2017-02

コーヒーと恋愛

ビリヤード場のコーヒー

あれはもう15年も前のこと。 私がコーヒーを好きになるきっかけは、一人の女性でした。
コーヒーと恋愛

珈琲店での時間

私と彼が出会ったのは大学生の頃。その当時、私鉄沿線沿いの各停停車駅に住んでいました。新宿からも近かったのですが、各駅停車しかとまらないその駅はなんとなくのんびりとした雰囲気が漂っていました。駅前のドラッグストアや、野良猫や、定食屋からのてん...
コーヒーと恋愛

コーヒー嫌い。

よく、コーヒー派か紅茶派かと言いますが、これって何なんでしょう? この世の中にはコーヒーと紅茶しか飲み物がないわけじゃないのに、どうしてどっちかに分かれるって話になるんでしょうか? 犬派か猫派かっていうのも同じです。どっちも好きな人だっ...
コーヒーと恋愛

昭和の喫茶店「タイム」で

高校生のころ 私はとてもまじめだった。 校則というフィールドがあるとするならば、その外側に広いのりしろを設けるくらい無難に無難に、学生生活を送るような生徒だった。
コーヒーと恋愛

コナコーヒーの香り

誰でも突発的な行動に出る事はあるだろうけどまさかこんな事になるとは思わなかった。小さな旅行カバンを持って地下鉄の駅に降り立つ。もうすぐ飛行機に乗って、7時間後には私はハワイにいる。 かつてないほど気持ちがはやる。時間に余裕があるのはわかっ...
コーヒーと恋愛

コーヒーの香り

初めてアルバイトした喫茶店では、アルバイトにもコーヒーが振る舞われた。朝、まだ寒い空気の中で店を開け、モーニングを食べにくるお客さんを迎える。 近所の方々でも、それは休日のちょっとした楽しみであり、この喫茶店と言うよりもお洒落なカフェはち...
コーヒーと恋愛

珈琲屋と僕と彼女

あれは、今から約、6年前の出来事です。 ただのバイト、されどバイトと実感したエピソードです。 これは、僕が大学1年生の秋頃の話です。10月くらいに、友達と地元の街をぶらぶらと歩きながら、「そろそろバイトしないとな~」と言っておりました。...
コーヒーと恋愛

フレンチローストの瞳のバリスタ

私は特に特技もない平凡なアラサー女子。派遣の仕事をやりながら、契約終了とともに長期の海外旅行に出かけることだけが人生の楽しみ。リッチね、なんて人には言われるけれど、貯金は海外に出るたびに尽きる。こんな生活をこれからもずっと続けていけるとは思...
コーヒーと恋愛

職員室のコーヒー

私がまだ中学生だったときのこと。いつも職員室でブラックコーヒーを飲んでいた数学の先生に、少し遅めの初恋をした。
コーヒーと恋愛

背伸びをしたコーヒーの味

社会人になってすぐの時期に背伸びをした恋愛をしていた。