贅沢な一時を味わえる珈琲店「備屋珈琲店(びんやこーひーてん)」

東京渋谷区にある恵比寿は、渋谷と高級住宅地の広尾に挟まれた街で、小洒落たレストランやカフェから大衆的な居酒屋さんまで気分に合わせて様々なお店を楽しめる街です。

 

その恵比寿駅の東口から恵比寿ガーデンプレイス方面へ向かって歩いて3分ほどの非常にアクセスの良い場所に「備屋珈琲店」はあります。
また、恵比寿はバスロータリーのある駅西口は少々ガヤガヤしているのですが、東口は少し外れると比較的静かなところです。

 
「備屋珈琲店」は本店が鎌倉にあります。恵比寿のお店を含めて鎌倉店、湘南江ノ島店、伊豆高原店、静岡県伊東と5店舗あるのですが、都内にあるお店は恵比寿店のみです。

 
各店舗の外観はそれぞれ特徴がありますが、恵比寿店は瓦でできた煉瓦色のヒサシと白い文字で大きく「備屋珈琲店」と書かれた茶色の看板が目印です。

 
また、お店に入らなくても外から名物のソフトクリームを買うことができます。ソフトクリームの看板もあるので道を歩いていればすぐに見つけることができるでしょう。

 

入り口の観音開きの扉を開けて入ると、そこにはヨーロッパの高級ホテルのカフェのような綺麗で高級感あふれる空間が広がっていて、店内で過ごせば過ごすほどヨーロッパに旅行に来たような感じで、恵比寿であることを忘れてしまいます。外観とはイメージにギャップが少しありますが、素敵なギャップでした。

 
店内にはアンティークのカップや絵画などが展示されていますので、注文したコーヒーなどが出てくる間に見てみるのも楽しいかもしれません。他にもコーヒーを注文した際に出されるカップがカウンターにずらりと美しく並んでいますので、カウンターに座るとゆっくりと眺めることができます。

 

カップ種類が多いので、そのカップの中からどのカップでコーヒーを出してくれるのか楽しみでもあります。カウンターでは、コーヒーを抽出するところもじっくり眺めることもできます。
コーヒーを抽出するところではなく、展示されているカップを眺めながら過ごしたい方はカウンターではないお席をおすすめします。
また、照明は明るめで展示されているカップを照らしていますが、照明が強すぎるということはありません。

 

お客さまの層ですが、来店した時は年配の方々が多かったように思います。静かに落ち着いてゆっくりとした時間を過ごされたい方にとって素晴らしいコーヒー店です。ヨーロッパのホテルのような空間ですのでデートでゆっくりと特別な時間を過ごすこともできるでしょう。

 
また、都内では喫煙可能なコーヒー店がまだまだたくさんありますが、備屋珈琲店は完全禁煙です。喫煙をされない方にとっては受動喫煙もありませんのできれいな空気の中で心も身体もリラックスして過ごせます。

 

営業時間は月曜日から土曜日11:00~21:00(ラストオーダーはお食事が20:30、ドリンクが20:45)です。日曜と祝日は閉店時間が20:00と1時間早い閉店です。
平日はビジネスユーザーでも仕事が早く終わった時に寄れなくはない営業時間です。

 

コーヒー豆は伊豆高原の麓の工場で厳選した生豆を使い、備長炭でじっくりと時間をかけて焙煎しています。徹底的に温度や分量を管理しているので程よい苦味に加えコクや深みのあるコーヒーです。
備屋流珈琲は酸味が強すぎず、柔らかいコクがあります。コーヒーのお供には、コーヒー豆にチョコレートがコーテイングされたものが添えられていました。程よい甘みがコーヒーと調和し美味しかったです。

 
備屋流珈琲の価格は735円と相場よりは少々お高めですが、雰囲気とコーヒーのクオリティーと合わせると満足のいく価格です。

 

備屋珈琲店はコーヒーだけではなく、実はフードメニューにもおすすめのメニューがたくさんあります。

 

中でもおすすめしたいお料理が、手間暇かけてじっくり煮込んだほほ肉使ったビーフシチューです。高原野菜の旨味と合わさって絶品です。店内に由来が書かれているので備屋珈琲店のビーフシチューの歴史を知ることができます。
また、デザートもおすすめばかりです。コーヒー店には珍しい伊豆天草のところ天やおしるこまであります。厳選した素材でつくるモカソフトも食べる価値ありです。

 

備屋珈琲店(びんやこーひーてん)

住所:東京都渋谷区恵比寿4-4-11
TEL:03-5488-1651
営業時間:
月~土 11:00~21:00(L.O.フード20:30、ドリンク20:45)
日・祝 11:00~20:00(L.O.フード19:30、ドリンク19:45

コメント