甘いコーヒーが繋いだビターな恋

小さい頃からコーヒーは眠れなくなるからとあまり飲んだことがなかった僕。
それでもコーヒー牛乳などコーヒーの味自体は嫌いじゃなかった。
大人になっていくにつれてコーヒーを飲む機会は増えたけれど日常的に飲むほどではなかったんだ。

そんな僕も社会人になり、社内ではコーヒーを飲みながら仕事に励む人も多く、次第に身近な存在になっていったんだ。
その中でも同期の女性社員と同じフロアになり、よくしゃべるようになった一つのきっかけもコーヒーだった。

その子はお昼の食後、定時を過ぎ残業に差し掛かる一息に決まってコーヒーを飲んでいた。
その頃まだ僕はコーヒーよりもジュースお茶などを飲んでいて、「この子、コーヒー好きなんだなぁ」くらいだった。

職場で同じチームの先輩などもコーヒーを飲む人やコーヒーが好きな人が多く、割と暇なときにはジャンケンで負けた人が近くのコーヒーショップまで買出しになんてこともあったんだけど、みんなの注文が覚えられない僕。
専門用語のような仕組みのオーダーに訳がわからずメモを取って買い出しに行った。
そこでも軽い事件は起きてミルクや砂糖、ガムシロップなどはセルフサービスで何を持ち帰ればいいのかわからず先輩に電話で確認してしまったくらい僕にとってはコーヒーは遠い存在だった。

とある昼休みにその同期の子とそのときの話をするとその子はクスっと笑い「私、朝時間あるときはあそこに寄ってコーヒー飲んでから出社してるんだ」と教えてくれた。
だんだん仲が良くなるに連れて気になるのは自然なことで、毎日時間ギリギリに出社しているような僕でも少し早く出てそのコーヒーショップに寄ってみようかな、なんて思うようになった。

そしていつもより朝早く出て、そのコーヒーショップを覗いてみると彼女の姿があった。

僕「おはよう、本当に居た!」
彼女「たまに寄るって言ったじゃん!コーヒー飲んでゆっくりしてからだとやる気出るんだ」
僕「コーヒー詳しくないから普通の飲んでみる」
彼女「私はミルクたっぷりで甘いコーヒーが好きなんだ」

なんて会話をしつつ、お互いの仕事の話などして出社前の一時を過ごした。

それから毎日ではなかったけど早く出れる日はお決まりのコーヒーショップに立ち寄り彼女としゃべるようになり、次第にプライベートな話をするようになったりメールを送りあう仲になっていったんだ。
毎朝ではなかったけれど「おはよう」から始まり「今日朝寄って行く?」なんていうメールでの会話をし、朝の楽しみが増えていった。

しかし職業上というか職場が変わりやすかった為、そんな日もそれほど長く続かなかった。
僕の職場が移動になってからは毎日顔を合わせることがなくなり、出社前にそのコーヒーショップへ立ち寄ることもなくなったけれどメールでのやり取りは続いていった。

そして彼女の誕生日を知っていた僕はメールで「お誕生日おめでとう」のメールを送った。
すぐに返信は来て、彼女はとても嬉しそうな内容のメールを返してくれた。
その頃にはたまに電話で話すこともあって、その晩も電話で再度「おめでとう」と言ったんだよね。
彼女曰く、嬉しいのもあるけど驚いた方が強かったらしい。
誕生日だということを知っていて覚えていてくれて、まさか僕が「おめでとう」なんてメールを送るようなキャラに見えなかったらしい。
たしかにあまり感情を表に出さない僕は照れ屋なのか、周りの人からは何を考えているかわからないという印象だとよく言われてきたので彼女が驚くのも納得した。

その後、彼女と同じ職場へ一日行く日がありその日は久しぶりに彼女の顔を見た。
何となく彼女の顔はニコニコした表情でお昼は一緒に食べて、楽しくしゃべった。
彼女の食後は、お決まりのミルクをたっぷり入れた甘めのコーヒー、僕も食後はブラックコーヒーを飲むようになっていた。
食後のコーヒーを飲みながら僕は「今度デートしよっか?」なんて少し冗談交じりな感じでデートに誘うと彼女は「うん、いいよ、行こう」と快く応えてくれた。
その日から初デートまでの日は掛からず、週末にすぐに初デートをしたんだ。

初デートはイタリアンを食べに行き、いつもと違う私服の彼女の姿に僕はどんどん惹かれていった。
その初デートの会話で
僕「最初はデートとかは断られるかと思ってたよ。入社時のときとか僕の事、嫌いだったでしょ?」とまた冗談交じりで聞くと
彼女「そうだね。入社したばかりのときは苦手なタイプの印象だったかも・・・でも少しづつ話すにつれて印象と全然違ったし、誕生日に来たメールが凄く嬉しかったの。」と答えた。
やっぱりそうだったよねと思う反面、嬉しかった。
誕生日にメールを送ってよかったって思ったんだ。

それから今まで以上にお互いの距離が縮まって、デートも重ねるようになった。
海へ行こうと誘うとカジュアルな服装でまた新鮮な彼女の姿を今でも覚えているよ。
海では映画のワンシーンの様に靴を脱いで波打ち際ではしゃぐ彼女の姿、ふざけて追いかける僕。
お昼は美味しい海鮮モノを食べて、食後にはゆっくりできるカフェへ。
カフェなどでゆっくりとコーヒーを飲みながら過ごす時間が落ち着いてとても心地よかった。
何よりゆっくりおしゃべりできるのがとても楽しかった。
僕と彼女を繋ぐ時間にコーヒーは欠かせないものになっていたんだ。

彼女とのデートも数回重ね、僕の気持ちは固まっていたある日、今日告白しようと決めていた。
その日は日が落ちてから人気の少ない大きい橋を散歩して、「ちょっと話したいことがあるんだ」と彼女を座らせた。
そこで僕は立ち上がって彼女の正面に立ち「僕と付き合って!」と勢いで告白した。
彼女は驚いた表情でいたけれど「いいよ!」と応えてくれた。
そのときも彼女は「私も一緒に居て楽しいし、好きかもって思ってたけど、まさか今日告白されるとは思ってなかった!」と予想外だったみたい。
そんなことも笑いながら手を繋いで帰り道を歩いたんだ。

それからも特に変わった感じのない日々を過ごし、変わったといえば彼氏彼女という関係になったこと。
車でのデートの帰りは彼女の家まで送るのが日課だったけど付き合い始めたからといってすぐにお邪魔するようなことはしなかった。
お互い一人暮らしだったけれど、どちらの家にも上がったことはなかった。

初めて家に上がったのは彼女家だった。
週末の仕事帰りに食事をして時間も遅いし翌日はお互い休みだしということでお邪魔させてもらうことになり彼女の家に行った。
「狭くてゆっくりできないけど」と言いながらコーヒーを淹れてくれた。
彼女は寝る前にも必ずといっていいほど、ミルクたっぷりの甘いコーヒーを飲むんだって。

僕「寝る前にコーヒー飲んで眠れなくならないの?」
彼女「大丈夫!一日のご褒美じゃないけどコーヒー飲むの幸せなんだ。」

家ではインスタントだけどドリップ式のコーヒーをゆっくり淹れていた。
彼女のコーヒーカップは可愛らしいマイカップ、僕のはマグカップだったけれど「今度お揃いのコーヒーカップ買いに行こう」と微笑む彼女。

その後、僕の家にも遊びに来るようになり僕の家ではマグカップでコーヒーを飲む二人。
タイミングがよかったのか僕が友人の出産祝いを贈ったお返しで少しお洒落なペアのコーヒーカップを頂いたので、彼女と喜んで僕の家ではそのコーヒーカップを使うようになったんだ。
彼女の家では可愛いお揃いのコーヒーカップ、食後のコーヒーブレイクが一層楽しくなった。

それからも特に大きな喧嘩などはせず順調に付き合っていた僕と彼女。
職場も違うことが多かったけれど、時々僕が彼女の職場へ行くときには連絡して、毎回「チョコレート買って来て」と頼んでくる彼女が可愛らしかった。
駅の売店などで好きなチョコレートや、たまに変わった僕が美味しそうだなと思うチョコレートを買って行くと喜ぶ彼女。
コーヒーと一緒に食べて一層幸せなんだと、その後も仕事頑張れるんだと・・・単純だなと思いながらも彼女が可愛かった。
だから僕はチョコレートを選ぶときも、ちょっとした幸せを感じていたんだよね。

僕もコーヒーを飲むようになってから、いろんな喫茶店やカフェへ足を運ぶのが楽しくなった。
ブラックしか飲まない僕はコーヒーの味の違いにどんどんはまり、こだわりはなくともいろんな味を楽しめるようになっていた。
一人で飲むコーヒーも美味しいけれど、やっぱり彼女とゆっくり飲むコーヒーは一段と美味しかった。

