電動コーヒーミルを購入する際のアドバイス

コーヒー愛好家にとって、一台はぜひ手に入れたいのが「コーヒーミル」ですよね。この一台があると、焙煎されたコーヒー豆を粉砕する事ができるので、家庭でもより美味しい本格コーヒーを楽しむ事が出来ます。

 

ひと昔前は手動タイプが主流でしたが、最近は「電動コーヒーミル」が多くなり、かつ手軽で値段から購入する事が可能となっています。そこで、どのような電動コーヒーミルがおススメなのか、私なりのアドバイスをさせていただきます。

 

○電動コーヒーミルと手動コーヒーミルについて
電動コーヒーミルは、手動式と比較して自動なので手軽で便利という印象を持たれると思います。しかし、その反面でコーヒーに拘るなら、なんとなく手動でないと美味しさが半減するのではと思ってしまう人は、今でも多いと思います。しかし、厳密には今は電動コーヒーミルでまったく問題がないでしょう。

 

それは、例えばコーヒー豆の直売店から直接購入する際、今時、店主自らが手を動かしてコーヒー豆を粉砕する人はいないからです。そして、有名店などでもその多くは自動を導入しているからです。

もちろん、中には拘りを持って手動タイプを頑なに守っている人もいるでしょうが、飲む側としてはコーヒー豆や種類には拘りがあっても、コーヒーミルの手動と電動によって、味の違いが分かる人はいないと思われます。

・コーヒーミルの種類…電動式、手動式の2タイプ
・電動コーヒーミルの種類…プロペラ式、臼式、コニカル式の3タイプ

今回は電動コーヒーミルについてですが、まずは電動式と手動式の特徴を挙げていきます。
・電動コーヒーミル…手軽で便利、最近は価格も安くなり種類豊富。さらに粉の調整も可能。
・手動コーヒーミル…雰囲気良いが想像よりも疲れる。粒の調整も難しい。

本当のコーヒー好きには怒られそうですが、現実的には電動コーヒーミルの方があらゆる面で優れているのが事実です。

 

特に、一番大事なコーヒー豆を粉砕しての挽き方では、電動の方が誰が淹れても美味しく感じるでしょう。

では、手動式にはメリットがないのかと言うと、そんな事もありません。まず、雰囲気が良いですし、自分だけの一杯と考えたら、時間をかけて妥協なき一杯のコーヒーを完成させる事ができますし、最近は手動式でも良い刃のものが安価で増えているようなので、趣味として時間を掛けられるなら、手動式もまだまだ捨てがたいです。

○どのような電動コーヒーミルが良いのか? 価格帯や種類は何!
電動コーヒーミルは3種類が現在の主流とされています。それぞれの特徴を挙げるなら、
・プロペラ式…プロペラの様な刃を回転させる。最も一般的で価格が安い。
・臼式…コーヒー豆を臼で磨り潰すもの。プロペラ式よりは価格高くなる。
・コニカル式…円錐状の形が特徴的で高級品とされる。価格も最も高く、プロ御用達の方式。

単刀直入に言うと、普通の一般人で電動コーヒーミルを購入したと話していたら、まず間違いなくプロペラ式だと思います。そして、ある程度の知識や拘りがあるなら、臼式を購入する人も僅かにいるでしょう。コニカル式は高価な事もありますが、サイズが大きい事や一度に作れる量も多いので、素人では買う人が少ないでしょう。お金持ちの道楽などになります。

 

一般的には、有名コーヒーチェーンや喫茶店などがコニカル式となっているので、伺った時は注視してみて下さい。

アマゾンなどを参考にすると、電動コーヒーミルの価格は、
・プロペラ式…2000円~5000円程度
・臼式…4000円~10000円程度
・コニカル式…10000円~業務用は数十万?

初めて購入するならプロペラ式になると思いますが、拘るなら臼式でも良いでしょう。探せば2千円ぐらいから購入可能なので、趣味として十分楽しめる価格です。コーヒーは豆の粒の大きさが味を左右すると言うので、より理想の一杯を追求するなら、また大人の趣味としても電動コーヒーミルを購入するのは、おススメできます。

○電動コーヒーミルについてのまとめ
電動コーヒーミルは、手動式と比較してもメリットが大きいですし、何よりも最近は安価で販売されているので、購入を検討しても十分良いと思います。何よりも、自分好みを味を追求できるのは、コーヒー好きにとっては至福の時間となる事は間違いなしです。

 

最初の一歩として、料金が安いのに選べる種類が豊富なプロペラ式などは、素人の趣味としては十分すぎるレベルを感じさせてくれます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

アウトドアでも使える便利なコーヒーミル

一息いれたい時には必須といっていいほどの飲み物でもあるコーヒー。いろいろな淹れ方があると思いますが、コーヒーが好きな人はまずインスタントで飲むという方はいないんではないでしょうか。豆からいれたコーヒーの味や匂いは独特のものがありますし、特に挽きたては香りが強く美味しく感じられます。

現在は様々なコーヒーグッズが出ているので自宅だけでなく、アウトドアでも手軽に美味しいコーヒーが楽しめるようになりました。今回はアウトドアでコーヒーをより美味しく楽しむためのコーヒーミルについてお話したいと思います。

まずアウトドアだからこそ必要になってくる最大の要素はコンパクトで持ち運びしやすいというところだと思います。アウトドア向けのものも色々とありますが、その中でも例えば『ポーレックス』から出ている手挽きミルですとコンパクトで使いやすいです。

特にこういった手挽きミルの場合、ハンドル部分が取り外しできるタイプのものが多く、アウトドアなど持ち運ぶ際にその取り外したハンドル部分の収納に困る事も多いのですが、ポーレックスの手挽きミルですと、ミニの方は専用のゴムのカバーが付いていてそこに収納できるようになっていますし、通常タイプのものでもポーレックス用のカバーが別で売られていたりもするのでそれを使うこともできるため便利です。

使い方も簡単で上部に豆を入れて挽けた豆が下の部分にたまっていくのですが、挽き具合の調節をする際に色々取り外さないと調節できないミルが多い中で、ポーレックスのタイプのものですと下部の挽いた豆をためるボトル部分を取るとネジがありそこで調節できるようになっているので便利です。

ポーレックスは手挽きミルの中では比較的効果ですが、類似品で似ているものが安価で売られているのでアウトドアなどのちょっと使いにはそういったものでも十分美味しいコーヒーが飲めるかと思います。

また、たくさんの人数でアウトドアでコーヒーを飲みたくて手動では面倒くさいという方もいらっしゃると思います。そういった方は電動ミルがおすすめです。

ただし電動ミルの場合はどうしても大きさが大きくなりかさばりがちだったり、電源供給が必要なものも多いので使用する場所などによってもベストなものが変わってきます。基本的にはハリオ、メリタ、カリタなどのコーヒー用品専門メーカーから出ているコンパクトなものがおすすめですが、その他Madoatsから出ている電動ミルなどですとUSBで充電できてフル充電から10回以上豆を引くことができるものなどもあるので、電源供給が出来ない場合などは重宝します。

色々なコーヒーミルがありますが、例えばコーヒーミルを忘れてしまった、途中で壊れたり充電が切れてしまったなど不測の事態に陥ってしまうこともあると思います。最後にそういった場合のコーヒーの挽き方をお教えしたいと思います。必要なものは薄いバンダナなどの布と石です。やり方は簡単で布にコーヒー豆を包んで大きめの石の上に置き、手にも大きめの石を持って豆を潰すだけです。

どうしてもムラができて時間もかかりますが、実は意外と問題なく飲めるコーヒー豆を挽くことができるのでいざという時は試してみてください。その際細かくなりづらい場合はペーパーフィルターなどではなく、煮出してしまうというのもコツです。

キャンプの朝起きたら湯を沸かしてコーヒーを入れる、夜全ての作業を終えた後に火を消す前に湯を沸かしコーヒーを入れる。コーヒーは実はアウトドアでも豊かさを演出しながら一息いれられる大切な飲み物だったりもしますので、自分にあったコーヒーミルを見つけることは楽しいアウトドアでのコーヒーライフに繋がります。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

手動のコーヒーミルで特別な時間を

コーヒーを如何に美味しく飲むか。
豆の品種、焙煎、挽き具合、淹れ方や使用する器具などで味や香りは変化してしまいます。
究極の1杯を目指しとことん手をかけるのか、それとも嗜好品と割り切ってさっと飲める手軽さを求めるのか。
コーヒー好きな人間にとってどう飲むのかというのは悩ましくも楽しいテーマと言えるのではないでしょうか。
今回はその中でも手動のコーヒーミルについて取り上げてみたいと思います。
忙しい毎日を過ごすなかでコーヒーブレイクは心と頭を切り替えてくれるとても大切な時間です。
普段は時間優先で便利で簡単なインスタントに頼っていますが、ここぞというとき私はどんなに忙しくても手動のコーヒーミルを使うことにしています。
お気に入りの豆屋さんで購入してきた大好きなブランドを、美味しくなーれ、美味しくなーれ、と念じながらゴリゴリゴリゴリ……と想いを込めて挽くのです。
その作業をしているとなんだか心が落ち着き、頭が冴えて考えがまとまっていきます。

手は疲れますし、時間効率を考えると無駄ともいえる作業です。でもこれがとても心地よく不思議とプラスに作用するのです。

この愛用している手動のコーヒーミルは仕事でお世話になった尊敬する先輩からのプレゼント。
「物事は急いでもいい結果は出ない。歩みを止めてはいけないけど、落ち着いて立ち止まり、ゆっくりと考える時間も必要だよ」という言葉と共に頂きました。
何分素人の手回しなものですから、惹いた豆の粗さはなかなか安定しません。当然ながら淹れるたびに変わる不安定なコーヒーが出来上がってしまいます。
でもそれがいいのです。その日その時に引き出せた味と香り。美味しかったり、いまいちだったり。一期一会の特別な出会いがまるで魔法の様に作用して、困難に立ち向かう力と知恵が湧いてくるのです。
さて美味しい?コーヒーを飲んだあとはさっそく難題に取り掛かって……といきたいところですが、コーヒーミルを使うにあたりもっとも重要な作業が残っています。
それは片付けです。後回しや次に使うときでもいいんじゃないのとお思いになるかもしれませんがそれはいけません。なぜかというとコーヒーの粉が酸化してしまうからです。
器具に残った粉は時間が経つと異臭の原因になってしまい次に淹れるコーヒーの味に影響を及ぼしてしまいます。そうはいってもミルの分解は困難です。神経質になる必要はありません。届く範囲でかまわないのです。専用のブラシでさささっと余計な粉を払い落とせば掃除は完了。隅々までやる必要はありません。短時間で終わらせられるのですぐに済ませてしまいましょう。
どうでしょう?手回しのコーヒーミルも悪くないかもと思ってもらえたでしょうか。もし買い求めるのであれば通販ではなく、店頭で実際に手に取って回してみることをおすすめします。
値段はピンキリ。安いものから高いものまで様々なものがあってきっと目移りしちゃうと思います。こういう器具は基本的に品質が価格に比例するものなので、お財布と相談してお高いものを求めれば間違いないかと思います。
でも私は手回しは特別なものという立場です。どうせなら価格ではなく、これいいかもとデザインやフィーリングで決めてしまうのが一番なのではと考えます。
なぜなら手回しという作業は結構大変だからです。さすがにコーヒー大好きだとしても毎日は無理という方が大半なのではないでしょうか。

気合を入れて高いものにしても使わなければ宝の持ち腐れです。私の様にここぞというパワーや閃きが欲しいときであったり、大切な誰かとゆっくり過ごし語らう時間のためであったり、特別な瞬間を演出し作り出すために使うのがベストではないかと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーミルの使い方を把握しよう

コーヒーに対するこだわりや考え方は人それぞれですが、どうせ飲むならおいしい味わいに仕上げたいものですよね。
コーヒーミルを選ぶ時は電動式または手動式があり、それぞれのメリットやデメリットを比較し自分に合ったものを探すと愛着を持てます。
コーヒー豆は挽き方によって抽出すると味わいが変わるもので、粗挽きや細挽きなどおいしくなるタイミングを知ることが大事です。

コーヒーミルは手動だとわざわざレバーを回す手間や時間がかかりますが、価格が安いことや経験を通してコツをつかめるなどのメリットがありますよね。
コーヒー豆を挽く時は手首になるべく負担をかけたくないもので、自分なりに試行錯誤して最適なやり方を知る方法が望ましいです。
手動のミルはハンドルと反対側の部分に挽き方を調整できるネジがあり、どの程度回せばいいか経験を通して判断するため慣れるまでに時間がかかります。
初めて使う時は誤った方法だと手が滑って怪我などをしやすく、事前に動画があれば参考にすると目で確認できて良いですよね。
ミルは分解できると持ち運びにも便利ですが、部品を誤って付けないように構造を確かめる必要があります。

手軽にコーヒー豆を挽くためにコーヒーミルを選ぶ時は電動にするとボタン操作ひとつで設定でき、そのまま待っているだけで完了するため時間がない場合に役立ちますよね。
電動コーヒーミルは手動と比べると操作が簡単ですが構造が複雑で、価格が高いためできるだけ長く使えるように決めたいものです。
電動式のタイプはプロペラ式と臼式、コニカル式、カット式とあり、購入する前にそれぞれの違いを把握して選ばないと理想の味に仕上がらない可能性があります。
プロペラ式はミキサーのような感じで初心者向けですが、他の方式と比べると豆の挽き具合を調整できないことが欠点です。
使い方はプロペラ式はボタンを押す時間によって豆の粗さを調整することができ、慣れが必要ですが初心者でも使いやすく価格が安くて人気があります。
他のタイプは刃の形状によってつまみを調整してボタンを押すだけで豆の挽き具合を調整でき、コーヒーの味にとことんまで追求したい方に向いていますが価格が高いです。

コーヒーミルの選び方は人それぞれですが、失敗をしないようにするためには事前にメリットやデメリットを確かめて決めることが大事です。
コーヒー豆は素材が良くても挽き方を間違えると本来の風味を出すことができないため、最適なコーヒーミルを探して経験を通して操作に慣れるようにすると専門店と同等の味わいを自宅で堪能できます。

 

最近ではコーヒーミルの使い方の動画をサイトなどで見ることができ、注意すべき点などを把握すると好みに合わせて味を調整できて便利です。
豆の挽き具合はフレンチプレスやエスプレッソなどで最適な状態が異なり、自分自身で試して満足できる味わいになるようにコツをつかむと趣味として楽しめます。

コーヒーミルの使い方は手動は覚えるべきことが多く理想の状態にするために経験が必要ですが、価格が安くて手軽に購入できるなどメリットがあります。
電動式の場合はボタン操作ひとつでできると思われがちですが、プロペラ式は価格が安いものの慣れるまでに経験が必要で他のタイプは楽ですが価格が高いなどデメリットもあるため比較して決めたいものです。

 

コーヒーミルは自宅で専門店の味わいを堪能するために役立ちますが、様々種類があるためそれぞれのメリットやデメリットを確かめてから選ぶ必要があります。

正しい使い方は怪我をしないように注意すべき点などを把握して理想の状態になるように試行錯誤し、自宅で優雅なひとときを味わうきっかけにすると良いものです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

おすすめの手動コーヒーミルの特徴を知るポイント

本格的なコーヒーを自宅やオフィスなどで味わいたい時はコーヒーミルを使い、好みに合わせて豆を購入して挽いてその場でこだわりを持って抽出をすると良いものです。
コーヒーミルは独特な形状であるためデザインを見ると興味を惹かれるもので、好みに合わせて決めると愛着を持てるため長く使えます。
手動コーヒーミルはハンドルの長さや形状がポイントで、原始的な方法であることや老舗の雰囲気があるためあこがれを持ちやすいです。

手動コーヒーミルはメーカーやハンドルの配置などで価格が大きく異なり、ランキングを参考にすると利用者が実際に体験しておすすめの種類を紹介するため参考にすると役に立ちます。
コーヒー豆はただ単に挽いて粉にすることだけでは理想の味に仕上がらないため、細挽きから粗挽きまで抽出方法によって相性が良い状態を把握して最適な種類を探すことが大事です。
通販サイトは多くのメーカーの商品をその場で比較でき、手動コーヒーミルは電動と比べると価格が安いものの海外で有名なブランドのものは高くなる傾向があります。
コーヒーミルは手動式にすると豆を削る音や手に響く振動が心地良く感じるもので、テンションを上げてコーヒーを味わえるようにすると趣深いものです。

手動コーヒーミルはハンドルを回すために選ぶ際には手首に負担をかけないようにすることや、横揺れをしないように固定できるように決めたいものです。
コーヒー豆を挽く時は多くの量を入れると詰まる場合もあり、こまめに入れるなど工夫すると手を休めることができて作業を効率化できます。
コーヒーは豆を挽く際にカッターの金属臭が付いて混ざるため気になりやすく、セラミック製にするなど工夫すると純粋な風味になって良いものです。
ランキングで上位のものは操作をしやすく形状やサイズにもこだわって手軽に持ち運びやすいため、購入する前に確かめて専門店の味を自宅やオフィスなどで味わえるようにすると満足できます。
手動コーヒーミルは通販サイトを利用すると定価より格安になることが多く、チャンスを活かして本格的なコーヒーを作るきっかけにすると便利ですよ。

コーヒーミルはただ単に自宅やオフィスなどで購入してコーヒー豆を挽くことだけでなく、分解して洗わないと雑菌が入るため逆効果になるものです。
分解をする時は部品が多いと構造を正確に把握しないと困るもので、初心者でも使いやすいことを確かめてから決めると安心できます。
おすすめの手動コーヒーミルは人によって評価が違うため、一位のものであっても実際に扱うとギャップを感じるものです。
コーヒーは豆本来の風味を出せるように抽出したいもので、挽き方にこだわりを持って自宅などで味わえるようにすると満足できます。

手動コーヒーミルは電動と比べると価格が安いですが、使いこなすまでに時間がかかるもののマニアには人気が高い原始的な方法です。
コーヒーはただ単に飲むことだけでなく作ることを楽しみにすると良いもので、ネルドリップ、フレンチプレス、エスプレッソなど最適な淹れ方を探すと楽しめます。
手動コーヒーミルは専門店に行くとマスターが豆を挽くために使うため、目で見るだけで興味を持ってしまいます。
おすすめのデザインや機種はランキングを参考にすると項目別に評価され、自分に合っていることを確かめて決めるきっかけにすると有意義に使えます。
コーヒーミルは使わない場合は分解するときれいな状態で保管でき、雑菌が入らないため純粋な味わいに仕上げることができて良いです。
手動コーヒーミルは経験を通して挽き方のコツをつかめるもので、趣味として楽しむきっかけにすると興味を持って選べます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

手動のコーヒーミルの種類とチョイスのポイント

コーヒーミルには手動のものと電動のものとが存在します。スイッチを入れればすぐにコーヒー豆が挽ける便利な電動コーヒーミルも人気がありますが、やはり手動のものが好みであるという人もいます。では手動のコーヒーミルの種類と、購入の際に考慮すべきポイントについて見ていきましょう。

「種類」
コーヒーミルの形は様々ですが、まずハンドルの位置に注目できます。多くのものはハンドルが上部についており、横回転させてコーヒー豆を挽きます。しかしハンドルが縦向きになっており、コーヒーミルの横に設置されているものがあります。このタイプのものはハンドルを縦に回してコーヒー豆を挽きます。見た目はもちろんのこと、自分が使用しやすい位置にハンドルが設置されているものを選ぶことができます。
またコーヒー豆を入れるホッパーにカバーがあるものとないものとがあります。カバーのないものにたくさんのコーヒー豆を入れて挽くと途中で豆が飛び出てしまうことがあります。そのため一度にたくさんのコーヒー豆を挽くことの多い人は、ホッパーにカバーのついたものがお勧めです。しかしカバーのないものはコーヒー豆がむき出しになっているために、香りを楽しむことができるというメリットがあります。またそれほどたくさんのコーヒー豆をホッパーに入れなければ豆が飛び出ることはないために、毎回一人分の豆しか挽かないという場合はカバーなしでも問題ありません。

「選ぶポイント」
上記ではハンドルの位置、そしてホッパーのカバーの有無について考えました。この他にもコーヒーミルを購入する際に考慮すべき点がいくつかあります。まずホッパーや挽いたコーヒー豆を受けるケースの大きさをチョイスしなければなりません。一度にたくさんのコーヒー豆を挽く人は、ホッパーや挽いたコーヒー豆を受けるケースが大きいものを選ぶほうが良いでしょう。もちろんこれらが小さなものでもコーヒー豆を挽く回数を増やせば問題ありません。しかしコーヒー豆をつぎ足したり、挽いたコーヒー豆を何度も取り出す手間を省きたければ、サイズの大きなものを購入すべきです。
またコーヒーミルの重さも重要です。コーヒー豆をしっかりと挽くためにはコーヒーミルを固定する必要があります。そのため手動のコーヒーミルの多は意図的に重たくなっています。しかし持ち運ぶ際にこの点がネックとなることもあります。
恐らく多くの人はコーヒーミルと聞くと、トップにホッパーがついてその上にハンドルのあるタイプのものを思い浮かべることでしょう。このようなものはアンティークな印象を与えるもので、非常におしゃれです。しかし先にも触れたように、最近では様々な種類のコーヒーミルが存在します。たとえば細長い筒型のコーヒーミルがあります。これは上部がホッパーとなっており、その下に挽いたコーヒー豆が溜まる仕組みになっています。またハンドルが本体から大きくはみ出てしまうデザインであるために、取り外し式になっているものも多々あります。このようなものは使用しないときにハンドルを外し、しまっておくことができます。ハンドルが取り外し式であるために収納を楽に行うことができます。

「何とい言っても香りが最高」
手動のコーヒーミルを使用することには様々なメリットが伴います。たとえば電動式のコーヒーミルのように電気代を必要としません。また電動式のものはあっという間にコーヒー豆を挽いてしまいますが、手動のものはゆっくりと挽くことになります。そのため粉になったコーヒー豆の香りをじっくりと楽しむことができるのです。もちろん何をメインとしてコーヒーミルを購入するかは人それぞれ異なりますが、手動のコーヒーミルには様々な良さがあるためにお勧めできる商品です。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

初めての電動コーヒーミル

コーヒーが大好きでカフェめぐりが趣味にしています。
でも、家でコーヒーを淹れるときは、いつもコーヒーメーカーです。
手動ドリップも何度か試してみましたが、まずくはないものの、正直、自分の腕ではコーヒーメーカーで淹れるのとさほど変わらないというか、むしろ、コーヒーメーカーで淹れたほうが美味しいというか・・・。

しかし、家でも、今よりももっと美味しいコーヒーを飲みたい!という気持ちはあって、ふと思ったのは、豆を自分で挽けばいいんじゃ?ということでした。 珈琲豆はお気に入りのカフェで購入していましたから、味はもちろん良いのですけれども、今までは、珈琲豆をペーパーフィルター用に挽いてもらっていたのです。 それはそれでスーパーで売っている珈琲(粉)よりは数段美味しかったのですけれど、美味しさの秘訣は鮮度!ということで、飲むときに、都度、自分で挽いてみようと思いました。

それからコーヒーミル探しです。
憧れは、もちろん、手でグルグルとハンドルを回して挽くタイプのクラシックなミルです。
あれが家に置いてあったら、恰好いいし、いかにもコーヒー通という雰囲気ですから。
でも・・・面倒くさがりやには不向き。 絶対続かないだろうと思いました。
あぁいうグルグルするタイプのミルは、その動作自体を楽しむものなのだろうなと思います。
休日の朝、ゆっくり起きて、おもむろにコーヒーミルを取り出し、好きな豆を選んでセットして・・・そんな光景に似合うのがクラシックなタイプのミルです。
そういう時間にも憧れますが、今回の私の目的は、毎日のコーヒーを美味しく飲みたい!ということなので、クラシックタイプは却下。 電動ミルにすることに。

