コーヒー通販珈琲きゃろっとの強みは鮮度です

家の近くに気に入ったコーヒー屋がないことがあるかと思います。私もそうです。

そうなるとネットで購入してみようかなという発想になるかと思いますがネットだと試飲も出来ませんし玉石混交の中から自分の納得出来るコーヒーをみつけるのは大変です。

そんな中、私が実際に買ってみようと思えた商品をみつけましたので読者の皆様と共有させて頂きます。

珈琲きゃろっと

コーヒー通の豆専門店




コーヒーを実際見ないでコーヒーを買うのは不安な方にも珈琲きゃろっと
はおすすめです。理由は
大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店

はなんと返金保証です。購入してみて口に合わなければ返金して頂けます。

私がなぜこの商品を買ってみようと思ったのかは珈琲きゃろっとのコーヒー哲学に共感したからです。

このようなコーヒーブログを運営している身として私なりのコーヒー豆に対する考え方があります。

コーヒー豆のクオリティは

①コーヒー豆の個性
×
②焙煎士の力量
×
③コーヒー豆の鮮度

で決まるのではないかと考えてます。サイトでは4つの秘密と記載がありましたが概ね私の考え方と近いと感じました。
激うまコーヒー4つの秘密とは?



珈琲きゃろっとの内倉 大輔(株)代表取締役社長はこの3つのポイントをしっかり意識して商品づくりに取り組んでいるなとサイトを拝見して感じたからです。

①コーヒー豆の個性

コーヒー豆は産地ごとにコーヒー豆の個性が違います。このコーヒー豆の個性を把握するのに一番良い方法は生産地へ実際におもむきコーヒー畑をみて生産者の声を聞き経験するのが一番です。

サッカーだってJリーグでプレーしてるよりもある水準に達した選手はサッカーの歴史のある国でプレーした方が失敗することもあるかもしれませんがレベルアップにつながります。

いくつかの生産地におもむいて話を聞いていくうちにどの生産地はどのような点に優れているのか分かるようになるはずです。

私も仕事でいくつかの食品工場を視察した経験がありますがいろいろな工場をみているうちに自分なりの視るポイントが明確になってくるのです。

内倉 大輔(株)代表取締役社長は自身の足で生産地におもむき現地の風を感じてコーヒー豆を買い付けています。

生産者側もどうせコーヒー豆を卸すなら電話やメールだけで取り扱いたいと言ってくる業者より実際に話を聞きに来てくれた方に売りたいと思うのではないでしょうか?

どんなにビジネスライクに商売をしていても商売がうまくいっている方はこの人と人との関わりを大事にしています。内倉 大輔(株)代表取締役社長は生産者との関わりを大事にされている方だなぁと感じました。

②焙煎士の力量

以前私が福岡にいた頃通っていたコーヒー豆を自家焙煎していたカフェがあったのですがそこのマスターから焙煎について伺ったことがあります。

こんなことをおっしゃってました。

「コーヒー豆は農産物で一粒一粒ごとに様々な味わいを含んでます。焙煎とはそのコーヒー豆の持つ様々な特徴を理解して良さを引き出してあげる行為です。

コーヒー豆のどんな特徴に注目して焙煎するかはロースターのセンスによります。

例えばコーヒー豆の爽やかなフルーティな酸味に着目するのか?コーヒー豆の甘さに着目して焙煎するのか?によって焙煎方法はまるで違ってきます。

私の焙煎はいつもコーヒー豆の【甘さ】を最大限に引き出すにはどんな焙煎をしたら良いのかを意識して焙煎してますよ。

ですがどんなに引き出そうとしてもそのコーヒー豆自身が持ってない味はどんな優れたロースターでも出せません。良いところを理解してあげて焙煎で引き出してあげるのがロースターの役割です。」

コーヒー豆も人間と一緒なのだと感じました。人間誰しもが欠点があります。ですが誰しも長所、良いところがあります。相手の欠点ばかりに目が行く人よりも相手の良いところに気づいてあげれる人間でありたいものです。

なんだか若干話が脱線しましたが笑笑

内倉 大輔(株)代表取締役社長は焙煎についてこのように語ってます。

「生豆の品質至上主義的なお店やフレーバー至上主義的なお店も増えてしまっています。でも、コーヒーの味づくりには、生豆の品質と同じくらいに焙煎が重要です。

コーヒーは嗜好品だから、お店それぞれの味づくりがあります。味の多様性があること自体は、お客さまにとっても選択の幅が広がるので良いことです。

でも僕はロースターだから、最低限お客様に「適切な焙煎」をして提供する責任があると思っています。じゃないと、せっかくおいしいコーヒー豆を生産してくれた農園主にも申し訳ないです。

コーヒー豆のポテンシャルを見極めて、自分の表現したい味を作っていく。料理人と同じですね。素材の良さを活かしてこそプロだと思っています。

でも現状、ただ素材を焼いて出しているだけのお店が増えているということは残念に思っています。 」

焙煎についてこのように考えてくれているロースターが焙煎したコーヒー豆なら是非飲んでみたいですね。

③コーヒー豆の鮮度

どんなにいいコーヒー豆でどんなに優れた焙煎したコーヒー豆であっても焙煎してから一年放置されたコーヒーはそのコーヒー豆本来の味ではありません。むしろ私は飲みたくないです。

珈琲きゃろっとはこのコーヒー豆の鮮度にもこだわりを感じます。むしろコーヒー通販でコーヒー豆を買う一番のメリットはこの鮮度感なのではないでしょうか。

通常の店舗で販売しているコーヒー店はいつどのくらいの来店客数がくるかはそれまでの経験やデータにもとづいて見込んでいます。

ですがその見込みがはずれることもあり、思うように売れずに在庫過多になってしまう場合もあります。

コーヒー豆の【美味しい時期】は焙煎してから1〜2週間と言われていますが在庫過多になってしまうと見切り販売で安く売るか、廃棄しなければなりません。当然、【美味しい時期】を逃したコーヒー豆は味が落ちます。

ですが珈琲きゃろっとの場合、商品の作り置きはせず受注があってからコーヒーを焙煎しますのでお客様にベストなタイミングで届けることが可能になります。

購入する人があなたと決まってから焙煎をはじめてくれるのです。あなたにむけてあなたの飲みたいタイミングに合わせてコーヒー豆を最高のコンディションに仕上げて焙煎してくれるのです。これはもうあなたの為に焙煎されたあなたの為のコーヒー豆と言えるでしょう。

珈琲きゃろっとはあなたの為にコーヒー豆を焙煎してます。

コーヒーは焙煎してから2〜3日休ませてからが飲み頃です。焙煎してから2週間以内に飲み切ることを私はおすすめします。焙煎してから宅急便であなたの手元に届いた瞬間がそのコーヒー豆のベストコンディションです。これは受注生産方式で焙煎してくれるコーヒー通販にしか出来ないことです。

コーヒーにこだわっているコーヒー通の方には特にコーヒー通販で買うことをおすすめします。

コーヒー通の豆専門店
珈琲きゃろっと

またリピート率が非常に高いこともポイントです。定期購入率98%とうたってます。一度飲んだら他のコーヒーに戻れないという口コミもあります。コーヒー通販による受注生産方式が高い鮮度感を保ちコーヒー豆の美味しさを引き出しているのでしょう。

な!なんだ、このコーヒー!?

3,280名が感動した
大人気の【送料無料】コーヒーお試しセット

また受注生産することで見切り販売や廃棄等のロス率が低いことが考えられます。一般のコーヒー店やスーパーはロス率を売価に折り込んで売価設定しております。ロスを考えないで良いからコストパフォーマンスの高いコーヒー豆が提供出来るのでしょう。

1杯49円のバカうまコーヒー

【珈琲きゃろっと】のサイトでも書かれていますがせっかく鮮度感抜群のコーヒー豆なのですから購入する際は粉の状態ではなく極力コーヒー豆の状態で購入して下さい。

粉の状態にすると空気に触れる表面積が増えてコーヒーが劣化します。

いくつかコーヒー通販サイトを拝見しましたがここまでコーヒー哲学に共感出来たサイトは他にありませんでした。是非購入してみようと思います!

初回は送料無料とのこと。
大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店


またコーヒー好きの方はサイトを読むだけでもコーヒーに対する知見が深まり楽しめる内容になってます。是非読んでみて下さい。
な!なんだ、このコーヒー!?
激うまコーヒー4つの秘密とは?


自宅で、簡単に至極のコーヒーを楽しむ方法



【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0