KONO式ドリッパーのススメ

コーヒーを飲むときは、いつもハンドドリップしているわが家。ずっとオーソドックスな3つ穴タイプのドリッパーを使っていたのですが、ある時KONO式ドリッパーを使って淹れてみたところ、いつもと同じ豆なのに美味しくなってビックリ!それ以来、ずっとKONO式を使っています。

 

KONO式ドリッパーというのは、大正時代から続くコーヒー会社のスペシャリストが、家庭でも美味しいコーヒーを提供したいと考え出したドリッパーです。いちばんの特徴は、ドリッパーが円錐形になっているところ。とんがり帽子を逆さまにしたような形と言えば、イメージしやすいでしょうか。

ハンドドリップの王道といえばネルドリップです。ネルとはフランネルのことで、つまり布。ペーパーよりも繊維が細かいため、ネルを使ってコーヒーを濾過すると、雑味が取れスッキリまろやかな味のコーヒーが抽出できます。ただこのネルドリップは、お手入れが面倒くさいという難点があります。繊維が細かい分きれいに洗いにくいし、ネルを水に浸して保管しなければいけない上に、その水は毎日変えないといけません。毎日コーヒーを入れるお店ならまだしも、一般家庭ではちょっと手が出しにくいですよね。

そこで生まれたのがKONO式です。ペーパードリップの手軽さと、ネルドリップの美味しさのいいトコ取り!喫茶店やコーヒーショップなどでもこのドリッパーを採用しているところが多く、つまりはプロも認めた味が引き出せるということ。これは興味がそそられます。

 

先ほど触れた、円錐形というのは、そのネルドリップのような美味しさを引き出すために、試行錯誤した結果到達した形。一般的な1つ穴や3つ穴のドリッパーと比べると、お湯の落ちる速度が速く、粉に均一にお湯が行き渡りやすくなります。言い換えると、「穴から落ちるコーヒーの濃度が均一になりやすい構造」ということで、プロが淹れても素人が淹れても味にムラができません。

 

実際にお湯を注いでみると、あっという間にお湯が落ちてしまって、「本当にこれで大丈夫?」と最初は心配になりました。でも飲んでみると、これがすっきりまろやかなんです。しかも、香りもいい!

しかしテンションが上がった勢いで、自分でいろいろ本やネットで調べてみたところ、少しショックな事実が判明しました。

淹れ方を間違っていたんです。。

厳密には間違っているというよりも、もっと美味しく淹れられる方法がある、ということなんですが、わたしはずっと今までと同じように「蒸らして注ぐ」という淹れ方をしていたんですね。それでもコーヒーは美味しく淹れられるのですが、KONO式のメリットを生かしきれてはなかったんです。

KONO式の良さを最大限に引き出すためには、「豆を蒸らさない」そして「ゆっくりポタポタと注ぐ」これに尽きます。

実はKONO式の特徴は、円錐形であること以外にもうひとつあり、それが「お湯を流すための溝が短い」というものです。ドリッパーの内側を見てみると、一般的なドリッパーは上から下まで溝があるのに対し、KONO式は下半分にしか溝がありません。そのため、注がれたお湯は、上半分でいったん滞留してから流れていきます。

 

そこで、ゆっくりポタポタとお湯を注ぐとどうなるかというと、お湯の滞留時間が長くなりますよね。するとそれが結果的に、一般的なドリッパーの蒸らし時間と同じになるため、蒸らさなくても本来の味と香りを引き出すことができるという訳です。

正しい淹れ方を知ったわたしは、早速実践。すると、すっきり感やまろやかさはそのままで、これまでよりもずっとコクのあるしっかりとしたコーヒーを淹れることができました!ちょっとしたことで、随分味が変わるもんです。

でもコーヒーって、その日の気分や体調によって、飲みたい濃さが違いますよね。じっくりゆったり過ごしたい日は濃いめのコーヒー、ちょっとお疲れ気味の時はアメリカンくらいのライトなもの。ホットで飲むか、アイスで飲むかでも変わります。そんな時、お湯を注ぐスピードを変えるだけで濃度を変えられるのはかなり嬉しいかも。

と、散々いろいろ語ってきて何なのですが、わたしは正直言ってあまりコーヒーの微妙な味の違いは分かりません。もちろん豆が変われば分かりますが、ドリッパーを変えたくらいで劇的に変わるかというと、よほどコーヒー通じゃない限り、多分そんな風には感じないのではないでしょうか。

それなのにKONO式をすすめるのは、今回たまたま飲み比べできる環境にあったこと。そしてその結果、KONO式で淹れた方が断然美味しかったからです。

コーヒーの淹れ方には、ペーパーフィルターを使う以外にも、フレンチプレスやサイフォン、水出しなどいろいろあります。そしてそれぞれに良さがあり、好みもあるので、一概にこれがベストと言い切ることはできません。ただ、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップは、最も手軽で一般的です。その中でベストを決めるなら、わたし的にはKONO式です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA