30歳過ぎてからのコーヒー

子供の頃コーヒーを飲んで苦手だと思って以来、ずっと避けてきたのですが、最近ムクムクとコーヒーに対する興味がわいてきました。

それまでは、大の紅茶好きで、台湾茶や中国のジャスミンティー、ハーブティーなど毎日取っ替えひっかえ飲んでもコーヒーの入る余地はありませんでした。

ところが、どこへ行っても当然のようにコーヒーが出てきて困ったり、レストランでも食後にはコーヒーと決まっているところもあります。その度に代わりのものがあるかを尋ねるのもだんだん億劫になってきていました。
そんなとき、コーヒー好きな方にプレゼントするために買いにいったコーヒー屋さんで、豆を買ったら1杯無料というサービスが行われていました。断ろうという気持ちもありましたが、エイヤッという気持ちでミルク入りなら飲めるかもしれないとカフェラテをお願いしてみました。すると、「飲める」を通り越して「おいしい!」と思ったのです。これが、私の積極的なコーヒーデビューとなりました。
ところが、その後、食後に付いてくるコーヒーを飲むと、大丈夫な店と後で胸焼けするものがありました。しばらくして分かったことですが、コーヒー全体を克服したわけではなく、「スペシャリティコーヒー」を使っているところはやはり美味しく、焙煎したばかりで挽き立て、淹れたてのものは酸化してないので胸焼けもしないことがわかりました。
まだ、自宅で淹れることにも慣れてなくて、豆を選ぶのにも、自分の好みさえわかっていません。今はまだ、お店の人に色々話を聞きながら、開拓していっている段階です。ここで、スペシャリティコーヒーは、よく見るドリッパーではなく、コーヒープレスを使うと美味しくはいるそうです。

少し前にコーヒーの道具を揃えようとドリッパーとサーバー、フィルターを購入したばかりだったので、がっかりしていると、代用で急須などでも細かい茶漉しを使えば美味しくはいると教えていただきました。
コーヒーは、香りが強いので日本茶のものとは分けて使うようにしていますが、毎回同じようにしていてもなんだか味が安定しません。それに、ミルクを入れたくて勧めてもらったのですが、そのままでも十分美味しいし、さらっとしているので、ミルクを入れすぎると負けてしまいます。
カフェラテは、「エスプレッソ」プラス「ミルク」ということも知り、お店のあの味を出すにはエスプレッソマシーンが要るのか、代用できるものはあるのか聞きたいことは山ほどあります。さらに、ミルクを入れる場合は、紅茶の時のように豆の量を増やすか蒸らし時間を長くするのか、どんどん知りたくなってきました。少しずつ自分の好みがわかって、気分で選んだり、家に来た人にも自信を持って出せるように、楽しみながら上達していきたいと思っています。

コメント