路地裏にひっそりと佇む、喫茶路地

日本一長いと言われる商店街、大阪北区の天神橋筋商店街の東側。少し入り組んだ位置にある

「自家焙煎珈琲 喫茶路地」
昭和のセットか!とツッコミを入れたくなるような、町並みに佇むこのカフェは、美味しい珈琲と、穏やかな時間を提供してくれます。
天神橋筋商店街を歩いたことのある方は、想像出来ると思いますが、本当に長い。その間に、いくつ駅を通り過ぎたんだ?と不思議になるくらい。そこからこのカフェに「ふらっと立ち寄りました~」は絶対に有り得ない。商店街の中にもたくさんカフェがあり、妥協してしまう気持ちは否定しません。

しかし、ここは目指して行って頂きたい。

一本筋を間違えると、迷宮入り間違いなしのような場所に位置していますので、スマホ片手にお願いします。
店構えは、昭和レトロ。長屋続きの角に位置しております。曲がり道のところに、看板が置いてありますので、それを参考にして頂ければ幸いかと。店先にはベンチが置いてあり、絵になります。インスタに載せると、お洒落な方達の目に留まるのではないでしょうか。

入り口は引き戸で、中は見えません。初めて訪問した時、よく怖気づかなかったなと、自分を褒めてあげたい。中が見えないところって、何故かハードルが上がっちゃいますよね。

そんな小心者の自分を抑えて、引き戸をあけると、大きな声を上げたことがあるのか、と聞きたくなるような店主さんが、ゆるりと出迎えてくれます。インパクトのある扉から、想像が出来ないような、広々とした店内。お洒落な家具と、一人客にはぴったりな大きめのテーブル。そしてカウンター。珈琲を味わいに来た、物静かなお客さん達が思い思いに過ごしています。

基本的に、珈琲を注文する際、その店オリジナルの「ブレンド」を頼むようにしています。店主さんが選びに選んだ豆と、こだわり抜いた焙煎方法。その結晶が「ブレンド」としてメニューの先頭を走るのです。頼まないわけにはいかないでしょう。

豆の挽く音が聞こえ、珈琲の淹れる匂いが漂ってくる。お洒落な照明が並ぶカウンターのその先は、カップに囲まれてほとんど見えないので、想像だけが膨らみます。コーヒーフィルターから滴り落ちる美味しい珈琲は、いつやってくるのだろう。期待に胸も膨らみます。

 

ここのブレンドは、ほとんど酸味が無く、「珈琲ってこんなにも香るものか」と驚くほど、芳ばしい匂い。暖かく、暖かく、包み込んでくれます。商店街を練り歩いて、疲れた体を癒してくれます。焙煎して時間経過が経っていない、新鮮な豆を使用しているため、今までに味わったことのない、風味が鼻を突き抜ける。この味を知ってしまったら、通うこと間違いなし。豆を買って帰ろうかと、悩んじゃいます。

 

カップもシンプルなもの。不必要な装飾は、この店には似合わない。潔い、美しさを感じることが出来る。

 

二杯目は少しお値引きをしてくれる、良心的なお店。大きめのテーブルの上に、「ご自由にお取り下さい」と言わんばかりのビスコッティ。これがまた、珈琲に合うのです。(お金は払って下さいね)

 

期間限定で出ていた「アイス最中」も、合う。パリパリの最中に、アイスクリン。冷えた口内を、温かい珈琲がそっと暖めてくれます。

 

誰一人、大きな声を出さない。ゆっくりと過ごすことが出来る。この忙しく、人々がイライラし続けるこのご時勢。ドアを開けた瞬間から、自分を解放し、穏やかになれるこの場所は、やはり店主さんの人柄がそうさせているのだろう。

 

疲れた体と心を再び元気にさせる、喫茶路地。常連として、取っておくのにはぴったりな場所である。

【店舗情報】
店舗名 自家焙煎珈琲 喫茶 路地
住所 大阪府大阪市北区 浪花町9-5
電話番号 06-6371-8828 (予約不可)
営業時間 平日13時~20時
​     土日祝13時~19時
定休日 月曜日(祝日は翌日定休)※その他不定休あり
URL:http://alley269.wix.com/roji

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

Cafe shibaken

今回ご紹介させてい頂くのは埼玉県戸田市にあるCafe shibakenです。

埼京線戸田駅から徒歩10分程度で着きます。
地元の人から長年愛され訪れる方は地元の方が中心のお店ですが、遠方から足を運ばれる人も多いみたいです。

shibakenは道路を挟んで向かいにある花屋さんが始めたそうです。なので店内や入口にも花材が飾ってあったりします。クリスマスのシーズンには花屋さんが作った手作りのリースを飾るように。数席分のテラス席もありますが、そこも緑に囲まれていて非常に落ち着く印象になっています。テラス席では、ペットを連れたお客さんが思い思い楽しんでいる光景をよく目にします。

 
内装ですが、照明の色が暖色系の温かみのある色、テーブルや椅子は木を使っていて全体的に落ち着いた温もりのある作りになっています。壁には季節ごとの飾りが飾ってあり、季節感を楽しむこともできます。
あまり騒がしい人も来ないようで、非常にゆったりとした空間でくつろぐことができます。昼間の時間には主婦の方が多く来店されている印象で、皆さまほっと一息をついて楽しんでいるのが、窓の外からでも伺うことができます。
店員さんも落ち着いた雰囲気の方で、対応も丁寧なので、印象がとても良いです。

まずご紹介したいのが、shibakenのランチメニューです。
5日から1週間毎に数種類のランチメニューが変わっていきます。今までにわたしも数種類食べたことがあるのですが、これが非常に美味しいんです。わたしが食べたのはキーマカレー、トーストサンドです。カレーは常時色んなカレーに代わり、キーマカレー以外のカレーも楽しむことができます。トーストサンドも中の具がバラエティに富んでいて、何回来店しても飽きないような工夫が凝らされています。

 

わたしが食べたときは生ハムとポテトのトーストサンドでしたが、これ以外にも店頭に書いてある「本日のランチメニュー」を見ると、つい食べたいな、と思って誘惑に負けそうになってしまいます。shibakenのランチメニューは全て手作りなので本当に美味しいです。是非足を運んで食べてもらいたいと思います。

 

次に喫茶メニューについてご紹介します。
Cafeなのでもちろんコーヒーは非常に美味しいです。コーヒーはshibakenブレンドというここだけオリジナルの豆を使っているものをおすすめします。
苦味もそこまで強くなく非常にバランスの良いコーヒーだな、という印象を受けました。これ以外にもカフェラテやソフトドリンクの用意もあったので、色々飲んでみても楽しいかもしれません。
そしてデザートですが、これが本当に美味しくてですね。常時数種類のデザートが用意されており、わたしはチーズケーキを食べたことがあるのですが非常に濃厚でコーヒーとの相性が抜群でした。shibakenで扱っているデザートも全て手作りのものです。そのためタイミングが悪いと売り切れてしまっていたり、ということがたまにあるようです。

必ず食べたいというのなら閉店間際は避けた方がよいかもしれません。見た目はデパートで売っているような華やかなものではないですが、食べたら必ず美味しいと思えるはずです。
そしてなんと、shibakenではクリスマスや誕生日ケーキを予約販売しています。クリスマスケーキは数に限りがあるそうですが、事前に予約をすれば買えます。誕生日ケーキも同様で、1週間程前にお願いをしておくとオーダーで受けてくれます。
ちなみに、shibakenではコーヒーやケーキなどデザート類はテイクアウトすることが可能です。時間がないけれどshibakenの味を楽しみたい、という方には嬉しいですね。わたしも過去に何度もコーヒーやケーキをテイクアウトで購入しています。暑い日に自転車で通り過ぎるときに、テイクアウトのアイスコーヒーあります、という看板を見つけるとつい買ってしまいます。

最後になりましたが店舗情報を載せておきます。

Cafe shibaken(カフェ シバケン)
住所:335-0022 埼玉県戸田市上戸田1-17-13
電話番号:048-434-0315
営業時間:11時~19時
URL:http://nonohanaya.exblog.jp/

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

おすすめする喫茶店は新潟にあるロンドンです。

おすすめする喫茶店は新潟にあるロンドンです。
私の妻の実家が新潟にあるため、夏に新潟に帰省をするのですが、そこでロンドンを見つけました。

【店舗情報】

住所
新潟県燕市燕4436

電話番号

0256-62-3615
営業時間

11:30〜24:00までと非常に営業時間が長いです。
良く昭和の雰囲気がまだ残る喫茶店と言われる喫茶店がありますが、そういった喫茶店には私も好きで、良く足を運びましたが、ロンドンは一味も二味も違います。
まさにこれぞレトロ!という喫茶店なのです。
入口には、ガラスケースに洋食やパフェなどの懐かしい商品サンプルが飾られていて、入口だけも既に昭和感が凄く出ています。
正直に言って、一見さんは入ることにかなり勇気がいる雰囲気ではあると思います。
私も最初はそうでしたが、あまりにもレトロな雰囲気の興味が勝り、思い切って入ってみたのです。
入るとそこは、もう完全な昭和です。
入口の雰囲気を全く裏切ることのない店内に私は、ついに本物のレトロな喫茶店を見つけた!と興奮しました。
入口で想像していた部分で裏切られたのは、店内の広さでした。
きっと小さなこぢんまりとした喫茶店だろうと思っていたのですが、非常に店内は広いのです。
そして、店内は薄暗く、怪しい色の間接照明が灯っています。
席のソファもこれまた昭和の品という感じで、席によってはテーブルがあの昭和の大ヒットゲームのインベーダーゲームになっています。
このテーブルは現在ではなかなかお目にかかれない代物です。
私は初めて入った瞬間の印象は昔のキャバレーにでも間違えて入ってしまったかな?と思ってしまったほどです。
席に座り、店内を見渡すと、昭和にタイムスリップしたような錯覚にさえ陥ります。
店内の完璧なまでのレトロ感に興奮していると、メニューを持ってきて頂けました。
やはり喫茶店ですので、当然ホットコーヒーを頼みました。
コーヒーも今では濃いコーヒーが美味しいコーヒーと言われる中、ロンドンのコーヒーはアメリカンが流行った頃のあっさりとしたコーヒーを出していました。
こんなところまで昭和を醸し出しているとは、完全にロンドンの中では時が止まっているかのようです。
私は、夏に妻の帰省に新潟に行くのですが、ロンドンに多い時には1日に2回行くほど、大好きです。
それは、まず1回目はモーニングに行きます。
モーニングでは飲み物をオーダーするとトーストとゆで卵がサービスで付いてくるのです。
これは名古屋の喫茶店では良くあるサービスですが、ロンドンもそのサービスを提供していて、非常に嬉しい限りです。
2回目は、夜に日帰り温泉に入った帰りに行きます。
夏に行っているので、非常に温泉帰りは暑くて仕方ありません。
これが、夜のロンドンに行くには最高の状態なのです。
ロンドンは24:00まで営業しているので、ゆったりと温泉に行ってきても十分に間に合うのです。
ロンドンに行って夜に何を注文するのかというと、私はかき氷を頼みます。
ロンドンのかき氷は天下一品なのです。
かき氷も昔懐かしい感じのシンプルな物ですが、ボリュームもあり、氷もとても美味しくて毎日のように、食べに通ってしまいます。
私は、かき氷を食べて、冷えた体をホットコーヒーを飲んで温めるのが最高に好きです。
そして、あのレトロな雰囲気をちょっとでも長い時間味わいたいと思い、ついつい長居してしまします。
私は、商品の代金というよりも、あの異空間を味わえることへの代金と考えています。
昭和を懐かしいと思う方にも、そして、昭和を知らない世代にも、このロンドンは是非、味わって頂きたいと思います。
若い方も、時々店内を撮影している方もいるので、きっと他では絶対に見ることができない空間なのだと思います。
きっと、日常では感じることのできない刺激を誰もが受けることが間違いなくできると思いますので、是非オススメします!

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

TAKAMURA Wine & Coffee Roastersで味わうコーヒーと非日常

大阪の江戸堀にある、TAKAMURA Wine & Coffee Roasters(タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ)というお店を紹介します。

2013年3月に、大型リカーショップが、ワインとスペシャルティコーヒーの専門店としてリニューアルオープンしたことで、このお店ができました。

外観もオシャレですし、オープンしている時は看板が出ているので前を通るとすぐにわかると思います。見つけやすいので近くを通った際はぜひ一度行ってみてください。高級感のある外装をみると、ついつい入ってみたくなると思います。近くには靭公園もあるので、お散歩のついでに立ち寄りやすいと思います。

コーヒーとワインは合わないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、行ってみるとそんな心配は一切なくなるくらい上手く同居しています。快適で贅沢な時間を過ごしたい時にはうってつけのお店です。

中に入ると、とても大きいのでビックリするかもしれません。倉庫を改造したような内装で、スペシャルティコーヒーやワインがたっぷりと品揃えされています。様々な種類のコーヒーが安価で飲めるので、コーヒー好きにはたまらない場所です。安いものですと、なんと250円から飲むことができます。

 

オシャレで快適な空間でこの値段は破格だと思います。ちょっと立ち寄っただけという場合でも、テイクアウト可能のためコーヒーを楽しむことができます。目の前でハンドドリップをしてもらえるのも嬉しいです。お店が非常に広いため、席数も多く気持ちよく美味しいコーヒーを味わうことができます。

 

一階だけではなく、二階もあります。二階は一階の様子が見下ろすことができ、ゆったりとした時間を楽しむことができます。ドリンクの他に、ビスケットなどのちょっとした軽食も購入することができるため、コーヒーと一緒に味わうのもおすすめです。

 

焼きドーナツも美味しく人気です。天気が良い日には外の席で気持ちよく過ごすこともできますし、いろいろな楽しみ方ができます。

 

コーヒー豆は幅広く取り扱っており、コーヒーにはまだそこまで詳しくないという方も選びやすいように苦さなどをグラフにしたメニューが置かれているため安心です。店員さんたちもみんなコーヒーが好きで詳しい方ばかりですし、話しやすい雰囲気ですので気楽にオススメのものはどれかを聞くことができます。

 

気さくな店員さんが多いと自然と会話も弾みますし、知らないうちにコーヒーについての知識も増えてゆくので嬉しいです。また、大きな焙煎機も見ることができるので、コーヒー好きな方でしたらテンションが上がること間違いなしです。酸味のあるコーヒーが苦手な方でも、いつもの酸味とは違った印象を受けコクがあって美味しいと感じる方もいるので、今まで以上に多くのコーヒーが好きになれる場所だと思います。

 

コーヒーだけではなく、ワインやお皿、食べ物などいろいろなものを扱っているお店なので、カフェついでにいろいろ見ることもできます。普通の暮らしではなかなか見ないような珍しいものを見つけることもでき、新鮮さを味わうことができます。売っているお皿などもとてもオシャレなので、買って帰るのも良いと思います。

 

店内はコーヒーの良い香りでいっぱいなので、ちょっとしたショッピングに立ち寄った時も嬉しい気持ちになります。このお店ではコーヒーだけではなく、快適な空間やオシャレな非日常を味わうことができ、リフレッシュには最適です。
店舗情報
TAKAMURA Wine & Coffee Roasters(タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ)
大阪市西区江戸堀2丁目2-18
TEL. 06-6443-3519
FAX. 06-6443-9390
OPEN. AM11:00~PM7:30 / COFFEE PM7:00(L.O)
CLOSE. Wednesday
http://takamuranet.com

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ショコラショコラコーヒーで優雅なひとときを

私が紹介するのは、香川県のさぬき市にあるショコラショコラコーヒーというお店です。お店の名前がすごくかわいいですよね。
少し街外れな場所にあるのですが、たくさんの方々が遠方から来られているみたいです。

 

このショコラショコラコーヒーは、交差点の角にちょこんとあります。茶色い建物に、白いドア。外観もとてもオシャレです。駐車場はあまり広くないので、すぐに埋まってしまい車を駐車できずに断念して帰る人もいるみたいです。

 

それぐらい、いつも混み合っていてたくさんの人が訪れる人気のお店です。予約ができないみたいなので、少し早めの時間に訪れるといいかもしれません。

 

朝7時から夜19時まで開いているお店なので、モーニングでもランチでもおやつでもおいしいコーヒーと料理をいただくことができます。

 

店内は茶色を基調としたレトロでおしゃれな雰囲気です。本や雑貨など置いていて、すごくシックに統一された店内です。
お店に入ったとき1番最初に目につくのがショーケースに並べられた数種類のケーキ。とても美味しそうで、頼みたくなります。ここのケーキは店内でも食べれるし、お持ち帰りもできます。食事をしてお腹いっぱいになった方は、ケーキをお持ち帰りしてもいいかもしれませんね。
そして店内には広々としたソファ席が数席あります。なので、小さなお子様をお連れの方もソファで落ち着いて食事をすることができます。
1人で訪れている方はカウンター席に座ってる方が多かったように思います。

 

さっそく、このお店のコーヒーと料理について紹介したいと思います。まずここのお店のおすすめのコーヒー。それは、美味しい牛乳仕立てのカフェ・オーレです。このカフェ・オーレの特徴は、上に乗っているミルクの泡がとてもきめ細かいことです。カップギリギリまで注がれたフワフワのミルクの泡と、コーヒーの苦味が絶妙にマッチして、飲んだ瞬間「おいしい!」となることは間違いありません。

 

飲み干す最後の最後まで、ちゃんと泡が残っています。この牛乳仕立てのカフェ・オーレはアイスとホットがあるのですが、アイスのときは、カフェ・オーレがワイングラスに注がれていて、高級感があります。

 

(ホットで頼んだときのマグカップもとてもかわいいですよ。)暑い日にはアイスで、寒い日にはホットで、ぜひ飲んでみてください。どちらもとても美味しいです。そして、この牛乳仕立てのカフェ・オーレとセットで頼めるお料理も紹介します。

 

このお店で、みんなが頼んでいるのはアフタヌーン形式の2段(または3段)になっているティースタンドに、スープやパン、ポテト、サラダ、ヨーグルトなどが盛り付けられているものです。

 

このアフタヌーンティーセットのスープのクラムチャウダーがまた絶品です。具沢山で、旨味が凝縮されたスープです。ていねいに作られたスープならではの味だと思います。このスープだけでお腹いっぱいになるのではないかと思うほど、具沢山です。

 

魚介好きにはたまらない味わいです。そして、バターが塗られていてこんがりと焼かれた食パン。分厚めの食パンなのですが、耳はカリカリ、パンの生地はふわふわ、もちもちです。バターの風味が口いっぱいに広がります。この食パンがまた、カフェ・オーレとの相性もぴったりなのです。

 

この、アフタヌーンティーセットと、牛乳仕立てのカフェ・オーレで、1000円(税抜き)ほどです。
ケーキもセットでつけると1200円(税抜き)になります。
腹ぺこで訪れたはずなのに、このセットで本当にお腹いっぱいになります。

 

みなさん、このショコラショコラコーヒーに来ると居心地がよくて、ついゆっくりとくつろいでいる様子がうかがえました。
ぜひ訪れた際には、ゆっくりとおいしい料理とコーヒーを味わってみてください。

店舗名: ショコラショコラコーヒー
住所: 香川県さぬき市志度1887-1
電話番号: 087-813-6565

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

熊本でハワイ?Kona Kona Cafe(コナ・コナ・カフェ )天草本渡店

熊本・天草で味わうハワイの風と香りが楽しめる、コナコーヒー専門店のKona Kona Cafe(コナコナカフェ)のご紹介です。

 

ハワイを思わせるような青くすんだ天草の海。その心地よい風とハワイアンミュージック、そこにコナコーヒーがあれば、気分は爽快・ハワイそのものです。

 

白の建物に、エメラルドブルーの海の色をした屋根、手作りの店内とアメリカンなフード類に気分もあがります。

 

世界三大コーヒーといえば、キリマンジャロ、ブール―マウンテン、コナコーヒーのこの3品種になりますが、その中でも、ハワイ島のコナ地域で栽培されるコナコーヒーの生産量は非常に少なく、貴重なものとなっています。

 

そのため、流通しているコナコーヒーの大半は他のコーヒーにコナコーヒーを混ぜたブレンドコーヒーです。このため100%コナコーヒーとなれば、さらにその価値が高くごくわずかな流通量となるのもうなずけます。(ハワイの法律では10%以上コナコーヒーが入っていれば、コナコーヒーとして販売が可能です。)

 

コナコーヒーの中でも、ハワイ州ハワイ島西岸のコナ特定の農園でそだてられた100%コナ地方の選び抜かれたコーヒー豆。こちらでは、その豆がで淹れたコナコーヒーをリーズナブルに頂くことができます。その香りや甘味が、これまで飲んできたコナコーヒーとは全く違うので驚かれるかたも多いのです。

 

また、コナコーヒーをベースに、ヘーゼルナッツやキャラメルなどの6種類の味や風味をつけたフレーバーコーヒーを楽しめるのもここならではです。

 

コーヒーのメニューは全部で12種類ほどあり、ディカフェブレンドやアイスコーヒーもあります。サイズは、S(330円~)・M(380円~)の2種類あり、どのコーヒーもホットでもアイスでも飲むことができます。

 

また、ほとんどのドリンクメニューはテイクアウトもOKですので、天草のドライブの途中だけではなく、ドライブのおともにコナコーヒーの香りとコクを楽しんでみませんか?。

 

もちろんこちらのおすすめは、コナコーヒー(Mサイズ:400円)!

 

トロットしていてその濃い色合いは苦みを想像させますが、実際口に含むと見た目と違って逆に甘味を感じられるほどです。そこに南国の香りが加わり、今までの飲んできたコーヒーとは違う、その味に驚くのではないでしょうか。

 

ちょっと冒険したいひとは、一番人気のフレーバーコーヒーはどうでしょうか?

 

なかなかフレーバーコーヒーを飲む機会がない人は、どの味にしようか迷ってしまいますよね。

 

そんな時には、香ばしいへーゼルナッツ、キャラメル、ケーキのようなバターラム、この3種類をブレンドしたハワイアンブレンドをお勧めします。

 

コナコーヒーとは全く違った、贅沢な香りと甘味が口の中に広がるのです。

 

コナコーヒーにあうのは、やはり本格的なハワイアンフード。

 

女性に人気があるのはフルーツたっぷりのパンケーキ。しっかり泡立てられた卵白でつくるパンケーキは、ふわっふわで厚みのあるケーキです。このパンケーキ目当てに、市内から2時間かけてくる人もいるのです。

 

ランチメニューでは、ロコモコ、ココナッツカレー、アヒポキ丼など日本人にもお馴染みの味、男子も喜ぶ食べ応えのあるメニューがはずせません。

 

お持ち帰り用の豆は、100gで900円から950円ほどで売られています。このほかにも、ドリップコナコーヒーとして個包装タイプもあるので、どなたでもコナコーヒーを身近に楽しむことができます。

 

〇コナ・コナ・カフェ 天草本渡店
*以前は山鹿にもこちらのお店がありましたが、現在は閉店しています。*
【ホームページ】http://www.konakonacafe.com/

【住所】熊本県天草市本渡町広瀬176-5
【電話】0969-23-7788
【店休日】毎週水曜日
【営業時間】AM10:00~PM7:00

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

coffee Kajita(コーヒーカジタ)

名古屋市内でオススメのコーヒーショップが、coffee Kajita(コーヒーカジタ)です。

 

こちらは、現在のサードウェーブコーヒーがやってくる前から、オーナーがスペシャルティコーヒーにこだわり、始めたお店です。

 

場所は、名古屋でも閑静な住宅地である名東区の一角にあります。
地下鉄東山線一社駅から徒歩3分の場所にあり、名古屋駅から一本で行けるので、市外の方も行きやすいかと思います。

 

店内は、カウンター席が10席です。
オーナーは無口ですし、食事メニューはないので、本当にコーヒーを楽しみたい人向けの専門店です。
長居をするような雰囲気でもなく、ゆっくり読書などを楽しみたい方には不向きかもしれません。
また、グループでおしゃべりを楽しむようなお店でもありません。
それでも、いつも混んでいて、なかなかお店でコーヒーを味わうのは難しいのです。

コーヒーが美味しいのはもちろんですが、私がこのお店が特に好きな理由は、パティスリーで修行しフランス留学の経験もある、オーナーの奥様の作るケーキがとても美味しいからです。

 

フランスのケーキを日本人向けにアレンジしたようなケーキの数々は、見た目に派手さはありませんが、どれも食べてみたくなるようなものばかりです。
手作りの素朴さもありながら、材料にこだわり、シンプルなようで整った形が、コーヒーの添え物以上の存在です。
個人的には、店名をコーヒー&ケーキ カジタにしても良いのではないかと思うほど、町のケーキ屋さんを超える存在です。

 

これ以上混むのが嫌なので、あまり県外の人には教えたくないお店ではあります。

このお店の難点は、営業日が少なく、営業時間もあまり長くないことです。

元々定休日が水・木曜日のうえに、以前から出張喫茶やオーナーの買い付けなどがあるとしばらくお休みが続くことがありました。
それが、最近では、火曜〜金曜が休みです。ホームページには、営業日が土・日・月曜日+数日と記載されていますが、カレンダーをよく見ると、土・日も休業日になっていたりして、うっかり事前にチェックせずに行ったら休みだったってこともありがちです。

 

営業時間が、11〜19時なのも、朝コーヒーが飲みたい時に行けたらいいのになぁと思います。

 

おすすめの割に行くハードルが高いカジタですが、店内で飲まなくても、コーヒー豆を買いに行くだけでも利用価値大です。

 

産地にこだわったシングルビーンから、ブラックやカフェオレになど飲み方に合ったブレンドも数種類用意されています。
コーヒー豆に、説明書も置いてあるので、選びやすいと思います。
ここの深煎り豆は、カフェオレにしても牛乳に負けない強さが感じられるため、ブラックでは飲まない方にも気に入っていただけるはずです。
ケーキも買って、おうちでのんびりコーヒータイムがおすすめです。

 

わざわざ一社まで買いに行くのは・・・という方には、名古屋駅にあるミッドランドのDEAN & DELUCAでもオリジナルブレンドを購入することができます。

 

ただ、鮮度の点からも種類が選べないことからも、地下鉄に乗って、一社まで行く価値はあります。

 

近くには、東山動植物園もあるので、ぜひお出かけのついでに寄ってみてください。
その付近のエリアには、おしゃれなカフェやパン屋さんなどもありので、店内で飲まず買い物だけでも十分です。
ちょうど席が空いていたらラッキーです。

くれぐれも、せっかく行ったのに営業していなかった、なんてことがないように、事前にホームページで営業カレンダーを確認のうえで、行ってみてくださいね。
(ホームページの、プロフィール欄下部の情報は更新されておらず、以前の定休日表示になっているため、お気をつけくださいませ!)

店舗名:coffee Kajita(コーヒーカジタ)
住所:465-0095 名古屋市名東区高社1-229
電話番号:052-775-5554
URL:http://www.coffeekajita.com

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

珈琲屋らんぷ 近畿地方のチェーン店

今回紹介するのは近畿地方のコーヒーチェーン店、珈琲屋らんぷです。
わたしは関東在住なのですが親戚が三重県松阪市に住んでおり、家族で親戚の家に行った時にたまたま見つけて、お茶をしようということで入ることにしました。それが珈琲屋らんぷさんとの出会いでした。
帰り際に店舗の名刺を手に取り、その時初めてチェーン店だと知りました。

 

わたしが行ったのは三重県松阪市にある「松阪光町店」です。
通り沿いに面しており、ぱっと見お洒落で雰囲気あるお店だなと、その外観を気に入りました。
その外観からチェーン店とは思えず、個人経営の喫茶店なのかな、と勘違いをしたのです。

今回は、両親と3人で行った時の話をベースにご紹介したいと思います。

 

まず外装です。ぱっと見すごく雰囲気のある作りでした。なんと表現したらよいか悩みますが、本当に雰囲気がある感じです。そして落ち着いた雰囲気を醸し出してる外装でした。
次に店内です。広々とした店内で、カウンター席とテーブル席、奥には喫煙席が設けられていました。店内も落ち着きのある感じで、コーヒーを飲んでゆっくりするには良い環境だという印象でした。店内BGMにはクラシックが流れており、ゆっくりした時間を過ごせそうです。わたしが行った時は人もそこまで多くなく、騒がしいといったこともありませんでした。

 

そしてカウンター席の向かいの壁には大量のお洒落なカップが並んでいました。後で知りましたが、このお店で使用されているカップは高級食器メーカー、ウエッジウッドだそうです。あまり食器には詳しくないので分かりませんでしたが、壁に綺麗に並んでいるカップはどれも綺麗な模様が入っていて目を惹くものでした。

そして席についてメニュー表を見ることに。
午前10時くらいに寄ったので軽食もとりたいな、と考えていたのですが、やはりありました。モーニングセット。名古屋を中心に三重県でもやはりあるのですね。

コーヒーを頼むとトーストが付いてくるというサービスセットが。思わずやっぱりこの店舗でもあるのだな、とおかしくなってしまいました。わたしも両親もモーニングセットを頼むことにしました。

 

らんぷさんではモーニングセットに付いてくるトーストの味が数種類選べます。そしてやはり小倉トーストもありました。父は小倉、母はノーマル、わたしはシナモンを注文しました。コーヒーは夏だったので皆アイスでそれぞれに。わたしはカフェラテを注文しました。

最初にコーヒーがでてきました。アイスだとウエッジウッドのカップではなく「らんぷ」と書かれた縦長のコップに入れられてでてきました。そのカップは割と強く印象に残っています。

 

見た感じちゃんとした作りのコップだね、なんて両親と話していましたが、そしたら店員さんが美濃焼のコップなんです、と教えてくれました。拘りが詰まっているな、と思いました。味は勿論美味しく、香りがとても豊かで好みの味でした。
次にトーストです。そのトーストなんですが分厚いんです。なんとなく分厚いトーストを頬張るとリッチな気分になれます。わたしが注文したシナモントーストは甘すぎず、トーストもカリっとしつつ中はふっくらで非常に美味しいものでした。口元に近づけただけでシナモンが息で舞ってしまうほど細かいのにはビックリしました。それが満遍なくかかっているので、シナモンの香りが口いっぱいに広がり幸せでした。

 

その後デザートにレモンゼリーを追加で注文しました。このレモンゼリーが予想を超えるすっぱさでした。ゼリーの上に乗ったヨーグルトと合わさって丁度良くはなりましたが、ゼリー単体だと本当すっぱかったです。でも味はレモンの味が強く効いていて好みの味でした。

 

そうして食後に3人でゆっくりコーヒーを頂きながら談笑をして、お店をでることに。
最後まで店員さんの対応は丁寧で、とても気持ちよく過ごせました。

 

最後にわたしが行った松阪光町店の店舗情報を載せておきます。

 

珈琲屋らんぷ松阪光町店
住所:三重県松阪市光町 868
電話番号:0598-31-2000
営業時間:7時~24時(年中無休) 駐車場完備
URL:http://www.ranpu.co.jp/index.html

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0