心を豊かにするコーヒー

私はコーヒーが好きで1日に数杯のコーヒーを飲みます。私はコーヒーを飲んでいると心が豊かになっているようで特別な時間に感じています。そんな私も子供の頃はコーヒーの苦さが苦手で、ブラックではなく砂糖とミルクを大量に使用しなければ飲むことができませんでした。

 

しかし、ある日、あるカフェでとても香りの良いコーヒーに出会ってからはブラック以外は飲まなくなりました。ここからはそのカフェでの出来事を書いていきます。休日の昼間にふらっと立ち寄ったカフェでは店中にコーヒーの良い香りが漂っており、店に入った瞬間にうきうきした気分になりました。

 

その後店員さんがメニューを聞きにこられたのですが、コーヒーに対する知識がない私は店員さんにオススメのコーヒーを聞くことにしました。苦いコーヒーが苦手であった私はその旨を店員さんに伝えたのですが、店員さんはそんな苦いコーヒーの苦手な私に深煎りの苦いコーヒーを勧めてきました。

 

その店員さん曰く、私にコーヒーを好きになって欲しく、勧めたコーヒーは苦いコーヒーが苦手な人でも絶対気にいると思うとおっしゃるのでした。私は苦いコーヒーが苦手だったので困惑したのと同時に、わくわくする気持ちを強く感じました。そのため、私は迷わず店員さんが勧めるコーヒーを注文しコーヒーが出てくるのを待ちました。数分後にコーヒーが出てくるのですが、届いた瞬間より感じたコーヒーの香りが花のような柔らかさのある香りで驚いたのを今のでも覚えています。

 

肝心の味はというと、やはりブラックでは苦くも感じましたが、それ以上にワインのような芳醇な味わいがあり、いままでのコーヒーに対するイメージが大きく変わるものでした。そのコーヒーを飲んでいる時間はとても豊かな気持ちになり特別な時間であると感じました。その日私は同じコーヒーをもう一杯注文しゆっくりとコーヒーを味わいました。このような日を過ごした私はかなりリフレッシュできたらしく明日の仕事を頑張ろうという意欲が湧いていました。その後はコーヒーの奥深さをもっと感じたいと思い、コーヒーミルを購入し自宅でもコーヒーを楽しむことにしました。現在ではいろんなカフェに立ち寄り気に入ったコーヒーがあればコーヒー豆を購入しています。

 

そして、仕事後のコーヒー一杯が至福の時間となっています。仕事ではやはりストレスを感じることもありますが、帰ってコーヒーを飲んでいるとその日の忙しさから解放されるような感覚に陥ることができます。そのコーヒー一杯で心がリフレッシュされ次の日の仕事を頑張ることができていると考えています。このように、私にとってのコーヒーはただ香りの良いもの、味の良いものだけではなく心を豊かにしてくれる飲み物であると思います。そんな私の最近のコーヒーの楽しみ方というと、フレンチプレスを使い時間をかけてコーヒーを抽出し、お気に入りの音楽をかけながら一人でコーヒータイムを過ごすことです。

 

空間や時間までもが自分のものになったようでとても贅沢な時間であると感じています。またコーヒーの楽しみ方ととしては、私特製のオリジナルブレンドを作って楽しんでいます。お気に入りのコーヒーを酸味や深みを考えながら自分で割合を調整し、自分の味を作っています。そのように、コーヒーは1つの味だけではなく無限の楽しみ方があると思います。コーヒーにルールはないのです。それぞれの飲む人が1番合う空間、時間で美味しいと感じコーヒーを楽しめたらいいと思います。

 

私はいろんな方のコーヒーの楽しみ方を聞いてみたいとも思っています。他の方のコーヒーの楽しみ方を聞くことで良い面を取り入れ、さらに贅沢な自分のコーヒーの楽しみ方を見つけたい為です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーの香りが好きで、毎日2~3杯は飲んでしまいます。

コーヒーの香りが好きで、毎日2~3杯は飲んでしまいます。

現在は夫と2人暮らしですが、実家に住んでいた頃から
両親がコーヒーを毎日おとしていた事もあり、
小学生の頃から飲んでいました。
実家では、コーヒーの「出がらし」を玄関やトイレに消臭グッズとして再利用しています。さりげなく香ばしい良い香りが漂いますので、おススメです。

幼いころはミルクと砂糖を入れてカフェオレにして
飲んでいましたが、大人になってからはブラックで飲む機会が増えました。
特にデスクワークをしており、眠気覚ましに飲むことも。。
以前勤めていたオフィスには、ドリップコーヒーが常備されていましたので、
毎日飲み放題で嬉しかった。
朝出社して一杯。ランチの後に一杯、残業中に一杯。
喫煙もしていたので、タバコと一緒に飲むコーヒーは格別でした。

夫はタンブラーに入れたコーヒーを持参して出社します。
飲み切ると、コンビニのコーヒーを購入して入れ替えているようです。
経済的で美味しいので、私としても助かっています。

