自宅で使う電動コーヒーミルを選ぶポイント

自宅で本格的なコーヒーを味わいたい時は豆を購入し、コーヒーミルを使って粉末状にして淹れたいものですよね。
電動コーヒーミルは手を使わずに動かせるため楽な操作でできますが、価格が高いことが気になるものでできるだけ安くする方法を知ると役に立ちます。
コーヒー豆の味わいを出すためには挽き方が重要で、カッター式よりも据え置き型の方を選ぶと自分自身で調整できるためこだわりを持って決めやすいですよね。

最近では電動コーヒーミルを格安で販売する通販サイトがあり、カッター式にすると手軽に購入できて自宅でも本格的な味わいを楽しめます。
コーヒー豆はそのままセットして挽いて粉状にすることだけでなく、コーヒーオイルを出すようにフレンチプレスなど淹れ方を工夫すると上質な苦味やコクをたっぷりと味わえて良いですよね。
電動コーヒーミルは多くの機種があるため好みに合わせて選びやすく、比較サイトやランキングなどで特徴や口コミなどを参考にすると決めるきっかけになります。
コーヒーに対するこだわりは人それぞれですが、専門店で味わうと価格が高くなるため気軽に行けなくて困るものですよね。
コーヒー豆を挽く時は手動のミルを使うと煩雑な手間がかかり、時間がない場合にも気軽にできるよう電動のものを探すと本格的な味わいを自宅で味わえてリラックスできます。

 

電動コーヒーミルは電気代などが気になるもので、頻繁に使う際には本体価格だけでなく維持費などを確かめて決める方法が望ましいです。
コーヒー豆の挽き方はペーパードリップだと中~中細挽き、フレンチプレスだと粗挽き、エスプレッソだと極細挽きなど好みに合わせて調整し、カッター式より据え置き型のほうが使えますよね。
本格的なコーヒーを自宅で味わいたい時は豆の挽き方なども重要で、淹れ方に合わせておいしい状態になるように経験を通してコツをつかむと良いものです。
ミルを選ぶポイントはどのような挽き方にするか考え、おいしいコーヒーを味わえるようにそれぞれの特徴を比較して決める必要があります。
電動コーヒーミルは個性的なデザインにすると愛着を持って使いやすく、通販サイトなどで内容を比較すると興味深いものですよね。
コーヒーはただ単に豆を購入して挽いてから淹れることだけでなく、好みの味に調整できるようになると趣味として楽しめるようになりますよね。

電動コーヒーミルは電動でカッターを動かして挽くために手間を省くために役立ちますが、本格的な味わいにするためには経験を通してコツをつかむ必要があります。
コーヒー豆は200種類あるため飲み比べると時間がかかるものですが、産地の状況や栽培方法などを確かめて決めるきっかけにすると良いものですよね。
カッター式はサイズが小さくて価格が安く扱いやすいため手軽に購入できますが、特定の挽き方に対応していないため制限があります。
臼式やコニカル刃など据え置き型のミルは価格が高くサイズが大きいですが、本格的な味わいに仕上げることができることが魅力ですよね。

電動コーヒーミルはただ単に購入してコーヒー豆を挽くことだけでなく、本格的な味わいに仕上げるようにできるだけ長く安心して使えるように決めたいものですよね。
コーヒー豆は挽き方によって味わいが大きく変わりやすく、経験を通して好みの状態に仕上がるようにすると満足できます。
コーヒーミルはプロペラ型の刃にするとお手軽ですが味を変えることができないため、コニカル刃などこだわりを持って決めると良いものです。
コーヒー豆は刃の状態によって味わいが大きく変化するためきれいな状態になるよう定期的に交換し、湿気が付いて錆びないように使わない場合は取り外して保管する必要があります。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

部屋にあるとオシャレコーヒーミルの選び方と豆について

こんにちは
コーヒーミルというものをご存知でしょうか?

コーヒー好きの方であれば分かると思いますが、普段コーヒーを飲まない方やコーヒーが苦手な方にはあまり馴染みのない単語かもしれません。

簡単にコーヒーミルについて説明すると、コーヒーを淹れる際販売されているインスタントの粉や、缶コーヒーではなく豆からコーヒーを抽出するための豆の粉砕機です。
堅苦しく感じますが、時々ドラマなどで喫茶店のマスターがくるくる回している機械を見たことがあればそれがコーヒーミルと呼ばれる機械です。

私は学生の頃からコーヒーが好きであり、よくカフェなどで装飾品として飾られているコーヒーミルを見て部屋に欲しいと常々思っていました。またコーヒーミルを挽くことがとてもオシャレに見えました。

私がコーヒーミルを手に入れたのは1年ほど前のことで、購入先はヨドバシカメラです。
お嫁さんと買い物にいった際に衝動買いしてしまいました。何種類か販売されていましたが、
自動のタイプと手動で挽くタイプがあり手動こそが正義!ロマン!と考えていた私は手動のコーヒーミルを買いました。安かったことも理由の一つではありますが。

手動のコーヒーミルはやはり自分で挽いているのが楽しくストレス発散にもなります。
また電源がいらないので手軽に使うことができます。
実際に使ってみると、やはり市販のインスタントコーヒーよりも香りが非常によいため休日などに丁寧に豆を挽いて飲むと最高にリラックスできます。
コーヒーが好きな方や読書が好きな方に向いているのではないでしょうか。

使い方については大体の手動のコーヒーミルには回すハンドルのネジを調整することで豆の粗さを自分の好みに変えることができます。私は濃いコーヒーにミルクをいれるのが好きなため一番細かく挽けるように調整しています。
少し緩くすることで豆の苦みを抑えることもできるようなので自分の好みを味を見るけるのも楽しいかもしれません。

コーヒーを引く際に重要となるのは挽く豆です。一般的なスーパーなどでもコーヒー豆を置いている店舗もありますが、種類がありお手軽に購入するのにはカルディがオススメです。
店頭に各コーヒー豆の特徴が掛かれており、価格もお手頃の物が多いため手が出しやすいと思います。また気軽に店員さんに聞けるのもよいところです。

マニアックな豆を欲しい方などはある程度地域調べる必要がありますがコーヒーの専門店にいくのもよいでしょう、たまたま私の家の近くにもコーヒーの専門店があるため見に行ったことがありますが、そこではコピ・ルアクというコーヒー豆を食べたジャコウネコの糞から得られるコーヒー豆が販売されており相当マニアックでした。価格も高価なものが多いためマニアックな方でなければ中々手が出しにくい雰囲気を感じました。

手軽に自分で挽いてみたコーヒーを飲んでみたいに方にはまずは手動のコーヒーミルから使ってみることをオススメします。電動の物だと価格もある程度効果なため今後も使いそうかどうかも含めて手動のもので様子を見るのがよいと思います。

もし使わなくなった場合にもオシャレなインテリアとしても使えます。

購入された場合には手入れを行えば長く使えるため大事にしましょう。
私が行っている手入れとしては、豆を挽いた後は習字などにつかうような筆でコーヒーミルの隙間に入り込んだ豆のカスなどを取り除き、乾いたタオルで拭いています。保管する際には湿度を避けて湿気のない場所に置くように注意すれば大丈夫です。

私もある程度手動のコーヒーミルを使ってきたため、休日は手動、平日は電動の物を導入しようか検討しています。皆さんももし興味があれば生活スタイルに合わせてコーヒーを楽しんでいただければと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

電動コーヒーミルについて

今はコーヒー豆を買ってきて自分で挽いたりして飲むの人もいます。手動式と電動式がありゆっくりコーヒーを味わえる時間がある人は手動式でいいと思いますがいつも時間がないとかバタバタしている時なんかは電動式でも全然大丈夫です。

 

電動式コーヒーミルは短時間で引けます2~4杯ほど一気に引けますので家族分や訪問者が居られた時はさなんかはサッとボタン一つで豆を引けるのも魅力の1つです。電動式コーヒーミルを選ぶ時は豆の挽き方も重要になります。豆の大きさが揃っていればそれだけで美味しいコーヒーを入れる事ができます。フレンチプレスだと粗挽きですしペーパードリップだと中~中挽き、エスプレッソだと極細挽きになります。得にエスプレッソは注意が必要でこれなや対応してないものが非常に多く存在します。

 
エスプレッソを飲みたいと思っている方はしつかり対応しているものを選んでください。電動コーヒーミルは大きさが2週類になり小型で持ち運べるプロペラ式は使わない時はしまっておけるので便利ですし臼石やコニカル式とのように大きいものはしっかりと場所が確保できる人で毎回使う人なら出し入れする手間が省けるので自分の用途にあったほうを選ぶのがいいと思います。価格はピンキリですが小型な方が安いですし置型になると高くなります。

 

置型は高いですがそその分豆の大きさを均等に挽くことができます。よくコーヒーショップなどで使われているのも置型になります。大きさが違うので当然挽き方も同じではないです。小型タイプのプロペラ式のほうはプロペラの様に歯が回る事で豆を粉砕していきます。

 

ミキサーと同じようにボタンを押している間はずっとプロペラが回ってくれているので押してれば押してるほど粉砕されていきますが豆の大きさにムラがでるので上下に振りながらやるほうがいいです。30秒ぐらいで豆は細かく挽くことができますがエスプレッソまで極細挽きはできません。そのかわりに価格が安くて3000円で高くて1万円ほどになります。カッター式の臼石やコニカルの場合は同じコーヒー豆を挽くことはできるもののエスプレッソもできるものもあるのでそこがプロペラ式とは違います。臼石は2つの石ですり潰し、カッター式も切り刻むように均一に豆を挽いてくれるので挽きムラがなく美味しいコーヒーが入れられます。

 

豆の粗さなどはダイヤルで簡単に設定できるものいいところです。もちろんその分価格も高くなり1万円前後から5、6万となりますがインテリアとしてデザイン性も選べるし置型とはいえ大きさも選べます。家で本格的になコーヒーを飲みたい人にはオススメです。

 

以上が電動コーヒーミルのプロペラ式と臼石、カッター式の違いになります。何を基準で選ぶかによって変わってくるので価格なのかデザインなので豆の挽き方、使用用途について自分にあってるものを選ぶといいと思います。毎日ゆっくり美味しいコーヒーを飲みたい方や家族みんなが朝食と共にコーヒーを飲まれる方は置型のほうがいいですし例えばキャンプなどアウトドアに行かれる方なら持ち運びに便利なプロペラ式がいいです。

 

味は置型の方が豆の大きさが均一なため美味しいですしタイプによってはエスプレッソもできます。しかしプロペラ式でもコーヒーの粉にお湯を入れて飲むよりかは美味しいと思います。手動にしろ電動にしろどちらも定期的な掃除が大事になってきます。

 

コーヒー豆を挽いていると豆のカスが溜まってきます。それが溜まった ままになっていると雑味や味に劣化が現れます。そうなるとせっかくかったコーヒーミルがもったいないですね。小さいブラシなどで歯の周りになども掃除するだけでまた味が復活してきます。掃除する事で豆を引く時の音も静かになります。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーミルの使い方に関しての概要

今回の記事の内容は、コーヒー豆を挽いて香りを醸し出す特徴・機能がある、あのコーヒー挽立て機とも呼ばれる「コーヒーミル」の使い方に関しての内容になります。
やはり、豆の種類によっても、ある程度の高価な種類のものをコーヒー店や契茶店の店頭などで挽いたりする光景などが、テレビ番組やCM、ネット上の配信サービス動画・広告などで流れたりするせいもあって、世の中にはコーヒーミル自体が大変高価なものであり、一般大衆や庶民の人々などの手には届かないと思われがちなところが日本国内ではある傾向があります。

 

今回の記事では、そういった間違ったコーヒーミルに関しての現状についての指摘をした上で、その使い方の基本について見ていくようにしていきます。

 

1.実際のコーヒーミル製品の値段相場について

近年においてのコンピューター技術の革新などによって、著しいOS開発などが進み、その陰で3Dプリンターなども開発をされたりした事情もあり、正確な設計で良質で低コストのコーヒーミルの機種製品の種類が製作をされるようになりました。

事実、値段も約870円台から6万円台程度のものと、その相場の幅も実に広い現状がありますが、それでもどの製品の機種も大変役に立つ高性能なものばかりですので、本当に申し分無いものが大半です。
つまり、高いから性能が良くてコストパフォーマンスが高い、安いから壊れやすく保証も無い、などといった印象は全く無い実態がありますので、そうした誤った印象が実際に製品を手にしたりしてみると、それが間違っている事が良くわかります。

 

2.基本的なコーヒーミルの操作方法のあり方

これ自体は、幾ら様々な機種本体の各製品が存在したりしていても、基本的なコーヒー豆の挽き方の点に関しては原理的に同じと言えます。
もう少し分かりやすく言えば、豆自体を細かくしていくといった点では、どの機種製品も全く同じであり、それまでの過程で幾らかの違いがあるだけですので、この点で機種の型やタイプなどを選んでいく形になります。

 

3.コーヒーミルのタイプについて

そして今度は、コーヒーミルの機種タイプに関しての内容になります。この場合、電動うす式・手動調整式・ハイカット仕様・ナイスカット仕様、これらの型式タイプのものが基本仕様として存在しています。
その上で、更に様々な型式の仕様である各機種製品毎の仕様になっていますので、多少の扱い方の違いといったものが存在しているような状態になっています。

そして最近では、最低価格である870円台程度の最安値でナイスカット式仕様の機種製品なども市場に出たりしていますので、安い購入価格相場の機種本体でありながら、中々使えるものなども出てきたりしていますので、本当に現在の科学開発技術のレベルの高さが窺えます。

 

4.自分に合う機種を見つけていく楽しさ

そうした本当に、コーヒーミルの基本的な型式だけでも4、5種類あってそれから更に様々なオリジナルの型式や機種本体の種類などが派生をされているような感じですので、購入を検討されている方でも、それだけに見つけていく楽しさといったものがあると言えます。
そうした、自分に合う機種製品の見つけ方の楽しさ自体もやはり、新たな様々な発見があったりしますので、こうした見つけていく楽しさもやはり、中々お薦めなものです。

 

まとめ

これまでの内容を踏まえた上で、全体的にコーヒーミル種類や型式、仕様のあり方の豊富さがある分、使い方の基本は共通して同じではあっても、構造上あるいは操作機能上の多少の違いといったものがあると言えます。
この違いの点を購入希望者の方は見ながら、現時点の自分に合う製品本体を幾つか見つけ出していき、その中から選択をしていくといったような形が一般的なあり方の傾向があります。

 

コーヒー豆を細かくしながら、そのコーヒーらしい味と香りを表現していく形が、全自動・手動などの仕様を問わず、醸し出していく働きがコーヒーミルにある事は間違いがありません。”

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

アウトドア用のおすすめコーヒーミルのタイプ

コーヒーミルと言っても沢山種類があります。コーヒーのスタイルが増えた分、ミルの種類も多種多様になってきてます。コーヒー豆にこだわり、淹れ方にもこだわる用にミルにもこだわる人は多いと思います。

 

ほとんどの方は室内でコーヒーミルを使うと思いますが、登山で休憩の時や山頂で飲むコーヒー、ハイキングやキャンプ等アウトドアの場面でも、コーヒーにこだわる方は多いです。
アウトドアでもバッテリーを持っていき電動式を使う方も中にはいますが基本は手動式です。手動式で持ち運びが楽で性能も良くメンテナンスも簡単、できたらかっこいいデザインが良かったりするのですが、まずミルに求める刃ですが、コーヒー豆に臭いがついてはせっかく良いコーヒー豆を使用しても台無しです。なので鉄製の刃よりはセラミックの刃が良いと思います。セラミックだとコーヒー豆を挽く際に金属臭がつかないのでおすすめです。

 

そしてセラミックの良い部分が錆びないというのもあります。そして鉄製と違って熱を発生しにくいのでコーヒー豆へのダメージも少ないです。メンテナンスするときも鉄製の刃のミルよりも楽です。
そしてアウトドアで使用するのでミル自体の材質も肝心です。軽くてコンパクトな持ち運びしやすいのが良いので、おしゃれな強化ガラスは割れる時もあって危険です。木製も良いのですが誤って水がついた場合は乾燥するまで大変でキャンプファイヤーの火や熱で焦げる時もあります。

 
実際に使用して一番使いやすく感じるのはボディはアルミやステンレス系で刃はセラミック、分解して水洗いが出来てコンパクトで持ち運びしやすいのが良く、アウトドアで使用するなら豆を入れるところに蓋があるものがいいです。蓋が無いと風があると知らないうちに砂等が入る時があってミルの刃を傷めます。なので蓋つきが良いと思います。比較的コーヒーミルは豆の粗さも調節できるのが多いのでご自分の飲みたいスタイルに合わせたミルを使用するのが良いと思います。

 
探せば安い物から高い物までありますが、購入しやすいのはハリオから出ているミルだと思います。セラミック製で丸洗いも出来ます。そして土台がしっかりしているのでコーヒー豆を挽く時も楽です。コストパフォーマンスは良いと思います。そしてポーレックスのミルもおすすめできます。ボディはステンレスでセラミックの刃です。そしてハンドルホルダーが着いているのでコンパクトになるため持ち運びも楽です。そしてハンドルホルダーはゴムなので滑り止めになりコーヒー豆を挽く時も楽で、セラミックの刃のわりにはすごく楽に挽けます。さらに粗さ調整の幅が大きくターキッシュコーヒー、エスプレッソ用にもラクに挽けます。

 

アウトドアでエスプレッソを飲むためには、その場で挽いた方が良いのですが、なかなかエスプレッソ用に挽ける手動式のミルは少ないので、これはすごく良いです。ただ分解洗浄がちょっと大変です。他にもアウトドアメーカーからでてるミルもあります。

 

どんな場面で何人分挽くのかにもよっておすすめのミルも変わります。アウトドア用のミルだと2杯から3杯用が主流だと思います。ただアウトドアなので蓋つきのものはおすすめです。コーヒー豆を挽く時に豆の飛び散るのを防ぐのもありますが、外で使用するので、コーヒー豆を挽く時に風等での異物混入を防ぐ事も出来ます。もし、まだアウトドアで挽きたてのコーヒーを飲んだことがないなら、大自然の中で挽きたてのコーヒーを楽しんでみてください。

 

アウトドア用にひとつあると、ちょっとしたハイキングやピクニック、公園等でも挽きたてのおいしいコーヒーが飲めて、素敵なコーヒータイムを過ごす事が出来ます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

手動のコーヒーミルの魅力とは

珈琲通となりますとさすがにコーヒーミルの一つや二つくらいは持っていることでしょう。電動と手動のものがあるわけですが、基本的には手動のコーヒーミルのほうが玄人向けであるといえるでしょう。何しろ、どうしても手間がかかることになりますが、ゆっくりと挽いていくことができますし、慣れれば自分好みの挽き具合にすることができるようになります。

 

これがとても大事なことであり、コーヒー通が手動のコーヒーミルを選ぶ理由でもあります。電動が悪いということは一切ないのですが、手動のほうが細かいところにまで気をつけることができるという点において非常に優秀であるということです。それに挽いているときにもコーヒーの香りをゆっくりと楽しむことができる、という点も素晴らしいところであるといえるでしょう。手回し式はハンドルで回します。

 

これが最も一般的な形であり、歯車のような臼によって、磨り潰していく、ということになります。コニカルグラインダーと呼ばれることもあります。基本的にそんなに大きいわけではありませんし、形もそこそこ似たようなものではありますが、それでもデザイン性が特に優れているものが多くあったりします。アンティーク調であったりして、それこそ、本当にアンティークのものを集めている人すらいます。

 

そして、アンティーク系であろうともそこまで複雑なものではありませんから、今でも現役で使うことができるという魅力もあります。しかし、そうしたものは非常に高額である、ということは理解しておきましょう。完全に趣味の領域であるといえるでしょう。さて、金額ですが、安いものであれば約2千円くらいからありますから、気軽に楽しむ、試してみることができるともいえます。デメリットはあるのか、といえばとにかく手間がかかるということでしょう。その点においては絶対に電動よりメリットがあるということはないです。

 

ゆっくりと挽くことに関して特に抵抗がなく、時間的なコストなんて考えていないと言う人には非常に向いているといえるでしょう。手動式は雰囲気がありますから、そのままでも十分にインテリアとしての形であり、そこも魅力になっています。例えばドイツ・ザッセンハウス社のものなどは極めて工芸品に近いレベルでの雰囲気があります。

 

ですが、電動のものはどうしても機械的な部分がモロに見えてしまうので本当に家電、という雰囲気になってしまうのです。それが極端に悪いわけではないのですが、やはり雰囲気を大事にするのであれば手動のものにしましょう。それが基本になります。しかし、大事になってくるのは挽き具合になるといえるでしょう。

 

どのくらい細かい調整ができるのか、ということになりますが手動の場合、これは本当にほぼ自分のやり方によって違うことになります。細かい調整ができるといってもそれはまさに自分の腕次第ということになりますから、コーヒー通には欠かせないアイテムであり、面倒だからこそ持っていて使いたいといえるようなものになっています。安くて2000円くらいからあるのですから、コーヒーが本格的に楽しめるようになりたい、という人であればこれは十分に持っているべきものとなります。

 

コーヒーミルを集めている、というコレクターなどもいるくらいですからとにかく、かっこいいという要素もあるのです。コーヒーブレイクにちょっとした雰囲気を出したいのであれば格好いいものを購入するとよいでしょう。単純に性能のみを追求するのもよいでしょう。

 

まさにコーヒー通には欠かすことができないようなアイテムになりますから、それこそ星の数ほど選択肢があるものであり、好みのものは必ず見つかることでしょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

失敗しないコーヒーミルの使い方

コーヒーの奥深さに触れると「自宅でお店で飲むような本格的なコーヒーを作ってみたい」という気持ちが湧いてくる方も少なくありません。
美味しいコーヒーを自宅で作るためにはいくつか必要不可欠な道具がありますが、その中の1つがコーヒーミルです。コーヒーミルとは、珈琲豆を挽く機器のことで、このコーヒーミルを上手く使いこなせるかによって味や香りが決まります。
以下では、そんなコーヒーミルを初心者の方でも失敗せずに使える方法についてご紹介していきます。

1.コーヒーミルの種類を知る

一口にコーヒーミルと言っても実はその種類は非常に多く、まずどれを選べば良いのか分からないと困ってしまう方も多いのではないでしょうか。確かにコーヒーミルはとてもたくさんの種類がありますが、大きく分類すると手動式と電動式の2つに分けることができます。
手動式の特徴はやはり自分で豆を挽くことができるという点で、本格派の方はこちらを選択するのが一般的です。
一方、電動式はスイッチ1つで正確に豆を挽いてくれますので、忙しいけれど美味しいコーヒーが飲みたい!という方にオススメです。最近では、電動式でもプロの味に負けないようなコーヒーを作れるものも登場しています。

2.事前の準備を忘れずに

実際に豆を挽く前に準備や決めておきたいことがありますので、覚えておきましょう。
まず豆は必ずコーヒーを淹れる直前に挽くようにしてください。豆を挽いたまましばらく放置してしまうと挽いた豆が酸化し、質が落ちてしまいます。いくら良い豆を手に入れても挽くタイミングを間違えてしまうと良いコーヒーに仕上がりません。そのため、面倒だからといって何杯分も挽いて保存しておくようなことはやめましょう。
次に挽く豆の粒度を決めます。粒度とは豆の粗さと言い換えることもありますが、この粒度によって味が大きく変わります。具体的には、粗ければ粗いほど苦味が弱く酸味が強くなり、細ければその逆で苦味が強く酸味の弱いコーヒーが出来上がります。
味に関しては人それぞれの好みですからどちらが良いというものではありませんので、何度か試していくうちに自分に合った粒度を見つけてみましょう。
挽きたい粒度を決めたら、それに合わせてコーヒーミルを調整します。調整方法は道具によっても違いがありますが、主に挽目調整ネジという調整用のネジが付いていて、それを反時計回りに回すと粗挽きになり、時計回りに回すと細挽きになります。
調整したら考えている粗さになっているか確認するため少しだけ豆を入れ試し挽きをしておくと、より失敗せずに済みます。

3.実際に挽いてみよう

準備が整ったら実際に手動式のコーヒーミルで豆を挽いてみましょう。
まず必要な分量だけ豆をコーヒーミルに入れ、ゆっくりとハンドルを回していきます。回すスピードが速いと摩擦によって熱が発生し、豆の風味を破壊してしまうので気を付けましょう。
また、回しているときコーヒーミルがしっかり固定されているかという点に注意しましょう。豆は均一に挽かないと上記で述べたように粗さがバラバラになってしまい味や香りがブレてしまいます。

4.使い終わったらお手入れを

豆を挽き終わったコーヒーミルはあまり時間をおかずにお手入れするようにしてください。
コーヒーミルの各部品に以前の挽いた豆が付着していると、次に挽く際それも一緒に挽いてしまい酸化した豆と新しい豆が混ざり味が悪くなってしまいます。
簡単に手入れする場合は、専用のブラシやティッシュなどで拭き取るだけでも良いですが、余裕があるときはコーヒーミルを分解してそれぞれの部品を洗ってあげましょう。

以上、コーヒーミルの使い方や準備についてご紹介してきました。何度も自分で挽いていくうちに自分にピッタリのコーヒーが見つかるはずなので、ぜひチャレンジしてみてください。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

手動でコーヒー豆を挽くことができるコーヒーミル

今回は手動で豆を挽くことができるコーヒーミルについて紹介します。
みなさま、特にコーヒーが好きな方は自宅でコーヒーを淹れる方も多いかもしれませんね。現在はスーパーやコンビニでもすぐにコーヒーを淹れることができるよう簡易化されていますので。ですが、新年度も始まった事ですし、新しい事を始める一環でぜひご自宅でコーヒー豆を挽いて淹れてみませんか?
手動のコーヒーミルを選ぶのにチェックするポイントは6つあります。

 

1つは、価格。
手動のミルですと大体安くて1,500円 -高くて 20,000円と比較的幅は広いものの、ご自宅で淹れるのであれば高いものでなくても差し支えありません。逆に、本格的にやってみたいというのであれば、10,000円を超えるものを購入すれば一生もののミルを手に入れられます。
反対に電動のミルですと、やはり価格は手動よりしますので最初に手を出すのであれば手動のミルをお勧めします。

2つめは用途。
ご自宅で淹れるだけで良いのであれば手動で問題ありません。手動の良いところは、アウトドアでも持ち運びが楽というところ。春の気持ちが良い陽気にコーヒーミルを持って山登りなんていうのも素敵ですね。軽くて物によってはだいぶ小振りなので幅を取りません。頂上で自分で淹れるコーヒーは格別ですよ。

3つめは重さ。
手動ミルは自身でハンドルを回してコーヒーを挽きます。なのである程度重さがある物でないと手に負担が掛かります。なので自宅で淹れるという要素のみであればしっかりと重めの物を選ぶと良いですね。逆にアウトドアに持っていきたいというのであれば、軽くいものを選ぶと良いかと思います。また最近ではテーブルにつけることができるコーヒーミルなんていうものも発売されていますので、ご自身の用途にあったものを見つけてみてくださいね。

4つめはハンドル。
一般的には横に回るタイプが主流ですが、縦に回すタイプなんてものもあります。こちらは好き好きなので、実際に選ぶ際二つとも回してみてしっくりきた方を選ぶと良いですね。ちなみに、横に回すタイプの柄は長い方が回しやすいです。

5つめは蓋。
コーヒー豆を入れるところに蓋があるタイプと、逆にないタイプがあります。蓋がないタイプですと回す時にコーヒーがこぼれてしまうことがありますので、個人的にはお勧めしたいですが、蓋がないことにより豆を入れやすく、挽いた時の香りも豊かに感じることができるので一概にどちらが良いとは言えないですね。どちらを尊重するかでお選びください。

6つめはデザイン。
手動のミルの一番の魅力はそのデザインといっても過言ではないかもしれません。アンティーク調のデザインはインテリアとしても映えます。他にもスタイリッシュなステンレスを使用しているタイプもあります。こちらも個人の好みですね。ですが、恐らくコーヒー好きの方なら毎日ミルを使うことになると思いますので、毎日使っていて気持ちの良いデザインで選びましょう。手動ミルはメンテナンスなども定期的に必要になりますが、デザインが良いものだとメンテナンスも楽しくなります。むしろ愛着が湧くこと間違いなしです。電動タイプも最近はカラフルなデザインのものが増えてきましたので、こちらもお好みでお選びいただければと思います。

手動ミルで有名なメーカーといえば、やはり定番のカリタ。その他ザッセンハウスやプジョーなどが人気ですね。カリタは比較的安価かつ良品のものが手に入りますが、上記2つのメーカーは値段は少々張るものの性能は良いので一生使えます。

コーヒーの他にエスプレッソやカフェラテなども淹れることができるのも魅力の一つ。
新年度、新しく何かを始めたいという方はぜひコーヒーを趣味にしてみては如何でしょうか。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

手動コーヒーミルでこだわりのコーヒーを作ろう

コーヒーはただ単に豆を挽いてそのまま抽出しても良いですが、物足りないと感じるマニアの方も多いものですよね。
手動コーヒーミルは自分自身でコーヒー豆を挽いて具合を調節できるため、専門店のような本格的な味わいを堪能する方法として考えると満足できます。
コーヒーミルのデザインは歴史を感じさせるものが多くて興味深いもので、手動で動かすと専門店のような雰囲気を味わえるため趣深いものです。

手動コーヒーミルは横に回す方法と縦に回す方法があり、好みに合わせて決めると愛着を持って使えますよね。
コーヒー豆は焙煎の具合によって硬さが違うため、理想的な味に仕上げるためには経験を積んで試行錯誤することが大事です。
コーヒーは気分を落ち着かせてくれることだけでなく優雅な雰囲気を味わえ、豆にこだわりを持って選ぶと満足できますよね。
手動のミルはハンドルの長さがポイントで手首に負担をかけないように回したいもので、構造を確かめてから決めると良いでしょうね。
手動式ミルは重さが軽いと横揺れをして不安定な状態になるため、しっかりと固定し蓋がないとコーヒー豆がこぼれ落ち困りますよね。

手動コーヒーミルは電動式でないため自宅以外にアウトドアなどでも使え、出張先でも挽きたての味わいを楽しめて良いですよね。
持ち運ぶ時は重さやサイズをどのように決めるかが重要で、通販サイトで探すと内容を比較して選ぶきっかけになります。
手動式はハンドルに力を入れずに回しやすくしたいもので、カッターの構造や強さなどを確かめて選びたいものです。
販売価格はシンプルなもので1500円から個性的なデザインにすると20000円程度で、高くなれば壊れにくいために長く使うために考えると愛着を持てます。
最近ではアンティーク調など個性的なデザインのミルが販売され、室内のインテリアの一部になるように愛着を持って決めると楽しいですよね。

手動コーヒーミルはドイツにおいて120年以上の歴史があるザッセンハウスやヨーロッパで180年前から製造するプジョーが世界の二大メーカーとして有名で、レトロで個性的なデザインのため興味を持てますよね。
これらのメーカーの商品は価格が高くなるものの人気があり、昔ながらの雰囲気を味わいながら本格的なコーヒーを飲むために購入すると趣深いものです。
国内のメーカーはカリタやジャパンポーレックス、ハリオが有名で、デザインの特徴を確かめて好みの色を選ぶと自分オリジナルのコーヒーに仕上げる事ができます。
国内メーカーの商品は価格の幅が広く、レアなものになると高くなるものの見るだけで優雅な雰囲気を感じることが魅力ですよね。

 

コーヒーは豆の種類の選び方や挽き方、淹れ方などこだわりを持って決め、普段とは違った味わいになるようにコツをつかむと良いものです。
手動コーヒーミルは電動と比べると挽く手間がかかりますが、個性的なデザインのため愛着を持って使えるなど様々な魅力を堪能できますよね。
人気のコーヒーミルは独特な形状で室内に飾るために役立つため、コーヒーをこだわりを持って淹れたい時に購入すると効果が高いです。
コーヒーは豆を粉末状にすると深みやコクなどが出やすく、電動より手動にすると自分自身で味わいを調整できるために専門店とは違った味わいに仕上がりますよね。
手動コーヒーミルは自分自身でハンドルを動かしてコーヒー豆を挽く原始的な方法ですが、好みの味に仕上げるために使うと良いですよね。
コーヒーは健康に良いことや眠気を覚ます働きがあり、自宅以外でも出張先などで本格的な味わいを楽しめるようにすると満足できます。
コーヒーは自分自身で味を調整すると飲み分ける楽しさを実感でき、自宅やオフィスなどで気分転換をすると効果的です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0