君とコーヒーを飲んだ時間

大学生にとっての夏休みは、学費の無駄遣いを疑いたくなるような長さだった。それでも、当時彼女がいた僕は、世間でいう「リア充」の波に乗っかって遊ぶ時間は夏休みだけでは足りないくらいだった。 続きを読む 君とコーヒーを飲んだ時間

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0