それからの二人も順調に日々を重ね、1年、2年が過ぎた頃、僕の仕事が急に忙しくなり彼女を一緒に居れる時間も減っていってしまった。
そうなるまでにもたくさん、一緒にカフェを巡った、洋食好きな二人ということもあり食後はコーヒーだったし、和食でも食後には時間が経つと「コーヒー飲みたいよね」なんてお互い言いながら喫茶店に足を運んでみたり。
職場で使うお揃いのタンブラーを買ったり、コーヒー好きな二人の思い出はたくさんできた。
しかし恋愛もずっと順調な日々が続くことは少なく周りの環境次第で変化してしまうものだと再度痛感した。
付き合い始めのゆっくりとした時間はそこにはなくて、一緒にゆっくりコーヒーを飲む機会もどんどん減っちゃったんだよね。
その頃から喧嘩まではいかないにしても言い合いや、すれ違いが多くなり、たくさん悩んだけどそれをきっかけに僕は会社を辞めて転職を決めた。
彼女は頑張り屋というタイプでもあったし、その会社で頑張ってみると話し合った結果なったんだ。
その後もしばらく付き合っていたけれど、僕の転職もなかなか上手く行かず、それをきっかけに僕たちの恋愛は終わった。

それから数年が経つ今でも、僕たちを繋いだきっかけになったコーヒーショップを通ると思い出すんだ。
コーヒーを好きになったのも彼女を好きになるきっかけになったのも、ここだったんだなって。
ミルクたっぷりの甘いコーヒーを飲む彼女を思い出し、ブラックコーヒーを飲む僕が今いるんだ。”

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

大人になるということは…エスプレッソの香りが問いかけること

大人になるということは…エスプレッソの香りが問いかけること “「僕と会いたい?」、電話口で彼は決まってこう切り出す。思えば彼はずっとそうだった。「会おうよ」とか「飲みに行こうよ」ではなく「ぼくと、あいたい?」。
うーん、そうですね、会いたいです。教えてほしいこともあるし。そんな曖昧な返事をして、私は出かける身支度をするのだった。

彼は20歳近く年上で、職場の取引先の人だった。とあるプロジェクトで一緒に仕事をさせてもらった。仕事に対しての情熱、丁寧さ、妥協のなさ、20代後半でまだその業界では若手の私は、40代後半の彼のことをいろんな面で尊敬していた。新米のくせに気が強く、上司としょっちゅうぶつかる私に「いいんだよ、女性だからって遠慮するんじゃない。僕なんてもっと気の強い女性が好みだよ」と冗談交じりに慰めてくれていた。

彼は出張でオフィスに来るたびに、若手を食事に誘っては鬱憤を晴らさせてくれていた。そして、だんだん私だけを誘うようになった。「せっかく地方から出てきたんだからさ、おいしいものが食べたいんだ。さ、もう仕事は切り上げて」。そう言って、いつもお気に入りのトラットリアに連れて行ってくれた。

そこはテラス席もある落ち着きとカジュアルさを兼ね備えたイタリアン・バルといった感じのお店だった。いつもいろんな年齢層のお客さんで賑わい、皆、お店の雰囲気や音楽、食事やお酒、食後のデザートやコーヒーを楽しんでいた。バーのカウンターの端には、いつもピカピカのエスプレッソマシーンが置いてあった。いろんなお店に連れて行ってもらったけれど、二人ともお酒はたしなむ程度なので、最後はこのお店で濃いエスプレッソかカプチーノをいただくことが多かった。コーヒー専門店ではなかったが、この香り高いエスプレッソとデザートの組み合わせも、ここで過ごす時間も、私のお気に入りになった。

当時の私は自分と仕事のことばかりで、恋愛は二の次だった。仕事もその分野では駈け出しで、知識もスキルも不足していることを痛感していたので、それを埋めようと必死だったのだ。でも本当は、弱い自分が恋愛に逃げてしまうのが怖くて、肩肘を張っていたのだ。それで、つかず離れずの曖昧な関係の男とも自然消滅に近い状態だった。仕事では気の強さを演じても、プライベートでは自分の気持ちを押し込めてしまう、ただの臆病者だった。

彼との話はたいてい仕事のことだったが、おきまりの話のネタとして、恋愛事情も聞かれていた。聞かないのも、答えないのも不自然だ。「彼氏いるの?いなさそうだよねえ」、そんな風にからかわれて、ほっといてくださいよと返す、最初はそんな表面的な軽い会話だった。彼とは年が離れているし、既婚者だったのでどこか安心しきっていた。「君にもいつか、王子様が現われるよ」そう言って、うれしそうに笑っていた。気づけばいつもじっと眺められているので、私は困ってしまい、王子様なんて古くさいこと言いますねと軽く悪態をつきながら、濃いエスプレッソの入った真っ白なカップに目を落とすしかなかった。

自分のこととなると口ベタな私の代わりに、饒舌な彼はいろんなことを話し始めた。仕事も趣味もプライベートなことも。ただ、夫婦のことになると言葉数が減った。ある時ふと真顔になって、「奥さんとは対等な関係だけど、もう冷め切ってるんだ」とつぶやいた。そしてすぐにいつもの悪ふざけをする時の顔に戻って「まあ、君もこれからそういう苦い経験もするかもね。珈琲みたいに苦い大人の経験をさ。まだ現われていない王子様とね」と冗談めかすのだった。私にだってね、いろいろあるんですよ。お互い、内に秘めた複雑な気持ちをそんなふうに茶化しあっては、ほろ苦いエスプレッソでごまかしていた。

その頃、私は思いもよらない人物から告白された。学生時代の先輩で、遊び仲間だった。意外すぎてびっくりしたけれど、そんな風に気持ちを向けられ、自分と仕事にかまけていた私も恋愛の雰囲気に引きずり戻された。先輩といてもドキドキはしないけれど、こんな風に安心感のある人とつきあえたらどんなにいいだろう、そう思った。

ある夜、いつものようにパンナコッタの焦げたカラメルのほろ苦い甘さと淹れ立てのエスプレッソの香りに酔いながら、私は久しぶりの告白に少々気持ちが舞い上がっていたのかもしれない。おきまりの話題で彼に茶化された時に、売り言葉に買い言葉で思わず言ってしまったのだ。

私にだってねー、いろいろあるんですよ。この前、先輩に告白されちゃって。いい人だし、どうしようかなって。

その瞬間、彼の表情がこわばった。店内の音楽も喧噪も消え、時間が止まったように感じた。そして私を真っ直ぐに見据えてこう言った。「そんなこと言って…。僕だってずっと君のことが好きだったんだよ」。

私も動けなかった。まさか、こんな風になるなんて。20も年上の大人の男が、私のような若いだけの何も持っていない女にこんなに真っ直ぐに気持ちをぶつけてくるなんて。顔なじみのソムリエも、すぐ横の席にいる他の客のことも、彼の眼には入っていなかった。いつものように適当にあしらわれて終わりだと思っていたのに、私はその均衡を壊してしまったのだ。いつものようにエスプレッソのカップを弄ることもできなかった。それに、エスプレッソにはいろんな感情が溶け込みすぎて、どろどろの飽和状態になってしまっていた。

未熟な私は、重大な思い違いをしていた。本当の感情なんて、簡単に見せるもんじゃない。感情をぶちまけるなんて、子どものすることだ。感情をうまく飼い慣らして口をつぐむ、それが大人ってものなんだと。
しかし、そうやって感情を素直に出せない未熟な自分を正当化していただけだった。

こんなに真剣に自分にぶつかってくる人にどうやって向き合っていいのか、経験がない私は途方に暮れていた。例の男とは、曖昧に始まり、曖昧に関係を持ち、それでよいと割り切っていたつもりだった。それなのに、いつの間にか心は疲れてしまっていた。本当の気持ちを見せたら、この人は私の前から去ってしまうかもしれない。怖かった。だから言えなかった。本当は割り切ってなんかいない。いつも、その男から目が離せない自分に戸惑っていた。その男のことをもっと知りたかったし、私のことをわかって欲しかった。

私はほろ苦さを通り越して渋くなってしまったエスプレッソの味とともに、大事なことを心に刻みつけた。彼のように自分の感情から目を逸らさず、見栄や照れなどに左右されずに表現できるのが、本当の大人なんだと。

しかし、子どもの私は彼の気持ちにうまく応えられそうになかった。心の中ではまだ、こんな未熟な私に何を求めているのだろうといぶかしがったり、子どもの私にはわからない恋の駆け引きなのではと彼の心の裏を読もうとしていた。けれど、彼の本心がどうあれ、この真剣さにはきちんと向き合わなければ人として失格だと思った私は、これまで自分の心の中でもごまかし続けてきた気持ちを初めて口にした。

ごめんなさい、好きな人がいます。つきあっているわけではないけれど、好きなんです。

店を出て別れを告げようとした時、悲しい目をした彼に抱きしめられた。彼の心臓を打つ音が早かった。「わかる?自分でもびっくりするくらいドキドキしてるよ」、そう言って私の冷たい頬に自分の温かい頬を寄せた。そして耳元でこう続けた。「本当は僕の気持ちもわかってたんだろう?悪い子だね」

