金沢のログハウス風の珈琲専門店 アリーカフェ

【店舗情報】
店名:アリーカフェ
住所:石川県金沢市畝田西3-583
電話:076-268-7577
営業時間:9時~22時
サイト:http://ally-caffe.ocnk.net/

金沢市の郊外は意外と多くの有名な飲食店があり、アリーカフェは住宅地の中にログハウス風の建物で存在感を高めています。
私は金沢市の知人の家に出かける際にこの店に誘われ、コーヒーをごちそうしてもらいましたが自家焙煎のため本格的な味わいを堪能できて良かったです。

 

店内は外観のログハウス風の雰囲気とは裏腹に今風の雰囲気ですが、テーブルが置かれたイートインスペースからは外の景色を眺めることができました。
店内はショーケースに様々な産地のコーヒー豆が並び内容を見ると興味深いもので、生豆の状態から焙煎するためできたての味を堪能できます。
アリーカフェはサイトでコーヒー豆の販売をするため内容を確かめると興味深く、生産者にもこだわりを持って選ぶため好みに合わせて選べることが特徴です。

アリーカフェのメニューはシンプルイズベストといわんばかりに少ない種類で勝負し、珈琲専門店としてのプライドを感じるものですよね。
メニューは本日のブレンドやシングルオリジンなどがありエスプレッソ、カプチーノ、アイスコーヒー、アイスカフェラテのドリンクと、デザートとしてアフォガードがあるだけで意外と迷わずに選べます。

 

注文したメニューは秋限定メニューのはちみつラテでしたが、コーヒーとミルクの味わいを楽しめて良かったです。
金沢は京都についでコーヒーの消費量が多い地域柄もあり専門店の競争が激しいですが、この店はログハウス風の外観と多くの種類のコーヒー豆を販売して勝負しています。
店内の入口付近にある木でできた棚にはミルやポットなど多くのコーヒー器具が並べられ、まさしく専門店という雰囲気を感じたものです。

アリーカフェの店名の由来はオーナーさんの名前から来ているようで、店の形が三角のログハウス風のため周囲から目立ちやすいです。
店内は広くないものの焙煎機が置かれるなど自家焙煎にこだわり、テイクアウトを中心に販売するためリピーターが多くて盛り上がっていました。

 

デザートはアフォガードがあるだけでしたが今回は注文せずにコーヒーだけ注文しましたが、意外と温かい時期だったため期間限定のはちみつラテを選んで良かったです。
店は金沢市街から離れた閑静な住宅街の近くにありますが意外と利用者が多く、周辺の住民にも愛されているため定着しています。

 

アリーカフェは価格自体は珈琲専門店の中でも並程度ですが、自家焙煎のため本格的な味わいを堪能できます。
コーヒーはポットで抽出する方法で意外とありふれていますが、本格的な味わいを楽しめるためにリピーターが多いものです。
この店はハンディドリップでコーヒーを淹れますがテクニックが必要で、近くで見るとやはり真似ができないと感じました。

 

コーヒーをおいしく味わうためにはプロのやり方を研究すると興味深いもので、コーヒー豆を買って自宅で試してみると良さそうですよね。
はちみつラテのコーヒー豆はコロンビア産でしたが甘い後味が特徴で、苦味とマッチするために他の店では味わえないと感動しました。

ログハウス風の珈琲専門店は比較的多いですが、アリーカフェは閑静な住宅街の近くにあるため周辺の住民に親しまれているような感じがしたものです。
コーヒーはやはり雰囲気を味わいながら飲むと良いもので、オーナーさんがちょうどいたために話を聞けて勉強になりました。

 

コーヒー豆のショーケースは種類ごとに仕分けられ説明書きなども分かりやすく、選ぶために参考になるため専門店としての意識の強さを実感したものです。

 

金沢でログハウス風の珈琲専門店といえばアリーカフェで、ゆったりとした雰囲気の中で本格的なコーヒーを味わいたい方に向いていると思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA