バターコーヒー

コーヒーに合ったお菓子は具体的にどういったものなのかですが、嗜好品ですから、好きなのを好きに食べるのがいいのですが、コーヒーの味も酸味多いフレッシュなものからローストされた香りを楽しめるビターな物まで複数あるのです。

 

スタバ、ドトールなどのコーヒーショップでも軽食販売と一緒にスイーツも扱っていて、ドトールなど浅いりコーヒーをメインに打ち出した店舗もあれば、売鮮度も選べる店舗まで様々。

 

そして、基本的に選び方でコーヒーの特徴に合わせたものを選びましょう。炉ウリであっても豚肉、鶏肉などたんぱくな物はホワイトペッパー、さわやかな香りのハーブ、牛肉など香り強いものはブラックペッパー、臭み抑えられるハーブなど相性いいとされます。そうした感じで好みの組み合わせ発見してみてください。そして焙煎度合いによる大まかな違い把握しそれぞれあったスイーツがあるのです。浅煎りなら焙煎度が軽く豆本来の風味引き立つのです。酸味は熱に弱く焙煎進むにつれて弱くなり、コーヒー豆本来の酸味もあり楽しめるコーヒーに仕上げられます。そして深入りなら焙煎度が高くてコーヒーの特徴の苦みをしっかり楽しめるのです。

フレッシュ感・酸味あるコーヒーより濃く深い味わいが好きな人にいいでしょう。朝入りコーヒーは酸味感じられる味わいとなってさわやかな味わいのものを合わせてください。レモンパイ、アップルパイなどフルーツとの相性も良くなります。また、エスプレッソ、アイスコーヒーなど苦み引き立つものはそれを中和してくれる甘めのスイーツがいいでしょう。カフェによりアイスクリームにエスプレッソ欠けるなどイタリアのデザートのaffogatoも人気商品。

 

そして、バターコーヒーはシリコンバレー式自分を変える最強の食事で紹介されているもので、最近グラスフェッドバターで作られたバターコーヒーがコンビニで売られていますから探してみてください。実際コーヒー等の私ですが普通のものより断然まろやかでとてもおいしいです。また、本によればバターコーヒーはダイエット以外に脳に絶大な効果あると書かれています。ダイエット、健康でコーヒーはか仇に良くないといわれるシーン多々あります。ですが、シリコンバレー式の方法ではコーヒーは完全無欠のものだそう。コーヒーに対して研究進むにつれてコーヒー飲むことにより集中力、パフォーマンスを高くするのが証明されてるのです。脳卒中、糖尿病リスク抑えられるいがに前立腺がんなど一部がん再発防ぐとも言われます。

 

コーヒーは赤ワインと同じぐらいのポリフェノール含有量あって、これが腸内細菌の餌となって善玉菌を増やしていきます。ですが、品質悪いコーヒーになれば話は違って質悪くても得られるメリット多いですが、低品質コーヒー豆は目に見えないカビが発生してることが多くて、これが体に害及ぼしたりします。良質バターに含まれた酪酸塩をマウスに与えてみれば血中コレステロール、中性脂肪を下げる効果ある以外に脳の炎症を抑えることが証明されています。コーヒーに含まれたカフェインは認知機能の衰え抑えてるアルツハイマーの発症リスクが抑制される効果期待できるのです。

 

そして、良質バターのグラスフェッドバターは酪酸が含まれていて脂肪の燃焼効果あるとされます。mctオイルは中佐脂肪酸があって、肥満原因の中性脂肪がつきにくくて消化吸収よくてエネルギーになりやすいのです。良質コーヒーを入れて金属メッシュフィルターを使うのが理想の方法。ミキサーあるいはブラレンダーにコーヒー、無塩グラスフェッドバター、mctオイルを入れて粟がこんもりたまるまで混ぜていきましょう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーに合う海外のお菓子

今やコーヒーは生活の色んなシーンで大切な役割をしていると思います。朝、起きた後の一杯のコーヒーで目を覚ますことが出来ますし、忙しい仕事の合間に飲むコーヒーのリラックス効果は抜群です。また美味しいお菓子と一緒に飲むコーヒーも最高ですよね。

 

ケーキや和菓子など色んな食べ物に合うコーヒーですが、今回はちょっといつもと違う海外のお菓子で、私が今まで試してみて、美味しいと思ったおすすめの商品を紹介したいと思います。どれもアマゾンなどで購入が可能です。

*Pepperidge Farm(ペパリッジファーム)のクッキー
アメリカのお菓子で、それほど甘くなく、上品な美味しさのクッキーです。種類も色々あり、その中でもクッキーに合うのは、Milano(ミラノ)と言う間にチョコが挟まれている薄焼きクッキー、Chessman(チェスマン)と言うバターがきいたサクサクのクッキー、Chunk(チャンク)と言う大きめのチョコチップがゴロゴロ入った大きなクッキーです。

*Walkers(ウォーカー)のショートブレッド
イギリスのお菓子で、バターがすごくきいていて、甘さも程良く、サクサク感としっとり感のバランスが程良いクッキーです。チョコチップが入ったものやチョコレート味のものもありますが、コーヒーに一番合うのは、定番のプレーン味だと思います。

*Keebler(キーブラー)のクッキー
アメリカのお菓子で、色んな種類があって、どれもコーヒーに合います。一番のおすすめはSandies Pecan Shortbread(サンディース ピーカンショートブレッド)です。クラッシュしたピーカンナッツと一緒に焼き上げられていて、甘さ控えめで美味しいクッキーです。次におすすめなのは、Chips Deluxe Rainbow(チップス デラックス レインボー)。クッキーの中にM&Mチョコが散りばめられていて、見た目も可愛くて、クセになる美味しさです。

*Lotus(ロータス)カラメルビスケット
ベルギーのお菓子で、歯ごたえがしっかりしているビスケットです。ちょっと甘めなので、ブラックか甘さ控えめのコーヒーがおすすめです。小さめの薄焼きビスケットは1枚ずつ、包装されているので、好きな時に好きな量を食べれるのも良いですし、価格も安いので気軽に食べることが出来ます。

*M&M(エムアンドエム)チョコレート
チョコの周りにコーティングがしてあり、チョコだけのもの、ピーナツやアーモンドが中に入っているものがありますが、おすすめはピーナツが入ったものです。ピーナツが入っている為、チョコだけのものより大きくて、外のクランチーなコーティングとチョコとピーナツのバランスが絶妙ですし、一緒にコーヒーを飲むと更に美味しいです。1袋に色んな色のコーティングが入っているので、透明の瓶などに入れておくと、カラフルで見かけも可愛いのもおすすめポイントです。

*Twix(ツイックス)チョコレート
サクサクのビスケットの周りにキャラメルとミルクチョコレートの2層がコーティングされていて、クセになる美味しさのチョコレートです。小ぶりのミニタイプから大きめのバータイプまであります。キャラメルも薄くコーティングしてあるので、少し甘めなので、ブラックか甘さを控えたコーヒーとの相性が良いと思います。

*Nature Valley(ネイチャーバレー)グラノラバー
色々な種類があり、クランチータイプとソフトタイプがありますが、コーヒーと相性が良いのは、クランチータイプのオーツやナッツが入っているものです。歯ごたえが良く、程よい甘さのバーで、しかも栄養バランスも考えられているので、普通のお菓子より、罪悪感無しで食べれます。

上記に記載したのは、どれもお手頃価格で買える海外のお菓子です。まあ、日本のお菓子に比べたら少し割高にはなりますが、いつもと違った気分を味わえますし、お友達、家族、同僚と一緒に楽しむ場合には、話題も広がって会話が弾むのでおすすめです。もし海外に行く機会があれば、これらのお菓子を多めに買ってお土産に渡したり、自分で楽しむのも良いと思いますよ。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

「コーヒーを飲みながら食べる人」という風景。

ふと見かけて「あ、いいなあ」と思う風景に「食事する人」というのがあります。

ただこれ、一概に「食べている人」なら何でもOKというわけではなく、
「人」と「食べ物/飲み物」、「シチュエーション」が見事に組み合わさって、
それが絵になる様な瞬間を「いいなあ」と思っているという、
大変勝手な鑑賞なのですが。

そんな中で「飲み物」として臨機応変の「キャラクタ—」なのがコーヒーです。
誰がどんな風に飲んで食べていても何となく絵になる様に仕上げてくる、
すごく腕のある役者さんの様なイメージです。

例えば、女子高生が紙パックのカフェオレを飲んでいたとします。
一緒に食べるのは購買で買ったサンドイッチ、校内の自動販売機で買ったヨーグルト。
それらが教室の机の上に並ぶ姿を想像すると何とも絵になる取り合わせに「いいなあ」と1人で想像に遊び始めてしまいます。

在宅勤務のフリーランスの人には、毎日ルーティーンになっている変わらぬ朝食にブラックコーヒーを合わせて欲しいです。
木の机の上に白い皿、上にベーコン、目玉焼き、たまにスクランブルエッグ。
添える様にプチトマト。たまにアスパラ。そしてコーヒーカップも白いもの、中にはブラック。
最近定着したフォトジェニックをほしいままにする風景ですね。
新聞読みながら一息ついて、コーヒーを一口飲んでから心を決めて、
目玉焼きの黄身にフォークを入れて頂きたい。

喫茶店で読書をしながら時間を過ごすご年配には
甘いもの、スコーンやパンを傍らにコーヒーを飲んで頂きたい。
個人経営の喫茶店なら軽食メニューもあるけれど、
本を読む事を優先に、まるでケードゲームを優先したいが故に片手で食べれるサンドウィッチを講演した伯爵の様に。
コーヒーをなれた手つきでかき混ぜて、そこに綺麗にコーヒーフレッシュで
渦を描いて頂けたら、もう映画じゃないかとさえ思えてきます。

想像では「あの組み合わせ」「この組み合わせ」と思いながらあれやこれやと身勝手な楽しみにいそしんでしまいますが、個人的には自分がコーヒーを飲む時には甘いものが多く登場します。
胃が弱くなりがちなので、牛乳を多めに入れたカフェオレが一番多いです。

砂糖を入れたカフェオレならばカリカリさくさくした食感のものをあわせます。
小麦の香ばしい香りが好きなので、パンやクラッカーなど。
小麦系のものは口の中がパサつきがちになるので飲み物は必須なのもあり、
この組み合わせが多いです。
食事なら甘くないものを合わせますが、おやつなら甘さ極まる輸入菓子もオススメです。
小学生くらいまでは朝出てくるバターロールを甘いカフェオレに浸して食べるのが好きでした。
食事なら甘くないものを合わせますが、おやつなら甘さ極まる輸入菓子もオススメです。
小麦の香ばしさとコーヒーの香ばしさ、一度に2つを味わうのはなかなか贅沢な事かもしれません。

甘くないカフェオレならば喫茶店メニューの様なものを合わせるのが好きです。
パスタやサンドイッチ。
パスタはクリーム系が好きですが、カフェオレがお供ならナポリタンを推したいです。
ザ・喫茶店メニューで鉄板といってしまえばその通りなのですが、作るのも材料を揃えるのも簡単という利点もあります。
ケチャップの甘さに、しっかりゆでたパスタ、ベーコン多めだとちょっとリッチな気分になれます。
手間や材料を惜しまないならグラタンも最高です。
チーズとホワイトソース、マカロニに鶏肉。
甘くないカフェオレなら食事メニューも選択肢の幅が広がります。
ご飯ものは難しい気もしますが、ドリアとオムライスは別枠です。

私の場合はカフェオレですが、どんなコーヒーを飲むかで色々相性が変わってくるのが想像の楽しい部分です。
何だか気分のいい日には、自分のお気に入りメニューを振り返りながら、
「あの人が飲むコーヒーはブラック?ラテ?家カフェ?缶コーヒー?喫茶店?」
「一緒に合わせる食べ物は?好みは?流行は?どんなものが好きなイメージ?」
こんな感じで「コーヒーを飲みながら食べる人」という風景を思い浮かべてみてはいかがでしょう?

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

焙煎の度合いと食べ物の相性

私は朝はコーヒーとパンを食べています。炭水化物でエネルギーをチャージしたついでにカフェインで目を覚まして元気満タンな状態で出勤しています。こんな感じでコーヒーは色々な食べ物に合います。また焙煎の度合いを気にしながら食べ物を選ぶとよりコーヒーが美味しくなります。コーヒーの味自体それぞれの産地やグレードで味が変わりますが、今回は焙煎の度合いと相性の良い食べ物について紹介したいと思います。

まず浅煎りのコーヒーと相性が良いのがパン、ベーグル、サンドウィッチ、照り焼き等といった食べ物です。こってりしたものと相性が良いです。主に朝食で食べるものと相性が良いです。コーヒーの種類だとアメリカンローストや強いて言うならミディアムローストが合います。スッキリとした酸味が効いた苦め控えめのコーヒーになります。大抵のカフェならアメリカンローストを置いているのでモーニングはアメリカンをお勧めします。

続いて中煎りのコーヒーは洋ナシやリンゴなどを使った酸味の効いた爽やかなタルト、オレンジピールが入ったお菓子や料理と相性が良いです。とてもバランスが良くコクも楽しめるのでフルーティーな物との相性がとても良いです。ミディアムロースト、ハイロースト、シティーローストといったコーヒーが該当します。特にハイローストはコク、苦み、酸味のバランスが取れているのでお勧めです。このタイプのコーヒーは初心者も飲みやすいのでコーヒーデビューした方にも人気です。ハイローストぐらいならパンにも会います。いつもモーニングはトーストとアメリカンローストのコーヒーをセットで食べていますが、トーストにマーマレードを塗って食べるときはハイローストのコーヒーを飲んでいます。フルーツの皮の苦みとバランスの取れたコーヒーの相性がとても良いです。

中深煎りになってくると酸味が弱く苦みがやや強くなってきます。こういうコーヒーと会うのが油分の多い食べ物です。苦みも脂でまろやかになるので楽しめます。また脂っこさが感じにくくなるので胃もたれしやすい方にもおすすめです。例えばバターが沢山含まれるクッキー、お菓子、パン等と相性が良いです。他にもソーセージ、ベーコン、揚げ物などとも合います。揚げ物は以外かもしれませんが、ポテトフライやオニオンフライとの相性が良いです。特にイギリスのフィッシュアンドチップスだとフライにビネガーを付けます。中深煎りのコーヒーだと酸味がやや弱い+苦みで脂っこさを抑えるのでとても相性が良いです。フルシティローストやフレンチローストといったコーヒーがこのカテゴリーに該当します。

最後に深煎りですがこちらは酸味が弱く苦みが強いです。個人的にはイタリアンローストをストレートで味わってほしいですが、苦いので砂糖やミルクを混ぜる方も多いです。そんな苦みの強いイタリアンローストですが甘いお菓子があると緩和され美味しく飲めます。具体的にはキャラメルとチョコレートです。

 

ドーナッツ屋さんに行くとキャラメル系やチョコレート系のドーナッツも沢山あるのでドーナッツとの相性が良いです。若干邪道ですがイタリアンローストのコーヒーにキャラメルシロップを混ぜるのも美味しいです。イタリアンローストだと胃もたれもしにくいのでドーナッツの様な重たい食べ物でも無理せずに食べることがあります。またイタリアンローストなのでイタリア料理とも相性が良いです。特にピザやジェラートとの相性が良いです。

このようにコーヒーの焙煎度合いで会う食べ物は変わってきます。もちろんこの通りじゃないといけないといったルールはありませんが参考にしていただけると幸いです。また焙煎度合いや名前を知っていると少し通になれます。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

小田原でモダンな珈琲店といえば呉地珈琲

【店舗情報】
店名:呉地珈琲
住所:神奈川県小田原市栄町2-1-18
電話:0465-46-9779
営業時間:9時~19時
サイト:なし

小田原といえば近くに箱根や伊豆などの観光地が多く、新幹線の駅もあるため外国人観光客を中心ににぎわうことが特徴です。
駅前は海に近いこともあり魚関係の店を中心に多くの飲食店がありますが、コーヒー専門店は場所柄もあるため数が限られます。
呉地珈琲は小田原駅の近くにあるおしゃれ横丁という路地を入った場所にあり、青い塗装でイギリスや北欧の家を彷彿とさせるたたずまいが特徴です。
私は小田原に良く観光など様々な目的で途中下車しますが、箱根に行くついでにコーヒーを味わうために店を探すと見つけました。
店内の雰囲気はまさしくヨーロッパの今風の家庭としう感じで、こじんまりとしたスペースの中にカウンター席とテーブル席があり、多くのものが整理されていて工夫されていると思ったものです。
やはり自家焙煎という名のとおり入口の扉を入ると大型の焙煎機が置かれ、カウンター越しに見える棚にはコーヒー豆を保管する瓶が並べられていました。

呉地珈琲は全国でも有名な観光名所も近い小田原にあり、多くの飲食店が立ち並ぶ激戦区にあるもののおしゃれ横丁は意外と寂れていますがこの店は雑誌などで取り上げられ人気があるようです。
この店はcafe空のマスターが歴史や観光の名所の小田原でオープンし、カップとソーサーはロイヤルコペンハーゲンのものを使うなどこだわりを持っています。
私は一人で入ったためカウンター席に案内され、フレンチブレンドとベリーのタルトを注文しました。この店のランチセットはキッシュとホットドッグとコーヒーのみで、日によって内容が変わるとのことです。
小田原は観光客が多い場所柄にあるためコーヒーやデザートを味わうことが多く、店は小さいものの昼間や夕方などは混雑しますが客の回転が早く順番が回ってきます。
この店はコーヒー豆の販売も行われアフリカや南米など産地にこだわり、自家焙煎のため店内に香ばしいにおいが広がっています。
この店のブレンドコーヒーは濃さが選べるためミディアムを選択し、ゆったりとした雰囲気のため30分ほどいても退屈はしなかったものです。

呉地珈琲はヨーロッパ風の一軒家の一部屋のような雰囲気を感じさせ、本棚には世界遺産など多くの本があり外の景色が見やすいことや観葉植物を置くなど配慮されています。
床は青い塗装で家具はまさしく北欧の専門店などで売られているような感じで、若者に愛着を持ってもらえるように仕上げられていることが特徴です。
店内の壁はおしゃれな雰囲気があり、魚のにおいが広がる小田原周辺でも異彩を放ち入ると独特な雰囲気を感じさせてくれます。
最近は小田原周辺にインバウンドの影響もあり多くの外国人観光客が訪れるようになり、この店もそのグループが利用します。
コーヒー店は比較的利用客が滞在する時間は短いため、店外に並んでいてもすぐに入りやすく狭くても利用者は多いようです。
小田原周辺の店は朝早くに営業する店は少なく、この店に立ち寄ってコーヒーやデザートなどを味わうビジネスマンや観光客が増えています。
周辺の店は入れ替わりが激しく競争に勝ち抜くことが求められ、この店は狭いながらも独特な雰囲気を味わいながら利用できるように配慮しています。
店名の由来はオーナーの名前と単純なものですが、cafe空の経験を活かして自分なりにこだわりを持って観光名所に近い交通の要衝である小田原を選んでいることが特徴です。
自家焙煎の珈琲専門店は数が多いですが、この店は狭いながらも競争に勝ち抜くことを意識していることを実感しました。

小田原で自家焙煎のコーヒーを味わうには呉地珈琲が人気で、北欧の雰囲気を感じながら楽しめるため行って損はないと思います。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーに合う銘菓

「珈琲が3度のご飯より好き」なわたしにとって、珈琲のお供は主役の珈琲と同じくらい大事な存在であります。今回はタイトル通り、わたしが珈琲に合うと思う3つの食べものをご紹介したいと思います。

1.伊勢志摩の銘菓「シェルレーヌ」

これは、とにかく珈琲との相性が抜群のおススメスィーツです。
「シェルレーヌ」は三重県の鳥羽市や伊勢市を拠点に製造されている、あこや貝を粉末にした「天然パールシェルカルシウム」の入っているマドレーヌです。
ですが、ひとくくりに「マドレーヌ」と呼ぶには忍びないほど、一度食べたら忘れられな美味しさのスィーツなのです。バターや鶏卵、小麦粉などはすべて地元産のものを使用し、1日一万個を製造するのにも機械化をせず、ひとつひとつ丁寧に作り上げられています。その並々ならぬ作り手の努力はもちろん食すわたしたちにもしっかり伝わってきます。とにかく一度食べてみて下さい。外はサクっと軽い食感、中は割とキメの荒いしっとりとした食感、上質なバターの香りが鼻を通ります。そしてここで登場するのが珈琲です。

とにかくこのスィーツを食べたときに自然と珈琲が欲しくなります。自然な欲求だと思います(笑) 素晴らしい組み合わせですね。もちろん、紅茶や、もしかして緑茶とも合うかもしれません。ですが欲しくなるのは珈琲です。そしてわたしがシェルレーヌで珈琲をいただく時はブラックでいただいております。珈琲好きの方には試していただきたいです。シェルレーヌ1個で、珈琲をおかわりしたくなります。ちなみにシェルレーヌは三重県へ行かなくともネットで購入は可能です。
2.鎌倉銘菓のクルミっ子

こちらは関東圏のお菓子になります。昭和29年創業の紅屋さんの銘菓です。やはりこちらも機械化せずにすべてを職人の手作業で丁寧に作り上げています。自家製のビターなキャラメルにたっぷりの砕いたくるみを練り込み、それを口当たりの良いしっとりしたクッキーでサンドしています。そのハーモニーは言葉では表現しかねるので、やはり一度試しに食べてもらいたいお菓子です。鎌倉の「鶴岡八幡宮」の前に紅谷本店があります。又、伊勢丹や横浜駅のショップでも購入することができます。炒れたての深煎り珈琲がほんとうに良く合います。こちらはキャラメルの香ばしい香りがミルクを入れた珈琲と合うと感じます。

 

小さめのお菓子なのですが、どこを食べてもぎっしりのクルミとキャラメルとクッキーを味わうことができるので、こちらのお菓子も珈琲をおかわりしたくなることうけあいです。キャラメルと珈琲の相性は抜群だと思いました。

3.明治製菓の「ザ・チョコレート」

先に紹介した2つのお菓子は身近に簡単に購入できるものではありません。どちらかというとインスタ映えするような有名お菓子です。ですので、わたしが気軽にスーパーへ言った時でも気軽に購入することのできる、それでいて珈琲との相性も抜群なお菓子をひとつ挙げてみます。
明治製菓の「ザ・チョコレート」はパッケージがオシャレなチョコレートです。ただのチョコレートではありません。カカオの選定からチョコレートの製造までを一貫して行う「ビーン・トゥ・バー」という行程で作っているスーパーなどのお店で売られている唯一のチョコレートなのです。簡単に言えば、スーパーやコンビニで手軽に買える高級チョコレートといったスタンスです。確かにこのチョコレート、とても人気があります。そしてやはりクオリティの高いお菓子ですので、どうしても美味しい珈琲が飲みたくなります。このチョコレートも珈琲との相性が前出の2つのお菓子に負けず劣らずの良さであります。このチョコレートは4種類の味がありますが、わたしのおススメは「エレガントビター」です。いちばん珈琲に合うと思っています。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

焙煎具合とパンの組み合わせ

コーヒーに合うパンとの関係を知れば味の世界が広がります。コーヒーを楽しむだけではなく、コーヒーと相性が良い食べ物を発見すれば、相乗効果で味を楽しむ事が出来ます。

相性が良い食べ物は沢山ありますが、あえてコーヒーとパンという王道な組み合わせを細かく掘り下げていくと、パンの選び方によってコーヒーの味も変わるものです。

朝食でも昼食でもコーヒーとパンの組み合わせを選択する方は多く、朝食の場合は焼いた食パンとコーヒー、ランチタイムにはサンドイッチとコーヒーというように、パン系と一緒に飲むコーヒーは格別と言えます。

コーヒーがあればパン類は何でも大丈夫という方も居ますが、コーヒーの焙煎具合によって相性の合いやすいパンは変わり、その基本形を覚えておくと新たな発見がある可能性が高いです。

もちろん味の好みは千差万別であり、最終的には好みの問題ですが、何事も大多数にとって適切な組み合わせを知っておくと、基本から外した楽しみ方も行いやすくなります。

基本の考え方としては、浅煎り、中煎り、深煎り、これらの焙煎具合とパンの組み合わせでチェックしていくのが有効です。

酸味が強めの浅煎りコーヒーは、さっぱりとした味わいですから、パンの種類を選ぶ時には酸味の効いたパンが良い傾向があり、例えばサンドイッチとの相性は抜群ですし、バタートースト、ドライフルーツ入りのパン、ライ麦パン等はおすすめと言えるでしょう。

パン生地そのものに酸味があるパンの代表として、ドイツパンが挙がりますが、ドイツパンと表現するとピント来ない人が居ても、ライ麦パン、カンバーニュと言えば解る方も多いです。

浅煎りコーヒーには酸味のあるパンと覚えて試してみると、それまで漠然とコーヒーとパンの組み合わせだった方も、ハマる組み合わせを探しやすくなります。

続いて中煎りコーヒーは、浅煎りと深煎りの中間で酸味や苦味のバランスが取れたものであり、これに合うパンは定番のパンと言われる小麦の甘味があるパンです。

食パンやベーグル、フランスパン、マフィン、惣菜を使ったパン等は中煎りコーヒーとの相性が抜群な傾向にあり、パンのトッピングに選ぶのはバターが適しています。

深煎りコーヒーは苦味が強めのコーヒーで、コーヒーは苦味があってこそという大人は多いですが、深煎りコーヒーに合うパンと言えば味が濃厚でコクが強めのものがおすすめです。

油ものパンやチョコレートを使ったパン、こうしたものと合わせていくのが基本であり、バターが沢山入ったデニッシュやクロワッサン、チョココロネ、揚げパン、こうした甘味のあるものが有効になります。

菓子パンが好きという方は、深煎りコーヒーを自然と選んでいる事も多く、クリームパン、メロンパン、カレーパン、こうした濃い味のパンと相性が抜群です。

まとめると

・浅煎りコーヒーには酸味系パン
・中煎りコーヒーにはスタンダートなパン
・深煎りコーヒーには濃厚で甘味やコクが強いパン

これをベースに組み合わせを発見してみると良いですし、食べ物と飲み物の組み合わせに関しては、口への入れ方によっても感じ方は変わります。

例えば食べ物を口に入れて咀嚼して飲み込み、その後に飲み物を飲んで口腔内をリセットさせるという楽しみ方もありますが、コーヒーとパンの相性を楽しみたい場合は、パンを口の中に入れた状態でコーヒーも飲み、口の中で固体と液体の組み合わせを楽しむのが美味しさの発見に繋がりやすいです。

コーヒー液自体にパンを付けて食べるのも有効であり、同時に個体と液体を合わせて美味しいと思えるものを発見出来れば、それが自身にとっての最高の組み合わせと言えるでしょう。

最終的には自分にとっての美味しい組み合わせの発見を求めていけば、中には深煎りと酸味系パンが良いという定石と真逆の人もいるでしょうが、それはそれで答えです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーを美味しく味わうためにパンを求めて

コーヒーが好き、というよりコーヒーは、私にとって欠かせないものです。コーヒーから1日が始まり、日に何回か飲みますがそれぞれ何かしら生活の中でも意味のある一杯、そんなふうに感じています。たとえば作業の終わりの時であったり、物思いのパートナーであったり。

どんな食事をしても、もちろんケーキや和菓子をいただいても、私はコーヒーが欲しくなります。

けれど、私の1番のこだわり、おすすめは、おいしいパンとコーヒー。ごく普通と言われそうですが、私は、おいしいコーヒーを飲むために、おいしいパンを探してパン屋さんをのぞく習慣になっています。
選ぶパンは特に何も入っていないパンです。クロワッサン、バターロール、フランスパン、石窯パンなどパン生地のおいしさだけで勝負する(大袈裟ですが、。)パンです。
おいしいパンとブラックコーヒー。私には最高の贅沢です。自宅で、ゆっくりした時間をとり、音楽もなし、もちろんテレビ、ラジオもつけず、。本当は何かを考えることもしたくないのですが、頭は色々動いているかもしれません。けれどパンを味わい、コーヒーの香りと味を楽しむ時間は、知らず知らずストレスの解消にもなっているようです。

パンを自分で焼いたら、もっと良いのかな、と思うこともありますが、そういう意味で、マメでない私。それはしないのです。その代わり、パン屋さん巡りが、また非常に楽しみです。新しくパン屋さんが出来ると、すぐ、のぞきにいきます。コーヒーを引き立たせるパンをさがして。

最近のお気に入りは、石窯パンです。バターなどつけたいところですが、私は、何もつけません。パン自体の感触、風味、味わいに耳をすませるようにいただき、ゆったりとブラックコーヒーを味わいます。他には何もいりませんし、他のものを一緒にいただかない方が良いのです。

友人と少し贅沢にコース料理をいただいたあとのコーヒー、外出先で少しの時間のコーヒータイム、ほっと一息の一杯のコーヒー。どれも欠かせませんが、自宅で、時間を見つけ、一人で過ごす、おいしいパンとコーヒーを楽しむ時間は、私には、これ以上ないくらい至福の時なのです。

私の自宅のリビングは、とてもシンプルに家具もほとんどありません。ただ、グリーンが目にはいると気分がよいので小さめの観葉植物をいくつか置いています。そんな空間で一人楽しむパンとコーヒー。何年も続けています。

ただパンだけは、ときどき微妙に変わります。基本的には「味付けやデコレーションのないパン」が1番コーヒーには合うと考えているので、大きくは変わりませんが、バターロールになったり、デニッシュになったりします。気に入ったパン屋さんを見つけると続けて通ってみたりもします。

パンとコーヒー、基本かもしれませんが、他のものを一緒にいただかない、という拘りは少し珍しいのでは?と思っています。私が思うコーヒーに合う食べ物、ナンバーワンはシンプルなパンなのです。パンとコーヒー、お互いの本来のおいしさが、ハーモニーのように重なり、思わず「あー、おいしい。」と一人言がでることも、度々あります。

おいしいコーヒーをいただくため、コーヒーに合うおいしいパンを探し求めて、街を歩くのも楽しいものです。日々暮らしの中で忙しさに追われて心の余裕を無くしたりした時、ふとパン屋さんを見つけて味を止め、コーヒーに合うおいしいパンを探し、おいしいコーヒーをいただくことが、私が生きていくうえで大きな力になっているのでしょう。あした、また、おいしいパンに出会えるかも知れません。パンとコーヒーがあれば、これからも自分らしく生きてゆける、暮らしてゆける、と、今あらためて感じています。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーを飲む際に合う食べ物の選び方

コーヒーと言えば、良い香りと共に基本的に苦味を特徴とする飲み物です。そこでコーヒーに合う食べ物として、多くの人が思い浮かべるのが甘い物だったりします。

 

特にケーキを食べると口の中は強い甘みが生じるので、コーヒーの強い苦味を口に入れる事で甘さが程良く中和されて口の中をさっぱりさせる事が可能です。

 

すると次のケーキの1口もしっかりと甘さを感じる事が出来るので、コーヒーと一緒にケーキを食べる事でその甘さによる旨みを存分に引き出す事が出来ます。この様に苦いコーヒーと言うのは、対照的な甘い食べ物と一緒に飲む事で口直しの効果を得る事が可能です。ただしコーヒーは対照的とも言える甘い食べ物だけに合うかと言うと、そう単純ではありません。喫茶店に行ってモーニングを頼むと、トーストやサンドイッチと一緒にコーヒーが出て来る事が多いです。

 

バターを付けただけの甘さのないトーストやサンドイッチと共にコーヒーを飲んでも、非常に美味しく感じられる事が多かったりします。この様にコーヒーは単純に甘い食べ物だけに合う飲み物ではなく、様々な味の食べ物との相性も良いので色々な食べ物と組み合わせて飲む事が可能です。ただしコーヒーと言っても、苦味が強い濃厚な物もあれば逆に薄くさっぱりとした苦味の物もあります。その様にコーヒーの淹れ方により、味わいも違って来るので同時に合う食べ物も変化する事が多いです。逆に言えば一緒に食べる食べ物によりコーヒーの淹れ方を変えたり、好みのコーヒーにより食べ物を選んだりする事でより美味しくコーヒーを飲む事が出来ます。美味しいコーヒーを飲みたいなら、そういった部分にもしっかりと拘る事をおすすめします。具体的には深煎りで兎に角濃く苦味の強いコーヒーが好きでそういったコーヒーを飲む際には、甘味の強い食べ物との相性が抜群です。

 

チョコレートやチョコレートケーキ、ドーナツやシナモントースト等は甘さが強い物が多かったりします。なのでそういった食べ物を選んで深煎りコーヒーを飲むと、口の中をさっぱりする効果を強く得られるので食べ物もコーヒーも相乗効果で美味しく頂ける可能性が高いです。次に深煎り程に濃いコーヒーではないものの、ある程度の苦味を感じたい人は中煎りのコーヒーを好む事が多かったりします。そういった中煎りコーヒーを飲む際に合う食べ物と言えるのが、アップルパイやカスタードクリーム入りの食べ物といった程々の甘さがある物です。程々の甘さと中煎りの程々の苦味が口の中で上手く中和してくれるので、美味しくコーヒーを飲む事が出来ます。更に中煎りの苦味はそこまで強くはないので、甘味のない食べ物とも合わせる事が可能です。

