大阪市中崎町の自家焙煎珈琲喫茶 路地

大阪の中心地、大阪市の梅田(JR大阪駅のある場所)からさほど離れていないものの、雰囲気がガラッと変わり、一気に下町感を漂わせている町があります。
その町の名前は、中崎町。
この中崎町には、昔懐かしい建物などがまだまだたくさん残っており、町にいるだけで、まるで昭和にタイムスリップしたかのような感覚を覚えます。
そんな中崎町にある「自家焙煎珈琲 喫茶 路地」は、その下町の路地裏にあった、とある長屋を改築してできた喫茶店です。
最近多くのカフェなどで取り入れられている、いわゆるリノベーションカフェのひとつです。
そのため、外観は、結構普通の昔ながらの家なので、油断していると見過ごしてしまうかもしれません。
まさに、隠れ家的なカフェといったたたずまいです。
この長屋は、なんと大正時代から残っているものなのだそうです。
昭和どころか、そのひとつ前の時代からある、歴史を感じさせる場所です。
お店の中にあるインテリアも、基本的には最近のおしゃれなカフェにもありそうなテーブルなどがある一方で、レトロかつアンティークな感じの古い時計などが飾ってあったりして、大正時代から続く長屋らしい雰囲気を随所に感じることができます。
若いひと達にとっては、懐かしいというよりも、むしろそれが新鮮にうつるのでしょうね。
若い女性のお客さんも結構増えているのだそうです。
コーヒーの種類は、おもに深煎りのストレートコーヒーとブレンドコーヒーがあります。
なかなかに深い味わいです。
おかわりしたいくらいの味わいでしたが、来る前にも朝にコーヒーを自宅で飲んでいたせいか、胃が受け付けないような感じになってしまい、2杯目にいくことができませんでした。
せっかくなので、今度行くときには一切コーヒーを飲んでいない状態で、ベストコンディションで臨みたいと思っています。
このお店の特徴のひとつは、あまりコーヒー、ドリンク以外のメニューがないということです。
最近の喫茶店の傾向としては、コーヒーや紅茶などに合うようなケーキなどのスイーツをたくさん取り揃えているところが多いと感じますが、このお店にはその逆の傾向を感じます。
なので、恋人や友達とワイワイしながら美味しいスイーツとドリンクを楽しみに行く・・・というよりは、1人で静かに、純粋にコーヒー自体を味わって、本などを読んでゆっくりと過ごす・・・というような場所としてふさわしいと言えるのかもしれません。
お店が仕入れたこだわりのコーヒー豆は、店内のコーヒーで味わうだけではなく、お店で購入することも可能です。
中には、豆だけを買いに訪れるお客さんもいるといいます。
私はコーヒーは基本的に家では豆から淹れることはなく、大抵ドリップコーヒー用の粉を買って済ませてしまうのですが、このお店に並んでいるコーヒー豆を見ると、店内の雰囲気もあいまって、とっても美味しそうなものに見えてしまい、つい手を伸ばしてしまいそうになりました。
コーヒーを、自宅でも趣味として初めてみようかな?
そう思わせるような場所です。
都会にいると、ちょっと一息ゆっくりしたいと思って喫茶店に入っても、人の数そのものが多いため、人の出入りが激しいということがあったり、あちこちからおしゃべりの声が聞こえたりで、なかなか静かに過ごせなかったりすることがよくあります。
ゆっくり作業したり、物思いにふけたりしたい、と思ったときには、都会からすぐ近くで、とっても静かな、こういったお店をひとつ知っているだけでも、充実した日々を過ごせるのではないでしょうか。

 

店名:自家焙煎珈琲 喫茶 路地
電話番号:06-6371-8828
お店のホームページURL(食べログ):https://s.tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27073247/

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

私の好きなお店はmesoさんです

店名 meso〔メソ〕
050-5589-6632
予約可否
予約可
※ご予約はお電話でのみお受けしております。

 
ハロウィン→クリスマス。季節に応じた素敵な店内。デートや女子会にオススメ!お得なランチも◎。
10月31日まではハロウィン一色。天井には大きな毛糸の蜘蛛の巣、壁には魔女の城の切り絵、入口では、骸骨が皆さんをお出迎え。この時期限定のハロウィンスイーツもおススメ。

 

11月上旬からはがらりと変わって、大きなクリスマスツリーやプレゼピオなどが店内を彩る、クリスマス一色のシックで暖かみのある店内に!
住所 富山県射水市三ケ 3275-3
サンシャインビル
メニュー

かぼちゃモンブランのパフェ¥880
かぼちゃモンブランのフレンチトースト ¥730
煮込みハンバーグ¥1,300
キーマカレードリアランチセット¥1,200
チーズオムライスランチセット¥1,800
薔薇のほうじ茶¥520
女性向けの落ち着いたお店です。一年で一番盛り上がるのはハロウィンイベント。クリスマスは落ち着いた雰囲気
最近,お店に自社のバリューカード(プリペイドICカード)の読み取り機が設置できたので,交通系のカード,suicaとかikocaとかpasmoとかも読めるようにしたため,電車の中吊り広告でsuicaとのタイアップ広告を出してますよ。
ちなみに,自社のバリューカードは年間入金金額に応じて5~10%のポイント還元(ランクは9月中旬締めで翌年に反映)で,WebSiteからクレジットカードでチャージもできるので,お得ですよ。
仕事をはじめる前や、ひと段落ついた時の休憩にコーヒーが欠かせないという人は多いだろう。

もちろんコーヒーの効能は仕事面だけではない。時には億劫になる運動に対しても、コーヒーで“ヤル気”を起すことができるという。

■コーヒーを飲むと運動が億劫ではなくなる?

年明けから早くも2か月が過ぎたが、今年の抱負に運動不足の解消という目標を掲げた向きも少なくないのではないだろうか。しかしお正月太りが話題になる時期を過ぎた今、ちょっとばかりモチベーションが落ちてくることもあるだろう。マラソン大会出場などの目標が設定できれば日頃の運動の励みになるかもしれないが、忙しいビジネスパーソンにはそこまでのスケジュールの余裕がない人も多い。

 

だがそんな向きにも嬉しい研究が先頃発表されている。ついつい億劫になりがちな日々の運動も、コーヒーを飲むと俄然ヤル気が沸き起こってくるというのだ。

英・ケント大学のスポーツ運動科学部が行なった研究によれば、スポーツの練習計画にコーヒーを有効活用できることが指摘されている。例えば新年の抱負などで、現在よりも運動量を増やそうと心に誓う人は多いのだが、残念ながらそのうちの大部分は6ヵ月以内に挫折してしまうということだ。しかしこの事態を避けるのにカフェインが有効に働くという。コーヒーを飲んでカフェインを摂取することで、「身体を動かすこと=億劫なこと」という認識が薄れてくるというのである。全世界約60ヵ国で生産されているコーヒー。
ひとことでコーヒー豆と言っても、現在全世界で栽培されているコーヒー豆の種類は、およそ200種類を超えると言われています。

コーヒーは、各栽培地の風土や気候にあった方法で生産されており、それぞれ形や味、芳香などが微妙に変わってきます。
コーヒーそれぞれの個性を生かし品種改良された結果、現在の様なバリエーションになりました。幅広く様々なテイストが楽しめるのもコーヒーの魅力のひとつと言えるでしょう。
近頃、おしゃれなコーヒースタンドが続々とオープンし手軽にコーヒーがいただけるようになっていますよ。

過ごしやすい陽気の中、コーヒー片手に街歩きをしてみてはいかがですか?
富山県射水市メソさんでした

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

自家焙煎cafe KOMIBOU(コウミボウ)

埼玉県上尾市の上尾駅から歩いてすこしのところにある、小さなテラスのあるやさいい雰囲気のお店がKOMIBOUです。

 

入り口から入ると右手に焙煎機とズラリと並んだ量り売りのコーヒー豆と、ドリップ用の器具やコーヒーに似合いそうな手びねりのカップ&ソーサー、小さな雑貨も売っています。

 

大きなテーブルとテラス向きに作ったテーブル、2人かけのテーブルに横並びに2人並べるテーブル、カウンター席とあり、カップルや家族連れ、テラス席でペット連れなど様々なお客さんに対応していて、小さな子ども連れの家族もいます。

 

11時からはランチタイム。
ランチは季節によってメニューが変わります。
モチモチとした麺がボリューム満点のパスタは、小柱のわさび醤油仕立てなどちょっと変わった組み合わせのもの、ナポリタンといった懐かしい親しみのある味のもの、特製ミートソースはすこし変わった味がクセになる味。
ガレットはカリカリベーコンと目玉焼きとたっぷりの野菜がヘルシーなのに、お腹もしっかり満たされます。
サンドイッチは外はカリッカリ、中はふわっふわの分厚い食パンを使用し、どれも具もたっぷりで大満足の一品です。
一番のオススメはキーマカレー!中までしっかり揚げられてトロトロになったナスと、フレッシュなトマト、カリカリのフライドオニオンにたっぷり入ったひき肉、スパイシーだけど優しい味です。ルーがたっぷり入っているので、サンドイッチと同じパンを使った単品メニューのトーストやガーリックトーストを頼んでつけて食べるのもオススメです。さくっふわっとスパイスのハーモニーがたまりません。

ランチメニューは全てにスープもつくのですが、野菜の旨味がたっぷりと出ていてこれも本当に美味しいです。

ランチは単品でも1000円以下、ドリンクデザートセットで1500円前後。
でもせっかくなら是非とも美味しいデザートと一緒にコーヒーを楽しんでいただきたいです。

 

コーヒー豆一粒一粒丹念にハンドピックしているというだけに、雑味が少なく飲みやすいコーヒー。食事やデザートと一緒にいただくと互いを引き立ててくれます。
私は深煎りで苦みが強め後味スッキリが好みなので、神山ブレンドもよく頼みます。こちらはkomibouブレンドよりも香ばしい感じで、食後のコーヒーにはぴったりなのです。

 

ランチが終わってもデザートセットがあります。
デザートも全てお店の手作りです。
コーヒーに合うメニューで、お店のオススメの組み合わせも教えてもらえます。
私はクリームチーズタルトにkomibouブレンドの組み合わせが定番です。卵たっぷりで優しい味のチーズタルトに、苦みの強く後味がさっぱりしたコーヒーがとてもよくあいます。
また、自家焙煎コーヒーを使ったコーヒーゼリーは濃厚なミルクゼリーとともに食べるとしっかりした甘みと苦みを楽しめます。
すこし前から始まったドイツ風パンケーキはスキレットで焼いた軽いサクサク生地、甘さたっぷりでスッキリとしたコーヒーとぴったりです。

コーヒーはネルドリップ、ハンドプレス、ドリップと選ぶことも可能です。
ウインナコーヒーにしたり、カスタマイズもできます。
あと、全体的にさっぱりめのコーヒーが多いので、がつん!としたコーヒーが好みの方はすこし物足りないかもしれません。
珈琲情報の案内やオススメの飲み方などもメニューのっており、店員さんも丁寧に教えてくれるので、コーヒーをあまり知らなくても楽しめるお店です。

 

そうそう、二杯目の注文は半額!
美味しいデザートとのハーモニーを楽しんだ後、コーヒーだけを楽しむこともできますよ。

 

店舗名:自家焙煎cafe KOMIBOU(コウミボウ)
住所:〒362-0037 埼玉県上尾市上町2-2-19
TEL:048-771-1161
営業時間:10:30~19:30(ランチタイム11:00~15:30)
定休日:無休
アクセス:JR湘南新宿ライン、JR高崎線「上尾駅」東口 徒歩7分
サイト:http://www.komibou.com
駐車スペースは5台

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

倉敷の美観地区に近い美味しいコーヒー店あり

倉敷と言えば美観地区と大原美術館です。観光シーズンになれば大勢の観光客で賑わいます。倉敷駅から美観地区まで歩いて20分ぐらいですが途中センター街の商店街があります。その一角にレトロ溢れるコーヒー店があります。いつもお客さんで賑わっています。

 

自家焙煎珈琲を提供してここは店に置いてある豆をお客さんが選んでその場で引いて焙煎してくれます。2階にカフェテラスがあるのでそちらで美味しく頂けるのです。コーヒーの薫りが鼻を刺激してレトロな雰囲気でとても心が癒されます。またドリンクはテイクアウトOKなので珈琲を片手に美観地区を散策するのがいいですね。

店内には約30種類のコーヒー豆が産地ごとに瓶に入っています。焙煎前のコーヒーは薄い緑色をしていてお客さんはびっくりしますが焙煎をするといい薫りがでてチョコレート色になります。その中で一番の人気が「天領倉敷ブレンド」です、これは薫りよし、風味よしですから倉敷に来られた観光客が良く買い求めるそうです。中にはリピータが多くて通販もしています。

2階にカフェテラスがありますが昭和の雰囲気が漂い、ジャズのBGMがかすかに流れて時間を忘れてくれます、ここの雰囲気を気に入って通う常連さんも多いみたいです。年寄りよりも若いカップルが多いのも頷けます。
店内ではここオリジナルのお土産があります。一つ一つ手詰めしてるので風味と薫りが楽しめるドリップパックです、パッケージにはマスキングテープがありとても素敵です、職場や友人のお土産に喜ばれています。

お店手使う珈琲器具もカラフルでお洒落で見てるだけで心が和んできます。お部屋にあるだけで部屋全体の雰囲気が変わります。お店の人たちによるハン
ドメイドの雑貨がありました。それはお金を入れるがま口です。これはここにしかないのでお土産にお勧めです、地元の人、観光客に大人気です。
お店のお勧めはチーズケーキです、それを頼んで2階へ行きます。2階はホットくつろげる雰囲気です、少し暗いので本を読むには辛いです。中はテーブルが3つと窓際に2人用のテーブルがありました。コーヒーとチーズケーキを食べてみました、凄くおいしいです。コーヒーはコクがありほんのりと酸味がありこれならブラックで飲んでも飲みやすいです。これはリピータが多いはずだと思いました、チーズケーキは絶品、言葉が出ないから帰りに買って帰ります。少し残念なのはコップが紙でした。店内はカップがいいと思うのは自分だけでしょうか。残念な気がします。

違う日にまた倉敷へ行きました、この日は美観地区で映画の撮影がありそれを見てその後に倉敷天領珈琲に行きました。この日は土日限定クリームパンがあるからです。

さっそく天領珈琲(350円)とクリームパン(120円)を注文しました。2階で落ち着いた雰囲気でゆっくりと食べました。美観地区でまたこの日は近くで結婚式があり花嫁さんを見てせんべいをかじり吉備団子をほうばり大原美術館で絵画を鑑賞したらお腹が減ったのでアイビースクエアーでランチを食べ少し散策をしてまた本日2回も倉敷天領珈琲を飲みに訪れました。
自分はコーヒーが好きで1日に5杯は飲みます、最近は忙しいのでコンビニの100円コーヒーで我慢をしています。

しかしおいしいコーヒーは何杯飲んでも飽きないので訪れました。さっそく2階に上がりコーヒーを頼んで飲みました。美味しいコーヒーを飲むと幸せな気分になれます。帰りに天領ブランド200gを1000円で購入。

さっそく家で焙煎してみました、おやつは大手饅頭です、甘いものに丁度会いますから友達を読んで一緒に飲みました。真空の袋を開けると香ばしい薫りそれをドリップすると10分ぐらいで飲めます。友達も大変おいしいと言ってくれました。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

やなか珈琲 焙煎したてのコーヒーがいただける下町の珈琲店

私はコーヒーが大好きで、朝の目覚めの一杯、食間、昼食後の一杯、おやつタイムの一杯、食後の一杯と、一日に5杯くらいは飲んでいるように思います。

 

時として深夜にもコーヒーを飲んで眠れなくなってしまうほど、コーヒー大好き。そんな私が個人的に気に入っているお店は、いくらかあるのですが、やなか珈琲店 谷中店さんもその中のひとつです。

 

谷中(やなか)というのは本当に下町で、周囲には懐かしい雰囲気の建物がたくさんあります。このあたり台東区には、有名どころの老舗コーヒーショップがひしめいている、コーヒー激戦区。競争が激しいだけあって、良いお店でないと生き残れない。だからこそ、コーヒーにうるさくてクオリティを求める方にもおすすめのエリアです。

 

木の色調を感じる落ち着いた雰囲気の店内からは、コーヒー豆の香ばしくて独特ないい香りがしています。こちらのお店は、都内に数十店舗あるお店の本店で、多くの方に支持され、ここまで規模が大きくなりました。お休みの日には、順番待ちができるほどの人気店。看板も木製でいい味を出しています。
やはり、「本店」にはどこか特別感があって、どこのカフェに行くにしても、足を運ぶようにしています。豆の種類が豊富で持ち帰りにも対応しています。お店には箱の中に入ったたくさんの豆が置いてあり、まるで問屋さんのようです。

 

豆の量り売りは、焙煎や挽き方など好みのものが選べるので、自分がコーヒーマシンで淹れるか、ハンドドリップで淹れるかによって粒度の違いも選べるのです。買うとおしゃれな紙袋にいれてくれます。プレゼントにも便利ですし、100gずつ、少しずつ買えるので、いつでも新鮮なコーヒーを飲めるのがおすすめです。注文ごとに焙煎してくれるところもいいですよ。
コーヒー豆を買うときにまず迷ったら、やはりそのお店の名前がついたブレンドを買うのがおすすめです。このお店の場合、やなかブレンド。コロンビアが主体になったコーヒーで、苦味とコクが強く、酸味も後味に感じるので、デザートにあわせて飲むのにもおすすめのコーヒーです。

 

こちらのお店では、豆を買うだけではなく、その場でホットやアイスコーヒーなどを淹れてもらい、カウンター席でいただくことができます。このお店の奥に長いこぢんまりした雰囲気は、穴場感があって、私は結構好きなのです。ドリンクはテイクアウトもできるので、コンビニコーヒーに飽きた場合、ちょっと足すだけでクオリティの高いコーヒーがいただけ、おすすめです。

 

私は、周辺観光の際に、散歩をしながらちょっと寄ってテイクアウトをするのが好きで、よく利用しています。なお、ミルクやガムシロップなどは、セルフで取る今風なスタイル。
焙煎が強めなので、ガツンとパンチが効いたボディのコーヒーを楽しめます。特に夏場、キンキンに冷えたローストの強いアイスコーヒーと、ミルクの相性が抜群で、おすすめのお店です。ブラックで飲んでも美味しくいただけます。
コーヒーの値段も、200円ちょっとでとても安く、大手チェーンの標準が300円台と考えると、このあたりも下町価格で、嬉しいポイントです。レジ前には、コーヒーのおとものお菓子もあるので、ちょっとひと息つきたい時の利用におすすめです。

 

最寄り駅は、日暮里駅や千駄木駅が近く、千駄木駅からは徒歩3~4分程度と徒歩圏内でアクセス便利。やなか銀座の近くにあるので見つけやすいはずです。浅草や上野からも距離的に近く、観光時にも便利な立地です。
淹れたての珈琲を気軽な価格でいただけ、ちょっと一息つきたいときに、ぜひいかがでしょうか。

 

【店舗情報】
店舗名:やなか珈琲店 谷中店
東京都台東区谷中3-8-6
電話番号:0120-874-877
HP: http://www.yanaka-coffeeten.com/index.htm

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

清海

わたしは、40代の主婦です。私が、ご紹介するおすすめのコーヒーの店舗名は、清海です。

 

住所は、茨城県日立市大甕町4-14-13です。JR大みか駅から1キロ、徒歩10分ほどです。国道245号沿いに面しています。営業時間は、11時~22時です。毎週木曜日、第三水曜日が休みです。ここは、完全禁煙席です。ホームページは、わかりません。

 

この喫茶店は、海がみえる一軒屋のカフェです。喫茶店の中は、とても広く個室などもあります。けっこう昔からあるので歴史がありそうです。お店の見た目は、高そうなイメージがあって敷居が高そうに感じられますが入ってみると、大丈夫でした。

 

私は、子供と一緒に利用します。わたしは、ホットコーヒーを飲みながら大きな窓の先にある海を見ています。こどもたちは、ホットケーキをいつも注文しています。ここのホットケーキは、ふわふわでとてもおいしいです。コーヒーは、酸味がきいていてさっぱりした味わいです。

 

量は、そんなに多くはないです。店内は、海が見渡せるようにほぼ大きなガラスでできています。なぜ、ここにくるようになったかというと、友達の話がきっかけです。友達のお父さんとお母さんが初めてデートした場所だと言っていました。わたしの友達は、食やコーヒーに対してこだわりというかとても詳しいです。

 

その友達のお母さんも食通なので、おいしいところでしか食べません。その家族が今でも通っていると聞いたので、何かあると思い子供を連れて喫茶店に入っていったのが始まりです。11時から営業しているので、近所のご老人が愛用されているお店でもあるようです。

 

おじいさんが何人か、二人席にぽつんぽつんと座ってコーヒーのみを頼んでいたり、ランチを頼む様子も見られました。ランチのお値段もボリューム満点な割には、リーズナブルで安いと1000円しません。

 

基本的には、喫茶店なので飲み物や軽食も単品で頼めます。単品のものを何個か注文しました。ドリア、ホットケーキ、サンドイッチ、ジュースやアイスコーヒーなど単品のものを頼むと、精算するときけっこうなお値段を取られます。

 

ランチの時間になると、お年寄りの主婦の集団や近くに学校もあるので、ママさんたちに会合の場としても利用されている方がみるけられました。お店の雰囲気は、広々としていて、開放感があり明るいです。

 

海がみえるのですごく眺めがいいし、静かなので落ち着きます。椅子やテーブルは、古いというか昔から使っているな、昔の喫茶店を思い起こせるような茶色です。椅子は、古いけど座りごこちがよくてテーブルも広いです。大きなガラスの窓に沿って、テーブルが置いてあるので、どの席に座っても青い海が一望できます。最高のロケーションです。しかし、店のほとんどが大きなガラス窓で覆われているので、日の光の入り方により、座る席によって暑く感じる場合があります。国道沿いということで、駐車場が完備されています。

 

駐車場をとめるとき、少し斜めに止めないといけません。駅から徒歩10分くらいと先ほどお伝えしたのですが、ほとんどの人が車を使用してこのお店にきていると思います。駅から徒歩10分というと、結構な距離になるので、歩いて喫茶店に入ってくる人はあまり見かけません。

 

ここは、日立関係の仕事をしている人も多く利用客になっていると思います。近くに日立の工場などがあるからです。お店の雰囲気が落ち着いているので、リピーター客や定年退職をしたシルバーの人が利用しているので年齢層は高いほうだと思います。店員さんも、昔からいるような年配の女性がいるのです。

 

年配の女性の店員さんが必要以上にいることに疑問はありますが、長くここで勤めている人なのでしょう。お客としても店員としても居心地がよいのでしょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

長崎次郎喫茶室。路面電車とタイムスリップした空間でいただく。

今回ご紹介するのは、喫茶店ではなく喫茶室です。

ノスタルジックな街並みの一角にあるこのお店。もともと1階にある老舗書店「長崎次郎書店」の事務所だった場所をリノベーションして喫茶に生まれ変わりました。
このため、喫茶としての歴史はあさいものの、建物、空間そのものに味は、他店にはまねすることができない、このお店独自のもの。

太いしっかりとした梁や3連のアーチ窓、とても細かく美しい欄間など、建築当時のものを再利用しています。その空間からは、大正時代から脈々と流れるその時の流れを感じずにはいられません。

外観は、緑色の瓦屋根でありながら、石や幾何学模様でデザインされた西洋の文化以外も感じさせる趣き。城下町であったことを思い出させてくれます。

実は、国の登録有形文化財でもあるこちらの建物。そのため、この建築物目当てに関東から来訪される方も多いのです。熊本城近く、市電の駅の目の前という立地も、市民だけでなく観光客も多く訪れます。

建物を正面に、右手のほうにある木製の階段を駆け上がって2階へ。もちろん、1階は有名な書店ですので、お目当ての本を買い込んで上に上がっていくのもおすすめです。

お店に入るとダークブラウンのアンティークのテーブルに椅子、35席とすこし大き目の空間。落ち着いた空間に映える、アーチ型の窓。そしてその先にみえる路面電車。

窓側があいていたら、ぜひとも座ってみませんか?

路面電車は、県民にとっては市民の足。でも、こうして2階からみると、いつもと違うロケーションにほっと一息付きたくなるのです。

そしてこちらのおすすめは、窓側で路面電車をみながらいただくリントンピーベリーです。コクがあるコーヒーですが、苦みはすくなくこの建物、空間にあうと思います。

ゆったりとした時間なぜか、ここだけは別の世界なのかと感じるほど。オリジナルどらやき「Jどら」や阿蘇の有名な縁結び最中もここでなら、コーヒーとともにいただけます。

メニュー選びに迷ったら、本日のおすすめコーヒーとともにいただく新町スイーツセット(810円)もおすすめ。近くの和菓子やさんで丁寧につくられた和菓子とともにいただくコーヒーも捨てがたいです。

しょうゆをつかったチーズケーキも、コーヒーによく合います。一杯一杯丁寧にいれられたコーヒーと、程よいあまさの和のスイーツ、そしてカタンコトンといったリズムも心地よく癒しのひと時に、心が落ち着きます。

夏目漱石もこの道を通ったのか、森鴎外もこの道を通ったのか・・なんて妄想も。歴史好きにはたまりませんね。

そして、もし予算と勇気があれば、ルワックコーヒー(2160円)を。幻のコーヒーとの別名もあります。

ジャコウネコが食べたコーヒー豆・・・分かりやすくいうと、ねこちゃんの糞として排出されたコーヒーの実、で淹れたコーヒーです。

また、軽食メニューもあります。喫茶室ですので、数は限られていますが、ホットサンドやナポリタン、そして九州のソウルフードである「だんご汁」といった定番だけど無性にたべたくなる味がそろっています。

ギャラリーやミニコンサートなどイベントもさかんに行われていますので、ふらっと立ち寄るにもおすすめ。

コーヒー好き、歴史好き、建築好き、電車好き、あなたの好きを感じながらおいしい時間をまったりすごしてみませんか?

そうそう、営業時間、26分なんて端数なんですが間違いではありませんよ(笑 ヒントは創業者のジローさんです。

開店日も26日にするなど、かなりのこだわりようです!

〇長崎次郎喫茶室
【HP】http://jirokissashitsu.otemo-yan.net/
【住所】熊本県熊本市中央区新町4-1-19 長崎次郎書店の 2F
【電話】096-354-7973
【店休日】毎週水曜日、ほか元旦や藤崎宮秋季例大祭などの日もお休みです。
【営業時間】11:26~18:26

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ドライブのゴール地点にある喫茶店「Rays Coffee」での一杯

最近は仕事に対してストレスがあるのか、休日になるとドライブをする事が多いです。それは、妻と一緒の時もありますが、大抵は一人です。気の向くままに愛車を走らせ、コンビニなどで休憩をして、時には有名な喫茶店に入る事もあります。
そんな半日程度のちょっとしたドライブも、最近特に気に入っているコースがあります。常磐道を走らせ、水戸や日立手前で降りて、そのまま国道245号線沿いを走るのです。これは、海沿いの国道という事で、走っているととても気持ちが良くなるのです。

 

コンビニなども要所要所であるので、休憩するにも持ってこいです。最近はコンビニコーヒーもバカにできないぐらい美味しいですからね。

しかし、最近の私はコンビニコーヒーを飲みません。否、普段は飲みますが、この絶好のドライブ時には喉が渇いても水を飲むぐらいで我慢しているのです。なぜって、目的地となる日立市の駅前にはとても美味しいコーヒーを出してくれる喫茶店があるからです。

 

何も態々、数時間も車を走らせ、それも高速を乗ってまで行く必要があるのか? と疑問に思う人もいるでしょう。確かに、自宅近所にも美味しいコーヒーを出す店はありますし、職場近くにも有名店があります。

 

もっと言うなら、茨城県や日立に限定しなければ、東京や神奈川や千葉などそれこそ数えきれないほど、コーヒーに拘る店があるでしょう。

 

でも、最近気が付いたのは、コーヒーを飲みに行く過程までを全て含めて、美味しいコーヒーに辿り着きたいと思っているのです。常磐道はほぼ渋滞もないですし、交通量も少なく、かつ基本は真っすぐなので走らせやすいです。そして、日立付近ではトンネルなどもありますが、海沿いを走らせたい時は、早めに降りて国道を走ります。それは、常磐道の山から国道245号の海に向かう感覚です。

 

その先にあるのが、「Rays Coffee」(レイズコーヒー)なのです。場所は日立駅の少し先で徒歩数分でしょう。

 

田舎の街というと失礼ですが、そんな場所にポツンとあるとにかくセンス良い喫茶店です。店内の雰囲気などは、私の好みそのものです。店内に入り、それだけでコーヒー好きなら堪らない、豆の香りが鼻や口に広がります。そして、椅子に腰かけドリップコーヒーを注文します。

 

長時間ドライブの疲れもあり、ちょっと目を閉じていると、コーヒーが運ばれてきます。このコーヒーは400円ですが、都内なら倍はしてもおかしくないです。それ程、どんなコーヒーファンも黙らせる絶品です。

 

もちろん、自家焙煎なのは当たり前で、濃い味わいが楽しめますが、同時に何杯も飲みたくなるアッサリさもあります。コーヒーがなぜ好きなのかは、きっとこんな一杯を求めていたからだと、自問したくなる程です。嬉しいのは、これだけ美味しいのに、高いコーヒーでも450円で、ケーキなどのデザートも300円ぐらいで味わえます。

 

何が言いたいかと言うと、エスプレッソなどなら200~300円で一杯飲めるので、500円もあればコーヒーとデザートが食べられるのです。これは、地元の高校生カップルなどには、本当に嬉しいデートになるのではと、毎回来店する度に思います。駅近くという絶好の立地条件で、海も近くて、こんな街で高校時代や青春時代を過ごしたら、きっと楽しかったのだろうと想像しながら、最後にもう一杯おかわりをして、また数時間かけて帰宅するのが、最近のお気に入りの過ごし方です。

コーヒーを飲むために数時間も車を走らせ、また帰りも数時間の運転をする。人によっては、無駄な事をしていると思いますよね。でも、目的地があるっていいものなのです。たとえ仕事のストレスがあっても、あそこに行ってコーヒーを飲めば、”一週間がリセットされる”という感覚が良いのです。

それに、長時間掛けても通いたい店があるって、結構良いものですよ。無駄な事に拘ると、コーヒーの本質を見失わない気がします。

 

店舗名:Rays Coffee (レイズ コーヒー)
住所:茨城県日立市 平和町1-1-3-102
電話番号:0294-89-9152
HP:http://rayscoffee-roastery.blogspot.jp/

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ネット通販も充実! 自家焙煎珈琲の店 加藤珈琲店

ネット通販も充実! 自家焙煎珈琲の店 加藤珈琲店 の紹介です。

 

名古屋市営地下鉄「久屋大通駅」のすぐ近くにある「加藤珈琲店 直営栄店」。
インターネット通販をよく利用される方は、加藤珈琲店さんのイメージキャラクターで、湯気のたったマグカップを頭上に載せた亀のキャラクター「ホヌコペちゃん」の姿を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
ホヌコペちゃんの「ホヌ(honu)」はハワイ語で「かめ」を意味していて、「コペ(kope)は同じくハワイ語で「コーヒー」を意味しているのだそうです。まんまですね(笑)
さて、加藤珈琲店さんの店舗では、当然のことながら珈琲豆を購入することもできるのですけれども、こちらはカフェとしても利用することができます。そして、この立地です。皆さん、おわかりですね。名古屋といえば、モーニングです。
加藤珈琲店さんの店舗では朝の時間帯にコーヒーといっしょに注文することができる数種類のセットメニューをお手頃な価格でいただくことができるのです。
こちらのお店はモーニング以外のメニューも豊富で、コーヒーだけでなく、食事も普通に楽しめます。
そして、コーヒーの味は折り紙付きです。インターネット通販の楽天市場やYahoo!ショッピング、ぐるなび食市場では常にランキングの上位に掲載されています。
加藤珈琲店さんのコーヒーは、店舗だけではなく、インターネット通販でも購入することができますので、遠方の方でもいつでも好きなときに購入することができます。
インターネット通販の各サイトには、スタッフの方が顔出しで登場されていますので、親近感がわきます。公式サイトも充実していて、美味しいコーヒーの淹れ方やコーヒーの豆知識など、プロの知識を知ることができるので、コーヒー好きにはたまらない内容です。読み物としても十分に楽しめます。
個人的な印象ですけれども、こちらのコーヒーは毎日飲みたいタイプのコーヒーだと思っています。
コーヒーの中には、一口飲んでものすごくインパクトのある、高級レストランの世にも珍しい料理のようなコーヒーもたまにありますけれども、それを毎日飲みたいとはなかなか思わないものです。一方で、加藤珈琲店さんのコーヒーは毎日飲みたい味、常にそばにおいておきたいと思わせるコーヒーなのです。
こういうコーヒーとの出会いはなかなかありません。その毎日飲みたいコーヒーをインターネット通販でいつでもどこでも色々なチャンネル、色々な通販サイトから購入できることは、本当にありがたいことです。そして、色々な通販サイトから購入できる利点は、各サイトで定期的にクーポンの配布やキャンペーンを実施してくれるので、そちらのクーポンやキャンペーンを利用することで加藤珈琲店さんのコーヒーをお得に購入できることも大きな利点です。
でも、通販ばかり利用していると、モーニングが恋しくなって、店舗に伺いたくなります。通販も店舗もお得な加藤珈琲店さんは本当におすすめのコーヒー屋さんです。

 

店舗名:自家焙煎珈琲の店 加藤珈琲店
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-3-2
アクセス:名古屋市営地下鉄 久屋大通駅 3A出口から徒歩1分
営業時間:平日/AM7:00~PM6:00
土・日・祝日/AM8:00~PM5:00
定休日/第3水曜日(15日の場合は翌日)
TEL/FAX:052-951-7676
ホームページ:http://www.katocoffee.com/
YouTube:https://www.youtube.com/user/honuKATOCOFFEE
Facebookページ:https://www.facebook.com/gourmetcoffee.rakuten/
公式通販サイト:http://www.katocoffee.net/
楽天市場:https://www.rakuten.ne.jp/gold/gourmetcoffee/
Yahoo!ショッピング:https://store.shopping.yahoo.co.jp/gourmetcoffee/
ぐるなび食市場:https://gurusuguri.com/shop/gourmetcoffee/
ポンパレモール:https://store.ponparemall.com/gourmetcoffee/
Amazonマーケットプレイス:https://www.amazon.co.jp/s?marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true&me=A1LENJW7X5QFHF&merchant=A1LENJW7X5QFHF

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

大阪市城東区の喫茶店「あんさんぶる」おすすめです

大阪府大阪市の東にある、城東区の関目という地域に、「あんさんぶる」という名前の有名な喫茶店があります。
学生時代の頃、この沿線の学校に通っていたので、たまに立ち寄ってコーヒーを楽しんでいたことがありました。
社会人になってからも、年に何回かはふと思い出して行きたくなるような場所で、行くようにしています。
このあんさんぶるというお店は、ただの普通の喫茶店としての顔だけではなく、音楽に特化した喫茶店、あるいはバーとしての顔も持っています。
お店には棚にお酒が置いてあるので、どちらかというと、基本的にはバーで、昼間は喫茶店もやっているよ、という感じなのかもしれません。
クラシックの名曲の数々が流れる店内は、そこにいるだけで、いつもの自分よりも、ちょっと大人になったかのような、誇り高い気分を味わうことができます。
店内のオーディオ機器も本格的なものらしく、かなりの大きさで、いかにも高級な感じのするスピーカーから流れてくる音楽は、迫力と奥深さが違います。
あらためて、音楽にこだわる喫茶店は、コーヒーの美味しさを引き立たせるなあ、とここで音楽を聴きながらいつも思います。
前に、このクラシックの音楽の振動で、コーヒーが美味しくなるんや、と言っていたお客さんがいて、本当に?とそのときは疑ってましたが、それが科学的に正しいのかはともかく、いい音で聴覚が満足すると、味覚にも良い影響が出るのかもしれません。
お店にはたくさんのCDやレコードが置いてあり、タイミングがよければマスターに自分の好きな曲をリクエストすることも可能です。
また、夜は、生のバンドによる音楽の演奏会なども開催され、おいしいお酒を味わうことのできるバーになっています。
朝も昼も夜も、音楽をとても愛しているお店だと言えるでしょう。
営業時間はとても長く、朝は7時から、夜は深夜2時頃までやっているそうです。
私は学生時代は夕方まで、社会人になってからはもっぱら朝しか行っていないので、夜の雰囲気を生で体感したことはないのですが、きっと素晴らしいひとときを味わうことができるでしょう。
ちなみに、夕方まではマスターが、夕方から夜はマスターの息子さんがお店を切り盛りして営業しているそうです。
コーヒーですが、アメリカンコーヒーと、クラシックコーヒーというものがメニューにあります。
クラシックコーヒーの「クラシック」がどういう意味なのか、あらためて確認したことはないですが、おそらくクラシック音楽のお店にちなんだネーミングなのでしょう。
味は、一般的なスタバなどのカフェにくらべて、より酸味があり、味わいが深いように感じました。
普段は一貫してブラックコーヒーしか飲まない私ですが、このクラシックコーヒーは、ミルクをちょっと入れてみても良い味がして、その味の変化を楽しめました。
もし、濃厚なのがもしかしたら苦手かも?という方には、アメリカンコーヒーももちろんメニューの中に用意されているので、そちらを試してみてはいかがでしょうか。
食べ物に関しては、モーニングにトーストのセットを食べたりしていますが、パスタもおいしいものが揃っているようです。
あいにく、ちょうどお昼ご飯を食べるという時間帯に行ったことがないので、パスタなどのメニューは実際に食べたことはないのですが、もしお近くの方であれば、お昼ご飯は、素晴らしいクラシック音楽をBGMに、おいしいパスタに、食後はゆっくりと濃厚な味のホットコーヒーで優雅な午後のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
店名:あんさんぶる
住所:大阪府大阪市城東区関目5-3-28
電話番号:06-6930-1219
お店のホームページURL(食べログ):https://s.tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27050036/

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0