鹿児島でこだわりの珈琲専門店といえば可否館

【店舗情報】
店名:可否館
住所:鹿児島市永吉2-30-10
電話:099-286-0678
営業時間:平日11時~21時 金土11時~23時
サイト:http://www.coffee-kan.com/

鹿児島といえば明治維新の立役者が育った場所として有名で、薩摩藩士の魂が受け継がれる場所として人気が高まっています。
可否館はまさしくその伝統を受け継ぐかのように歴史を感じさせ、珈琲という文字を可否と表現するなどユニークな方法で注目を集めていることが興味深いものです。
この店は市街地から国道3号線で北に向かうと甲突川を挟んで住宅地の中にたたずんでいるため、独特な雰囲気を醸し出しています。
私もこのような雰囲気の店は好みであり、市内観光のついでに立ち寄ると「可否館」と書かれた紺色の暖簾と彫刻でデザインされた看板があり否が応でも期待が膨らむものです。

可否館はオーナーさんが自らハンドピックをして良質のコーヒー豆だけを集め、自家焙煎をしてネルドリップで仕上げる方法を30年にわたって続けています。
店内は明治時代を思わせるレトロな雰囲気を醸し出せるよう工夫され、棚にはコーヒーカップや豆の入った瓶が整然と並べられています。
私が入った時間帯は夕方過ぎでしたが先客は多く、一人でもゆったりとできるためカフェオレを注文しました。
この店はオンラインショップを立ち上げて本格的なコーヒー豆の販売を行い、他の店では購入できない特殊な種類もあるため興味深いものです。
可否館は他の店ではできないことをやるためにつけられた名前で、民芸を中心とした店作りをするなど細部にわたってこだわっているため興味をそそられますよね。

鹿児島は珈琲専門店が多く、この店に来る前にも立ち寄りましたが、やはり可否館は名前からしてインパクトがありいかに楽しんでもらえるようにするか考えていると実感できます。
コーヒーは様々な種類のコーヒー豆がありますが、ネルドリップで淹れると本格的な味わいが楽しめて興味深いものです。
この店のコーヒーは陶器のコーヒーカップで提供されて上質な味わいを堪能でき、広々とした店内は昔の喫茶店の雰囲気を感じさせながら椅子やテーブルにこだわるなどモダンさを感じさせてくれます。
鹿児島は歴史がある街として有名ですが、この店はその雰囲気に恥じないよう老舗でありながらモダンなため長くいても居心地が良いことがメリットです。

可否館はこういう独特な雰囲気があり、メニューも希少種や特殊珈琲まで飽きないように工夫されコーヒーの真髄を体現しています。
私はオレグラッセと呼ばれるアイスカフェオレを注文しましたが、やはりこの雰囲気で味わうにはもってこいです。
アイスコーヒーは氷が溶けるタイミングで飲むとおいしいものですが、このアイスカフェオレは濃い状態で飲んでも深い味わいを堪能できます。
デザートはコーヒーゼリーやコーヒーあんみつなどがあり、フードメニューがないもののコーヒーで勝負していることを感じさせてくれるものです。
鹿児島は桜島や仙厳園など個性的な観光名所が多いですが、可否館もまさしくコーヒーの老舗として旅行のついでに立ち寄って本格的な味わいを堪能するにはふさわしいといえます。

可否館は店に入るときから期待できるように仕掛けがあり、中に入ると独特な雰囲気を味わえるため行って損はないと感じさせてくれます。
鹿児島は多くの観光名所があるため市内観光に人気ですが、やはりリラックスするためにはコーヒーは欠かせません。
珈琲専門店は店構えを見ると興味深いもので、百聞は一見に如かずという雰囲気を味わえるようなサービスを期待できそうです。
自家焙煎のコーヒーはネルドリップをすると本格的な味を堪能でき、コーヒー好きにはやはり味わってほしいと思います。

可否館は本格的な味わいを気分良く楽しみたい方の願いや願望を叶え、良い思い出作りを演出してくれる店であると断言できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました