電動コーヒーミルを購入する際のアドバイス

コーヒー愛好家にとって、一台はぜひ手に入れたいのが「コーヒーミル」ですよね。この一台があると、焙煎されたコーヒー豆を粉砕する事ができるので、家庭でもより美味しい本格コーヒーを楽しむ事が出来ます。

 

ひと昔前は手動タイプが主流でしたが、最近は「電動コーヒーミル」が多くなり、かつ手軽で値段から購入する事が可能となっています。そこで、どのような電動コーヒーミルがおススメなのか、私なりのアドバイスをさせていただきます。

 

○電動コーヒーミルと手動コーヒーミルについて
電動コーヒーミルは、手動式と比較して自動なので手軽で便利という印象を持たれると思います。しかし、その反面でコーヒーに拘るなら、なんとなく手動でないと美味しさが半減するのではと思ってしまう人は、今でも多いと思います。しかし、厳密には今は電動コーヒーミルでまったく問題がないでしょう。

 

それは、例えばコーヒー豆の直売店から直接購入する際、今時、店主自らが手を動かしてコーヒー豆を粉砕する人はいないからです。そして、有名店などでもその多くは自動を導入しているからです。

もちろん、中には拘りを持って手動タイプを頑なに守っている人もいるでしょうが、飲む側としてはコーヒー豆や種類には拘りがあっても、コーヒーミルの手動と電動によって、味の違いが分かる人はいないと思われます。

・コーヒーミルの種類…電動式、手動式の2タイプ
・電動コーヒーミルの種類…プロペラ式、臼式、コニカル式の3タイプ

今回は電動コーヒーミルについてですが、まずは電動式と手動式の特徴を挙げていきます。
・電動コーヒーミル…手軽で便利、最近は価格も安くなり種類豊富。さらに粉の調整も可能。
・手動コーヒーミル…雰囲気良いが想像よりも疲れる。粒の調整も難しい。

本当のコーヒー好きには怒られそうですが、現実的には電動コーヒーミルの方があらゆる面で優れているのが事実です。

 

特に、一番大事なコーヒー豆を粉砕しての挽き方では、電動の方が誰が淹れても美味しく感じるでしょう。

では、手動式にはメリットがないのかと言うと、そんな事もありません。まず、雰囲気が良いですし、自分だけの一杯と考えたら、時間をかけて妥協なき一杯のコーヒーを完成させる事ができますし、最近は手動式でも良い刃のものが安価で増えているようなので、趣味として時間を掛けられるなら、手動式もまだまだ捨てがたいです。

○どのような電動コーヒーミルが良いのか? 価格帯や種類は何!
電動コーヒーミルは3種類が現在の主流とされています。それぞれの特徴を挙げるなら、
・プロペラ式…プロペラの様な刃を回転させる。最も一般的で価格が安い。
・臼式…コーヒー豆を臼で磨り潰すもの。プロペラ式よりは価格高くなる。
・コニカル式…円錐状の形が特徴的で高級品とされる。価格も最も高く、プロ御用達の方式。

単刀直入に言うと、普通の一般人で電動コーヒーミルを購入したと話していたら、まず間違いなくプロペラ式だと思います。そして、ある程度の知識や拘りがあるなら、臼式を購入する人も僅かにいるでしょう。コニカル式は高価な事もありますが、サイズが大きい事や一度に作れる量も多いので、素人では買う人が少ないでしょう。お金持ちの道楽などになります。

 

一般的には、有名コーヒーチェーンや喫茶店などがコニカル式となっているので、伺った時は注視してみて下さい。

アマゾンなどを参考にすると、電動コーヒーミルの価格は、
・プロペラ式…2000円~5000円程度
・臼式…4000円~10000円程度
・コニカル式…10000円~業務用は数十万?

初めて購入するならプロペラ式になると思いますが、拘るなら臼式でも良いでしょう。探せば2千円ぐらいから購入可能なので、趣味として十分楽しめる価格です。コーヒーは豆の粒の大きさが味を左右すると言うので、より理想の一杯を追求するなら、また大人の趣味としても電動コーヒーミルを購入するのは、おススメできます。

○電動コーヒーミルについてのまとめ
電動コーヒーミルは、手動式と比較してもメリットが大きいですし、何よりも最近は安価で販売されているので、購入を検討しても十分良いと思います。何よりも、自分好みを味を追求できるのは、コーヒー好きにとっては至福の時間となる事は間違いなしです。

 

最初の一歩として、料金が安いのに選べる種類が豊富なプロペラ式などは、素人の趣味としては十分すぎるレベルを感じさせてくれます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA