自由が丘の名店 カフェ・アンセーニュ・ダングル

【店舗情報】
店名:カフェ・アンセーニュ・ダングル 自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘1-13-6 鳥井ビル1F
電話:050-5868-3350
営業時間:10時~23時
サイト:なし

東京都目黒区自由が丘といえば東急東横線と大井町線が爻わる交通の要衝で、周辺にはおしゃれな店が多くて若者を中心に人気があります。
カフェ・アンセーニュ・ダングル 自由が丘店は「フレンチコーヒーとチーズケーキの店」というキャッチコピーがあり、洋風の建物が若者を惹き付けるものです。
入口には木でできた看板が立てられて興味を持つもので、私も自由が丘駅は友人が近くに住んでいたため途中下車して行くついでに発見して立ち寄りました。店内は壁に赤レンガが使われるなど昔ながらの雰囲気がありそうですが、自由が丘のイメージのようにモダンな雰囲気にもなるよう照明や色使いを工夫され行って良かったです。
店内の壁の前に置かれた棚にはカップアンドソーサーや瓶などが整然と並べられ、飽きないような作りであるため競争が激しい地区においても異彩を放っています。

アフェアンセーニュダングルは自由が丘の風景を見れる窓に面したカウンター席と木を使ってレトロモダンに仕上げたテーブル席があり、一人でも安心して入れて良かったです。
私はカウンター席に座り自由が丘の街並みを見ながらカフェオレグラッセを注文し、物思いにふけりながら味わっていました。
この店はネルドリップコーヒーが有名でコロンビア、タンザニア、ブラジル、ガテマラ、マンデリン、モカマタリ、ブルーマウンテンと種類が多く、ブレンドコーヒーの他デミタスやのRなどもあります。この店の独特なメニューは琥珀の女王というコーヒーで、やはりというべきか自由が丘の雰囲気に合い若い女性を中心に人気が高いです。
ドリンク以外はガトーフロマージュやクロックムッシュのみですが、コーヒーの種類が多くてカフェ専門店の雰囲気を感じました。 カフェアンセーニュダングルは自由が丘の中でもひときわ目立ちやすく、朝から夜遅くまで開いているため様々な目的で使える店といえます。
この店は新しいようで実に35年の歴史があり自由が丘に根付いていることが特徴で、学生や若者が多い入れ替わりが激しい場所でも頑張っていることが特徴です。

この店の魅力はレトロモダンな雰囲気を味わえるよう様々な仕掛けがあり、レンガやチェック柄を用いることや円卓で談話をしやすくするなど利用者のニーズに応えています。
円卓には花が飾られ気分を癒やしながらコーヒーを味わえ、壁の棚にあるカップや皿など純白の食器が鮮やかに並んでいて感動するものです。

私は自由が丘の街並みは若者に愛されているため気に入り、東京に来る時によく立ち寄る場所です。人気の飲食店は蔭山樓という中華料理店がありますが、最近はラーメンでもメディアに取り上げられるなど女性を中心ににぎわっています。
自由が丘はこのような雰囲気があり東急沿線では代官山と並ぶおしゃれな街でも注目され、この中でもカフェアンセーニュダングルは歴史が長く雑誌などでも紹介されているほど注目度が高いです。
カフェオレグラッセはアイスカフェオレのことで、夏場に店を訪問したため迷わず選びました。店は若者以外にもママ友などの会合にも使われ、琥珀の女王を注文するリピーターが多くどんなものか見入ってしまったものです。
私はやはりコーヒーといえば雰囲気を味わえるようにしたいもので、この店はまさしく自由が丘の雰囲気を象徴する感じを受けました。
東京は場所によって様々な文化がありますが、目黒区周辺は学生が多いこともあり若者を中心ににぎわっていることが特徴です。

カフェアンセーニュダングルは自由が丘の雰囲気に合うため、長年愛されているため興味があれば立ち寄ると良い思い出になるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました