LA BOUTIQUE de Joel Robuchon

東京駅徒歩数分にある丸の内ブリックスクエア1Fにあるカフェの紹介です。

 

三菱一号館美術館の裏と言っていいんでしょうか、すぐ脇にあるビルが丸の内ブリックスクエアです。

 

そこの1階にLA BOUTIQUE de Joel Robuchon 丸の内ブリックスクエア店が入っています。

 

ここのビルの他にも恵比寿ガーデンプレイスや六本木ヒルズに店舗があります。お洒落なところばかりですね。

実際に店舗は非常にお洒落です。

 

店内は落ち着いた赤の壁紙が貼られていて、木の机と椅子が置いてあります。
客層も非常に落ち着いた人が多く、落ち着いて店内で一息つくことができます。オフィス街のど真ん中にある店舗だからこそでしょう。お昼の時間に行くと、サラリーマンやOLの方の利用が多く見られます。

 

ここの店舗のいいところは、テイクアウトしてブリックスクエアの中庭に行くと、東京のオフィス街とは思えない素敵な中庭があることです。
その中庭は緑が多く、ベンチも多く設置してるので、天候がいい日は中庭でゆっくり休んでいる人が多いです。

 

さらに三菱美術館に面した中庭なので、建物の概観も合わさり非常に綺麗な中庭になっています。
お天気がいい日はその中には年配の方が多くいます。コーヒーを傍らに置いて、三菱美術館の水彩画を書いているのです。そんなゆっくりした時間が流れる中庭でのコーヒーは別格です。

 

さて、気になる店舗の食事やドリンクについてです。

 

店舗に入るとまず目に入るのはパンです。
LA BOUTIQUE de Joel Robuchonではパン屋さんのように作りたてのパンを販売しています。

 

バケットやカンパーニュ、食パン、惣菜パン、菓子パンとその種類は豊富です。
季節野菜のフォカッチャが人気みたいで、色とりどりの季節の野菜が乗っているパンです。軽く食べるには丁度良い大きさで、値段も手ごろです。

 

他にも、季節ごとに菓子パンが新発売しますが、現在は秋なので栗を使った栗の形をした菓子パンが売っていました。見た目も可愛く小さいサイズだったのでおやつにピッタリだと思います。

次にケーキの紹介です。
LA BOUTIQUE de Joel Robuchonではケーキ屋さんのように綺麗なケーキが売っていて、店内でコーヒーと合わせて頂けます。
ケーキのような生菓子だけでなく焼き菓子も売っています。クッキーやマドレーヌなどです。これらは個包装されていて、ギフト用も用意されているので、ちょっとしたプレゼントに購入することもできます。わたしが来店したときは、外国人の方が手にとってどれにするか選んでいました。きっとギフト用にするのでしょう。

 

ちなみにパウンドケーキはしっとりしていてバターの風味がしっかりしていてコーヒーぴったりでした。
これらのお菓子や軽食だけでなく、パスタといったちゃんとした食事も用意しています。仕事の休憩中のランチでの利用もできますね。
LA BOUTIQUE de Joel Robuchonではガレットが美味しくて、これはテイクアウトもできます。店内で食べるときは四角い形に畳まれて提供されますが、テイクアウトだとクレープのように丸めて渡してくれます。オカズ系の味もありますし、デザート系の味もあるので忙しいときでも手軽にお好きな味のガレットが食べられます。

 

最後にドリンクの紹介です。
コーヒーはカフェオレ、モカ、ラテなど定番のものは全て取り揃えています。美味しいカフェメニューやデザートを引き立てるように主張が強すぎないコーヒーですが、わたし的には非常に落ちつく味でした。
他に気に入っているものはロイヤルミルクティーで、濃厚な紅茶にたっぷりのミルクを入れていて美味しいんです。コーヒーもミルクティーもテイクアウトで頼んで、中庭でのんびり飲んでいると本当に東京にいるのだろうか、と思えてきます。

 
また、アルコールも少量ですが用意があるので、ディナーの時間に立ち寄ることもできます。

 

日頃、都内の喧騒に飲まれて疲れ気味の人に味わって欲しい、都会のオアシスを味わえるお店でした。

 

LA BOUTIQUE de Joel Robuchon 丸の内ブリックスクエア店
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
電話:03-3217-2877
URL:http://www.robuchon.jp/laboutique

コメント