とにかく面倒くさがりやなので「簡単に挽ける」という点を重要視して探しました。
ネットであれこれ検索しましたが色々な製品があるんですね~。目映りします。
コンパクトな電動ミルの場合、機能はシンプルですから、デザインだったり色だったりで差異をつけたりしているのだろうなと思いました。 そんなわけでカンタンに挽けるものはたくさんありましたが、悩んだ末、ネットで評価が高くてリーズナブルなMelitta メリタの セレクトグラインド MJ-518 にしました。

選んだ理由は・・・
・操作が簡単
・メリタで安心感がある
・安価(約2200円ほど)
・コンパクト

そもそもコーヒーミル自体が初めてですし、面倒くさがりやですから・・・。
結局使わないということも十分考えられます。
まずは安価なもので試してみようと。 もし “コーヒーミル生活” が続きそうなら、もっと多機能なものにグレードアップすればよいと考えました。 もう少し価格帯の高いものには、豆を挽く荒さを指定できたりするものもあるようで、それはそれであったらいいなとは思いましたが、まぁなくてもいいというか、挽ければいいやと思い直し、MJ-518に決定。狭いキッチンに置くのでコンパクトなことも重要でした。

数日後、商品が届き、ワクワクしながら使ってみました。
このコーヒーミルは本当にシンプルです。
豆を入れる → スイッチを押す。これだけ。
スイッチを押すとグラインドが始まり、スイッチを話すと止まります。
押している時間で、豆の粗さが決まります。
最初は何度か試してみて、だいたい10秒程度でいいようでした。
挽くときに、ミルを少し振ると、豆の挽き方にムラが出ない、らしいです。

挽いてからフタを明けると、あのコーヒーの良い香りが広がります。
MJ-518 で挽いたコーヒー粉をペーパーフィルターに移し、コーヒーメーカーにセット。
そのときにもよりますが、静電気で粉がくっついてしまうようで、ミルを逆さにしただけだと、粉が全て落ちてこなかったりするので、ブラシを使って全部移します。
面倒といえば、これがやや面倒でしょうか。 でも、大した手間ではありません。

音はやや大きいかもしれません。もう少し小さいといいかなぁと。
ただ、10秒程度のことなので・・・ 夜でも使ってしまっていますが。。

うちのコーヒーメーカーは、むかし、友人が引越祝いにくれた安い、というと失礼ですが… 単にお湯が落ちてくるだけのシンプル機能のもの。 ずいぶん長く使っています。
そんなコーヒーメーカーですが、電動ミルで豆を挽いてコーヒーを淹れるようにしてから味が違います! 美味しい。
やっぱり、その場で豆を挽くと違うんだなぁと実感しました。

手でお湯をドリップするのは、私にはハードルが高かったですが、豆を挽くだけなら、それも、電動ミルなら、お手軽で美味しいコーヒーが飲めるので、面倒くさがりやだけど美味しいコーヒーが飲みたい方にはオススメです。

何と言っても、面倒くさがりやの私が、もう3年使っているのですから。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

電動のコーヒーミルのポイントとは

コーヒーを飲むということはかなりお勧めできることになります。昔からそれなりに身体に良いと言う部分がありましたし、また普通に美味しいということがあるわけです。インスタントコーヒーも今は相当に美味いことになりますから、それでもよいのですが、さすがに本格的なものではない、ということもあるでしょう。

 

そんな人にお勧めできるのがコーヒーミルで挽いて、という事ですが、手動は相当に面倒なことになります。もちろん、そうしたことが好きであればよいのですが、いちいちやるのが面倒という人は、電動コーヒーミルがお勧め出来ます。

 

これは時間短縮しつつ、美味しいコーヒーが飲めるようになります。手動のほうが美味しい、ということもあるでしょうが、電動コーヒーミルでも十分に美味しいことがありますから、それは十分といえることでしょう。さて、電動コーヒーミルというのは、美味しく飲める理由がいくつかあります。まず、おいしいコーヒーというのは、どんな挽き方をするのか、ということによって左右されるわけですが、電動ですとこれがかなり均一に行うことができるようになります。

 

そもそも豆の大きさというのはどんなコーヒーであろうとそこまで均一ではないのですから、これをしっかりと均等に挽くということができるのは電動のほうが優れています。電動コーヒーミルは、粒の大きさをそろえて挽けることになりますから、均一で美しい味を出すことができるようになります。コーヒーミルには、電動式と手動式があるわけですが、電動式は短時間でたくさんの豆を挽くことができるようになりますから、時間を短縮することができるようになります。

 

これも魅力的なことになるといえるでしょう。電動コーヒーミルは手入れが市や水ということもありますから、そこもよいことになります。さて、選び方になるのですが、電動コーヒーミルには、一つは方式を見ることです。プロペラ式、臼式、コニカル式の3種類があり、そこからまずは選ぶことになります。プロペラ式ですと刃がプロペラ状でそれが回転することによって、豆を粉砕することになります。数千円単位で買うことができる安いものになります。そこまで高性能とは言いがたく、極端に味に拘らないという人であり、それでも挽きたてで、と考える人にお手軽にお勧め出来ます。

 

いくつかの形式があるのですが、最も安いタイプになります。もし一つが臼式があります。これは名前の通り、臼式は臼を上と下でかみあわせることによって、磨り潰していくことになります。要するに昔ながらのものに近いものになります。

 

プロペラ式よりは高いものが多いです。据え置きタイプが殆どになります。そして、最後がコニカル式になります。コニカル式というのは、固定された歯と、円錐状の回転する歯で切り刻むことになります。一番価格としては高いタイプになりますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。最も手軽に使うことができるものは間違いなくプロペラ式になります。

 

初心者であれば間違いなく、このプロペラ式にすることがお勧め出来ます。構造もシンプルになりますし、洗うことも、メンテナンスも楽なタイプが多いですから、まさに入門的なものとしてはお勧めで着るでしょう。電動という時点で使いやすいということはどれでも同じようなことになりますから、まず初心者であれば、時間的に効率的に、と言うのであれば基本は電動がよいことになるでしょう。コーヒーミルの手動のものは雰囲気もよいものが多いですから、インテリアなどに使うこともできますが、電動系はさすがに物凄く家電のように見えますから、その点においては劣ることになるでしょうがとにかく効率的に使えます。

 

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

初心者向け、手動式コーヒーミルのお手入れ方法

自宅で美味しいコーヒーを飲みたいと思ったら、迷わずコーヒーミルを購入するのが愛好家というものです。
しかしコーヒーの味に満足をした後は、片付けやお手入れが待っています。

 

コーヒーミルは粉ができる上に構造が複雑に見えるので、お手入れが面倒に思えてしまいます。
しかし知識があれば、コーヒーミルのお手入れは意外と簡単にできてしまうものです。
初心者で手動式コーヒーミルをお持ちの方向けに、お手入れの仕方を紹介します。

1.ミルの不具合はお手入れ不足が現認

手動式コーヒーミルを持っていて「すぐに壊れてしまった」と言う人がいます。
しかし、コーヒーミルは構造が単純で、普通に豆を挽いているだけでそんなにすぐに壊れることはありません。
人によっては何十年も使い続けていることもあります。

手動式コーヒーミルが上手く動作しなくなる原因として最も多いのが「お手入れの仕方が悪くて、刃がかみ合わなくなっている」というものです。
つまり、刃に粉やホコリ等が付着することで目が詰まり、空回りする様になってしまうのです。
その様な時には、ミルを分解して掃除をすることで簡単に元に戻ります。

コーヒー豆には油分が含まれています。
豆を挽くと粉ができて、コーヒーミルに付着します。
油分に湿気が加わり粉が固まってしまい、刃や粉受け部分にこびりついてしまい、目付まりを起こしてしまうのです。
そうなると段々とコーヒーの風味も落ちてきますので、お手入れは大切になります。
動作に異常がなくても、月に1回はお手入れをすることで、故障を防ぐだけではなくいつでも風味豊かなコーヒーを楽しむことができるのです。

2.お手入れをする箇所と道具にすいて

手動式コーヒーミルは、基本的にどのタイプでも同じ構造です。
一度コツを覚えれば簡単にお手入れができます。
掃除をする箇所は「ホッパー・粉受け部分・刃」の3つです。

構造は同じでも、材質が違うとお手入れ方法も違ってきます。
セラミック製のミルは水洗いが可能ですが、その他多くの手動式ミルは金属や木を使用していることが多くなります。
洗剤や水を使用すると返ってミルを傷めることになってしまうので、まずは材質を確認しましょう。

手動式ミルをおていれするのにあると便利な道具は以下の通りです。

・ブラシ
ミルには専用の掃除ブラシや刷毛がありますが、なければ歯ブラシでも構いません。

・布
木綿よりも、絹やシリコンクロスなどの目が細かくて柔らかい布を用意します。

・その他
爪楊枝やPC用のエアダスター、新聞紙もあった方が便利です。

3.掃除方法

まずは新聞紙を下に敷いて、その上でミルを分解します。
初心者はどこのネジか分からくなってしまうことが多いので、必ず順番に並べておきます。
最後に元に戻すことを考えながらネジを外していきましょう。

・ホッパー(本体部分)

ブラシで粉を取り除き、布で拭き上げます。

・粉受け

ブラシで粉を取り除き、布で拭き上げます。
粉がはりついて落ちにくい場合、エアダスターを使用するとキレイになります。
但し周囲に粉が散るので、掃除し易い場所で行いましょう。

・ミル刃

ミルのハンドルを取り外して分解します。
ブラシや布でお手入れをしますが、狭い部分は爪楊枝を使用すると詰まった粉が落ち易くなります。

4.長持ちさせるコツ

コーヒー豆には油分が含まれている為に、ミルを毎日使用することで刃がより滑らかに作動する様になります。
コーヒーミルを長持ちさせる秘訣は、なるべく頻繁にコーヒーミルを使用する、つまり毎日でもコーヒーを飲むことなのです。
コーヒーミルは上手に使用すれば何年も長持ちできます。
美味しいコーヒーを飲む為には、ちょっとした手間を惜しまない様に、心のゆとりも大切にしましょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

初心者でも失敗しない、手動のコーヒーミルの選び方

コーヒー愛好家ならば、豆を挽く段階から自分で行った方が新鮮で美味しいコーヒーが飲めることを知っています。
コーヒーミルは美味しいコーヒーを飲む為の必需品なのです。
コーヒーミルには電動式と手動式があり、手軽に豆を挽くには電動式の方が便利です。
しかし美味しいコーヒーをたしなむためにはやはり手動式でないと、という愛好家も多くいます。

手動コーヒーミルは、ゴリゴリとした手ごたえを感じながら自分でハンドルを回してコーヒー豆を挽くのが醍醐味と言われています。
じっくり手で豆を挽くことで、香りを楽しむという贅沢も味わえます。

初心者向けに、コーヒーミルを使用するメリット・デメリットと選び方について紹介します。

・手動のコーヒーミルのメリット

手動のコーヒーミルのメリットは、デザインがレトロで雰囲気があるという点です。
コーヒー専門店の様な高級感があり、いかにも愛好家向きのデザインの商品もあります。
また、電源が必要ない分持ち運びができて、自宅だけではなくアウトドアで本格的なコーヒーを淹れて楽しむことができます。
贅沢に香るコーヒーは、開放感と共に一層美味しく感じられるのです。

手動のコーヒーミルは電動式に比べて値段も安く、中には3000円程度で購入できる商品もあります。
初心者で自宅でも美味しいコーヒーを飲みたいと思う人に向いています。

・手動のコーヒーミルのデメリット

手動のコーヒーミルのデメリットは、今すぐに飲みたいと思っても出来上がるまで時間がかかる、という点です。
基本的にコーヒーミルは1杯分を作るものが多く、複数の人数分のコーヒーを一度に作りたい、という人には不向きです。

・ミルとグラインダーの違いとは

コーヒーミルを検索していると「グラインダー」という商品がヒットします。
同じコーヒー豆を挽く機器ですが、何か違いがあるのでしょうか。

ミルとグラインダーは基本的には同じで、コーヒー豆を挽く機器です。
ミルは一般家庭で使用する小さなサイズのものを意味していて、グラインダーはコーヒー専門店などで見かける大型のもの意味することが多いだけです。
グラインダーの方がより細かいレベルで豆挽きができるという特徴もあります。
ミルでもグラインダーでも自分が欲しいと思うものを選んで大丈夫です。

・手動のコーヒーミルの選び方

初心者が手動のコーヒーミルを購入する時には、以下の様な選び方のポイントがあります。

1.重さをチェック

手動式のミルはハンドルを回す時には結構力が必要です。
軽い方が楽ではと思いますが、実はある程度重さがある方がしっかりと固定させてハンドルを回せるので、扱い易いのです。
軽いものが良いという人は、力を入れられるものや、テーブルなどに固定できる様になっているものを選ぶ様にしましょう。

2.ハンドル部分

一般的なミルはハンドルを横方向に回すのですが、中には縦方向に回すタイプのミルもあります。
これは好みで選んで構いませんが、ポイントとしては力学的な面からハンドルが長い方が楽に回せます。

3.フタあり・なし

豆を入れる部分にフタがあるものとないものがあります。
手動式のミルはハンドルを回している時に結構力が必要で、豆がこぼれることが多いです。
気合いが入っていつの間にか傾いてしまっていることもあります。
なので、初めて購入する人はまずはフタありのものを選ぶのがおすすめです。
慣れてきて力の入れ加減をマスターして、尚且つ香りを楽しみたいと思ったらオープンなものを選びましょう。

4.デザイン性

手動式コーヒーミルには実に様々なデザインがあります。
シンプルなものからレトロな雰囲気のものまで幅広く、手間暇をかけてコーヒーを作るのですから、自分の好みのものを選びましょう。
但し、アウトドアでコーヒーを楽しみたいと思う人は、軽量でコンパクトなモノの方がおすすめです。

5.値段

手動式のコーヒーミルの値段は、1500円~20000円前後と非常に幅広くなります。
デザインに凝る程高くなるのですが、目的は同じですので、予算に合わせて選びましょう。
コーヒーは作る段階から豊かな香りで気持を癒してくれます。
手動式コーヒーミルでじっくりとコーヒーを作り、至福のひと時を味わいましょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0