赤羽で老舗の雰囲気を味わえる やなか珈琲店

【店舗情報】
店名:やなか珈琲店
住所:東京都北区赤羽南1-5-4
電話:03-3598-8678
営業時間:8時(土日10時)~20時
サイト:なし

赤羽といえばJR宇都宮線と埼京線が交わる交通の要衝で、周辺は多くの工場や企業が立ち並んでいるためにぎわっています。
やなか珈琲店は駅から近いビルの中にあり、木でできた年季の入った看板がいかにも老舗らしい雰囲気を醸し出しています。

 
店内はコーヒー豆の販売を行い喫茶以外でも利用でき、入口を入ると生豆の状態で整然と並んでいるため興味深いものです。
外観はガラス張りのため店の内部が見えやすく開放感を感じ、テーブルもあるため天気が良ければ気軽にコーヒーを味わえます。
私がこの店を知ったきっかけは赤羽で仕事がある時に前を通った時に偶然発見し、コーヒーを味わうためにぷらっと立ち寄ったものです。

やなか珈琲店はチェーン店であるものの多くの産地の豆を扱い価格も安く、気軽に入りやすいという雰囲気があります。
店内はカウンターでもテーブルでも外の景色が見えるため、一人でも安心して入りやすくブレンドコーヒーを注文しました。

 

この店は様々な産地の豆を使いこだわりを持っているため、説明書にも内容が詳しく紹介されていたため勉強になって良かったです。
店内は赤羽ということもありサラリーマンなどが多く、テーブル席は木を使って個別の照明があるため新聞を読むことや商談をするために使われることが多いようです。

 

赤羽は最近では駅周辺に多くの飲食店が立ち並び競争が激しいですが、やなか珈琲店は様々な産地の豆を販売するなど差別化を図っています。
店内は入ると豆を入れる樽が置かれるなど専門店としてのこだわりを感じるため、本格的なコーヒーを安くて味わえて驚くものです。

 

珈琲専門店は価格が高くて行くかどうか迷うものですが、この店は多くの種類の中から選べるため何度行っても飽きないようにさせてくれます。
コーヒーはホット以外にアイスもありミルクも植物性ではなく練乳を使うなどこだわっているため、他の店にはない味わいがあることが特徴です。
コーヒーは店内だけでなくテイクアウトもできるためビジネスマンのリピーターは多く、まさしく老舗の雰囲気を味わいながら飲みたい時に利用すると新たな刺激や発見ができます。

 

赤羽は北区の中心にあり駅周辺を中心に多くの飲食店などが立ち並び競争が激しいですが、やなか珈琲店はこのような状況の中でも注目されています。
コーヒー豆の種類はアフリカや南米が多いですが、他の地域のものもあるため研究すると興味深いものです。

 

販売店を兼ねているため人に入れ替わりが激しいですが喫茶コーナーは外の景色を楽しみながらコーヒーを味わえるように配慮され、一人でも二人でも好みに合わせてリラックスしやすくなっています。
私が注文したメニューはホットコーヒーのみですがゆったりとした感じの中で味わえ、次に利用する際にはアイスコーヒーを飲みたいと感じたものです。
コーヒーは専門店になると価格が高くて利用しづらいイメージがありますが、この店は手軽に入れて深みがある風味を堪能できるため期待を裏切らないと感じました。

赤羽ブレンドはやなか珈琲店の看板メニューで価格が安いものの独特な雰囲気があり、何度味わっても良いものだと感じさせてくれます。

 

店内は外の景色を楽しみやすいようにレイアウトを工夫され、茶色を中心に落ち着けるように配慮されていることが特徴です。
店の内部は場所が限られるものの多くの種類のコーヒー豆があり、まさしく専門店としての雰囲気を感じるため来て新たな刺激や発見ができました。
やなか珈琲はカジュアルな価格設定をして老舗の雰囲気を味わえ、本格的なコーヒーを手軽に味わえることが特徴です。

赤羽で手軽に本格的なコーヒーを味わいたい時はやなか珈琲店が最適で、リラックスしたい場合に重宝すると思いますよね。

コメント