トルコ式コーヒーで占いができる?

希望が満ち溢れたような新春の青い空を思わせる宝石としても知られているトルコ石ですが、そのトルコ石は実はトルコでは産出されていません。 続きを読む トルコ式コーヒーで占いができる?

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

日本で最初のカフェは?

街中で新しくオープンしたカフェを見つけると、どんな雰囲気なのかとか味はどうなんだろうかととても楽しくてワクワクした気分になります。 続きを読む 日本で最初のカフェは?

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

苦い苦いアイスコーヒーの思い出

去年の夏、数年ぶりに大学時代の旧友と再会しました。落ち着いた感じのカフェに入って積もる話をしました。その際に友人はためらわず「アイスコーヒーお願いします!」。一方私は「レギュラーコーヒーをホットで」。

非常に暑い真夏日だったので、友人は首を傾げて私をからかいました。「こんな暑い日にも、ホットコーヒー頼んじゃうの?〇さんらしいね、昔から冷え性で有名だったから…。」
「そうそう、相変わらず冷たいものはダメなんだ。」笑って済ませましたが、私がアイスコーヒーを飲まないのは、冷え性のせいではありません。苦いトラウマが、コーヒーの味にのって蘇ってしまうので避けているのです。

大学を卒業した後、私は小さな会社に勤める平凡なOLとして生活していました。大学時代からの年上の恋人がいたのですが、その人は遠く中南米へと赴任していました。自然環境系の研究者で、文明から離れた所のフィールドワークに携わっていたのです。当時はネットも今ほど普及していなかったので、こちらから頻繁に電話をかけたのですが、いつも電波の届かない場所にいるようでした。うら若かった私はその寂しさをうまく紛らわせることができず、Eメールや手紙、たまに通じる電話の中で、どうしても悲痛に彼を求めたり、果ては自分を一人にしていることをなじったりしてしまったものです。

そのようにして常に気持ちの浮き立たない日々を過ごしていたのですが、ある夏私は休暇を取って、彼のいる中南米の小国へ旅立ちました。直接会って、私との関係を今後一体どうしたいのか問いただしたかったのです。私としては、彼がもう少し日本へ帰国する機会を増やすか、あるいは転職して欲しいと思っていました。それも受け付けられないと言うのなら、私が現地へついていくという切り札の選択肢すら抱えていました。要するに、私と結婚する気があるのかどうか、と真面目に問うてみたかったのです。

ですが、いくつもの乗り換え・そして遅延を経てようやくたどり着いた現地空港に、彼の姿はありませんでした。代わりに彼の同僚であるという欧米女性がプラカードを持って待っており、私は彼女と彼の社宅に向かったのです。驚いたことに、その女性は彼のルームメイトであると告げました。彼の部屋ではなく、また別の予備の部屋に通されて休むよう言われたのです。仕方なく言われた通りにしたものの、私はそのマンションの一室で何と2日を過ごす羽目になりました。

 

到着後3日目、ようやく帰宅した彼に向かって私はまず怒りをぶつけたのです。「ちゃんと連絡しておいたのに、どうして迎えに来なかったの?どうして2日もほったらかしなの?どうして私が軟禁状態にならなきゃいけないの?」と。彼は無精ひげの伸びきった、疲労困憊の顔で「だから、俺は来るなって言ったのに。それも聞かずに勝手に乗りこんできたのはお前だろう。この国の治安の悪さを考えたら、こうやってマンションで待ってもらうしかなかったんだよ。俺は、2日間ぶっ通しのフィールドワークでもう疲れてるから、話はあとで聞くよ…」そう言って私が口を開く前に、自分の寝室へ行ってしまったのです。その去り際、例の欧米女性と英語で親密そうに何か会話を交わしているのを、私は見逃しませんでした。

もう自分たちはとっくに終わっていたのだ、と私は心のどこかでわかっていたのです。ただ、感情面でそれを頑固に認めず、私は依怙地に彼に執着していたのでした。日本から持ってきた大量のお土産をリビングのテーブルに並べ、私は荷造りをして例の女性に頼みました。「すみませんが、もう帰るのでタクシーを呼んでもらえますか?」

