美味しい!カフェインレスコーヒーの魅力

ほっと一息つきたいとき、眠気を覚ましてスッキリしたいとき、おやつタイムに・・・と1日1回はコーヒーが飲みたい!と思う瞬間がやってきます。

 

コーヒーの味の違いが分かるツウな人間ではありませんが、私にとってコーヒータイムは幸せタイム。しかし、妊娠を期にコーヒーを気軽に飲めなくなってしまいました。

 

コーヒーに含まれるカフェインは妊娠中に摂りすぎるとよくないとのこと。一日コーヒー1杯くらいであれば大丈夫というような話しも聞くので、そこまで神経質になる必要はないのかもしれませんが、毎日飲むのは控えておこうかなとか、コンビニに寄ったら必ず買っていたドリップコーヒーを我慢してみたり、妊娠前に比べたらコーヒーを飲む機会は減りました。

でもやっぱりカフェインなんぞ気にせずコーヒーが飲みたい!幸せタイムを満喫したい!!そこで見つけたのがカフェインレスコーヒー。
一番最初に出会ったのは、「アバンス おいしいカフェインレスドリップコーヒー」。コロンビアコーヒー豆を天然水を使用してカフェインを97%カット。6個入りで300円くらい。普通に美味しかった・・・。違いのあまり分からない私にとって、普通のカフェイン入りのドリップコーヒーと変わらない味でした。購入者の口コミでは、香りがよく苦味もある。とのことで、違いの分かる方々にもおススメできると思います。ただ、スーパーでは売っておらず気軽に買えないのが残念。
そこで、私がよく行くスーパーで売っている「アロマポット カフェインレスコーヒー」を買ってみました。8個入りで500円くらいだったかな。深いローストによるしっかりとしたコクと苦味、やわらかい酸味が味わえる。とのこと。こちらも、普通に美味しい。

美味しいしか表現できないのが悲しいですが、妊娠中でなくてもこのコーヒーで十分なのではと思うほど、最近のカフェインレスは進化しているのではないでしょうか?
私は上記の2商品を自宅での幸せタイム用コーヒーとして愛用していました。これなら毎日飲んでも大丈夫です。
そもそも、カフェインとはなんぞやということで、調べてみました。
カフェインとは、アルカロイドの1種で、興奮作用を持つ精神刺激薬のひとつ。コーヒー以外では緑茶や紅茶にも含まれています。なぜ妊娠中にカフェインを控えるべきなのかというと、カフェインは尿に排出するカルシウム量を増やしてしまったり、鉄分の吸収の妨げになったりと、妊娠中に必要なミネラル分の邪魔をしてしまうためです。また、胎盤を通して胎児へ送られると赤ちゃんの体にも影響を与えてしまいます。
となると、やはりカフェインの摂取はできるだけ控えたいですね。

では、カフェインレスはどのようにカフェインを除いているのでしょう?調べてみると、薬を使う、水と薬を使う、二酸化炭素を使う、という3種類の方法があるようです。薬使うの・・・?と少し不安になりましたが、日本では薬を使って除去したものは販売されていないとのことでした。

さて、自宅では美味しいカフェインレスコーヒーを飲むことができましたが、お出かけ先でもほっと一息、美味しいコーヒーが飲みたい!という時もあります。まさか、いつものコーヒーショップにはないだろうな、と思っていたら・・・あるんです!!
私の大好きなタリーズコーヒーのお店にありました。デカフェ/sサイズ、350円。取扱いのない店舗もあるようですが、ちゃんとあるんですね。知りませんでした。味は、普通に美味しい。(3回目・・・)やはり家で飲むドリップコーヒーとはまた違う雰囲気で、外出先でもほっとするひとときを楽しめます。

 

コーヒーの香りに包まれながら、読書なんかしてみたりして、日ごろの疲れが吹っ飛びますね。タリーズコーヒーだけでなく、スターバックスコーヒーでも取り扱っているようです。メニューには載っていないようなので、「デカフェでお願いします。」と伝えれば作っていただけます。今度チャレンジしてみようと思います。
最近では、妊娠中・授乳中でなくても健康的ということでカフェインレスコーヒーが好まれているようです。職場の若い女子も、コーヒーに限らずカフェインレスを好んで飲んでいます。カフェインレスを飲むことがなんだかオシャレに感じてしまうのは私だけでしょうか??!

 
さらに、岡山県ではカフェインレスコーヒーの専門店もあります。岡山市問屋町の「くろカフェ」というところで、黒豆入りの「黒豆ブレンド」、赤米入りの「赤米ブレンド」などがあります。専門店ができるということは、カフェインレスはお母さんのための飲み物ではなく、今や多くのコーヒー好きの方々に需要がある飲み物なんですね。それにしてもオシャレなお店。ぜひ家族で行ってみたいです。

コーヒーの新しい楽しみ方として、カフェインレスコーヒーはこれからも進化していくのではないでしょうか。コンビニのドリップコーヒーメニューに「カフェインレス」がラインナップするようになったら嬉しいです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0