 

なのでバタートーストやスモークサーモンのサンドイッチといった、少しこってり感のある甘くない食べ物と合わせても良い感じで美味しく飲む事が出来ます。さっぱりとした苦味を味わいたいという人は、浅煎りのコーヒーを好んで飲む事が多いです。浅煎りのコーヒーであれば苦味ではなくコーヒーが持つ酸味を存分に楽しむ事が出来るので、一緒に食べる際はその旨みを損なわない様な食べ物を選ぶ必要があります。浅煎りのコーヒーはほんのりとした苦味しかないので、チョコレート等の濃い甘味を持つ食べ物と合わせると甘味に負けてしまうケースが多いです。なのでさっぱりとした甘さを持つ食べ物と、合わせて飲む事がおすすめ出来ます。

 

具体的にはフルーツタルトやチーズケーキといった食べ物であり、一緒に飲む事でケーキの味も引き立てるだけでなくコーヒーの風味を高める効果も期待可能です。他にもサンドイッチやスコーンといった食べ物とも、相性が良かったりします。この様にコーヒーと合う食べ物は、深煎りか浅煎りかといった具合にコーヒーの淹れ方によっても変化するのでその点にも注意して選ぶべきです。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

昼食でコーヒーに合う食べ物

何かを食べている時に、水分が欲しくなります。その時、欲しくなるものとしてコーヒーがありますね。
そのコーヒーは、いろいろなものと一緒に飲むことによりより美味しく感じることがあります。
特に昼食時は、まさに昼からの仕事に備えて頭をスッキリさせるためにコーヒーを飲む人が多いですね。
それを飲むことにより、とても気持ちよく仕事をすることができます。
飲まない時と飲んだ時を比べると、全くその効率が違ってきます。
そのため、昼食時には必ずといっていいほど飲みたいものです。
そんな時、どんなものと一緒に食べるといいのでしょうか。
その内容についてご紹介します。

・カレーライス
カレーライスを昼食時に注文するという人が、とても多いですね。
スパイシーな香りがすると、とても食べたくなります。
少欲を刺激することができる、そんな食べ物です。
そのカレーライスは、とてもコーヒーと合います。
それは、なんといってもスパイシーさをコーヒーを飲むことにより中和してくれるからです。
それを飲むことにより、また食べたくなりますね。

・ミートパスタ
パスタも、コーヒーと合わせて食べたい料理です。
パスタは、いろいろな種類があるのでどんなものでも合わせて飲むことができます。
さっぱりとした季節に野菜を合わせたパスタにも、とても合うのです。
ほのかな香りと、季節感を感じることができる野菜の甘さはとてもいいですね。
パスタの中でも、特にいいのはミートパスタです。
ミートの場合は、こってりとした味が特徴です。
そのことから、そのコッテリ感をコーヒーを飲むことによりさっぱりとさせることができます。
そのため、食べている時に一緒に飲みたいことと食べた後も飲みたくなる一品です。
こってり系のパスタならなんでもOKです。

・オムライス
オムライスは、誰でも好きな味ですね。
特に夏バテしている時など、食べたくなることがありませんか?
それを食べることにより、俄然元気になることができます。
鶏肉や卵など、タンパク質もしっかりと取ることが出来るのでとても栄養価の高い食事です。
その時、アイスコーヒーにしましょう。
その後にさっぱりとしたアイスで喉を潤しましょう。
すると、他のデザートなども食べることができます。

・ハンバーガー
ハンバーガーとコーヒーは、ペアと思うほどとてもよく食べられています。
有名なハンバーガーショップでも、その二つはセットで販売していることが多いのです。
それだけ多くの人に、支持をされている二つということが言えるでしょう。
ハンバーガーを片手に、アイスコーヒーを飲むことにより昼食だったら、昼からガッツリと頑張ることができそうですね。
そこには、サラダも一緒に食べたいです。

・日替わりランチ
日替わりランチを注文すると、だいたいコーヒーがセットとなっています。
その時、日替わりランチではだいたいフライものが多いのです。
フライを食べて、口の中をさっぱりとさせたい時にコーヒーがあると最高ですね。
そんなふうに、口の中を中和してくれる飲み物としてコーヒーを利用することができます。

・ガパオライスなどのチャーハン系
チャーハンは、とても美味しいですね。
その時、夜ならビールを飲みたいところです。
昼間の場合は、なんといってもコーヒーが合います。
チャーハンは、ガパオラオス等もありますね。
そのため、チャーハン、ピラフ、その他の味付けしたライスはほとんど合わせることができます。
それは、なんといってもさっぱりとさせることができるからですね。

コーヒーは、昼食時には欠かすことができません。
一杯と言わず、多くの人が食事中と食後に飲むこともありますね。
そのことから、食事を美味しくすることと気分を切り替えるために飲むようになっています。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0