休暇の残り数日を私は空港直結のホテルで過ごし、その国を全く見回らないままに往路の便に乗りこみました。帰りは遅延もなく、朝早い成田空港へ重い頭と身体をひきずって、到着したのです。早朝だったので、到着ゲートを出ても人はまばら。何か飲もうとふと思ったのですが、どこもお店は開いていません。ぼんやり立ち尽くしていると、スターバックスコーヒーの店員がガラガラとシャッターを上げるのが見えました。

私はそこで、とにかくそれまでダイエットのために絶対寄せ付けなかった類のものを頼みました。キャラメルマキアートだったと思います。それに追加でガムシロップをいくつも入れてすすりました。何故かはわかりません、そうしなければいけないような気がしていたのです。冷え切った甘い液体は、私の脳髄に沁み込んでいきました…あたかも、それまでに泣いて泣いて枯れ尽してしまった、涙の部分を埋めるかのように。

その夏は、私はとにかくアイスコーヒーばかり飲んでいました。ブラック加糖タイプのものを大量にスーパーで購入してきて、それを水のようにすいすいと飲んでいたのです。普通、こんな風に失恋をしたらお酒におぼれるのが定石だと思うのですが、私の場合は完全にアイスコーヒーにおぼれ切っていました。8月、9月とどんどん季節が過ぎて行き、店頭にアイスコーヒーのストックが薄くなっていきました。10月のある日にいつものスーパーで店員さんに「もう仕入れていないんです」と言われた時、ようやく私からつきものが落ちたような感じがしました。

「馬鹿馬鹿しい」。そう呟けたのです。そう、失恋にいつまでも悩まされるのは馬鹿馬鹿しい、と心から思う事が出来ました。私はコーヒー売り場に足を向け、ドリップコーヒーを買いました。その日から私は、再びコーヒーをホットで飲むようになったのです。

以来10年以上も経つのですが、夏場に店頭やカフェでアイスコーヒーをみかけるたびに、あの時の苦い悲しみがほんの少し首をもたげるのです。アイスコーヒーの苦さと甘さに癒され、そして治って行った古傷の疼き。つまり私にとって冷たいコーヒーは、「薬」のような存在なのでしょう。もうお世話になる必要もないのだけれど、それでも舌先に苦みははっきりと覚えている…そんなかすかな感覚です。

こういった苦みを抱えながら人は生きて行くんだろうな。そんな風にふっと思い、レギュラー・ホットコーヒーのふくよかな湯気を吸いこみながら、私は目の前にある現実に目を戻しました。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

豆乳ラテ、お試しあれ!

コーヒーが好きで、ほぼ毎日ドリップコーヒーを飲んでいます。普段はブラックコーヒーを飲む事が多いのですが、いつも同じだと飽きてくるので「たまにはカフェオレにしようかな」という時にお勧めなのが、豆乳ラテです。
「豆乳は体にいい」と分かっていても、豆乳をそのまま飲むのはちょっと…と思っている方は多いと思います。私も豆乳だけだとその風味が苦手なので飲む事はしませんが、豆乳ラテは大好きなのです。

 

自宅に友達を招いた時に豆乳ラテを淹れて飲んでもらったりもしますが、皆さんに美味しいと言ってもらえます。コーヒーも豆なら、豆乳の原料の大豆も豆!同じ豆同士だからか、牛乳よりも相性がよくて美味しく感じてしまいます。

 

豆乳ラテの作り方を。コーヒーはお好みの物でいいと思いますが、より美味しい豆乳ラテにするには、濃い目に淹れる事です。カフェオレ用に深煎りされた豆などを使って淹れると更に良いと思います。
そして重要なのが、使う豆乳の選び方です。

スーパーマーケットでよく売られている調整豆乳を選んで下さい。リーズナブルな豆乳の方がコーヒーには合います。ちょっとお値段が張る、大豆の風味の強い濃い豆乳はコーヒーに入れると、豆腐の味が強すぎて合わせにくいです。あくまで私の主観ですが。
コーヒー豆と豆乳が用意できたら、まずはコーヒーを淹れて、カップに注いでおきます。それから豆乳を冷蔵庫から出し、耐熱容器に一人分100mlを入れ、電子レンジ500Wで1分ほど温めます。注意するのは、温めすぎると豆乳は分離してしまう事。およそ60度を超えると分離してしまうおそれがあります。

