都城市のハンズマン吉尾店にあるタリーズコーヒーについて

都城市のハンズマン吉尾店にあるタリーズコーヒーについて “1.大変人気のある都城市内のコーヒー店
私の故郷である鹿児島県側から国道10号線を宮崎市方面や都城北インターチェンジ方面へ同市内から車で約10分程度の場所の左側の交差点沿いに、ディスカウントショップの南九州一帯にチェーン店を展開しているハンズマンの吉尾店がありますが、駐車場も大変広く、多くの建具やブロック類、建材関連の商品などが店舗敷地内に置かれているような場所の様子が、とても特徴的といえます。ここへは今から約3年前くらいまでは、よく買い物とかに訪れたりしていた場所ですが、最近は約2年前に立ち上げた著述業のライター請負業での事業が順調に稼働をしているせいもあって、中々行けないような状態となっています。しかし、最近今年になり、一度だけ同店舗をたまたま訪れる機会があり、久し振りに今年の6月あたりになり、同店舗内の様子を見に行く機会がありました。すると、従来からのショッピングモールコーナー建物の二階部分に、タリーズコーヒーの吉尾店の店舗がありました。本当に懐かしい思いでしたが、当日は案の定、時間が無く、立ち寄る事は出来ませんでしたが、3年前にここでアイスレモンティーを飲んだ覚えがありましたので、その味だけは覚えていました。さすがにここでは、今まで一度も軽食などを摂ったような事はありませんが、大変美味しいといった評判も多いようなので、3.において詳しいその事に関しての内容について、触れてみたいと思います。お店の店舗内装自体も以前よりも、だいぶカラフルになってきているような感じもしますが、基本的な仕様などはほとんど3年前と同じであり、買い物がてらに中々くつろげるようなカフェテラスの様式になっていますので、そうした雰囲気ももちろん、人気のあり方の1つであるといえます。なんといっても、1階部分にある園芸コーナーの奥2階部分に同店舗が置かれているといった場所的な印象効果などもあり、木に囲まれたりしているような状態の店舗環境ですので、そうした風景事情が、来訪するお客さんの方の気持ちを落ち着かせるような、同じ都城市内にあるイオン都城ショッピングモール店内にある、同じタリーズコーヒーの店舗などとはまた異なる、魅力があるような感じがします。

 

2.その人気自体の秘訣
やはり、1.でも話したように、木に囲まれて園芸コーナー2階部分に店舗を構えているという、大変緑に恵まれた店舗内外の仕様環境に、なんといっても人気そのものの大きな秘訣があるような感じがします。また、遠方から来る多くのお客さんが楽に車両を停められる建物前駐車場の直ぐそばなどといった事情もあり、買い物の前後何れかにおいて、多くの方がくつろぐ事が可能な場所に位置していますので、そうした条件が緑が多いタリーズコーヒーの店舗の仕様環境にちょうどよいので、多くのお客さんの来店がしやすいなどといった事情があるといえます。こうした同店舗は、自家用車やタクシーなどで来店をしたりするような方には大変便利かもしれません。しかし、バスなどのような公共交通機関でどうしても来なくてはならないような方などにとっては、少しバス停などからも遠いような感じもしますので、ある程度の不便さとかはあるかもしれません。この事を考えてみると、ここのハンズマン吉尾店のショッピングモール敷地内に、公共バスの乗り入れなどをしても良いような感じもしないでもありません。そうしたりした方が、大人のお客さんだけではなく、中高生などのような未成年者や高齢者などの公共交通機関を使う、いわゆる交通的弱者である方なども来店しやすいと思うので、その方がのぞましいような感じもします。たまにお昼上りの女子高生の子達などを見掛けたりするような事などもありますが、そういった子達は自転車やバイク、親御さんの送迎や同伴などでの来店をしたりしているのがほとんどですので、公共交通機関のバスでの来店者の子達はあまり多くは無いような気がします。それでも普段から、ここの店舗には多くの来客の方が来られたりしますので、人の多さには大変驚かされたりしますが、それでもその割にはリラックスが出来る緑が多い店舗仕様になっている点が、多くの来客の方の心を掴んでいる事には、ほぼ、間違いが無いといえます。そして、店舗内もかなり清潔であり、掃除面においてもかなりな厳しいスタッフ教育などがなされたりしているような様子ですので、この点も人気の秘訣の一部と言えるのかもしれません。

 

3.メニュー内容について
私が今から3年前に来た際には、先程も話したように、レモンアイスティー(当時は200円台だったと思います)を飲んだきりでしたが、メニュー内容としてはやはり、ここでは軽食も中々な人気があるようです。中でもチーズハニーのパンケーキなどが若い女性の方に人気があり、一番多く食されるメニューのようです。もちろん男性やお年を召されたりしている中高年である女性のみなさんからも大きな人気があり、多くの方に最も好まれたりしている軽食メニューの一種といえるかもしれません。値段の相場も580円程度であり、ちょうどよいお手頃な価格といえますので、ちょっとした小腹の足しや食欲とかが無いような場合には、うってつけのメニューの一種といえるかもしれません。また、その他の軽食メニューとしては、シナモンロールデ二ッシュやキャラメルチョコレートクリームスワークルが挙げられますが、これらも老若男女問わず、大変な人気なようです。前者の方は表面部分へシナモンとアイシング、クルミがそれぞれトッピングされた仕様になっており、後者のほうは、コーヒー風味であるフローズンドリンクからなり、濃厚であるチョコレートソースとホイップクリーム、キャラメルナッツソースなどから成るトッピングによる仕様となっていますので、これらの点がこの2者の軽食メニューならではの、大きな魅力であるといえます。何れのこれらの3種類からなる軽食メニューの味は大変格別ですので、一度は食してみるような価値があるかもしれません。正直、私はこれらの3種類からなる軽食メニューを実際に食したりした事などは、これまで一度もありませんので大きな事はいえませんが、多くの来客の方からの好評である声がありますので、美味しいことには間違いが無いようです。さて、こちらは飲み物や軽食とかではありませんが、実はここのタリーズコーヒー吉尾店においては、普通に出されるお水がおいしいとの声も、実に多く聞かれます。私自身は過去のここでの飲食の経験からしても、とくにあまりそれ程は気にしたりしたような事とかはありませんが、お口直しにコーヒーや紅茶とかを飲んだりした後には、大変美味しくて後味が大変なめらかであり、とても軽い軟水の類であるとの事でした。こうした点も決して見逃せません。

4.ハンズマン吉尾店内にある利便性の良さ
そして、ここのタリーズコーヒー吉尾店の魅力は出されるメニューだけではなくて、先程も触れたように、買い物の前後何れにおいても、ハンズマン吉尾店敷地内にある点で、同店舗建物での買い物がてらの際の休憩場所などとして利用が大変し易い点が、利便性の良さといえます。店舗自体がショッピングモールの一部である園芸コーナーのすぐ上の2階部分にあり、そのうえ、別館である建具・木工コーナーがある場所や敷地からも近くの距離ですので、ある程度の運搬搬入などをしたりした後の休憩の場所としてもくつろげたりしますので、とても安心できる場所でもあります。また、周辺近くの場所においての用事がてらの休憩などの場所としても車やバイクなども大変停めやすい敷地内駐車場でもありますので、直ぐに立ち寄れたリする事も、とても魅力的といえます。そうした立地条件などが整った場所でもありますが、ここではなんと、親子連れなどでも立ち寄れたり出来るような場所でもある点でも、利便性の面におけるメリットがあります。先程も話した、ハンズマン吉尾店別館の方において、親子工作などのサービスなどもやっていたりしますので、そのついでに親子での休憩場所などとしても、この店舗は利用が可能です。また、幼いまだ幼児期の子育て中である親子連れの方などでも大変利用がし易いような環境仕様になっていますので、親子全員でリラックスをして休憩でのひとときを楽しめるような場所である点が、とてもありがたいといえます。同店舗内に設置がしてあるトイレなどにおいても、子育て中のお子さんのためのオムツ替えや用足しなどでの利用がし易いような仕様になっていますので、本当に感謝の気持ちが溢れるような施設仕様という、設備面においての配慮とかもなされたりしています。本当にここは、ハンズマンとタリーズコーヒーの両者からなる事業者同士による、様々な角度からの店舗運営面においての試行錯誤が幾度もなされながら、なるだけ世の中の多くの方により利用がなされていくべきであるなどといった配慮を最大限に行い、どのような方でも利用が可能な店舗設備にしていきたい、などといった気持ちが出ている場所といえますので、本当に感動をさせられるような思いを感じさせる店舗施設でもあります。

5.これからの都城市内の各店舗の将来の予想
これはタリーズコーヒーの、現在の都城市内に存在している2箇所の店舗それぞれについていえる事ですが、やはり、今話した吉尾店の方に、施設面においての園芸コーナーにあるという環境設定のあり方そのものに、分があるような感じがします。このような自然な感じを生かした緑が多い場所を選び、またディスカウントショップなどといった、多くの不特定大多数の人々が出入りを行うような場所において、唯一リラックスがし易いような場所を設定していくという点などが、大きな目の付け所といえます。このような発想とかは同じ宮崎県内の都市部での店舗とかにおいても、中々ありませんので、そうした面でも同店舗は、今後においてもとても重宝をされたりしていくような感じがします。また、先程も話したように、元々ハンズマン吉尾店自体が世の中のあらゆるどのようなお客さんでも利用がしていけるなどといった点において、その点でも同店内にあるタリーズコーヒーの店舗もそうであるべき点をかなり重要視されていますので、そうしたところでも今後は、世論から利便性の面についての評価といったものを、大きくされていくものと考えられます。本当に土日・祝日問わず、多くの来客が常にあるハンズマン吉尾店内のタリーズコーヒーの店舗ですので、その人気はとても絶大ですので、今後においても更なる発展がある事には間違いが無いと思われます。

6.店舗情報

店舗名:タリーズコーヒー吉尾店

店舗の住所:〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町772

電話番号:0986-38-0338

ホームページURL:www.tullys.co.jp”

コメント