言葉では答えられずに、私は心の中でこうつぶやいた。そうだね、わかっていたよね。告白してくれた先輩にも失礼だよね。でも、こんな風になるなんて思ってなかったよ。こういう状況を回避するために、あなたの気持ちを牽制しようとして出た言葉だったのに。

そのまま頬を滑らせて、彼の唇が私の唇に重なった。さっきのエスプレッソの残り香が広がる。なんてやさしく、熱く、悲しいキスなんだろう。私をいたわりながら、それでいて自分の気持ちを伝えようと一生懸命で。「行かないで。僕に甘えろよ」、彼の骨張った手が私の背中を優しくなぞる。私も彼に寄りかかってしまいたかった。

それなのに私は、あの男のたばこ臭くて乱暴なキスを思い出していた。彼のキスを受けとめながら、彼があの男だったらいいのに…そんなことを考えてしまっていた。

彼には関係が冷めているとはいえ奥さんがいる、それがお互いに歯止めとなった。けれど、時折かかってくる「僕に会いたい?」というあの電話には、ずるいとわかっていながら何度か応じてしまった。

でも、私にはやらなければならないことがあった。
けじめをつけるために、あの男に会いに行った。

つかず離れずの距離でいたけれど、この男と長く続く関係が築けるとは思っていなかった。男はいつも、目を細めて私をじっと見た。その目を見れば、純粋に私のことが欲しいのがわかった。私もその男が欲しかったし、求められてうれしかった。「それでいいじゃない」とそいつの目が言っていた。本気になるのが怖かった私は「これでいいのだ」と自分に言い聞かせた。

男がそろそろ転勤でこの街を離れることは風の噂で知っていた。それを期に、言葉を使って愛情を育ててこなかった私たちの関係が終わることも。覚悟はできていた。

汚いテーブルの上には山積みの書類やモノ、それをよけて無造作に置かれた白いコーヒーカップ。中身は薄いインスタント・コーヒーだったけど、私にはあの日のエスプレッソの香りがツンと鼻をついたような気がした。

男は子どものようにソワソワして、「俺、転勤が決まったんだ」と切り出した。転勤と聞いて私がどう反応するのか、図りかねて戸惑っていた。愛はなくても、言葉が足りなくても、お互いに情はあったから、その男なりに私のことを思いやっているのがわかった。私の顔を直視できずに、下を向いたまま本を無意味に重ねてみたり、どこからか取り出した封筒をまた書類の山にねじ込んだりしているバカみたいな姿が愛しくて、ずっと眺めていたかった。でも、もう終わりの時間は近づき、私はもう子どもを卒業して大人になりたかった。そして2人でいる未来も想像できなかった。

私はコーヒーをくいっと飲み干して、男を真っ直ぐ見つめてこう言った。

あなたがいないと、さびしくなるね。

たったこれだけ、でも私がどうしても伝えたかった本当の気持ち。最初で最後の私からの精一杯の告白、そして失恋だった。不意を突かれた男は驚いて顔を上げ、言った。

「そうだね」。

新しい住所と連絡先を渡されたけど、私も男も、二度と会うことはないとわかっていた。ちゃんと顔を合わせて、笑顔で別れた。それっきりだった。

その帰り道、缶コーヒーを買って車に乗り込んだ。何かをやり遂げた後のようにどっぷり疲れていた。缶コーヒーを飲んで、私は大きな声を上げて泣いた。内臓が口から飛び出しそうなほどの大声で。
涙が止まると、子どもだった自分と決別して、急に自分が10も20も老けこんだような気がした。

あれから15年近くの時が流れた。私も転職してその街を離れ、年上の彼とも会わなくなった。あの頃の彼の年齢に私も近づいているけれど、少しは大人になれたかな。エスプレッソの香りがすると、ふと自分に問いかけてしまう。

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

後悔後に立たず

外は雪がしんしんと降り続いています。私は一杯のコーヒーを飲みながらゆったりと流れる時間の中にいました。こんなにのんびりとした気持ちでいられるのは久しぶりでした。ここ数週間色々なことがあり、とても忙しい時間を過ごしていました。 続きを読む 後悔後に立たず

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コーヒーと桜並木

もうすぐ桜が満開になる。
長い冬を乗り越えて、やっとトレーナー1枚で少し汗ばむくらいの気温になり、ムートンコートを着て凍えながら歩いていた通勤の駅までの徒歩片道20分が、気持ちの良い散歩道になっていった。 続きを読む コーヒーと桜並木

【記事をシェアする】Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0