 

なので、熱々のコーヒーに冷蔵庫から出したばかりの豆乳をそのまま入れると分離してしまいます。コーヒーを最初に淹れてカップに注いでおく事でちょうどいい温度にし、豆乳自体も温めてからコーヒーに注ぐと分離せず美味しいホット豆乳ラテになります。

豆乳ラテはスターバックスやタリーズコーヒーでもソイラテとして販売しています。ホットでもアイスでも美味しいソイラテですが、ぜひ試していただきたいのが、エスプレッソショットの追加です。販売されているそのままのソイラテはマイルドな味なので、コーヒーのコクや苦みが足りずに物足りない、と感じる方もいるかもしれませんが、エスプレッソショットを追加する事でそれが解消され、更に美味しくなります。
ショートサイズのソイラテにはワンショット追加、トールサイズならツーショット追加をお勧めします。スターバックスでもタリーズコーヒーでも、エスプレッソショットは+50円で追加できます。

私が始めて豆乳ラテを飲んだのも、このスターバックスのホットソイラテだったのです。今から何年も前の事ですが、アルバイトをしていた時に差し入れとしてもらったソイラテの美味しかったことといったら。仕事の疲れが吹き飛びました。それ以来、私は豆乳ラテのファンになりました。

 

豆乳ラテの良い所の一つは、砂糖を入れなくても豆乳の自然な優しい甘みを感じられて、お腹が満足する事です。ブラックコーヒーを飲んでいると、ついつい甘いお菓子などを一緒に食べたくなってしまいますが、豆乳ラテではそう思いません。
そして何と言っても豆乳の効能の多さです。よく知られている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、女性ホルモンの低下によっておこる症状を抑えてくれます。また、良質なタンパク質が豊富で、コレステロールや高血圧の改善も期待できます。便秘が解消されたり、ダイエット効果があったり、美肌効果まで。しかし、大豆イソフラボンの摂り過ぎによる弊害もあるので、豆乳は1日300ml以内にした方がよいと言われています。豆乳ラテ1杯に100ml使うとしたら1日3杯までに。

では最後に豆乳ラテのアレンジメニューを紹介します。スターバックスなどのソイラテはふわふわのスチームミルクを使っていますよね。家庭でもミルクフォーマーを使って豆乳を泡立ててからコーヒーに注げば、お店にひけを取らないようなふわふわ豆乳ラテが作れます。

ミルクフォーマーは電動・手動いろいろありますが、100均でも売っているので手軽に始められます。豆乳は牛乳と比べて、泡立ち方がしっかりしていて、長時間泡が消えないように思えます。
そしてそのふわふわの泡の上に、好みのトッピングをするのも楽しい飲み方。シナモンやチョコレートシロップ、はちみつなども美味しいですが、一番のお勧めは粉末ココアです。牛乳に溶かせば甘いココアが出来る粉末ココア、スーパーで売っていますよね。それをふわふわ豆乳ラテの上にふりかけてみて下さい。程よいココアの甘みが優しい豆乳ラテにとてもよく合っていて、おやつ代わりにお腹も満足なドリンクになります。
また、スターバックスやタリーズコーヒーでもアレンジ豆乳メニューにする事ができます。+50円で、カプチーノ等の牛乳を使った既存のメニューを豆乳に変更することができるのです。季節限定のメニューでも豆乳に替えることができるので、色々な豆乳ドリンクを楽しめます。
体にも良くて美味しい豆乳ラテ、是非試してみて下さい。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

KONO式ドリッパーのススメ

コーヒーを飲むときは、いつもハンドドリップしているわが家。ずっとオーソドックスな3つ穴タイプのドリッパーを使っていたのですが、ある時KONO式ドリッパーを使って淹れてみたところ、いつもと同じ豆なのに美味しくなってビックリ!それ以来、ずっとKONO式を使っています。

 

KONO式ドリッパーというのは、大正時代から続くコーヒー会社のスペシャリストが、家庭でも美味しいコーヒーを提供したいと考え出したドリッパーです。いちばんの特徴は、ドリッパーが円錐形になっているところ。とんがり帽子を逆さまにしたような形と言えば、イメージしやすいでしょうか。

ハンドドリップの王道といえばネルドリップです。ネルとはフランネルのことで、つまり布。ペーパーよりも繊維が細かいため、ネルを使ってコーヒーを濾過すると、雑味が取れスッキリまろやかな味のコーヒーが抽出できます。ただこのネルドリップは、お手入れが面倒くさいという難点があります。繊維が細かい分きれいに洗いにくいし、ネルを水に浸して保管しなければいけない上に、その水は毎日変えないといけません。毎日コーヒーを入れるお店ならまだしも、一般家庭ではちょっと手が出しにくいですよね。

そこで生まれたのがKONO式です。ペーパードリップの手軽さと、ネルドリップの美味しさのいいトコ取り!喫茶店やコーヒーショップなどでもこのドリッパーを採用しているところが多く、つまりはプロも認めた味が引き出せるということ。これは興味がそそられます。

 

先ほど触れた、円錐形というのは、そのネルドリップのような美味しさを引き出すために、試行錯誤した結果到達した形。一般的な1つ穴や3つ穴のドリッパーと比べると、お湯の落ちる速度が速く、粉に均一にお湯が行き渡りやすくなります。言い換えると、「穴から落ちるコーヒーの濃度が均一になりやすい構造」ということで、プロが淹れても素人が淹れても味にムラができません。

 

実際にお湯を注いでみると、あっという間にお湯が落ちてしまって、「本当にこれで大丈夫?」と最初は心配になりました。でも飲んでみると、これがすっきりまろやかなんです。しかも、香りもいい!

しかしテンションが上がった勢いで、自分でいろいろ本やネットで調べてみたところ、少しショックな事実が判明しました。

淹れ方を間違っていたんです。。

厳密には間違っているというよりも、もっと美味しく淹れられる方法がある、ということなんですが、わたしはずっと今までと同じように「蒸らして注ぐ」という淹れ方をしていたんですね。それでもコーヒーは美味しく淹れられるのですが、KONO式のメリットを生かしきれてはなかったんです。

KONO式の良さを最大限に引き出すためには、「豆を蒸らさない」そして「ゆっくりポタポタと注ぐ」これに尽きます。

実はKONO式の特徴は、円錐形であること以外にもうひとつあり、それが「お湯を流すための溝が短い」というものです。ドリッパーの内側を見てみると、一般的なドリッパーは上から下まで溝があるのに対し、KONO式は下半分にしか溝がありません。そのため、注がれたお湯は、上半分でいったん滞留してから流れていきます。

 

そこで、ゆっくりポタポタとお湯を注ぐとどうなるかというと、お湯の滞留時間が長くなりますよね。するとそれが結果的に、一般的なドリッパーの蒸らし時間と同じになるため、蒸らさなくても本来の味と香りを引き出すことができるという訳です。

正しい淹れ方を知ったわたしは、早速実践。すると、すっきり感やまろやかさはそのままで、これまでよりもずっとコクのあるしっかりとしたコーヒーを淹れることができました!ちょっとしたことで、随分味が変わるもんです。

でもコーヒーって、その日の気分や体調によって、飲みたい濃さが違いますよね。じっくりゆったり過ごしたい日は濃いめのコーヒー、ちょっとお疲れ気味の時はアメリカンくらいのライトなもの。ホットで飲むか、アイスで飲むかでも変わります。そんな時、お湯を注ぐスピードを変えるだけで濃度を変えられるのはかなり嬉しいかも。

と、散々いろいろ語ってきて何なのですが、わたしは正直言ってあまりコーヒーの微妙な味の違いは分かりません。もちろん豆が変われば分かりますが、ドリッパーを変えたくらいで劇的に変わるかというと、よほどコーヒー通じゃない限り、多分そんな風には感じないのではないでしょうか。

それなのにKONO式をすすめるのは、今回たまたま飲み比べできる環境にあったこと。そしてその結果、KONO式で淹れた方が断然美味しかったからです。

コーヒーの淹れ方には、ペーパーフィルターを使う以外にも、フレンチプレスやサイフォン、水出しなどいろいろあります。そしてそれぞれに良さがあり、好みもあるので、一概にこれがベストと言い切ることはできません。ただ、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップは、最も手軽で一般的です。その中でベストを決めるなら、わたし的にはKONO式です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0