群馬県高崎市にある「トンビコーヒー」

今回ご紹介するのは群馬県の高崎市にある「トンビコーヒー」です。
群馬県の高崎のはずれ、前橋寄りにあるこのお店はいつ行っても、駐車場にスムーズに入れたらラッキーと言うような人気店です。

 

私がこのお店を知ったのは知人に群馬県人がいて、群馬に来たら連れて行ってあげるよと言われていたのでお言葉に甘えて群馬に観光で訪れた際に連れて行ってもらいました。
コーヒー好きの人達には有名なお店らしく、検索するとオーナーの方が東京の有名店で修業をされて独立したそうです。
さらに、喫茶のケーキを作るパティシエの女性はオーナーと同じ場所でケーキを作っていたらしく、なんだかお互い切磋琢磨しあえる関係って愛があってすてきだなぁなんて勝手に想像してしまいました。

 

お店に入ると、焙煎機がすぐ見え、まだ焙煎されていない生豆が入っているのでしょうか、麻袋も沢山おいてあり本格的なコーヒーショップたる品格が漂っています。
店内は、コーヒー豆の販売と、奥にこじんまりではありますが喫茶室があり、ショーケースには沢山の種類の豆が並び、冷蔵のショーケースには数種類のケーキが並んでいました。

 

コーヒー豆のショーケースを覗き込むと、色んな産地のコーヒーが並んでいます。その中で目をひいたのが「ピーヒョロブレンド」です。お店の名前のトンビの鳴き声から命名されたこのコーヒーは時期によってブレンドされる豆の種類が違うそうで季節が変わればブレンドの味も変わるので、それを目当てに買い求めに県外から訪れるお客様も多いそうです。

 

そして、オーナーは年に数回、コーヒー豆の産地に赴きいろいろと勉強と仕入をしてくるそうなので、常に面白い豆が並んでいるそうなので、県外組の私は来るたびに新しい発見が出来るお店だなぁと感じました。

 

オーナーさんの人柄もとても素敵です。一見、怖いかな(すみません)と思うのですが、職人気質が漂う、でもスマートな印象の方でしたが、私がコーヒー豆の質問をした時も、他にお客さんがいて接客が大変だったと思うのですがとても丁寧に答えてくださりとても嬉しかったのを覚えています。
知人は、ドリップコーヒーではなくエスプレッソコーヒーの豆について相談した時も、どんな機械でコーヒーを落とすのか、家庭用のマシーンならこれくらいの挽きの豆が適しているなど、かなり細かく相談に乗って貰ったそうで、いたく感動して帰ったという話を嬉しそうにしてくれました。

ケーキも種類こそそこまで多くはないものの、季節感を大事にしたタルトやケーキ、シフォンケーキなどがあり見るだけでも心が癒されます。私が印象的だったのは生の桃を使ったケーキです。見た目に涼しく、それでいてかわいらしく、素朴な感じがするケーキはこのお店にぴったりで、なぜか私が嬉しくなりました。

 

店内を訪れた日は、コーヒー豆だけ購入して帰ったので、次回同じケーキがあるかはわかりませんが、必ずケーキを食べようと心に誓いました。

 

その日は、夏色のピーヒョロブレンドと、デザインが本当にかっこよくて美しいアイスコーヒーのパック入りを購入して帰りました。店内やショップカードも、きちんとプロが作っているような本格的な物だったので東京で修業をされていたというオーナーのセンスの良さを感じました。

 

アイスコーヒーもすっきりと飲みやすく、しっかりコーヒーの苦みや香りがあり夏にはぴったりの物で大変満足しています。
ピーヒョロブレンドも、いつも飲んでいる安い豆とは遥かにかけ離れる美味しさでした。いつも、美味しいコーヒーを飲んでいる同僚に特に何も言わずに飲んでもらった所、「え?何このコーヒー?いつものと全然違うし、美味しすぎる!どこのコーヒー?」と目が輝いていました。私は我流でドリップコーヒーを落としているのですが、もし、あの職人気質なオーナーが入れてくれたらどんなにおいしい事かと、訪れてコーヒーもケーキも食べずに帰った事を悔やみましたが、次回の楽しみにとっておくことにします。

【店舗情報】
トンビコーヒー
〒370-3522
群馬県高崎市菅谷町531-10
tel:027-360-6513

コメント