恋愛

コーヒーと恋愛

馥郁と香るコーヒー

あなたと飲むコーヒーが一番好きだった…。
コーヒーと恋愛

ADDICTIC TO ロングブラック&缶コーヒー

私がコーヒーを飲み始めたのは、大学時代にアメリカへ留学したのがきっかけ。 特に飲み物に関しての好みはなく、しいて言えば、「夏はやっぱり麦茶!」くらいだっただろうか。
コーヒーと恋愛

コーヒーが苦かったからなのかな。

休憩中に彼はコーヒーを飲んでいた。
コーヒーと恋愛

真夏のホッと コーヒー

「なあシンゴ、3丁目のおばけビルいかね?」 大学で知り合ったタカオは買ったばかりの車を横目に煙草を吸いながらダルそうに言い、冷えた缶コーヒーを僕に手渡した。
コーヒーと恋愛

変わってしまう毎日が、少しでも変わらずにいられるように

「先輩、コーヒー入れましたよ」 「おう、サンキュ」
コーヒーと恋愛

Coffee & waitless

僕は、会社に勤めだした20代前半の頃、昼休みには会社の近くにある行きつけの喫茶店に一人で出向き、厚切りピザトースト1枚とキリマンジャロ1杯を注文し、これらをゆっくり頂きながら好きな本をしっかり読んで時間をつぶすのが日課となっていました。お店...
コーヒーと恋愛

コーヒーはお好きですか?

コーヒー好きの私は、毎朝「準備中」の札がかかった喫茶店から漂ってくるコーヒーの匂いに励まされて仕事に向かう。いつかこの喫茶店でコーヒーをゆっくり飲んでみたいと思っているけど、帰宅時間には閉まっている。一度お店の前でエプロンをつけた年配の男性...
コーヒーと恋愛

何故大人って、あんな苦いコーヒーを飲むんでしょう

「うん。そろそろいいかな。コーヒーをお入れしましょう、姫」
コーヒーと恋愛

Goodbye Happiness, Hello my precious coffee.

「苦いのをおいしいって思うのは、大人だけなんだって」
コーヒーの存分に楽しむ方法

コーヒーの香〜大好きな人と過ごした時間〜

香りと人の記憶の関係 人間の五感は視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚に別れ、それぞれが記憶に繋がるものなのですが、その中でもとりわけ嗅覚は記憶に大きな影響を与えるといわれています。そしてそれは古くからの言い伝えやその人独自の感覚というわけではな...