1日を最高なコンディションで過ごすために飲むコーヒーの摂取量

コーヒーは飲みすぎると良くないと言われています。

ですが全く必要ないわけではありません。例えば普段の仕事の疲れが溜まって眠いときにやらなければならないことがあった時、眠いけれど頑張らなければと体に鞭を入れて頑張っても睡魔に勝てないと眠ってしまいます。コーヒーは眠気覚しとして飲んでいる方が多いと思いますが、実はコーヒーを摂取することで色々な利点もあるんです。

今回はコーヒーのベストな摂取量とその訳について説明したいと思います。

まず、コーヒーを飲みすぎてはどうしていけないかという疑問について解説します。まずコーヒーの過剰摂取による病気が発生しやすいからです。それは、カフェインの作用による胃酸の分泌を促進し、大量の胃液によって胃が傷つけられ胃痛になってしまいます。

次にカフェインには尿を促す作用あり、さらにはカルシウムまでもを尿と一緒に排出を促してしまうそうです。カルシウム不足による骨粗しょう症の原因にもなるんです。他にコーヒーは眠気覚しの作用は正確には興奮作用が働いていてこれは疲れた脳を無理やり奮い立たせ、体の血液を上らせたり、心拍数を増加させます。

これによって脳内の神経系のバランス、リズムが崩れてしまい後に疲れやすい、体がだるいといった体に不調が現れてくるんです。また、この作用も後から来るものでコーヒーの摂取直後は脳内物質のアデノシン受容体とアルデシノンも結合を防ぐ作用によって眠くなくなるんです。興奮作用による心拍数上昇とアデノシンの結合を妨げる作用によって、自身の体を疲れがなく目も覚めると錯覚させてしまうのです。

コーヒーを飲んだら元気が出る訳ではありません。コーヒーはただの遅延措置であり疲れは摂取量している最中もどんどん溜まっていきます。さらに、カフェインによるミネラル分の吸収阻害で貧血にもなりやすく、メラニン色素を増やしてしまう作用もあり美肌に大敵です。コーヒーの悪影響を人体に及ぼさないためにも適量を守る必要があるのです。その摂取適量用は1日に3杯、多くて4杯(1杯200ml辺りで)までです。これはカフェインを400mg摂取するのと同じ量なのです。

コーヒーの適量を守ることで良いことがあります。それは将来心疾患、脳血菅疾患などの病状になりにくいことです。全くコーヒーを摂取しない方に比べて約25パーセントも死亡率が減ります。これがカフェインの摂取による恩恵です。コーヒーにどうしても依存してしまう方は、改善するためにノンカフェインのドリンクを飲むといいでしょう。麦茶、ハーブティー、紅茶などのお茶は健康に良いですよ。成分もカフェインに似た働きをしてくれますし、依存性もずっと低いです。コーヒーの代わりにお茶を飲む、コーヒーは1日に3杯までを守って健康な体を作っていきましょう。

コメント