Ellery(エラリー)珈琲店

今回ご紹介するコーヒー店は、熊本市東区にあるEllery(エラリー)珈琲店です。

 

場所は、熊本市民病院の裏手にありますが、メインの通りから中にすこしはいっていることもあり、静かで落ち着いた隠れ家的なお店です。

 

開店時間が11時とちょっと遅めなので、用事をすませた帰りにほっと一息をつくのによく利用しています。

 

このお店はまだOPENして1年ほどですが、その落ち着いた雰囲気と1杯1杯ていねいにハンドドリップされたおいしいコーヒーに魅せられた人も多く、男性ももちろんですが、女性が喜ぶちょっと特別感のある大人の空間です。

 

一戸建の敷地内に建てられた深い緑の平屋の建物に、白の窓枠。コーヒーカップと店名を形つくったモダンな鉄製の看板。外観からも上品さやカッコよさが感じ取れます。

 

店内に入ると、イギリスの書斎をイメージされただけあり、落ち着いた上品さの中に、華やかさのある空間です。家族や友人とではなく、一人で行きたい、自分の時間を大切にできるお店です。

 

この雰囲気でいただけるのが、神戸にある有名な焙煎店の萩原珈琲のコーヒー豆です。少量ずつ注文し、つねに新鮮なコーヒー豆というマスターこだわりを感じます。

 

こだわりの豆を、引き立てそして淹れたてを味わう。そのこだわりをさらに引き立てるのが、コーヒーカップです。

 

マスターの背後の壁には、Wedgeeoodなどの高級なコーヒーカップがところ狭しと並んでおり、その数は100客ほど。もちろん、コーヒーカップのリクエストもOKですが、マスターが、自分にどれをのカップをセレクトしてくれるのか?内心ドキドキしながら、ハンドドリップの所作をみる時間がたまりません。

 

そんなちょっとドキドキする特別な席は、マスターのいるカウンターと向かいあうように4席あります。空いていれば、ぜひこの席に座って、香りも一緒に楽しんでほしいと思います。

 

奥には、2人用のテーブルが3組あり、じっくり本を読みたいそんな空間です。

 

このお店のもうひとつの魅力は、壁いっぱいの本。出入り口以外の壁は本でぎっしりと、もちろん話題も本もたくさんあります。

 

本は全部で1000冊ほどあり、もちろんコーヒーを飲みながら自由に楽しむことができますが、ミステリー小説などもあるので最後まで読みたくてついつい長居してしまいそうです。

 

もしかしたら、時間の経過とともいかわるコーヒーの味わいを本を読みながら楽しむことも計算されているのかもしれません。

 

私は、かならずカウンター席で、コーヒーを挽くその香りからコーヒーを楽しんでいます。本はあまり読まないので、私のお楽しみはケーキセット。

 

ケーキのおすすめは、チーズケーキとチョコケーキのどちらも楽しめる欲張りなケーキセットです。どちらのケーキも濃厚でしっとりした味わいですが、特にたべていただきたいのが、チョコケーキ。生地にコーヒー豆も入っているので、甘さの中にすこしの苦みとコーヒーの香りがふんわりと香ります。

 

この他にも、週替わりのシフォンケーキもあり、珍しいフレーバーもありますよ!

 

また暑い夏によく頂いたアイスコーヒーは、シェイカーにドリップしたコーヒーをブランデーグラスで急冷することで仕上げたもの。アイスコーヒーなのにその香りがふんわりと漂うのはこの淹れ方によるものかもしれません。

 

薄まるからといってあらかじめコク淹れたり、まとめてドリップしたものを冷蔵庫で冷やして提供されることも多いアイスコーヒーですが、一度こちらのアイスコーヒーを飲めばその手間にかくされた味の違いを体感できること間違いないです。

そうそう店名は、オーナーの好きなミステリー作家の名前から。ミステリー本が好きな方も一度足をはこんでみませんか?

 

〇Ellery(エラリー)珈琲店
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/ellerycoffee/

【住所】熊本県熊本市東区湖東1-11-24
【電話】096-365-2700
【店休日】毎週水曜日
【営業時間】AM11:00~PM7:00

コメント