部屋にあるとオシャレコーヒーミルの選び方と豆について

こんにちは
コーヒーミルというものをご存知でしょうか?

コーヒー好きの方であれば分かると思いますが、普段コーヒーを飲まない方やコーヒーが苦手な方にはあまり馴染みのない単語かもしれません。

簡単にコーヒーミルについて説明すると、コーヒーを淹れる際販売されているインスタントの粉や、缶コーヒーではなく豆からコーヒーを抽出するための豆の粉砕機です。
堅苦しく感じますが、時々ドラマなどで喫茶店のマスターがくるくる回している機械を見たことがあればそれがコーヒーミルと呼ばれる機械です。

私は学生の頃からコーヒーが好きであり、よくカフェなどで装飾品として飾られているコーヒーミルを見て部屋に欲しいと常々思っていました。またコーヒーミルを挽くことがとてもオシャレに見えました。

私がコーヒーミルを手に入れたのは1年ほど前のことで、購入先はヨドバシカメラです。
お嫁さんと買い物にいった際に衝動買いしてしまいました。何種類か販売されていましたが、
自動のタイプと手動で挽くタイプがあり手動こそが正義!ロマン!と考えていた私は手動のコーヒーミルを買いました。安かったことも理由の一つではありますが。

手動のコーヒーミルはやはり自分で挽いているのが楽しくストレス発散にもなります。
また電源がいらないので手軽に使うことができます。
実際に使ってみると、やはり市販のインスタントコーヒーよりも香りが非常によいため休日などに丁寧に豆を挽いて飲むと最高にリラックスできます。
コーヒーが好きな方や読書が好きな方に向いているのではないでしょうか。

使い方については大体の手動のコーヒーミルには回すハンドルのネジを調整することで豆の粗さを自分の好みに変えることができます。私は濃いコーヒーにミルクをいれるのが好きなため一番細かく挽けるように調整しています。
少し緩くすることで豆の苦みを抑えることもできるようなので自分の好みを味を見るけるのも楽しいかもしれません。

コーヒーを引く際に重要となるのは挽く豆です。一般的なスーパーなどでもコーヒー豆を置いている店舗もありますが、種類がありお手軽に購入するのにはカルディがオススメです。
店頭に各コーヒー豆の特徴が掛かれており、価格もお手頃の物が多いため手が出しやすいと思います。また気軽に店員さんに聞けるのもよいところです。

マニアックな豆を欲しい方などはある程度地域調べる必要がありますがコーヒーの専門店にいくのもよいでしょう、たまたま私の家の近くにもコーヒーの専門店があるため見に行ったことがありますが、そこではコピ・ルアクというコーヒー豆を食べたジャコウネコの糞から得られるコーヒー豆が販売されており相当マニアックでした。価格も高価なものが多いためマニアックな方でなければ中々手が出しにくい雰囲気を感じました。

手軽に自分で挽いてみたコーヒーを飲んでみたいに方にはまずは手動のコーヒーミルから使ってみることをオススメします。電動の物だと価格もある程度効果なため今後も使いそうかどうかも含めて手動のもので様子を見るのがよいと思います。

もし使わなくなった場合にもオシャレなインテリアとしても使えます。

購入された場合には手入れを行えば長く使えるため大事にしましょう。
私が行っている手入れとしては、豆を挽いた後は習字などにつかうような筆でコーヒーミルの隙間に入り込んだ豆のカスなどを取り除き、乾いたタオルで拭いています。保管する際には湿度を避けて湿気のない場所に置くように注意すれば大丈夫です。

私もある程度手動のコーヒーミルを使ってきたため、休日は手動、平日は電動の物を導入しようか検討しています。皆さんももし興味があれば生活スタイルに合わせてコーヒーを楽しんでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました