美容良いマシュマロコーヒーでコラーゲン摂取!

大人の味というようなイメージの強いコーヒーですが、私は特別な日などにはブラックのコーヒーにアメリカなどで売ってありそうな大きめのマシュマロを入れて飲んでいます。

熱いコーヒーがマシュマロを溶かして、その溶けたマシュマロと混ざりあったコーヒーが口のなかに入ってくる瞬間は甘味と苦味、さらには旨味も交わりあった何とも言えないような贅沢な味を堪能することが出来ます。
コーヒーに砂糖やミルクをいれるのが好きではない私は、専らコーヒーはブラックと決めているのですが、今日は仕事を頑張ったなというときは、バラエティショップなどで大きめのマシュマロを購入して、淹れたてのコーヒーを注いだマグカップに押し詰めるようにマシュマロを入れます。

一見するとマグカップにマシュマロを入れただけのように見えるのですが、詰めるようにマシュマロを入れることによって、コーヒーが冷めにくいという一石二鳥の役割も果たしています。マシュマロコーヒーにするときは、苦味の少ないモカがおすすめです。
最近では様々なバリエーションのマシュマロが販売されていますが、オーソドックスになにも入っていないプレーンのマシュマロを使うのがポイントです。コーヒーの味を邪魔しないためにも、プレーン意外のマシュマロは避けておくことが賢明かと思います。

また、小さめのマシュマロなどはどこでも手に入りやすいので、標準のサイズなどのマシュマロを使うのもいいかもしれませんが、こだわりとしては、バーベキューなどで串に刺しても落ちたりしないような、大きめのマシュマロを使うことです。

小さなマシュマロだと、コーヒーの熱によってすぐに溶けてしまいます。そのため、マシュマロ風味のコーヒーを堪能することが出来るのは始めだけであったり、コーヒーではなくマシュマロの原液を飲んでいるような気分にもなりますので、大きめのマシュマロをコーヒーを隠すように乗せて、僅かに生れたて隙間からコーヒーを堪能するのがポイントです。

溶け始めたマシュマロはコーヒーの熱さも押さえてくれますし、苦味も甘味に変えることが出来ます。そのため、夏期などのあまり熱いコーヒーを飲みたくないなというような時は、一度凍らせたマシュマロを使うと、ほどよい温度になったコーヒーを堪能することが出来ます。マシュマロは凍らせても使うことができますので、一度で使いきれなかったマシュマロはタッパーなどに入れて、冷凍庫で保存をして、解凍せずにそのままコーヒーに乗せても大丈夫です。
更に甘いコーヒーを堪能したい場合は、小さなマシュマロと大きめのマシュマロを組み合わせて使っても面白い感触を味わうことが出来ます。小さなマシュマロをまずはコーヒーに混ぜて、その上に大きめのマシュマロを敷き詰めると、すでに溶けたマシュマロがコーヒーにほどよいアクセントを与えていますので、ブラックのコーヒーが苦手な人も飲むことが出来ると思います。

マシュマロはコラーゲンが入っているので肌によいとも言われていますので、美肌を目指す人は是非とも試してもらいたい一品です。
マシュマロを入れただけですので簡単で、しかも見た目もかわいいという一石二鳥の役割も果たしています。

ホワイトのマシュマロだけではなく、バラエティショップなどでは、ピンクなどのマシュマロやテディベア型のマシュマロなど数多くありますので、かわいさを重視して選んでみても楽しさは広がっていくと思います。

コーヒーにかわいさを求める人も、美味しさを求める人もきっとワクワク出来ること間違いなしのマシュマロコーヒーは、選ぶマシュマロが大きなポイントです。また、マグカップなどは大きめのものを選ぶと、マシュマロを入れたときにも安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました