OBROS COFFEE

郡山で生まれ育った兄弟二人がはじめたコーヒー屋の紹介です。そこを通った人なら誰でも目が引かれてしまうであろう、交差点の一角にある一面ガラス張りになっているお店。

「なんだこの店?」

一見何のお店だか外観だけでは全くわからない。
だから信号待ちなんかの間、皆お店の中をつい覗いてしまう。

そこは福島県郡山市。
大通り2つを繋ぐ裏道の中間くらいに位置しています。

看板に「OBROS COFFEE」と書いていあるのを見て
ようやく「あ、コーヒー屋か」と気付きます。
「こんな田舎になんてオシャレなお店が・・」
そう思ってしまうほど本当に綺麗なお店です。
コーヒー好きとしては行かずにはいらません。

OBROSさんではお店の中に入る前に外で注文・前会計のシステムになります。
どれを選んだらいいかわからない時は、お二方に相談するといいと思います。
お客様の好みに合うものをオススメしてくれます。

注文を済ませた後、早速中へ。
ですが全てがオシャレすぎるから、初めて行った時は中に入る扉も見つけられない始末。
すでに中にいらっしゃった他のお客様に開けてもらいながらやっと中へ。

中もやっぱりオシャレ。
ラ・マルゾッコ社製の綺麗なエスプレッソマシーンも置いてある、バリスタの作業スペースを囲むようにカウンターテーブルが並んでいます。
つまりバリスタの作業を一つ一つ見れる「ライブ感溢れる」作りとなっていて、バリスタとの距離も近いので彼らとの会話も楽しむことができます。
コーヒーの味だけでなく、お客様に楽しんでほしいという思いがしっかりと伝わってきます。

コーヒーに魅了された若き二人が始めたコーヒー屋は
世代的に、まさに「ザ・サードウェーブ!」のお店です。
用意してあるコーヒーは浅煎り豆のみ!
東京のロースターから卸してもらっているようで、定期的に種類は変わりますが浅煎りなのは変わりません。
注文時に「普通のちょうだい」と言われても「ごめんなさい。うちには普通のはありません!笑」とはっきりと申されるほど。
「浅煎り」コーヒー豆の美味しさを幅広い年代の方に知っていただきたいようです。

OBROSさんで飲めるのはハンドドリップコーヒーとエスプレッソドリンク。
(もちろんチョコ・抹茶系のコーヒーが飲めない人も楽しめるドリンクもあります。)
福島県でも浅煎りコーヒー豆を使用するお店は増えてきていますが
OBROSさんでの特徴は「浅煎りコーヒー豆を使用したエスプレッソドリンク」も飲めることだと思います。
特にカフェラテはもはやコーヒーとは感じられない、ミルクティーに近い味わいが楽しめます。
「こんなコーヒー飲んだことない」
そう思う人も多いと思います。

ちなみにOBROSさんでは店内だけでなく、テイクアウトも可能です。
見ていると、店内で1杯・テイクアウトで1杯、と複数注文されていく人が多い印象です。
夏向け・冬向けドリンクもあるので、行くたびに常に「あれも飲みたいこれも飲みたい」となってしまいます。

浅煎りコーヒーは正直好き嫌いは別れると思います。
酸味がどうしても好きになれない方もいるだろうし、逆に深煎りの苦いコーヒーがお好きな方だっていると思います。
ですがそういう酸味コーヒーが苦手な方やコーヒー自体が好きじゃない人にこそぜひ一度行って頂きたいお店です。
コーヒー=苦くて濃くて飲めない、と思っている方は衝撃を受けると思います。
苦くてコーヒーが飲めなかったけど浅煎りコーヒーなら飲める!という人もいるようです。
また、「浅煎りは嫌な酸味がある」という印象が強い人には「美味しい酸味」というものが体感できると思います。

 

東京でしっかりバリスタセミナーを受けたお二人の腕は確かなものです。
また、お客様に楽しんで頂きたいというホスピタリティもしっかりとお持ちです。
若きお二人には、郡山だけでなく福島・東北のコーヒー業界を盛り上げていってほしいです。

■ OBROS COFFEE
■ 福島県郡山市細沼町1−30
■ 024-926-0471
■ https://ja-jp.facebook.com/obroscoffee/

コメント