仮面ライダー御用達の喫茶

コーヒーは味だけではなく雰囲気も楽しむことが出来る最高の飲み物です。どうせならお洒落な空間で時間を忘れて飲みたいものですよね。

 

そんな要望を一気に叶えてくれるようなコーヒー喫茶が東京都清瀬市に存在します。地元の方なら「んっ?もしかしたら!」とお気づきになるかもしれません。それくらいインパクトがあるお店です。

 

今回ご紹介するお店の名前は「るぽ」
なんだか名前だけでも期待できそうですね。

 

清瀬駅のメインストリートをしばらく進むと、まるで昭和の初期を思わせるような重厚なレンガ造りの建物が姿を表します。どこからどう見ても本格的なコーヒー喫茶であることは明確な外観です。

 

ドアの端に鐘のついたレトロなドアを開けると、そこには外の景色とは別世界のモダンな雰囲気が広がります。店内にはタイプライターや黒電話式の公衆電話など、その場を盛り上げてくれるツールがあちらこちらに配置されています。これだけでも一見の価値ありですね!

 

店内は1Fと2Fに分かれており、建物の半分が吹き抜けになっている構造です。そのため2Fからであれば、このお店のもつ独特な雰囲気をありのままに体感することができるため、余程の理由がない限りは2Fをオススメします。もちろん1Fでもこの雰囲気を体感することは可能であるため、あえて広々としている1Fを選ぶのも通な選択でしょう。ちなみに2F部分には小さなステンドグラス調の窓があり、晴れていれば様々な表情がこの窓から注ぎこみます。お洒落な演出が何から何まで実に細かく配置されているのです。

 

実はこのお店、仮面ライダークウガのロケ地として選ばれた正真正銘のお洒落スポットな一面を持ちます。劇中では「るぽ」ではなく「ぽれぽれ」として登場していますが、どことなく名前にも共通点を持たせたような感じが伝わってきますね。主人公が駆け登ったレンガ調の外壁は、知る人から見れば「るぽ」なのですが、知らない人から見れば「西洋風のお洒落な喫茶」というイメージで映るでしょう。テレビで見ていてもその重厚さには感心してしまいます。

 

「るぽ」でのメニューの頼み方は大きく2つあります。ひとつはコーヒー本来の味を楽しむためにコーヒー単品で注文する方法、もうひとつはワッフルやケーキと一緒にセットで注文する方法です。

 

コーヒーのみを楽しみたい場合は、座席に置かれたメニュー表に記載されている豊富な豆から選ぶ必要があります。それこそ¥400のスタンダードなものから、¥900ほどの本格的なものまでレパートリーに富んでいます。初見では悩んでしまうこと必須なので、目的のものが特になければブルーマウンテンを選んでおけば間違いありません。通な方にはポピュラーな選択かと思われてしまうかもしれませんが、一度飲んでしまうと数日後にまた飲みたくなる謎の禁断症状が発生します(笑)深くコクのある味ですが、決して胃もたれすることのない優しい風味です。

 

一方で私が特にオススメしたいのはセットメニューである「ワッフル&コーヒーセット」です。自家製のケーキセットもあるのですが、私はコチラのワッフルセットを強くオススメ致します。ワッフルの味はチョコ&バナナという定番の組み合わせから、クリーム&ベリーというイマドキの組み合わせもあり、好みに応じて様々な選び方が可能です。中でもマロン&クリームは本物のマロンが丸ごと入っているため、味もボリュームも満遍なく満たしてくれます。これだけ美味しいのにお腹にもたまるまさに文部両道!これだけのために月に1度は通ってしまいます。

セットのコーヒーは「アメリカン・ブレンド」のどちらかになるのですが、決して付属品としての簡素なものではなく、列記とした本格コーヒーとして提供してくれるので安心して下さい。これだけ揃って¥1,200前後ですから、その満足度はかなりのものです。ちなみに好みでセットのコーヒーを紅茶に変更することもできるので、コーヒーの苦手な友人と一緒に訪れても安心ですね。

ここまで「るぽ」の魅力について語ってきましたが、やはりその雰囲気を直に感じるためには百聞は一見にしかず……実際に訪れてその雰囲気を体感した方がより感動を得ることができます。駅からは距離があるので、出来れば車で訪れた方が良いかもしれませんが、それでも訪れる価値のあるお店です。コーヒーは飲んでしまえばなくなってしまいますが、そこでのひとときは記憶の中にいつまでも残ります。

みなさまも是非「るぽ」に立ち寄り、記憶の中に素敵な思い出を残してもらえると嬉しいですね。
【店舗情報】

店舗名:るぽ
住所:東京都清瀬市中清戸5-201
電話番号:042-491-9020
ホームページ:ありませんが、調べればたくさん情報が出てきます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0