珈琲店での時間

私と彼が出会ったのは大学生の頃。その当時、私鉄沿線沿いの各停停車駅に住んでいました。新宿からも近かったのですが、各駅停車しかとまらないその駅はなんとなくのんびりとした雰囲気が漂っていました。駅前のドラッグストアや、野良猫や、定食屋からのてんぷらの匂いがぴったりの駅にその珈琲屋はありました。 続きを読む 珈琲店での時間

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒー嫌い。

よく、コーヒー派か紅茶派かと言いますが、これって何なんでしょう?
この世の中にはコーヒーと紅茶しか飲み物がないわけじゃないのに、どうしてどっちかに分かれるって話になるんでしょうか?
犬派か猫派かっていうのも同じです。どっちも好きな人だっているし、どっちも嫌いな人もいます。
なのに、どうして『どっち?』って二択みたいになっているんでしょうか・・・。 続きを読む コーヒー嫌い。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コナコーヒーの香り

誰でも突発的な行動に出る事はあるだろうけどまさかこんな事になるとは思わなかった。小さな旅行カバンを持って地下鉄の駅に降り立つ。もうすぐ飛行機に乗って、7時間後には私はハワイにいる。
かつてないほど気持ちがはやる。時間に余裕があるのはわかっているけど私は走り出した。 続きを読む コナコーヒーの香り

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーの香り

初めてアルバイトした喫茶店では、アルバイトにもコーヒーが振る舞われた。朝、まだ寒い空気の中で店を開け、モーニングを食べにくるお客さんを迎える。
近所の方々でも、それは休日のちょっとした楽しみであり、この喫茶店と言うよりもお洒落なカフェはちょっとしたサロンとも言える場所だ。 続きを読む コーヒーの香り

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

珈琲屋と僕と彼女

あれは、今から約、6年前の出来事です。
ただのバイト、されどバイトと実感したエピソードです。
これは、僕が大学1年生の秋頃の話です。10月くらいに、友達と地元の街をぶらぶらと歩きながら、「そろそろバイトしないとな~」と言っておりました。
丁度そのとき、地元には珍しいチェーン店の珈琲店がオープンするとの看板を見て、
すぐに店に入りました。 続きを読む 珈琲屋と僕と彼女

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

フレンチローストの瞳のバリスタ

私は特に特技もない平凡なアラサー女子。派遣の仕事をやりながら、契約終了とともに長期の海外旅行に出かけることだけが人生の楽しみ。リッチね、なんて人には言われるけれど、貯金は海外に出るたびに尽きる。こんな生活をこれからもずっと続けていけるとは思っていない。でも自分にとって海外での生活は、すでにライフワークのようなもの。どうにかして続けられないものか…という願いを叶えるのに、ついにチャンスが来た。 続きを読む フレンチローストの瞳のバリスタ

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0