今は外出先で気軽にで引きたてコーヒーが飲めますが、(コンビニにコーヒーメーカーがあり100円)以前はインスタントコーヒーか、ドリップコーヒー、缶コーヒーのみでした。

インスタントコーヒーはホットミルクと混ぜると
濃いカフェラテが作れるので気に入っています。
また、ドリップコーヒーは香りが良いので
ブラックで飲むの大好きです。特に食後は美味しいのです。
しかし、缶コーヒーはなかなか好きになれません。
ボスのカフェオレか、エメラルドマウンテン以外は、正直美味しいと思えません。。

キリマンジャロやエチオピアなど、コーヒーの産地も様々。
私はそこまで詳しくないので、産地のこだわりはありません。
しかし、カフェの雰囲気も好きで買い物のついでに寄ってしまいます。
お店に入った途端、コーヒーの良い香りにつつまれ、幸せな気分になります。

2年ほど前にコンビニで見かけたのですが、
ドトールのコーヒー豆をチョコでコーティングしたお菓子がとても美味しかった。
最近は見かけないので、少し残念です。。
30粒くらいのコーヒー豆チョコが入っていて、仕事の合間に
眠気覚ましも兼ねてボリボリ食べていました。

スタバも好きですが、やはり少し高いのでスタバの隣にあるファミマへ入ってしまいます。
私たち夫婦は、休日はスタバ、平日はコンビニという謎の暗黙の了解があります。
スタバへ行ったとき、〇〇フラペチーノというのを頼むこともありますが、
カフェモカが一番好きです。あとは、クリスマスシーズンにあった、ベリー系のカフェが美味しかったです。

家でカフェモカを飲みたくなる時は、ココアを投入します。
コーヒーをココアで割るだけです。そこにミルクを入れても◎
ちょっぴり特別な家カフェになります。
ココア入りコーヒー(私はカフェモカと呼んでいます)を、何も言わず夫に飲ませると、「なにこれ、美味しい!」とゴクゴク飲んでいました。
意外と男性は甘党の人が多い気がするので、是非彼や旦那様に作ってあげてみて下さい^^

我が家にはコーヒーメーカーが無くもっぱらドリップコーヒーなのです。
夫は電子機器が好きなので、コーヒーメーカーを買いたいと言っています。
でも私はキッチンが狭くなってしまいそうで少し心配です。コンパクトな商品もあるのでしょうか。
いつかもっと広いキッチンになったら欲しいなと思っています^^
コーヒーメーカーをシューシュー言わせたいです。笑

カフェインの取りすぎは、特に女性にはあまり良くないので、
飲む回数も以前よりは減らしています。
カフェインレスコーヒーはまだ飲んだことがないのですが、どうなのでしょうか。美味しいのかな。
カルディに寄った時、カフェインレスコーヒーが数種類あったので気になっています。
今度買ってみようかな♪

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーの香りを楽しむ朝の幸せ

コーヒー好きにとって香ばしい焙煎の香りくらい幸せを感じる瞬間は少ないかもしれません。その香ばしい最高の空気が漂う時は至福の時間となて私たちのもとに訪れます。
香り高く豆を焙煎しているときに辺り一面に漂う香は周囲の人を巻き込んで幸せな時間を届けてくれるのです。コーヒーショップの前を通り過ぎるたびに、そこに漂う香ばしい最高の香を吸いこんでは「ああ、今日も幸せだ。」という感覚が体に沸き起こってきます。
私の通勤する駅の横には小さなコーヒーショップがあって、本当に小さいお店で入りにくいのですがいつも良い香りを周囲に届けてくれているのです。知りあいの人くらいしか入らないようなつくりのお店ですし、メニューも出ていません。

毎朝目覚めの時間にパンが焼きあがるように前日からセットして眠るようにしています。
朝が苦手で起きるのが辛いのですが、朝方になって焼きたてパンの香が家の中に漂う幸せはちょっと良い生活をしているような気分に陥ります。
朝起きが苦手ですが、朝のパンの香は幸せの香なのです。
そこで、朝方にコーヒーの香り高いあの素晴らしい香りが家の中を漂うところを考えてみました。それは、パンの香に負けず、それ以上にまろやかな至福の時間になるに違いない、とまだしない香を想像しながら一人で確信を持ちました。

一緒に暮らす彼氏に「目覚める前にコーヒーを焙煎するときみたいないい匂いがしたら素敵じゃない?」と夜ベッドに入る前に行ってみました。
「そうだね。君も僕もコーヒー好きだからね。」彼氏は優しく行ってくれます。
「私が起きる前に、豆をひいて最高の香が部屋に漂っていたら素敵だと思うのよ。」ともう一度言いますと、彼氏はちょっと考えて、
「僕も朝は苦手なんだ。君の起きる前に豆を挽いてあげたいとは思うんだけれど、それは今度にしよう。」と言って電気を消しました。

その月の私の誕生日、彼氏はタイマー付きのコーヒーメーカーをもってかえってきました。
かなり値段の張る商品です。
朝の時間をセットしておきますと、このマシーンで良い香りが漂い始めるというのです。

 

その夜は彼氏がコーヒーのセットを、私がいつも通りパンのセットをしてベッドに入りました。
「明日の朝楽しみだね。」お互いに笑いあって眠るベッドは最高に暖かで幸せです。
そして、朝、目覚める時間の前に香ばしい焙煎の香が部屋中に漂い始めました。
生活がまたワンランクアップして幸せが加わったように思います。

 

香は目に見えない、お腹がいっぱいになるわけでもないプラスアルファの幸せです。
毎日の生活にプラスアルファの幸せがある事は大切なステータスの一つです。
きっと忙しい日々を過ごすうちに忘れてしまうこともあるでしょう。
でも、また思いついたときにプラスの幸せをONする事ができるのです。
日常の贅沢、それは大好きなパートナーと幸せに暮らしているという毎日と、目覚める前のコーヒーの香り、焼きたてのパン、これは生きていて幸せだな、と思える私の宝物なのかもしれません。

 

目覚まし時計はやっぱり手放せない存在ですが、朝には目覚ましという辛さだけでなく素晴らしい焼きたてパンが待っているという幸せは私の自慢です。
しかし、ある時いつもの女子グループでカフェでお茶をしているときに、ほとんど全員が焼きたてパンマシーンを持っていることが発覚しました。
みんなの日常に幸せの香が漂っているという事実に驚いたとともに、私の周りはやっぱり幸せに包まれているという事実にちょっと満足したように思います。

 

今はどんな豆が素敵なのかという事を色々楽しんで選んでいます。
パートナーと私の好みは酸味が少なくて香ばしいタイプの味わいです。
好みが似ているということにも何となく幸せを感じる日々をおくっています。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

新大阪で独特な気分を味わえる たかうち珈琲店

【店舗情報】
店名:たかうち珈琲店
住所:大阪市東淀川区東中島1-17-18 新大阪ビル東館1F
電話:06-6320-2210
営業時間:9時(月~金)10時(土祝)~17時(祝)18時(土)19時(月~金)
サイト:なし

新幹線の駅として有名な新大阪はビジネスマンや観光客などが多く集まり、駅構内にある店はにぎわっていることが特徴です。
その駅周辺はタクシーやバスなどが発着する場所があるものの、東側に進むと住宅地が立ち並びひっそりとした目立たない場所にたかうち珈琲店があります。
店の外観は木でできたオシャレな雰囲気で上部に「炭火焙煎 たかうち珈琲店」と書かれ、扉はジャバラ式でガラス張りのため内部の様子が見えやすくて手軽に入りやすいことが特徴です。
私がこの店を知ったきっかけは西中島南方駅から新大阪駅まで歩いた時に偶然発見し、本格的なコーヒーを味わいたくなったために立ち寄りました。

店は新大阪駅から近いとは言え入り組んだ場所にあって探しにくく、通りから見やすいように木でできた立て看板に白い文字で書かれていたため興味がわくものです。
店の前には観葉植物があり自転車が置かれ、店内に入るとレトロモダンな雰囲気を醸し出しオフィス街にあって異彩を放っていました。
私が入店した時間帯は朝10時過ぎでしたが客数も多く、木でできたテーブル席が多くて仕切りなどもあり一人でも気軽に入りやすい雰囲気です。
注文したメニューはロブスターという名前に惹かれて選ぶとインドネシア産のコーヒー豆で、モーニングのためトーストが付いていました。
他にもケーキセットなどもあるため興味深かったですが、次の機会にすることにしたものです。
店内は外観と同様にレトロな雰囲気を感じさせながらモダンな家具や飾り物などが並び、今のカフェにありがちな天井のエアコンがむき出しになるなど凝った作りをしています。

たかうち珈琲店はさすがに飲食店が多い新大阪でも個性的なサービスを提供し、メニュー表には使用するコーヒー豆の特徴などを説明して初心者にも選びやすくなるように配慮されています。
店内はまさしく雑貨屋の雰囲気を醸し出し棚に骨董品が並び昔ながらの石油ストーブがあるなど長くいても飽きないように工夫され、コーヒーの味わいも独特でゆったりとした時間を過ごせたものです。
新大阪は人通りが多いように感じますがこの店の周辺はひっそりとしているため、レトロモダンな雰囲気を味わうために立ち寄ると趣があります。
店内の棚には雑誌もありコーヒーが来るまでの待ち時間に見ることができ、照明器具も独特なデザインで明るさをうまく調整しているためくつろぎやすいです。

たかうち珈琲店はまさにコーヒー専門店のような雰囲気を感じさせてくれ、多くの種類のコーヒー豆を扱うためリピーターが多いことが特徴です。
ストレートコーヒーはやはり別の店で飲む味と比べると独特な感じで、ロブスターは今までには味わったことがないような苦味がありました。
オーナーさんはネクタイを付けて接客してまさに紳士のような感じがするため、気さくに話しやすくて安心したものです。
この店はテーブル席が中心で4人がけが多くビジネスマンや観光客向けにレイアウトを決められ、音響機器もありジャズが流れているためくつろげます。
新大阪は新幹線や在来線のほか地下鉄などもあるためにぎやかに感じるものですが、この店の周辺はひっそりとした場所にあり気分転換をする場所として考えると良いものです。
ストレートコーヒーは豆によって苦味や香りなどに違いがあり、飲み比べるとハマるとのことです。
たかうち珈琲店はこのようなニーズに応えてくれるため興味深く、また新大阪に来たら立ち寄りたくなりました。

新大阪のコーヒー専門店といえばたかうち珈琲店はまさしく独特な雰囲気があり、ゆったりとしたい場合に行くと良いと思いますよね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

赤羽で老舗の雰囲気を味わえる やなか珈琲店

【店舗情報】
店名:やなか珈琲店
住所:東京都北区赤羽南1-5-4
電話:03-3598-8678
営業時間:8時(土日10時)~20時
サイト:なし

赤羽といえばJR宇都宮線と埼京線が交わる交通の要衝で、周辺は多くの工場や企業が立ち並んでいるためにぎわっています。
やなか珈琲店は駅から近いビルの中にあり、木でできた年季の入った看板がいかにも老舗らしい雰囲気を醸し出しています。

 
店内はコーヒー豆の販売を行い喫茶以外でも利用でき、入口を入ると生豆の状態で整然と並んでいるため興味深いものです。
外観はガラス張りのため店の内部が見えやすく開放感を感じ、テーブルもあるため天気が良ければ気軽にコーヒーを味わえます。
私がこの店を知ったきっかけは赤羽で仕事がある時に前を通った時に偶然発見し、コーヒーを味わうためにぷらっと立ち寄ったものです。

やなか珈琲店はチェーン店であるものの多くの産地の豆を扱い価格も安く、気軽に入りやすいという雰囲気があります。
店内はカウンターでもテーブルでも外の景色が見えるため、一人でも安心して入りやすくブレンドコーヒーを注文しました。

 

この店は様々な産地の豆を使いこだわりを持っているため、説明書にも内容が詳しく紹介されていたため勉強になって良かったです。
店内は赤羽ということもありサラリーマンなどが多く、テーブル席は木を使って個別の照明があるため新聞を読むことや商談をするために使われることが多いようです。

 

赤羽は最近では駅周辺に多くの飲食店が立ち並び競争が激しいですが、やなか珈琲店は様々な産地の豆を販売するなど差別化を図っています。
店内は入ると豆を入れる樽が置かれるなど専門店としてのこだわりを感じるため、本格的なコーヒーを安くて味わえて驚くものです。

 

珈琲専門店は価格が高くて行くかどうか迷うものですが、この店は多くの種類の中から選べるため何度行っても飽きないようにさせてくれます。
コーヒーはホット以外にアイスもありミルクも植物性ではなく練乳を使うなどこだわっているため、他の店にはない味わいがあることが特徴です。
コーヒーは店内だけでなくテイクアウトもできるためビジネスマンのリピーターは多く、まさしく老舗の雰囲気を味わいながら飲みたい時に利用すると新たな刺激や発見ができます。

 

赤羽は北区の中心にあり駅周辺を中心に多くの飲食店などが立ち並び競争が激しいですが、やなか珈琲店はこのような状況の中でも注目されています。
コーヒー豆の種類はアフリカや南米が多いですが、他の地域のものもあるため研究すると興味深いものです。

 

販売店を兼ねているため人に入れ替わりが激しいですが喫茶コーナーは外の景色を楽しみながらコーヒーを味わえるように配慮され、一人でも二人でも好みに合わせてリラックスしやすくなっています。
私が注文したメニューはホットコーヒーのみですがゆったりとした感じの中で味わえ、次に利用する際にはアイスコーヒーを飲みたいと感じたものです。
コーヒーは専門店になると価格が高くて利用しづらいイメージがありますが、この店は手軽に入れて深みがある風味を堪能できるため期待を裏切らないと感じました。

赤羽ブレンドはやなか珈琲店の看板メニューで価格が安いものの独特な雰囲気があり、何度味わっても良いものだと感じさせてくれます。

 

店内は外の景色を楽しみやすいようにレイアウトを工夫され、茶色を中心に落ち着けるように配慮されていることが特徴です。
店の内部は場所が限られるものの多くの種類のコーヒー豆があり、まさしく専門店としての雰囲気を感じるため来て新たな刺激や発見ができました。
やなか珈琲はカジュアルな価格設定をして老舗の雰囲気を味わえ、本格的なコーヒーを手軽に味わえることが特徴です。

赤羽で手軽に本格的なコーヒーを味わいたい時はやなか珈琲店が最適で、リラックスしたい場合に重宝すると思いますよね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

セルフ焙煎を体験できる! 自家焙煎珈琲 のんびり

【店舗情報】
店名:自家焙煎珈琲 のんびり
住所:大阪府豊中市長興寺北1-5-27
電話:06-6855-0109
営業時間:12時~18時
サイト:https://jikabaisen-nonbiri.jimdo.com/

豊中市の南部にある阪急宝塚線曽根駅の近くの住宅地の中にある民家風の建物、それこそが自家焙煎珈琲のんびりでタイムスリップしたような感じがするものです。
やはりこの店の特徴は自分で豆を焙煎してコーヒーを淹れるなどユニークな体験ができることで、私も挑戦することにしました。
店は古民家を改造した建物で新興住宅地が立ち並ぶ周囲の雰囲気から取り残された感じがしますが、定着しているようで私の他に受講者がいました。
焙煎機といえば巨大な煙突があるものを思い起こしますが、この店ではいりたて名人というウィルセラム製の特許品が使われています。
焙煎は生豆を入れて弱火で5分ほどで簡単にできるためすごいと感じ、店内も様々な種類のコーヒー豆を入れた瓶やコーヒー器具が飾られてまさしく専門店としての風格を感じました。
この店は築100年という古民家を使うなど歴史を感じさせるような雰囲気を作り、自家焙煎珈琲のノウハウを学べるなどコーヒーのことを深く知りたい方にとってはまさしく夢のような体験ができることが魅力です。

 

自家焙煎珈琲のんびりは店の名前の通りのんびりとコーヒーについて学ぶためにうってつけで、コーヒーを自分で入れる際にケーキも勧められたためチーズケーキを注文しました。
この店のコーヒーは煎りたての豆の風味をそのまま味わってもらうことがモットーで、甘みは黒砂糖を使うなど個性的な方法で人気が高まっていて興味深いものです。
セルフ焙煎コースはいりたて名人を使ってガスコンロで生豆を入れて加熱し、数分すると香ばしい香りが広がってきます。
生豆は他の焙煎機を使うと10分以上かかりますがいりたて名人を使うと熱が行き渡りやすく5分ででき、そのままコーヒーを抽出すると今までとは違った味わいを堪能できます。
コーヒーは実に4杯分もあるためゆったりとすることができ、店主さんと会話をするとやはりというべきかコーヒーの真髄を味わってもらいたいという言葉が出ました。

豊中には多くの珈琲専門店がありますが、このような自家焙煎珈琲について様々なことを教える店は珍しく感じますしコーヒー器具を見てもプライドを感じるものです。
店内は古民家を使うものの博物館のような感じで様々なコーヒー器具や豆を入れた瓶が展示され、店名の通りにのんびりしていけるように様々なサービスを提供しています。
この店は店頭に木が植えられ看板にさり気なく「のんびり」という文字が書かれ、それだけでも興味をそそります。
また、店に併設して鍼やマッサージなどができるため、豊中の住宅地に囲まれた場所にあって何でも屋という感じがするものです。

 

自家焙煎珈琲のんびりはまさにコーヒー好きな方には最適な店で、自分自身で焙煎する楽しさを味わえるため人気があります。
コーヒーはただ単にリラックスするために飲むことだけでなく、酒にも酒蔵開きなどがあるようにのんびりでは自家焙煎に関する様々なことを教えています。
コーヒー豆は火をどのように通すかで味が大きく変わりやすく、浅煎りから深煎りまで好みに合わせて調整できて質問すると気軽に答えてくれるため利用者が多いです。
自家焙煎珈琲を掲げて営業する店は多いですがこの店は基本から応用までを知ることができ、コーヒーに関する知識をつけたい方には願ってもないものです。
私は実際に焙煎を体験し難しくなくて簡単にできることが分かり、今までとは違った味わいのコーヒーを自分で作れたために満足しました。

豊中で本格的な自家焙煎珈琲を味わうならのんびりに行くと様々なことを教えてもらえ、コーヒーの真髄を知りたい方にはぜひ利用してもらいたいと感じますね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒー一本で勝負する名店 まめや総本店 夙川店 

【店舗情報】
店名:まめや総本店 夙川店
住所:兵庫県西宮市相生町7-3 夙川第一ビル1F
電話:0798-71-8800
営業時間:10時~19時
サイト:http://www.mameya-sohonten.com/shukugawa/

西宮市夙川といえば阪急の駅に近い高級住宅街が有名で、特急停車駅になるなど阪神間でも躍進して注目されている場所ですよね。
夙川のある西宮市は阪神タイガースの本拠地である甲子園球場が有名ですが、隣の西宮北口駅のそばに今はなき阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場があるなど野球の聖地として知られています。
まめや総本店は野球でいうストレート勝負のようにフードやデザートを提供せずにコーヒー一本で勝負し、店長自らこだわりを持って様々な産地の豆を選んでいることが特徴です。
店内の喫茶コーナーはテーブル席があり、メニューは本日の珈琲、まめやぶれんど、冷たい珈琲とシンプルで、300円と安くて高級住宅街の中にあって親しまれています。
店は阪急神戸線と甲陽線が交差する夙川駅からすぐの場所にあり、「まめや」と大きい文字で書かれたのれんが目印で分かりやすいです。
私は夙川駅は知人の家があるため利用する機会が多く、コーヒーを飲みたくなったためにせっかく見つけたし気になるため中に入りました。

店内はコーヒー豆の販売を中心に扱うため樽に入れた豆が整然と並べられ、専門店のこだわりを感じたものです。
樽の上のカウンターにはコーヒー器具やガスを使うロースターがあり、店内には香ばしい香りが広がるなど独特な雰囲気を感じさせてくれます。
私はまめやぶれんどを注文するとキリマンジャロ、コロンビア、ブラジルをブレンドし、本格的な味わいに仕上がっていて感動しました。
まめや総本店は店の名前の通りコーヒー豆の販売をメインに行い、六甲などにも店があるものの夙川店ではコーヒー一本で勝負するほどのこだわりようです。

 

まめや総本店夙川店は高級住宅街にあることから高級志向に思われがちですが、本格的なコーヒーを安く味わえるためビジネスマンなどを中心に利用者が多いです。
店長は職人のような感じで焙煎の具合を確かめながら飲みやすい味わいに仕上げ、種類が少ないもののまさしく名店にふさわしい感じがします。
焙煎はガスを使って回すため豆の香ばしいにおいが店内に広がり、ただ者ではないという期待ができるものです。
珈琲専門店はコーヒー以外にもデザートやフードメニューがあるものですが、店名のまめやの通りコーヒーだけで直球勝負をするため店主の自信とこだわりを感じ取れます。
この店はまさしくシンプルイズベストを体現するような感じでコーヒー豆の販売や喫茶店のコーヒーの売上で勝負し、夙川の街に溶け込んでいることが特徴ですよね。

珈琲専門店はやはりコーヒー豆の香りや味を楽しめる店を選びたいもので、まめや総本店夙川店はこのような願望に応えてくれるものです。
コーヒー豆の産地や種類は多くて迷うものですが、この店に行くと詳しく紹介されサイトでも解説されて安心して選べます。
店内は4人がけのテーブルがわずか3つしかないですが回転が早くて混雑しても入りやすく、その場で焙煎されているため本格的な味を気軽に楽しみやすいです。
コーヒーに対する考え方は人それぞれですが私は雰囲気を感じながら味わいたいもので、この店は狭いながらも快適なため行って感激しました。
コーヒー豆の産地は意外と多くて樽を見比べると興味深いもので、店内で生豆を焙煎するため一本勝負をするために自信を持っていることがまた良いものですね。
夙川は高級住宅街として注目され交通の便が良く途中下車して駅周辺の店に立ち寄ると趣深く、まめや総本店はこのような願望を叶えてくれます。

まめや総本店夙川店は本格的なコーヒーに出会いたい方にはおすすめで、飲むと新たな刺激や発見ができると思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

美味しいコーヒーをダイエットに活かす

皆さんコーヒーは1日どれくらい飲みますか。
飲み過ぎはカフェインの過剰摂取になるので良くないという説もありますが、コーヒーを上手に飲むと
健康効果が得られるのです。
その健康効果の1つにダイエット効果が挙げられています。
大好きなコーヒーを飲んでダイエットができるなんて夢みたいですよね。
コーヒーの成分であるカフェインに脂肪を燃焼させる効果があるという事が分かっています。
体に脂肪がつきにくいように働きかけてくれるのです。
そしてカフェインで基礎代謝まで上がります。血流を良くする働きもあるカフェインが、体温を挙げてくれるので 痩せやすい体質へと変化していきます。カフェインの摂取は便秘解消にも役立つとされています。
コーヒーはデトックスにも使える飲み物なのですね。
冷え性で痩せにくい人はコーヒーを飲むと体質を改善できるのではないでしょうか。
カフェインだけなら緑茶でも摂取できますし、紅茶にも含まれているじゃないという声が聞こえてきそうですが、コーヒーにはクロロゲン酸という脂肪を分解してくれる成分も含まれています。
脂肪を蓄積しない、脂肪を分解させるという2つの成分のおかげでコーヒーは高いダイエット効果が期待されているのです。クロロゲン酸はポリフェノールの1種なので、美容面でも効果が期待できそうですね。
<どうやれば効果が出るのか>
さてダイエット効果のあるコーヒーですが、やはり効果を出すための飲み方というものがあります。
ミルクやお砂糖をいっぱい入れて飲んでいるという人は、ダイエット効果を半減させてしまっています。
ホットコーヒーよりもアイスコーヒー派という人もダイエット効果が半減しています。
もったいないですね。
一番のおすすめがホットコーヒーをブラックで飲むという方法です。
ホットにすることで体を温めて代謝UPに繋がります。そして成分の吸収率が高くなるのもホットコーヒーなのです。
ダイエットに成功したい人は今日からホットコーヒーにしましょう。
缶コーヒーなどは添加物も入っていますし、お砂糖やミルクもいっぱい使ってますので、インスタントコーヒーやドリップコーヒーを淹れるようにしましょう。
ブラックがどうしても苦手という場合は、人工甘味料で甘さをプラスしましょう。
脂肪燃焼に効果的な時間というものもあります。
運動前に飲むのはそのあとの運動での消費カロリーを高めたり、脂肪燃焼の促進につながるのでおすすめです。
運動することが無いという場合、食後に飲むと良いでしょう。余分な脂肪が体に蓄積されないように働いてくれます。
インスタントよりドリップコーヒーのほうがより効果が高いとされていますので、時間がある時はドリップコーヒーを淹れて下さい。
このようにダイエットに効果的なコーヒーですが、やはり飲み過ぎは良くありません。
そして妊婦さんなどカフェインの摂取を控えなければいけない人もいますので、そういった人はこの方法は実施しないようにしましょう。
<豆の味が分かるようになる>
この方法でダイエットすると、コーヒーの豆の味の違いに敏感になってきます。
ブラックで普段飲む習慣が無いと、豆の味って分からないですよね。
でもブラックで飲むと香りとか酸味とかコクなどが感じられます。
自分の好きなコーヒー豆を探すようになってくると思います。
ドリップコーヒーだと飲み比べできるセットなどもありますので、ダイエットにコーヒーを使う場合
飲み比べできるタイプがおすすめです。
その日の気分で色々なコーヒーを選べます。
コーヒーダイエットまずは3ヶ月を目安にして始めてみてはいかがでしょうか。
体の変化が感じられたら大成功ですね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーが好きだけど胃がやられる!

コーヒーが好きで、ドリップの道具も全部揃えて、豆から挽いて飲むのが好き!
…なのに、飲んだらその後、なんだか胃がやられて気持ち悪い…みたいになったりしませんか??

 

胃が元気で、ブラックコーヒーなんてガブガブ飲んでも大丈夫!みたいな人は何も心配せずにコーヒーを飲めるとは思うのですが、ブラックを何杯か飲んでいると、だんだん胃がキューっと締め付けられていって、段々顔が青白くなり、冷や汗が出てきたりとかしてくる方はいませんか?
そんな方は、コーヒーが好きで、外出先でも飲む機会があるとついついコーヒーを頼んでしまったり、家でもコーヒーをついつい入れてしまったりすると思いますが、いざ飲むと、体に合わなくて気持ち悪くなるのですが、自分をだましだまし飲んでいる…というようなことはしていませんか?

 

私もずっとこのような状態で、家でコーヒーを入れる時も、なんとか胃に負担がないようにするために、コーヒーをかなり薄めに入れてみたり、色々と試していました。
ですが、いくら薄く入れても、飲む量が増えると、どうしても気持ち悪くなってしまいます。
自分の体には、コーヒーは合わないのか…と、半ば諦めていたところ、自分の無駄なプライドでずっとブラックにしていたところを変えてみました。

豆乳を入れてみることにしました。

牛乳などのミルクを入れるというのもいいとは思うのですが、なんとなく味がまろやか過ぎて、自分の好みには合いませんでした。
ですが、豆乳を入れてみたら、まるでスターバックスでソイラテを飲んでいるような、優雅な気分を自宅でも味わうことができました。

豆乳は大豆から作られる健康にも良い飲み物なので、体にも良いし、豆乳が胃の中をコーティングするのか、コーヒーが胃を攻撃するのを抑えてくれるような感じがします。

まぁ、知っている人にとっては、「なんだ、そんなことか」と呆れるかもしれませんが、私は、豆乳を入れるようになってから、コーヒーを飲むという日課がとても楽しく、優雅で、そして体調が悪くなるようなことがない、素晴らしい毎日を送れるようになりました。
豆乳を入れるまでは、「コーヒーを飲まないと体が目を覚まさないから…」とか「ちょっと具合が悪くなっても、好きなものは楽しむんだ!」と自分に言い訳しながら、無理して飲んでいました。そんな無駄な努力が嘘のように消えてしまいました。

健康的に過ごすことができ、飲んだ後も具合が悪くなることのない、素晴らしい習慣を豆乳が取り戻してくれました。
これは自分にとっては大発見だったので、同じように悩んでいる、苦しんでいる人には是非とも勧めたいこととなりました。
自分と同じく、コーヒーは好きで、ドリップで飲むのが大好き!その入れている過程も好き!…だけど、胃が弱くて、あまりコーヒーが自分の体に合っていないんだ…というような人を見つけたら迷わず豆乳を入れることを勧めたいと思っています。
名前も「ソイラテ」と呼ぶことで、なんだかオシャレな気がしてきますし、普通の牛乳で割る方法よりも、なんだか味の深みが違います。是非とも、コーヒーに胃がやられて困っている人に勧めてみたいと思います。

長々と、豆乳をコーヒーに混ぜることについて書いてしまいましたが、
もし、この文章を読んでいる方で、コーヒーは好きなんだけど、胃が少し弱くて、ブラックをガブガブ飲むのが辛いって方がいらっしゃいましたら、是非、騙されたと思って試してみてください。
ソイラテは、ブラックよりもさらに、ガブガブと麦茶を飲むように飲むことができる上に、コーヒーの香りを楽しめ、味も損なうことなく楽しむことができます。

この文章が、世の中の、コーヒーは好きだけど、胃が弱い方の助けになれば…と思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

葛城山を見ながら味わえる イチネン(ICHINEN)

【店舗情報】
店名:イチネン(ICHINEN)
住所:奈良県御所市都町725
電話:080-1528-9362
営業時間:9:30~17:30

奈良県御所市は葛城山の玄関口でもあり、JR和歌山線と近鉄御所線が通っていますが、店は玉手駅のほうが近いかもしれません。
イチネンはフレンチプレスコーヒーを味わえる店ですが、普通の民家を改造したこじんまりとした感じがします。

御所といえば知人の家があるためよく来る場所であり、この店はその地殻にあったため気になるために行くことを決めたものです。
店内は今風の感じで机が置かれて窓から葛城山が見え、アットホームな雰囲気でコーヒーを味わえるため地味ながら注目されています。

御所といえば毎年11月に行われる霜月祭が有名で、この店もそれにちなんでピロシキセットが提供されることが特徴です。
この店は休み処という感じがするまさしく小規模な感じで、コーヒーはフレンチプレスを使っているなどこだわりがあります。
コーヒーはコロンビア、ブラジル、モカの中から選べ、私はコロンビアを選びました。
私はその11月の終わりにこの店に入りましたが、店内には暖炉もありゆったりとくつろげるように配慮されています。
店の周辺は昔ながらの民家が集まり看板を確かめないとわからない感じですが、中に入るとモダンな雰囲気があるアットホームな感じでギャップを感じるものです。
メニューは紅茶やリンゴジュースなどのドリンクやシフォンケーキやパンケーキがあり、数が少ないものの充実しています。
私はパンケーキとコロンビアのコーヒーを注文するとコーヒープランジャーとタイマーが出てきて、どのように使うか知らなかったので驚いたものです。
コーヒーは二杯分と分量があり他のドリップの方法と比べて本格的な味わいを楽しめ、価格も安くて穴場となる店だと感じました。

 

イチネンは周囲の雰囲気に溶け込んだ独特な雰囲気を味わえる店としても注目され、霜月祭の案内にも休み処としてガイドブックに掲載されて人気があります。
フレンチプレスのコーヒーは分量があり豆の本来の味わいが楽しめ、三種類しかないものの深みがあるためリピーターが増えています。
この店は信州りんごジュースや5種類の紅茶など個性的なメニューがあり、こじんまりとした店ではありますが独特のサービスがあることが特徴です。
御所市は昔ながらの雰囲気を感じ古民家が多い場所で珈琲専門店は少ないですが、隠れた名店というのはまさしくこのような店のことだと実感しました。

フレンチプレスコーヒーが味わえる店は比較的少ないようで、この店のオーナーさんにうかがうと何かしら特別なことをするために今のスタイルを考えたようです。
御所は葛城山くらいしか注目される場所はないものの、昔ながらの雰囲気を味わえることや霜月祭が有名で山伏の姿をして町家をバックに芸術品の展示をするなど地元の特徴をアピールします。
イチネンはその霜月祭をきっかけに店の存在を知られることが多く、御所という場所に誇りを持って民家に囲まれた場所で長く続けています。
奈良の珈琲専門店は比較的個性的な店が多いものですが、イチネンはまさしく田舎にたたずむ店としても独特な存在感があるものです。

御所といえば葛城山の麓にあるため山伏が有名で、町並みは古い民家が多くて昔にタイムスリップをしたかのような感じがします。
イチネンはフレンチプレスコーヒーがありメニューが少ないながらも価格が安く、こじんまりとした感じでもオーナーさんとも話しやすく快適に過ごせることが特徴です。
店は目立たないため探すことに苦労しますが、百聞は一見にしかずという言葉がふさわしく本格的な味わいのコーヒーを楽しめる場所です。

イチネンは御所にある昔ながらの雰囲気を持つ珈琲専門店で、こじんまりとした中でもフレンチプレスコーヒーを味わえて立ち寄って損はないと思いますね。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0