コーヒーで「口が臭い」と言われないようにするために

コーヒーはおいしいし健康にもいいのでついついいっぱい飲んでしまいます。しかしコーヒーも万能ではなくそれなりのデメリットもあります。そしてそれを予防する必要もあります。今回はコーヒーによって引き起る問題とその対処について紹介したいと思います。

まずコーヒーを飲むと口臭がします。確かにコーヒーの香りは良いですが、コーヒーを飲んだ後の口のにおいはあまりよくありません。

 

試しに自分でコーヒーを飲んだ後の口臭を嗅いでみるとよくわかると思います。別に悪いにおいがしても健康上に問題はありませんが、周りに人に迷惑をかけたり自己嫌悪に陥るので出来るだけ抑えたいです。
コーヒーと口臭の関係には色々な説がありますが中でもコーヒーに含まれるフェノールが原因であると言われています。そもそもコーヒーのいい香りとは何十種類にも及ぶさまざまな物質が交わることで生まれるものです。コップに入っているコーヒーからフェノールのみを嗅ぎ分けることは難しいので普段は気になりませんが数十分するとフェノールが口に残りにおいが強くなり口臭の原因になる場合があります。
他にもカフェインが関与しているとも言われます。カフェインには利尿作用があります。コーヒー以外にも緑茶や紅茶を飲むとトイレに行きたくなった経験はありませんか。きっと寝る前にお茶を飲んだりすると夜中にトイレにいきたくなったりしたなど心当たりがあると思います。

 

コーヒーを飲むことで尿が生産されます。当然尿には多くの水分が含まれています。そしてその水分は当たり前ですが体内から出てきます。体から分泌される液体には様々なものがあります。尿、汗、胃液などいろいろ思い浮かびますが、口臭に関係していると言われるのが唾液です。

 

コーヒーのカフェインのせいで尿が生産され、本来は唾液に使うための水分が尿に使われてしまうとどうなるでしょうか。当然唾液の量が減ります。唾液には口の渇きを抑える効果のみでなくラクトフェリンなど殺菌作用のある成分が含まれています。

 

そのため唾液は虫歯や口臭の予防になります。唾液が減ることで殺菌作用が下がる、すると最近バランスが崩れ悪玉菌が増えます。その悪玉菌が食べかすなどを分解して悪臭を発生させます。つまり口臭の原因とは悪玉菌の排出物やガスです。そしてこれらが増えると当然口も臭くなります。

 

またカフェインには覚醒作用がありコルチゾールやアドレナリンが過剰に分泌され自律神経のバランスが崩れ血管を収縮させ歯茎の血流が悪くなり歯周病菌や虫歯菌が増え口臭に繋がる、不眠となり免疫力が低下し悪玉菌が増えるとも言われています。

 

カフェインには朝目を覚ましてくれて気持ち良くしてくれたり、徹夜や車の運転の良き盟友というプラスの面以外にデメリットもあることを理解しましょう。
では口臭を防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか。正直いってコーヒーを飲み続ける限りゼロにすることは難しいですが、和らげることは出来ます。まず初めに出来れば深煎りのコーヒーは避けましょう。

 

朝食の時などすぐに歯磨きをする前とかなら大丈夫ですが、仕事中など歯磨きまでのブランクが長い時間帯は出来れば避けましょう。イタリアンローストとか深煎りのコーヒーは香ばしくて苦みが癖になります。しかし深煎りではHHQなどフェノール類の雑味がより強くなります。

 

歯に残ることは勿論のこと舌に残りやすいです。コーヒーを飲んだ後鏡を見てください。舌が真っ黒になっているのが分かると思います。出来れば舌を指で触ってその指を嗅いでみてください。認めたくありませんが結構臭いです。

 

このにおいが口に残ると考えると結構怖いです。そしてこんな匂いがする口で正面を向いて近くで話されると臭いのも容易に想像できます。なので歯磨きまで時間が空くのであれば出来ればアメリカンロースト(ミディアムロースト)やシティロースト(軽めの深煎り)を選ぶように心がけてください。

 

またカフェラテよりもカフェオレを選ぶようにするといいでしょう。カフェラテは結構定番なスタイルでコーヒーと牛乳を混ぜたものです。スターバックスやタリーズのスチームミルクを使ったカフェラテはおいしいのでついつい頼んでしまいます。しかしカフェラテに使われるコーヒーは基本的に深煎りです。

 

もちろんHHQ、フェノール、カフェインがより多く含まれます。なのでエソプレッソではなくドリップコーヒーから出来るフレンチタイプのカフェオレの方が匂いが抑えられます。

 

余談ですがイタリアンのラテよりフレンチのオレの方が何となくさわやかな感じがします。またデカフェにするのも一つの手です。他にも低温焙煎のコーヒーにするのもいいでしょう。

 

普段コーヒーとは高温焙煎が主流です。実際に大手コーヒーのコマーシャルで高温焙煎しているところを見たりすると思います。この高温焙煎と低温焙煎の違いは焙煎する機械の温度ではなく焙煎する時間です。

 

当然焙煎する時間が長いほど豆の温度が上がりより香ばしい苦みが楽しめるようになります。では低温焙煎の味はどのようなものなのでしょうか。低温焙煎の場合高温に比べると香ばしさが減少しますが、その分豆本来のうまみを味わうことが出来ます。

