高架下で見つけた「珈琲や」

「どこに住んでるの?」
「最寄は東小金井駅です~」
「東小金井?どの辺…?」
「えっと、中央線の駅で…」

 

JR中央線 東小金井駅
はじめましての人と地元の話になると、中央線の通る液の中でも、なかなかにマイナーな駅であると痛感する日々です。
「東小金井?それってどこにあるの?」
初対面の人には大体聞かれます。
大きな商業施設があるわけでもなく、観光スポットの最寄というわけでもなく…
とにかく説明に困るのは、スーパーマーケットとコンビニが多い住宅地であるからかもしれません。

 
つい最近までは、コーヒーチェーン店が1件もなく、東京では珍しい土地柄でした。
鳥取と同じくスターバックスコーヒーができなかったのも今では懐かしい話です。(鳥取と丁度同時期くらいに東小金井にもスターバックスができました…!)

 

さて、今回ご紹介したいのはスターバックスコーヒーではなく、高架下で見つけた「珈琲や」というお店です。

 

実はスターバックスよりも前に東小金井にできたコーヒーチェーン店なのです。
本店は中野にあるようですが、今回は筆者がよく行く東小金井工房のお話をしたいと思います。

 

東小金井駅の北口から高架下を武蔵境方面に数十秒歩くと、同じような趣の店舗がずらっと並んでいるうちの1店舗です。
通い始めて何回かは、間違えて隣のお店に入ってしまうほど間違えやすい店構えです。

 

実は、コーヒーは砂糖とミルクの入ったものしか飲めなかった筆者なのですが、珈琲豆の種類を選んでひきたてを出してもらえる「ハンドドリップコーヒー」のお店と知らずに入ってしまったのです。

 
席についてメニューを見てもちんぷんかんぷんでした。
モカ・マタリ?エチオピア・オーガニック?チャンチャマイオ??
すぐさま店員さんに助けを求めました。

 

酸味が強くなくて、苦すぎず、飲みやすいものをください…

ハンドドリップコーヒーに砂糖とミルクを入れて飲むのは、なんとなく気が引けてしまったので、ブラックで飲む前提で聞いたところ、キリマンジャロかエチオピア・オーガニックを勧められました。

 
ここは冒険心、キリマンジャロは聞いたことがあるからと、エチオピア・オーガニックを注文しました。

 

注文してから数分後、ナッツと一緒にマグカップに入ったコーヒーが運ばれてきました。

え?なんでナッツ?

そう思いながらも、まずはコーヒーをひとくち。
飲みやすいものをくださいとは言ったものの、本当に飲みやすくてびっくりしました。

 
香りが良く、ほどよい酸味に、ほどよい苦み。
今まで砂糖とミルクに頼っていたことが悔やまれる衝撃でした。

 

そういえばナッツの存在をすっかり忘れていました。
コーヒーをひとくち。ナッツも一粒。これがまた合うものです。
名古屋の喫茶店では、よくコーヒーと一緒に豆菓子が出されると聞いたことがありますが、ナッツや豆類はコーヒーと相性が良いのですね。
これもまた新たな発見でした。
ナッツも良く見ると、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオと魅力的なラインナップがつまみに丁度良い量がついてくるのです。

 

あの畑と家しかなかった東小金井で、こんなに美味しいコーヒーがいただけるとは思ってもみませんでした。

 

珈琲やさんは、中央線沿線を中心に都内に数店舗あるようです。
筆者は内弁慶なので、東小金井工房にしか伺ったことがないのですが、何かの折に他の工房にも伺ってみたいものです。

 

夏場は珈琲豆の鮮度保持が難しいらしく、豆の種類も厳選されてしましますが、その他の季節では数十種類の中から選ぶことができます。
もちろん、珈琲豆の購入もできます。ギフト用にもラッピングしてくれるようなので、贈り物にも最適だと思います。

 

これからの季節、東小金井の高架下を歩く機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

-------------------
珈琲や 東小金井工房
住所:東京都小金井市梶野町5-10-58-E04
TEL:042-316-1346
ホームページURL http://coffeeya.co.jp/

コメント