色々なコーヒーを選べます。
コーヒーダイエットまずは3ヶ月を目安にして始めてみてはいかがでしょうか。
体の変化が感じられたら大成功ですね。

コメント