 

こっちの方がすっきりとしていて深いコクが楽しめます。またコーヒーの濃さを調節するのもいい方法でしょう。歯磨きをする前はドリップコーヒー、仕事中や人と話すときはインスタントコーヒーにするとにおいの元が少なくなります。

 

当然コーヒー好きにとっては味気が無いと感じたりすることもあるでしょう。しかし単純にカフェインを取っていると落ち着く、喉が渇くから飲み物が欲しいなどという理由ならインスタントコーヒーの方がいいです。それに経済的というメリットもあります。

 

さらにコーヒーを飲んだ後は根に理に歯磨きをするように心がけておくといいでしょう。やりすぎると歯茎やエナメル質が傷つき歯周病や虫歯になり悪玉菌が増え口臭が悪化する場合があるので注意する必要があります。また、歯磨きの際に歯だけではなく歯茎や舌も軽くブラッシングするといいです。

 

とにかく匂いのついている部分を徹底的にきれいにしてください。そんなに頻繁に歯磨きが出来なくても定期的にうがいをして口を濯ぐ、ミント系のタブレットやガムで口臭を抑えるなど様々な方法があります。
「コーヒー=いい香り」というのは絶対的な正論ではありません。コーヒー嫌いの人にとっては刺激臭として受け止められます。コーヒーではありませんが私はシナモンの匂いと味がとても苦手です。しかし世間一般に「シナモン=いい香り」という考えが通っています。他にも極端ではありますが、喫煙者にとってタバコは落ち着くいい匂いですが、そうでない人にとっては不愉快な匂いです。

 

また喫煙者でもメンソール系は苦手など分かれてきます。少し話がずれましたが要するにコーヒーの香りが迷惑になる場合があります。そしてそのコーヒーの風味とはクロロゲン酸というポリフェノールが主な成分だと考えられています。クロロゲンが多いと渋く少ないと酸味が強くなります。

 

クロロゲン酸は、生豆のうちは多く含まれていますが、焙煎するとかなり少なくなってしまいます。クロロゲン酸が減るならもっと焙煎すればいいと思うかもしれませんが、焙煎するとヒドロキシヒドロキノン(HHQ)が増えます。

 

これが匂いの原因になります。他にも水彩画の絵の具や消毒液に使われるフェノールも増えるので匂いがきつくなります。コーヒー好きに取ってコーヒーとは最高の飲み物です。おいしい、リラックスできる、健康にいい、酒やタバコに比べると安い、日中から飲んでも職場で怒られないなどメリットを上げるときりがありません。

 

しかしそのコーヒーによって被害を受けている人も事実です。コーヒーによって口が臭くなりその口で話されるとたまったものではありません。上司や異性だと指摘しづらいので自分で口臭に気が付く場面も少ないでしょう。しかし向こうの気持ちを考えてください。

 

口が臭いのに指摘が出来ない、言っていることは大事な事なので早く切り上げることもできないとなるととても不愉快です。なので私はコーヒー好きの前ではたくさんコーヒーを飲んでいますが、コーヒーを飲まない人の前では少し気を使っています。

 

家では何にも気にせずに深煎りのイタリアンエソプレッソを思う存分飲んでいますが、職場ではアメリカンローストにしたり、会議や面談、女性社員に対して話す前にはコーヒー自体を飲まないようにしています。

 

他にも歯磨きは定期的にしています。会社では昼食後歯磨きをしない社員も少なくありません。実際にそういう職場は多いと思いますし、学生時代を思い出してみてください。昼食後毎回歯磨きをしていたでしょうか。ですが私は昼食後も歯磨きをするようにしています。口の衛生を保つこととはコーヒーを思う存分飲む代わりのマナーだと思っています。

 

他にも少しやりすぎかもしれませんが歯医者にも1~2カ月ペースでクリーニングをしてもらっています。これはコーヒーを飲むためというよりかは単に歯周病が怖かったり営業職なので歯を綺麗にしときたいなどの目的ですが、口臭予防にもなるためこの習慣は続けたいと思います。
私はコーヒーを心から愛しています。だからと言って他の人に迷惑をかけるような飲み方をするのはいけないと思います。「コーヒー=口臭」というイメージを持たれてしまうとコーヒーに対して失礼ですしコーヒーを愛している人が今後迫害を受ける可能性があります。なので自分が出来る範囲でコーヒーの口臭と向き合い出来る限りの対策をしています。もちろん自分の為でもありますが、コーヒーを飲む人、飲まない人が共に気持ちよく過ごせる社会を実現するために口臭対策をしてみてはいかがでしょうか。もしもコーヒーの匂いで困っている人、コンプレックスを感じている人がいれば上記のアドバイスを参考にしていただけると幸いです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーの良いところ・悪いところと多飲の悩みと心配の解決

※ 下記記事はあくまで個人の体験談によるものです。
私のコーヒー歴は43年

私の、コーヒー歴は43年が過ぎ筋金入りです。小学校6年生の時、コーヒーミルで豆を挽いてサイフォンで沸かして飲む淹れたてコーヒーは、どんな香と味がするんだろうと興味深々になり、お正月にお年玉で念願のコーヒーセットを購入。

 

生まれて初めて淹れたてのコーヒーを飲み、香りの良さに脳が喜び体じゅうがほっこりするような感じで気持ち良く、味は香りが口いっぱい広がって美味しいと言い、舌は苦くて飲めないと言う反応でした。

 

砂糖を入れて再度飲んで見ると、香ばしく苦味が減って美味しくて感動を覚えました。しかし、当時コーヒー豆は高価で小学生の私のお小遣いでいつも買えるものではなく、コーヒー豆が切れた時に大人への冒険は終了しました。

 

ある日の朝方、学校に行く前にご飯を食べていると、テレビから甘く切ない美しメロディーのロバータ・フラックのやさしく歌って( Killing Me Softly wiith His Song )の曲が流れてきてネスカフェを知り、これだと思い再びコーヒー熱が復活し購入しました。

 

味も風味も、コーヒー豆の淹れたてのコーヒーにはかなわないけれどまあまあ美味しい。朝起きたら毎日ネスカフェを飲むようになり、両親になんて「おませな子なんだ」小学生には早過ぎる、夜に眠れなくなるから飲むのを禁止と言われたのを「勉強する時間を増やすからお願い」と懇願してやっとコーヒーカップ半分だけならいいと許可されて中学二年生までネスカフェの日々を過ごしました。

 

中学校三年生になり受験だから徹夜しないといけないので、眠気覚ましにコーヒー豆がいると母親にせがんで常時買って貰えるようになり本格的に私のコーヒー人生が始まりました。高校生になり、ブルーマウンテン・サントス・グアテマラ・コロンビア・キリマンジャロや他のコーヒー豆に対しての興味は尽きず、さっそく喫茶店でのアルバイトに行き学校の勉強よりコーヒーの入れ方や豆の勉強ばかりに夢中でした。

 

コーヒー好きは子供の頃からで、長い間コーヒーを飲んで体に異常をきたしたことはないのですが、55歳を前に仕事をリタイアして時間を持て余してしまうようになり、毎日最低でもコーヒーを六杯以上飲むようになりました。コーヒー豆の成分作用で体にいい事・悪い事の知識は多く持っていましたが、コーヒーの多飲に関しての知識はなかったので、それにより体への悪影響があるのか心配になり調べてみました。
コーヒーの成分が体にもたらす良い影響
コーヒー豆の脂質は、フィルターを使ってコーヒー淹れる事によりほぼ取り除かれるので、コレステロールの心配はありません。コーヒー豆の成分には、ポリフェノールが含まれていてお茶・ココア・赤ワインと同じく抗酸化作用があり老化予防になります。

 

カフェインは血流促進の効果や、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化する働きがあり、アドレナリンを分泌させて脂肪の燃焼を活性化させて体重の増加を抑制します。コーヒーをの香りを嗅ぐ事により、脳内の血流が良くなり脳が活性化し新陳代謝を促進させ脳の疲労回復に役立ちます。

 

また、コーヒーの香りとなるクロロゲン酸は、様々な内臓がんの成長の発育を抑制する効果があります。胃に軽い刺激を与えて胃液の分泌を促進して、消化不良の改善に繋がります。コーヒー豆の成分の中には、ガン・動脈硬化・アルツハイマー・糖尿病の発症率を下げる効果があります。

 

(抗酸化作用とは、身体が酸化する要因の活性酸素の発生のを防ぎ抑えて老化を食い止めることを言います。)
コーヒーで得られる体への良い影響のまとめ

1.コーヒーには、ポリフェノールが含まれていて抗酸化作用で老化予防になる
2.脂肪の燃焼を助けて体重の増加を抑制する
3.コーヒーをの香りは脳の疲労回復に役立ち、香りとなるクロロゲン酸は様々な内臓がんの成長の発育を抑制
4.コーヒーは、ガン・動脈硬化・アルツハイマー・糖尿病の発症率を下げる効果有り
5.消化不良の改善に効果がある

コーヒーの成分が体にもたらす悪い影響
コーヒーは、胃液分泌を促進するためにお腹の空いた状態で飲むと胃痛や消化性胃潰瘍を助長します。

 

コーヒーに含まれるタンニンは鉄イオンと結びつと難溶性の物質に変化するために鉄分の吸収を阻害し貧血を起こす原因の一つになります。カフェインの影響で神経が興奮状態になり不眠症や睡眠障害に繋がります。

 

カフェインは、利尿作用があるためにトイレが近くなります。また、交感神経に働きかけるので、過度に摂取し続けると心拍数や血圧の上昇がおき体が興奮状態になり自律神経がバランスを崩し、だるさや倦怠感となり気分の落ち込みが身体症状となって現れます。
授乳中の子供がいて母親がカフェインを摂取している場合、母乳から乳児もコーヒーの成分を摂取しますので、興奮作用が出て情緒不安定や夜泣きの原因になることがあります。
コーヒーの成分が体にもたらす悪い影響のまとめ

1.胃液分泌を促進するため胃痛や消化性胃潰瘍を助長
2.鉄分の吸収を阻害し貧血を起こす原因の一つになる
3.カフェインの影響で神経が興奮状態になり不眠症や睡眠障害に繋がり、過度の摂取でだるさや倦怠感が現れる
4.授乳中の母親がカフェインを摂取している場合、母乳から乳児が摂取し興奮作用が出て情緒不安定や夜泣きの原因になる
一日のコーヒーカフェインの摂取量の目安
カフェインの摂取量の1日あたり上限は約400mg前後となります。 コーヒー1杯(150 ml)ならばカフェインの含有量は約135 mg前後で、インスタントコーヒーなら約67mgの含有量となります。1日あたり3杯くらいの コーヒーが適量と言えますが、カナダ保健省の調査発表資料だと、コーヒーカップ1杯を140mlと目安として健康な成人でコーヒーカップ約5~6杯までが適量との見解もあります。

コーヒーの飲み過ぎでのカフェイン依存症

コーヒーを飲むと、眠気がとれてスッキリとしたような気持ちになります。人間の脳内にある物質のアデノシンとアデノシン受容体が合併することで私たちは、疲労感を感じるのですが、カフェインを摂取すると、それを血液の循環で脳内に運んでカフェインとアデノシン受容体とが結びつき、アデノシンが受容体と合併できなくなることにより疲労感がなくなります。

 

カフェインには依存性があり、コーヒー依存症に陥る可能性があります。ただし、薬物ほど深刻ではなくおおよそ48~72時間、体からカフェインを抜くことで依存性はなくなります。依存症にならないためには、たまにカフェイン断食をしてみるのも良いかと思います。カフェインの致死量は体の大きさにより個人差はありますが1日あたりの摂取量が約3000mg前後です。一日20~30杯くらいの大量のコーヒーを飲んでも死に至る事はありません。

カフェイン中毒の兆候
慢性のカフェイン中毒になると、しばしば手が震える・頭痛がする・原因が見当たらないのに不安になる・イライラ感がある・吐き気・動悸がするという症状が出てきます。

ちょっと一息コーヒーの美味しい淹れ方と、コーヒー豆の保存方法

美味しいコーヒーを淹れるドリップ方式

用意するもの
注ぎ口の細いポット・計量スプーン・ドリッパー・ペーパーフィルター・サーバー・カップ・コーヒー豆

1.コーヒーに注ぐ温度お湯は、85~90度位で沸騰する前に止めるのがベストです。

2.コーヒーの粉を用意したペーパーフィルタの中に入れます。
コーヒーの粉の目安
1人前15g(メジャースプーン1杯半) 2人前20g(メジャースプーン2杯)
3人前25g(メジャースプーン2杯半) 4人前30g(メジャースプーン3杯)

3.ポットからお湯をそっと、粉の中心にから外に向かって円を書くように(一人前約20㏄)細く注ぎます。そして、20秒くらい蒸らします。
(蒸らしている間にコーヒーカップにお湯を入れカップを温めておきます)

4.20秒くらい経って蒸らしが完了たら、粉の中心から外側へひらがな「の」の時を書くようなつもりで、「美味しいコーヒーが出来ますようにと思いながら心を込めて」お湯を細く注ぎます。外側まで行ったら、そこから反対に中心に向けて戻っていきます。お湯を細く注ぐのがコツです。

5.温めておいたをカップのお湯をきり、コーヒーを注ぎます。
これで、美味しいコーヒーが出来上がりました。
コーヒー豆の保存方法
コーヒーの豆は焙煎後4~5日目くらいが、味がしっかりとでるため1番の飲み頃といえます。一週間以内に使い切ってしまうなら、缶の入れもので遮光性があり密閉できる容器での常温保存が最適な方法となります。

コーヒー豆を買い過ぎた時や余った時の保存方法は、完全密閉のできる容器で空気を抜いて冷凍庫での保存が最適な方法となります。冷凍庫での保存は庫内に温度差がでるので小分けにして保存します。
コーヒー多飲の悩みと心配の解決まとめ
コーヒーの飲み過ぎと思っていても5~6杯くらいなら体への影響はありません。ただし、砂糖とクリームの摂り過ぎには注意が必要です。コーヒーの摂り過ぎで逆にいい効果がでるのがポリフェノールで、1日あたり1000~1500㎎摂るのが体に良いとされていますが、これはコーヒーだと約5杯で摂取することが出来ます。

 

ヨーロッパ圏の各国の保健省やカナダ保健省の調査発表資料にもあるよう、コーヒーカップ1杯を140mlと目安として健康な成人でコーヒーカップ約5~6杯までが適量との見解もあり体への害は見受けられません。カフェインの致死量は体の大きさにより個人差はありますが1日あたりの摂取量が約3000mg前後で、一日20~30杯くらいの大量のコーヒーを飲んでも死に至る事はありません。(20~30杯はちょっと摂り過ぎですが)コーヒーを毎日5~6杯飲んでいるなら、慢性的なコーヒー依存症の可能性がありますが、薬物ほど深刻ではなくおおよそ48~72時間、体からカフェインを抜くことで依存性の害はなくなります。

コーヒーは、ガン・動脈硬化・アルツハイマー・糖尿病の発症率を下げる効果や脂肪の燃焼を助けて体重の増加を抑制したり消化不良の改善をしますので健康に優れた飲み物です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーの腹痛、選び方、保存について

※下記はあくまで個人の体験に基づく記事です。

 コーヒーはとてもおいしくて落ち着くのでいつも飲んでいます。しかしコーヒーに関する悩みを持つ方も多いです。今回はコーヒーの悩みとその解決方法を教えたいと思います。

 

まず初めにコーヒーでおなかを壊すケースがあります。今では一日3杯、多い時には7杯飲む日があるぐらいですが飲み始めたころはお腹を壊していました。

 

そもそもコーヒーには食繊維、血管拡張、利尿作用といった消化や排出を活発にする効果があります。つまりコーヒーを飲むとトイレに行きたくなるというのは自然な流れなのです。お腹が痛くなったりしても心配しないでください。

 

特に朝はカフェインで目が覚めると体が急に動き始め消化器官も急に活発になります。そしてコーヒーにはカフェインが多いです。煎茶の場合100mlに対し20mg、紅茶は30mgそしてコーヒーは60mgです。玉露は160mgですが朝から玉露を飲む人は少ないと思います。こんな感じでカフェインが急な刺激になりお腹が痛くなることがあります。

 

またカフェインの過剰摂取が自律神経のバランスを崩すこともあります。次にクロロゲン酸というものの影響があります。これはコーヒーに含まれるポリフェノールの一種です。抗酸化作用で活性酸素を抑える、抗がん作用、中性脂肪を低下させるなどとありがたい効果がいっぱいあります。

 

これだけ見ると一杯コーヒーを飲めば健康とダイエットが実現できると思いますが、クロロゲンには胃酸を分泌する効果があります。そのため飲みすぎると胃酸が過剰生産され胃に負担がかかり胃腸炎に成ったりします。他にもタンニンも下痢の原因になります。

 

これはブルーベリーやブドウに含まれるアントシアニンと同じ仲間のポリフェノールです。タンニンを取ることで腸の粘膜を収れんさせ、下痢を改善が改善されることがあります。しかし過剰に摂取すると腸粘膜が刺激され逆効果に繋がります。これらのことから言えるのがコーヒーもお酒と一緒で飲みすぎに気を付けないとお腹を壊します。

 

なので休みの日などを活用して自分の限度や丁度いい量を確かめてみることをお勧めします。あとは単純にコーヒーアレルギーでおなかを壊す可能性があります。以外かもしれませんがコーヒーにもアレルギーというのは存在します。アレルギーの症状として吐き気、下痢、麻痺、イライラ、肌荒れ、手の震えなどの症状があります。

 

一見風邪や体調不良と間違える可能性がありますが、コーヒーを飲んで毎回このような症状が出るのであればアレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。他にも腹痛の原因としてコーヒーそのものではなく砂糖の可能性もあります。砂糖を取りすぎると血糖値が上がります。

 

血糖値が上がり腸の活動が活発になったり、体内の浸透圧が上昇し腸は浸透圧を一定に保つために超粘膜から水分を引き出し浸透圧を正常に戻すように動きます。体ってよくできていると感心するかもしれませんが砂糖の取りすぎは良くありません。砂糖がダメなら人工甘味料という発想にたどり着くかもしれませんが、人工甘味料も下痢の原因になります。

 

そもそも体に吸収されにくいので体が外に出そうとするのでその作用でおなかを壊すことがあります。なので解決法としては飲む量をコントロールする、砂糖を減らす、それでもお腹を壊すならコーヒーアレルギーの検査を受けてみるといいでしょう。

 

コーヒー自体はうまく摂取すればおいしい、楽しい、体にいいとメリットの多い飲み物なので自分に合ったコーヒーの飲み方を見つけてほしいです。私も飲み始めたころはお腹を壊していました。特に朝食の後はトイレに行っていました。

 

ひどい時は通勤中にコーヒーの作用でトイレに行きたくなるという地獄に遭遇したこともあります。解決策として早めにコーヒーを飲むようになりました。

 

少し汚い話ですが、体質的に朝にコーヒーを飲むと食物繊維と腸の活性化でほぼ確実に大便が出ることが分かったので朝は早く起きて早めに朝ごはんとコーヒーを飲んで出勤前に大便の処理をしてしまうことでこの悩みから解決されました。一日中便秘に悩まされることも無いのでとても快適な生活を送れるようになりました。

コーヒーを飲み始めてハマり始めるとコーヒー選びに対して神経質になり始めます。これは少し特別な悩みではあるのですがコーヒー選びも立派な悩みです。まず初めに自分の好きな味を見つけてください。これはカフェに行ったりして大体でいいので自分の好きな酸味や苦みの量を何となくで構いません。とにかく頭にインプットしてください。

 

この時点では特に詳しい知識はいりません。完全にフィーリングです。ある程度してコーヒーの好みがわかり始めるとコーヒー選びに移ります。まず豆の焙煎ですが浅煎りは酸味が多め、深煎りは苦味が多めと覚えておけばいいです。

 

基本的に焙煎すればするほど黒くなります。浅い方から並べるとミディアムロースト→ハイロースト→シティロースト→フルシティロースト→フレンチロースト→イタリアンローストとなります。私は初めて本格的なカフェに行った時調子に乗って何となく名前がかっこいいイタリアンローストを頼んでしまいました。

 

正直苦くて飲めませんでした。私無糖ストレート派ですがあっさりとした味が好きなので朝はミディアムローストを飲んでいます。大手カフェチェーン店に行くとミディアムローストのコーヒーはどこでもおいています。ただ名前がアメリカンとなっている場合が多いのでこういった名前も少し覚える必要があります。

 

さすがにバイトの店員に「苦みが少ないの」「酸味が効いているやつ」などとお勧めを聞いてもあまり理解してくれないのである程度は自分で勉強する必要があります。逆に私と違って苦めのコーヒーが好きならイタリアンローストを選ぶといいでしょう。他にもブレンドでコーヒーを選ぶことが出来ます。混ぜるなんて正統派じゃないなんて思うかもしれませんが全然そんなことありません。

 

ワインだってカベルネソーヴィニヨンとメルローを混ぜたりしています。逆にブレンドを飲むことはブレンドしている職人やメーカーのセンスや技術に対する敬意でもあると考えています。様々な産地や種類の豆を混ぜているので複雑な味わい、バランスのとれた味わい、個性的な味わいを楽しむことができます。

 

本格的なカフェに行くと自分オリジナルのブレンドを作っているロースターさんがいることもあります。「当店自慢のブレンドです」なんて言われると少しドキドキします。ブレンドからロースターさんがどういう意図をもってこのコーヒーを作ったのかを考えながら飲むと楽しいです。

 

「苦味ブレンド」「爽やかブレンド」「エスプッソブレンド」「アイスコーヒーブレンド」など名前から何となく味を想像することも出来るのでブレンドでコーヒーを選ぶのもいいでしょう。

 

このように基本的には焙煎の種類とブレンドで自分好みのコーヒーを見つけてください。自分に合ったコーヒーを見つけるためには冒険をしないといけません。失敗を恐れずいろんなコーヒーを飲んでみてください。そしてマニアックな領域に到達したら産地や品種についてより詳しく調べてみたり自分でブレンドを作ってみるのもいいかもしれません。

 
コーヒーを買ったら保存に困ることがあります。特に一人暮らしだと消費に時間が掛かり鮮度が落ちてしまうことがあります。そもそもコーヒーとは生鮮食品です。つまり時間と共に劣化し酸敗してゆきます。

 

残念なことにコーヒーの鮮度は目で見て分かるものではないので上手に保存する必要があります。基本的な保存方法ですが、粉は冷凍保存、豆は1週間くらいで飲みきれるならば常温でそれ以上なら冷凍保存をすればそれなりの鮮度を保つことが出来ます。

 

また豆はにおいを吸収するので冷蔵庫、冷凍庫の食品のにおいが付くことがあります。肉や魚のにおいのコーヒーなんて飲みたくないですよね。正直少し気になりますけど。専用のカンやビンに入れて保存するのがベストです。

 

そういったものが無いならジップロックなどでも構いません。ジップロックの方がスペースを取りませんし便利だと思います。また冷凍庫から出して使う際に回答する必要はありません。冷たいまま豆を粉砕して使えばOKです。

 

粉の場合ダマになることがありますが手で少し強く押せばすぐに粉になります。冷凍でも保存は出来ますが基本的に4カ月以内で飲むことをお勧めします。長くても6カ月で飲むことを目標にしてください。6か月目あたりから少しずつ鮮度が落ち始めます。

 

それでも十分香りは楽しめますがベストのコンディションとは言えませんでした。とにかくコーヒーの保存は密閉と低温が大切です。密閉することで空気に触れる表面積を減らすことで酸化のスピードを下げる、風味が逃げないようにする効果があります。そして低温を保つことで化学反応のスピードが遅くなります。

 

まあこれくらいなら小学生の科学の知識があれば十分わかることでしょう。またコーヒーは真空保存が出来ません。コーヒーの香りとはコーヒーそのものに含まれているガスからくるものです。鮮度のいいコーヒーとはガスを多く含んでいるコーヒーということです。

 

なので真空にしてしまうとこの香りを抜いてしまうことになってしまいます。真空パックのコーヒーは鮮度の落ちたコーヒーに等しいのです。そもそも真空パックのコーヒーを見たことがないのでどんな味かはわかりませんがわざわざ飲みたいとは思いません。

 

お土産やお中元などでコーヒーを貰う機会があるかもしれませんが保存の方法に気を付ければおいしいコーヒーを長期的に楽しむことが出来ます。私は年に2回ほど海外旅行に行ってついでにコーヒーを買っています。去年は冬にリオデジャネイロ、夏にハワイへ行きました。そして帰りに現地のコーヒーを買いました。

 

家に帰ると小分けにして冷凍庫に保存しています。こうすることで長期にわたり旅先で買ったコーヒーを楽しんでいます。例えばハワイで買ったコーヒーを2か月後に飲みながら旅行の思い出を振り返るなど上手に保存すればコーヒーの楽しみ方を広げることが出来ます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒー大好きなのに飲めない!腹痛の原因とは?

※下記は個人の体験談によるものです。

私の家族はみんなコーヒーが大好き。

眠気を覚ますため、リラックスするため…
1日1回か2回、仕事や勉強の最中に家族みんなで飲んでいます。
…私をのぞいては。 続きを読む コーヒー大好きなのに飲めない!腹痛の原因とは?

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

妊娠によるコーヒーの悩みは大豆コーヒーで解決

私がコーヒーで悩み、そのことを解決しようと奮闘したのは人生で1度だけです。
それは、結婚し、ありがたいことに2ヶ月も経たないうちにすぐに妊娠した時のことです。 続きを読む 妊娠によるコーヒーの悩みは大豆コーヒーで解決

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーが飲めない私の体質面での悩み

※下記は個人の体験談をもとに書かれています。

 

1.私がコーヒーを飲めなくなったきっかけについてです。

 

これは今から約25年以上もの前の昔の話になります。当時の私は高校卒業後において大分県内にある陸上自衛隊への入隊を行い、約6か月の教育隊での訓練を受けてから正式な部隊への配属となりましたが、そこでは多くの先輩方がコーヒーを飲むので、とても不思議でなりませんでした。

 

というのも、実は私自身はあまりコーヒーを飲めるような体質ではなく、ミルク入りの缶コーヒーの小サイズをたまに飲むくらいでした。そういった事情などもあり、あのネスカフェなどのような自分で入れて作って飲むようなコーヒーなどをほとんど飲んだりしたような事とかはありませんでした。また、そのようなタイプのコーヒーを飲んだりすると、ニキビが出来るような体質がありましたので、人から勧められたりしない限りは部隊内でもなるべく飲まないようにしていました。

 

そして約2年間の自衛官生活を終えてそこを満期退職をし、故郷である鹿児島県内への帰郷を行い、地元の電子部品工場への再就職を行い、そこの工員として働く事になりました。しかし、やはり連日のブラックな会社側による社員への長時間にも亘る明らかに労働基準法に違反をする酷使振りや、そこで夏場での、3交替勤務時の最中におけるのどの渇きなどの際に、私はある日、事前に購入をした1.5L程度のぺットボトルコーヒーを眠気覚ましを兼ねて、飲みながら工場内においてのオペレーティングの仕事へ従事をしました。すると、この事が災いをして、なんと翌日家で自分の顔中にニキビが一気に出来、これはただ事出は無いと思い、会社へ休む連絡をしてそのまま家族とともに病院へ向かった事がありました。そして内科医の先生の診断を受ける事になりましたが、採血や血圧、栄養バランス面においての分析結果などから、栄養の摂り過ぎはもちろんのことそれだけではなく、その当時の現在において働いている工場内での過酷な労働面でのあり方そのものもである事を私に伝えました。

 

先生によると、もちろんコーヒーを飲めない私自身の体質なども原因であるが、それに加えて工場内での長時間による酷使する事業者側による扱い面により、私自身の体調などへも影響が出ており、そうした中1.5L入りのブラックのコーヒーを一気に飲んだりしてこのような症状になった可能性があるとの事でした。それを聞いて、私はやはりこのまま勤めを続けて大きなケガなどをしたくはないなどと考えて、そこを辞める事を決心し、2日後に退職届を出す事にしました。

 

このように、若い頃の苦い経験から、それ以来今まで私は缶入りの小サイズのミルク入りのコーヒーしか飲まないような気質になり、粉入り用のものにはある程度アレルギーを感じるようになって飲まなくなりました。これが、具体的な私自身が今日までコーヒー類を飲まなくなったりした大きな原因といえます。

 

2.なぜ、缶入りのミルク入りのコーヒーのみがOKであるのか

私個人としてはこれまでの様々な職場での経験から、コーヒーは缶入りでミルクブレンドタイプのコーヒーしか飲まないようにしてきました。粉末状のものを飲んだりすると、今でもニキビと思われる出来ものが顔にできたりするからでした。この判断は、自分なりに正しいと考えています。

そして、コーヒー好きで顔にニキビが多い方へ言いたいことがありますが、そうした方などは一度、コーヒーのの見方や種類を変えたり、あるいは現在所持している粉末状のコーヒーの飲み方をミルクを大量に加えてコーヒーミルクなどにしてみる等々、様々な工夫を起点を利かせたりしてされてみてはどうでしょうか。これらのようなやり方もコーヒーに対応していくやり方としてオススメしたいと私は思います。ニキビが多い方などはコーヒーをブラックで飲んだりする方が意外にも多い感じがしますので、ミルク割りやコーヒーミルクのカタチで飲んだりしたりすることをがベストかもしれません。私の経験からしても、これがコーヒーアレルギーやコーヒー嫌いなどを克服したりするような一番近道であるような感じが一見するとするような感じがありますが、実はまた、ここで大きな課題が出てきます。実は、このコーヒーをブラックで飲むニキビが多い方に限って、なんと、ミルクやクリープ、生の牛乳などが苦手な方が多いなどといった現状があります。さらにそれだけではなく、乳製品類にアレルギーを感じる方やそれが過剰な方なども存在したりしていますので、本当に困った実状であるのが現実といえます。このような場合には一体どのようにしたらよいのか、実は解決にうってつけな方法がありますので、今からその最善の克服方法について触れたいと思います。

3.乳製品類が苦手な方のコーヒー類の飲み方について
これは現在私も実際に、日常のほとんどにおいてしてきている事ですが、実は低脂肪牛乳を購入し、それを使用してコーヒーを飲んだりして以来、コーヒー類を飲んだりしてもニキビが出来なくなりました。正直自分でも大変驚いてはいますが、実はこれには科学的な根拠があるようです。今からこの事について、詳しく触れてみます。一般的な市販の低脂肪性のもの以外の普通の牛乳などは大変カロリーが高く、中には通常の搾った牛乳の濃度よりも高い化学カルシウムが加えられている事が多いそうです。実はこれが、牛乳アレルギーの方の体質的原因の主なものの1つであるとされています。これがために、そのままの製品の状態で飲んだりするとアレルギーを起こし、様々な拒否反応を起こして体調不良になってしまうそうです。そして、幼い頃にこのアレルギーに罹ると、中々治癒をさせたりする事なども難しくなり、その状態が一生続いていくものと言われています。そうした事情から、成人にとってのダイエット面の点などももちろんですが、低脂肪牛乳が開発をされたりするようになった理由も、そうした乳製品にアレルギーを持つ方のためを考えたうえで、低カロリーを意識しつつ化学加工成分の採用などを極力控え、そのようなアレルギー体質のある方にも飲みやすいような仕様にしたのが、まさに低脂肪牛乳そのものに他なりません。

 

この製品を店頭で購入をしてコーヒーに加えて飲んでいくという方法ですが、かなりなカロリーダウンになりダイエットなどにも大変効果的ですので、私もぜひオススメしたい製品の1つであると考えています。また、コーヒーに混ぜたりするだけではなく、コーヒーを使用したゼリー類の中でも、コーヒーミルクゼリーの材料としても大いに利用が可能ですので、そうしたお菓子のカタチとしてのメニューとしてもオススメしたいと思います。

 

本当にこの低脂肪牛乳の製品は、乳製品アレルギー症状がある方にとっても飲みやすく食しやすい飲料類の1つである事には間違いが無いと、私自身としては自分なりの確信をしています。

 

4.低脂肪牛乳とコーヒー類との相性の良さについて、
そして今話した低脂肪牛乳とコーヒー類との相性の良さについてですが、低脂肪牛乳にはなんと、コーヒー類が苦手な方と乳製品類が苦手な方それぞれの両者においての、それぞれの苦手さを克服できる鍵があるものと考えられます。つまり、牛乳とコーヒーの仲介者的役割を果したりしていく働きがある事になりますので、今後もさらに研究がなされたりしていく事には間違いが無いものと考えられます。正直いうと、現在この私が日常において頻繁に飲んだりしている低脂肪牛乳の製品自体まだまだ完全であるとはいえない製品類というのが現状ですので、今度はこれに対しての様々なカタチによるアレルギーを持つ方なども出てきているような状態ですので、今度はそちらでの対応をメーカー側としては新製品開発というカタチでしていかなくてはならないといった現状なども間違いなくあります。

 

また、従来型の牛乳が大好きな方で低脂肪牛乳に対してのアレルギーを感じる方などもおられるようですので、本当に克服していくべき面がまだまだ課題としてあるものと考えられます。そうした様々な課題をこの低脂肪牛乳の製品類は抱えたりはしていますが、まだまだその分、多くの克服が可能な可能性を秘めた製品類といえますので、今後のメーカーによる開発面での行く末が世論から注目をされていくものと思われます。そして、先程も幾度か触れたように、間違いなくこうした低脂肪牛乳とコーヒーは相性が良いのは間違いがありませんので、そのうちに誰もが気軽に飲めるような低脂肪牛乳を使用したコーヒーミルクの製品類が商品として開発をされたりしていくような可能性とかも大いに有り得ますので、メーカー各社による開発振りなどを私達一般消費者としては見守っていく将来的な価値は間違いなくあるといっても過言ではありません。

 

5.結論としての私の言いたい事
これまで先程も話したように、今までの若い頃の経験から私自身もコーヒーが苦手な面がありましたが、気兼ねなく一部の製品類を飲めるようになったのも間違いなくこの低脂肪牛乳の存在というものがあったおかげがあります。本当に心から、私は製品自体とこれを製造をしたメーカーへ感謝をしています。確かに質の面などにおいてまだまだ課題などが無い訳ではありませんが、ある程度コーヒーに対しての苦手さというものを克服出来たりした事には間違いがありませんので、今後も新製品類などが開発をされたりした場合にはぜひとも、購入をしたりしたうえで飲み続けていきたいと考えています。

 

本当にまだまだ可能性を秘めた、低脂肪牛乳とコーヒーというそれぞれの存在には間違いがありませんので、これらを如何に、次の世代であるみなさんへ伝えていけるかが今を生きる私達一般消費者においての課題と言える面もあります。そして克服はしたもののカタチとしては確かに完全ではありませんが、私自身のこれらのコーヒーと低脂肪牛乳との関係性といったものは、生きるうえで不可欠なものである事には間違いがありません。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ドリップコーヒーに関してのお悩み相談室

現代社会に欠かせない、時にリフレッシュ、時に眠気覚まし、時には健康維持にと1人何役もこなすエリート飲料。 それがコーヒーです。 続きを読む ドリップコーヒーに関してのお悩み相談室

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0